Akiba88 決して前にないように日本を探検する

Kasuga Taisha Shrine, Nara-shi Nara


春日野町160
Nara-shi, Nara 630-8212


Community and Government 近く Kasuga Taisha Shrine

Nara Park
Distance: 0.4 mi 詳しくは
奈良県
Nara-shi, Nara 630-8211

0742-22-0375

Nara Park is a public park located in the city of Nara, Japan, at the foot of Mount Wakakusa, established in 1300s and one of the oldest parks in Japan. Administratively, the park is under the control of Nara Prefecture. The park is one of the "Places of Scenic Beauty" designated by the Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology (MEXT). Over 1,200 wild sika deer freely roaming around in the park are also under designation of MEXT, classified as natural treasure. While the official size of the park is about, the area including the grounds of Tōdai-ji, Kōfuku-ji, and Kasuga Shrine, which are either on the edge or surrounded by Nara Park, is as large as.Jinrikisha services can be found near the entrances to popular sites as Tōdai-ji or Kōfuku-ji.While Nara Park is usually associated with the broad areas of the temples and the park proper, previously private gardens are now open to public. These gardens make use of the temple buildings as adjunct features of their landscapes.The park is home to the Nara National Museum and Todai-ji, where the largest wooden building in the world houses a 50-foot tall statue of Buddha.DeerAccording to local folklore, deer from this area were considered sacred due to a visit from Takemikazuchi-no-mikoto, one of the four gods of Kasuga Shrine. He was said to have been invited from Kashima, Ibaraki, and appeared on Mt. Mikasa riding a white deer. From that point, the deer were considered divine and sacred by both Kasuga Shrine and Kōfuku-ji. Killing one of these sacred deer was a capital offense punishable by death up until 1637, the last recorded date of a breach of that law.

Todaiji Temple Nara
Distance: 0.5 mi 詳しくは
雑司町406−1
Nara-shi, Nara 630-8211

0742-22-5511

Nara Deer Park
Distance: 0.8 mi 詳しくは
Nara, Japan
Nara-shi, Nara 630-8211

奈良県文化会館
Distance: 1.0 mi 詳しくは
登大路町 6-2
Nara-shi, Nara 630-8213

0742-23-8921

奈良県庁
Distance: 0.8 mi 詳しくは
登大路町30
Nara-shi, Nara 630-8501

ならまちセンター
Distance: 0.9 mi 詳しくは
東寺林町38
Nara-shi, Nara 630-8362

0742-27-1151

Isui-en
Distance: 0.6 mi 詳しくは
水門町74
Nara-shi, Nara 630-8208

0742-25-0781

is a Japanese garden located in Nara, the old capital of Japan near Kyōto. It has been preserved since its creation in the Meiji era, and is the only walking garden (kaiyushiki teien) in Nara. It is divided into two sections, which were originally two separate gardens, and each features a pagoda.HistoryThe site of the western garden originally formed part of Manishu-in, a minor temple which was part of the larger temple of Kofuku-ji. The ground was bought in the 1670, during the Enpō era by Kiyosumi Michikiyo, a wealthy tanner. He restructured the gardens between 1673 and 1681 and built two houses: the Sanshu-tei and Tei-shu-Ken, as the family home. These were built with thatched roofs. The name Sanshu-tei (“house of the three wonders”) was given by Mokuan, the large priest of the Manpuku-ji temple of the school Zen Oubaku with Uji.The larger eastern garden dates from 1899 and was designed by Seki Tojiro, a Nara businessman. Tojiro hired for the redesign Horitoku, a garden architect from the school of Urasenke.In 1939, the two gardens were bought and combined by Jyunsaku Nakamura, a merchant of Nara, to provide a site for the attached Neiraku Museum (寧楽美術館), which hosts a collection of traditional Japanese ceramics.LayoutThe gardens cover roughly 145000sqft.In the central pond of the gardens, there are two islands with sculptures of a crane and tortoise. In Japanese culture these animals represent longevity.

ならまち界隈
Distance: 1.0 mi 詳しくは
Nara
Nara-shi, Nara

Nara University of Education
Distance: 0.6 mi 詳しくは
高畑町
Nara-shi, Nara 630-8528

0742-27-9105

概観「学芸の理論とその応用とを教授研究し、高い知性と豊かな教養とを備えた人材、特に有能な教育者を育てるとともに、この地方に特色のある文化の向上を図ること」を目的とする大学である。「『少人数教育』による教育・研究の充実」、「『奈良・世界遺産』を生かした教育・研究の充実」、「『体験型キャリア教育』による教育・研究の充実」を、3つの柱としている。また、日本の大学で初めてユネスコ・スクールに加盟し活動を行うなど、ESD(持続可能な開発のための教育)の取り組みが大きな特色となっている。

奈良県庁
Distance: 0.9 mi 詳しくは
登大路町30
Nara-shi, Nara 630-8501

0742-22-1101

Konoike Athletic Stadium
Distance: 1.6 mi 詳しくは
法蓮町1530番地
Nara-shi, Nara 630-8108

0742-22-0001

is a multi-purpose stadium in Nara, Nara, Japan. It is currently used mostly for football matches. The stadium holds 30,000 people.Events The 39th National Sports Festival of Japan autumn, Main venue in 1984. The Inter-highschool championships 2009, Main venue in 2009.

奈良県国際観光課/Nara prefectural Government
Distance: 0.8 mi 詳しくは
登大路町30番地
Nara-shi, Nara 630-8501

0742-27-8553

奈良県の「今」やイベントなどの情報を発信します。

奈良県警察本部
Distance: 0.8 mi 詳しくは
登大路町80番地
Nara-shi, Nara 630-8213

0742-23-0110

Historical Place 近く Kasuga Taisha Shrine

Nara Park
Distance: 0.4 mi 詳しくは
奈良県
Nara-shi, Nara 630-8211

0742-22-0375

Nara Park is a public park located in the city of Nara, Japan, at the foot of Mount Wakakusa, established in 1300s and one of the oldest parks in Japan. Administratively, the park is under the control of Nara Prefecture. The park is one of the "Places of Scenic Beauty" designated by the Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology (MEXT). Over 1,200 wild sika deer freely roaming around in the park are also under designation of MEXT, classified as natural treasure. While the official size of the park is about, the area including the grounds of Tōdai-ji, Kōfuku-ji, and Kasuga Shrine, which are either on the edge or surrounded by Nara Park, is as large as.Jinrikisha services can be found near the entrances to popular sites as Tōdai-ji or Kōfuku-ji.While Nara Park is usually associated with the broad areas of the temples and the park proper, previously private gardens are now open to public. These gardens make use of the temple buildings as adjunct features of their landscapes.The park is home to the Nara National Museum and Todai-ji, where the largest wooden building in the world houses a 50-foot tall statue of Buddha.DeerAccording to local folklore, deer from this area were considered sacred due to a visit from Takemikazuchi-no-mikoto, one of the four gods of Kasuga Shrine. He was said to have been invited from Kashima, Ibaraki, and appeared on Mt. Mikasa riding a white deer. From that point, the deer were considered divine and sacred by both Kasuga Shrine and Kōfuku-ji. Killing one of these sacred deer was a capital offense punishable by death up until 1637, the last recorded date of a breach of that law.

奈良世界遺產-東大寺
Distance: 0.6 mi 詳しくは
雑司町406-1
Nara-shi, Nara 630-8587

0742-22-5511

Tōdai-ji
Distance: 0.7 mi 詳しくは
雑司町406-1 (東大寺寺務所)
Yamatokoriyama-shi, Nara 630-8587

0742-22-5511

Tōdai-ji is a Buddhist temple complex, that was once one of the powerful Seven Great Temples, located in the city of Nara, Japan. Its Great Buddha Hall, houses the world's largest bronze statue of the Buddha Vairocana, known in Japanese as. The temple also serves as the Japanese headquarters of the Kegon school of Buddhism. The temple is a listed UNESCO World Heritage Site as one of the "Historic Monuments of Ancient Nara", together with seven other sites including temples, shrines and places in the city of Nara. Deer, regarded as messengers of the gods in the Shinto religion, roam the grounds freely.HistoryRootsThe beginning of building a temple where the Tōdai-ji complex sits today can be dated to 728, when Emperor Shōmu established Kinshōsen-ji (金鐘山寺) as an appeasement for Prince Motoi (:ja:基王), his first son with his Fujiwara clan consort Kōmyōshi. Prince Motoi died a year after his birth.During the Tenpyō era, Japan suffered from a series of disasters and epidemics. It was after experiencing these problems that Emperor Shōmu issued an edict in 741 to promote the construction of provincial temples throughout the nation. Tōdai-ji (still Kinshōsen-ji at the time) was appointed as the Provincial temple of Yamato Province and the head of all the provincial temples. With the alleged coup d'état by Nagaya in 729, an outbreak of smallpox around 735–737, worsened by consecutive years of poor crops, then followed by a rebellion led by Fujiwara no Hirotsugu in 740, the country was in a chaotic position. Emperor Shōmu had been forced to move the capital four times, indicating the level of instability during this period.

Tōdai-ji
Distance: 0.7 mi 詳しくは
1 Zōshi-chō, Nara, Nara Prefecture
Yamatokoriyama-shi, Nara 630-8587

0742-22-5511

东大寺(東大寺),位于日本奈良县奈良市雜司町,是华严宗大本山,南都七大寺之一,距今约有一千二百余年的历史。1998年作为“古都奈良的文化財”的一部分被列为世界文化遗产。佛寺是728年由信奉佛教的圣武天皇建立的。东大寺是全国68所国分寺的总寺院。因为建在首都平城京以东,所以被称作东大寺。另外有西大寺。东大寺大佛殿,正面宽度57米,深50米,为世界最大的木造建筑。大佛殿内,放置着高15米以上的大佛像——盧舍那佛。东大寺院内还有南大门、二月堂、三月堂、正仓院等。南大门有很著名的双体金刚力士像。二月堂能够俯视大佛殿和眺望奈良市区。起源与歷史創建与大佛铸造東大寺之起源较大佛的铸造稍早,8世纪上半叶大佛殿以東,若草山麓建立起了寺院的前身。据《東大寺要錄》记载,天平5年(733年)若草山麓創建的金鐘寺是東大寺的起源。另有一说,据正史《续日本记》载,神亀5年(728年),第45代天皇聖武天皇与光明皇后的皇子菩提早逝,为此在若草山麓设山房,常住有僧侶9人,此为金鐘寺之前身。据载金鐘寺在8世紀中叶设有羂索堂、千手堂等,据推测羂索堂应为現在的法華堂(又称三月堂、本尊为不空羂索观音)。天平13年(741年)国分寺建立之詔发布,翌天平14年(742年),金鐘寺被定为大和国的国分寺,更寺名为金光明寺。大佛的铸造始于天平19年(747年),「東大寺」之寺号应该是始于此时。另外,监管東大寺建設的「造東大寺司」的可考最初史料记载为天平20年(748年)。聖武天皇颁布大佛造立之詔是在天平15年(743年)。当時,都城为恭仁京(今京都),天皇行宫是位于恭仁京东北的紫香乐宫(今滋賀县甲賀市),大佛铸造也在当地开始。此后聖武天皇短期間内屡次迁都,2年後的天平17年(745年),定都平城京的同时在現在的東大寺所在地开始了大佛的铸造。这是一项艰难浩大的工程,大佛铸成以后,天平勝寶4年(752年)天竺(印度)出身的僧人菩提僊那主持了大佛开眼会。大佛铸造完成后大佛殿的建設工事又接着开始、天平宝字2年(758年)竣工。

東大寺大仏殿
Distance: 0.6 mi 詳しくは
奈良県奈良市雑司町406-1
Nara-shi, Nara 630-8587

0742-22-5511

Kasuga-taisha
Distance: 0.1 mi 詳しくは
春日野町160
Nara-shi, Nara 630-8212

0742-22-7788

春日大社(かすがたいしゃ)是一座位于日本奈良縣奈良市奈良公園内的神社。舊稱春日神社。建于和銅二年(710年)。社內供奉的神明包括武甕槌命、經津主命、天兒屋根命和比賣神。神社例祭日為3月13日(春日祭)。建設者為藤原不比等。作為古都奈良的文化財的一部分而被登入世界文化遺產之列。為二十二社之一。祭事・年中行事旬祭(毎月1日・1日・21日)神樂始式(1月3日)御祈禱始式(1月7日)舞樂始式(1月10日)節分萬燈籠(節分日)御田植祭(御田植神事)(3月15日)人雛祭(4月3日)水谷神社鎮花祭(4月5日)菖蒲祭(端午節供祭)(5月5日)獻茶祭(5月10日)薪御能(5月11日-12日)夏越大祓式(6月30日)中元萬燈籠(8月14日-15日)采女祭(中秋之名月日)重陽節供祭・獻香祭(10月9日)文化之日舞樂演奏會(11月3日)春日若宮おん祭(12月15日-12月18日)年越大祓式(12月31日) 交通最寄站:近畿日本鐵道奈良線近鐵奈良站、JR關西本線櫻井線・奈良站停車場:有

Kasuga-taisha
Distance: 0.1 mi 詳しくは
春日野町160
Nara-shi, Nara 630-8212

0742-22-7788

春日大社(かすがたいしゃ)は、中臣氏(のちの藤原氏)の氏神を祀るために768年に創設された奈良県奈良市にある神社。旧称は春日神社。式内社(名神大社)、二十二社(上七社)の一社。旧社格は官幣大社で、現在は神社本庁の別表神社。神紋は「下がり藤」。全国に約1000社ある春日神社の総本社である。武甕槌命が白鹿に乗ってきたとされることから、鹿を神使とする。ユネスコの世界遺産に「古都奈良の文化財」の1つとして登録されている。祭神主祭神は以下の4柱。総称して春日神と呼ばれ、藤原氏の氏神である。 武甕槌命 - 藤原氏守護神(常陸国鹿島の神) 経津主命 - 同上(下総国香取の神) 天児屋根命 - 藤原氏の祖神(河内国平岡の神) 比売神 - 天児屋根命の妻(同上)

東大寺南大門
Distance: 0.6 mi 詳しくは
雑司町406-1
Nara-shi, Nara 630-8587

0742-22-5511

Todaiji Temple Nara
Distance: 0.5 mi 詳しくは
雑司町406−1
Nara-shi, Nara 630-8211

0742-22-5511

興福寺 五重塔
Distance: 0.9 mi 詳しくは
登大路48
Nara-shi, Nara 630-8213

0742-22-7755

Kasuga-taisha
Distance: 0.1 mi 詳しくは
春日野町160
Nara-shi, Nara 630-8212

0742-22-7788

is a Shinto shrine in the city of Nara, in Nara Prefecture, Japan. Established in 768 AD and rebuilt several times over the centuries, it is the shrine of the Fujiwara family. The interior is famous for its many bronze lanterns, as well as the many stone lanterns that lead up the shrine.The architectural style Kasuga-zukuri takes its name from Kasuga Shrine's honden (sanctuary).Kasuga Shrine, and the Kasugayama Primeval Forest near it, are registered as a UNESCO World Heritage Site as part of the "Historic Monuments of Ancient Nara".The path to Kasuga Shrine passes through Deer Park. In Deer Park, deer are able to roam freely and are believed to be sacred messengers of the Shinto gods that inhabit the shrine and surrounding mountainous terrain. Kasuga Shrine and the deer have been featured in several paintings and works of art of the Nambokucho Period. Over three thousand stone lanterns line the way. The Man'yo Botanical Garden, Nara is adjacent to the shrine.HistoryThe shrine became the object of Imperial patronage during the early Heian period. In 965, Emperor Murakami ordered that Imperial messengers were sent to report important events to the guardian kami of Japan. These heihaku were initially presented to 16 shrines including the Kasuga Shrine.

Kōfuku-ji
Distance: 0.9 mi 詳しくは
登大路町48
Nara-shi, Nara 630-8213

0742-22-7755

興福寺(こうふくじ)は、奈良県奈良市登大路町(のぼりおおじちょう)にある、南都六宗の一つ、法相宗の大本山の寺院である。南都七大寺の一つに数えられる。藤原氏の祖・藤原鎌足とその子息・藤原不比等ゆかりの寺院で、藤原氏の氏寺であり、古代から中世にかけて強大な勢力を誇った。南円堂は西国三十三所第9番札所である。「古都奈良の文化財」の一部として世界遺産に登録されている。歴史創建藤原鎌足夫人の鏡大王が夫の病気平癒を願い、鎌足発願の釈迦三尊像を本尊として、天智天皇8年(669年)山背国山階(現京都府京都市山科区)に創建した山階寺(やましなでら)が当寺の起源である。壬申の乱のあった天武天皇元年(672年)、山階寺は藤原京に移り、地名の高市郡厩坂をとって厩坂寺(うまやさかでら)と称した。和銅3年(710年)の平城遷都に際し、鎌足の子不比等は厩坂寺を平城京左京の現在地に移転し「興福寺」と名付けた。この710年が実質的な興福寺の創建年といえる。中金堂の建築は平城遷都後まもなく開始されたものと見られる。その後も、天皇や皇后、また藤原家によって堂塔が建てられ整備が進められた。不比等が没した養老4年(720年)には「造興福寺仏殿司」という役所が設けられ、元来、藤原氏の私寺である興福寺の造営は国家の手で進められるようになった。

Tōdai-ji
Distance: 0.7 mi 詳しくは
1 Zōshi-chō, Nara, Nara Prefecture
Yamatokoriyama-shi, Nara 630-8211

0742-22-5511

วัดโทได เป็นวัดพุทธในเมืองนะระ ประเทศญี่ปุ่น ศาลาหลวงพ่อโต (ไดบุสึเด็ง) ของวัดนี้ได้รับการบันทึกว่าเป็นอาคารไม้ที่ใหญ่ที่สุดในโลก เป็นที่ประดิษฐานพระพุทธรูปไดบุสึขนาดใหญ่หล่อจากบรอนซ์ ซึ่งเป็นพระปฏิมาแทนองค์พระไวโรจนพุทธเจ้า นอกจากนี้ วัดนี้ยังเป็นศูนย์กลางของโรงเรียนศาสนาในสายเคงอนอีกด้วย วัดนี้ได้รับการขึ้นทะเบียนเป็นมรดกโลกในทะเบียนเดียวกับวัด ศาลเจ้า และสถานที่สำคัญอื่นๆอีก 7 แห่งในเมืองนะระประวัติประวัติเมื่อครั้งแรกเริ่มสร้างในสมัยเทมเปียว มีผู้ประสบภัยจากภัยธรรมชาติและโรคระบาดอยู่เป็นจำนวนมาก จนกระทั่งปี พ.ศ. 1286 จักรพรรดิโชมุได้ทรงประกาศว่า ประชาชนควรจะร่วมกันสร้างพระพุทธรูปขึ้นเพื่อปกป้องตนเองจากภัยพิบัติ เนื่องจากทรงมีความเชื่อว่าพระพุทธรูปจะช่วยคุ้มครองประชาชนได้ ตามบันทึกที่เก็บรักษาอยู่ในวัดโทไดได้กล่าวว่า มีคนมาช่วยสร้างพระพุทธรูปและหอที่ประดิษฐานมากกว่า 2,600,000 คน การสร้างพระพุทธรูปเริ่มต้นครั้งแรกที่เมืองชิงะระกิ แต่หลังจากเกิดเหตุเพลิงไหม้และแผ่นดินไหวจนมีผู้เสียชีวิตจำนวนมาก ก็ได้ย้ายสถานที่สร้างมายังเมืองนะระใน พ.ศ. 1288 และสร้างเสร็จสมบูรณ์ใน พ.ศ. 1294 ต่อมาใน พ.ศ. 1295 ได้มีการจัดพิธีเบิกพระเนตรเพื่อฉลองพระพุทธรูปองค์ใหม่ โดยมีพระภิกษุชาวอินเดียชื่อว่าพระโพธิเสนะ เป็นผู้ประกอบพิธี ตามบันทึกมีผู้มาร่วมพิธีราว 10,000 คน หลังจากนั้นจักรพรรดิโชมุได้ทรงประกาศให้วัดโทไดเป็นวัดประจำจังหวัดยะมะโตะ และเป็นศูนย์กลางของวัดทั่วอาณาจักรการก่อสร้างขึ้นใหม่หลังสมัยนะระหลวงพ่อโตวัดโทไดถูกสร้างขึ้นใหม่หลายครั้งโดยเหตุผลต่างๆกัน รวมทั้งความเสียหายจากเหตุแผ่นดินไหว และมีการสร้างขึ้นใหม่ 2 ครั้งที่มีสาเหตุจากเหตุเพลิงไหม้ โดยพระหัตถ์ทั้งสองข้างที่เห็นในปัจจุบันนี้สร้างขึ้นในสมัยโมะโมะยะมะ (พ.ศ. 2111-2158) พระเศียรในปัจจุบันนี้ถูกสร้างขึ้นในสมัยเอโดะ (พ.ศ. 2158-2410) และหอที่ประดิษฐานในปัจจุบันนี้สร้างเสร็จสมบูรณ์เมื่อ พ.ศ. 2252 โดยมีขนาดเล็กกว่าอาคารหลังเดิมราว 30% เดิมทีในบริเวณวัดจะมีเจดีย์สูง 100 เมตรอยู่คู่หนึ่ง ซึ่งจัดว่าเป็นอาคารที่สูงที่สุดในโลกในยุคหลังจากการสร้างพีระมิด แต่ได้พังทลายลงเนื่องจากแผ่นดินไหว

春日大社表參道
Distance: 0.2 mi 詳しくは
春日野町160
Nara-shi, Nara 630-8212

0742-22-7788

Kasuga Taisha Shrine
Distance: 0.0 mi 詳しくは
春日野町160
Nara-shi, Nara 630-8212

0742-22-7788

Kofukuji Temple
Distance: 0.8 mi 詳しくは
登大路町48
Nara-shi, Nara

0742-22-7755

Kasuga Taisha Shrine - Nara, Japan
Distance: 0.0 mi 詳しくは
春日野町160
Nara-shi, Nara 630-8212

0742-22-7788

Tōdai-ji
Distance: 0.7 mi 詳しくは
1 Zōshi-chō, Nara, Nara Prefecture
Yamatokoriyama-shi, Nara 630-8587

Le, de son nom complet, est un temple bouddhique situé à Nara au Japon. Il est le centre des écoles Kegon et Ritsu, mais toutes les branches du bouddhisme japonais y sont étudiées et le site comprend de nombreux temples et sanctuaires annexes. Dans l’enceinte se trouve la plus grande construction en bois au monde, le, qui abrite une statue colossale en bronze du bouddha Vairocana appelée, c'est-à-dire « Grand Bouddha ». Le bâtiment, d’une largeur de huit travées de piliers, est un tiers plus petit que le temple originel qui en comprenait douze.De nombreux bâtiments secondaires ont été groupés tout autour de la Salle du Grand Bouddha sur le flanc de coteau légèrement incliné du mont Wakakusa. Parmi eux, le, le, ancien grenier qui fut transformé en entrepôt d’objets d’art et le, réputé pour sa collection de sculptures du. Le rôle du temple est étroitement lié à la fonction impériale, les rites et cérémonies qui s’y déroulent devant protéger le pays et la famille de l’empereur.Le temple, construit au, est détruit et reconstruit presque intégralement deux fois au cours de son histoire, au. Son édification sous l’égide de l’empereur Shōmu entre 745 et 752 requiert la mobilisation de toutes les ressources du jeune État japonais et grève durablement les finances publiques. Le monumentalisme inédit du projet traduit l’idéal politique de Shōmu, c’est-à-dire un État centralisé fondé sur le bouddhisme. Par la religion, Shōmu compte accroître le contrôle encore lâche de la cour impériale sur les provinces en établissant un vaste réseau de temples à travers tout le pays, réunis sous la coupe du Tōdai-ji. Toutefois, la puissance des temples de Nara devient telle au qu’elle donne l’impression de pouvoir même menacer l’hégémonie de la cour, conduisant les empereurs à des mesures fiscales et politiques importantes, notamment le déplacement de la capitale. Le Tōdai-ji ne joue ainsi un rôle politique et religieux prépondérant que durant quelques décennies, son influence déclinant ensuite peu à peu, ce qui entraîne des difficultés majeures pour la gestion de ses domaines répartis dans tout le pays. Toutefois, symbole de l’empereur et de l’État, le Tōdai-ji verra se mobiliser pleinement le gouvernement et la population pour sa reconstruction après les destructions de 1180 et de 1567 en raison de guerres civiles.

志賀直哉旧居
Distance: 0.3 mi 詳しくは
高畑町1237-2
Nara-shi, Nara 630-8301

0742-26-6490

春日大社
Distance: 0.0 mi 詳しくは
春日野町160
Nara-shi, Nara 630-8212

0742-22-7788

Shōsōin
Distance: 0.9 mi 詳しくは
雑司町129
Nara-shi, Nara 630-8211

正倉院(しょうそういん)は、奈良県奈良市の東大寺大仏殿の北北西に位置する、校倉造(あぜくらづくり)の大規模な高床式倉庫。聖武天皇・光明皇后ゆかりの品をはじめとする、天平時代を中心とした多数の美術工芸品を収蔵していた建物で、1997年(平成9年)に国宝に指定され、翌1998年(平成10年)に「古都奈良の文化財」の一部としてユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されている。概要元は東大寺の正倉(倉庫)だったが、1875年(明治8年)3月10日、収蔵されていた宝物の重要性に鑑み、東大寺から内務省の管理下に置かれた。1881年(明治14年)4月7日、農商務省の設置に伴い、内務省博物局が農商務省へ移管され、1884年(明治17年)5月に宮内省所管となった。1908年(明治41年)4月、正倉院は帝室博物館の主管となり、第二次世界大戦後の1947年(昭和22年)5月3日に宮内府図書寮の主管となった。現在は宮内庁の施設等機関である正倉院事務所が正倉院宝庫および正倉院宝物を管理している。

東大寺 戒壇堂
Distance: 0.8 mi 詳しくは
雑司町406-1
Nara-shi, Nara 630-8211

0742-22-5511

史跡「頭塔」
Distance: 0.5 mi 詳しくは
高畑町921番地
Nara-shi, Nara 630-8301

0742-26-3171

◆見学時間 9時~17時 ◆見学方法 前日までに現地管理人に電話で予約をした上でご見学ください。 現地管理人 仲村表具店 TEL 0742-26-3171 ◆協力金  1人300円 (10名以上の団体は200円) ◆アクセス 近鉄奈良駅南東約2km 徒歩で約25分 奈良交通 市内循環バス「破石町」(わりいしちょう)バス停下車すぐ ※専用駐車場がないため、できる限り公共交通機関をご利用下さい。 ------ 【ご利用にあたって】 ※史跡「頭塔」Facebookページ(以下、当ページ)は史跡「頭塔」保存顕彰会内の、史跡「頭塔」Facebookページ事務局(以下、当事務局)が運営しています。 ※当ページでご紹介する情報は、投稿時点での最新情報となるよう留意しておりますが、当事務局は情報の正確性、完全性、確実性、有用性について一切の責任を負いかねます。ご利用に際しては、ご自身で最新情報をご確認いただきますようお願いいたします。 ※当ページへの投稿について、下記「禁止事項」にあるような、第三者への誹謗中傷や迷惑を及ぼすスパム行為や荒らし行為と判定できる内容に関しては、ブロック・削除対象とする場合がございます。ご了承ください。 [禁止事項] ・法律・法令・公序良俗に反する、またはそのおそれがある内容 ・他者へのなりすまし、虚偽の内容 ・有害なプログラム ・わいせつな表現・暴言・誹謗中傷や第三者のプライバシー・人権などを侵害する内容 ・当ページの著作権・商標権など知的財産権を侵害する内容 ・当ページの名誉・信用を傷つける内容 ・Facebook利用規約に反する内容 ・その他、当事務局が当ページの目的・運営方針と照合し不適切と判断した内容

今西家書院
Distance: 0.8 mi 詳しくは
福智院町24-3
Nara-shi, Nara 630-8381

0742-23-2256

Historic Monuments of Ancient Nara
Distance: 0.6 mi 詳しくは
雑司町
Nara-shi, Nara

0742-27-8866

The UNESCO World Heritage Site Historic Monuments of Ancient Nara encompasses eight places in the old capital Nara in Nara Prefecture, Japan. Five are Buddhist temples, one is a Shinto shrine, one is a Palace and one a primeval forest. The properties include 26 buildings designated by the Japanese Government as National Treasures as well as 53 designated as Important Cultural Properties. All compounds have been recognized as Historic Sites. The Nara Palace Site was designated as Special Historic Site and the Kasugayama Primeval Forest as Special Natural Monument. Tōdai-ji, Kōfuku-ji and the Kasugayama Primeval Forest overlap with Nara Park, a park designated as one of the "Places of Scenic Beauty" by the Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology (MEXT). UNESCO listed the site as World Heritage in 1998.

正倉院正倉
Distance: 0.9 mi 詳しくは
奈良県奈良市雑司町129
Nara-shi, Nara

03-3213-1111

The Garden of Kasuga Taisha Shrine
Distance: 0.2 mi 詳しくは
春日野町160
Nara-shi, Nara 630-8212

0742-22-7788

志賀直哉旧居/奈良学園セミナーハウス(Shiga Naoya Former House)
Distance: 0.3 mi 詳しくは
高畑町1237-2
Nara-shi, Nara 631-8301

0742-26-6490

9:30 - 16:30(3月~11月は -17:30) ・年末年始 ・文化活動等に限り、貸切利用が可能です。事前にご相談ください。 ◆ 旧志賀直哉邸は、昭和初期に志賀直哉自身で設計したものです。 数寄屋風の造りですが、洋風の様式も取り入れた当時としては非常に進歩的で合理的、美的な工夫を随所に凝しているのが特徴です。 本学園では、「旧志賀直哉邸」を昭和53年に厚生省(現厚生労働省)より譲り受けました。 平成12年に国の登録有形文化財(第29-34~36号)として認定されたこの邸宅は、広く一般の方々に公開されています。また各種公開講座の開催や本学園が設置する各学校の生徒・学生等が気軽に利用できるセミナーハウスとして用いられています。

Shōsōin
Distance: 0.9 mi 詳しくは
雑司町129
Nara-shi, Nara 630-8211

The Shōsō-in is the treasure house that belongs to Tōdai-ji, Nara. The building is in the azekura log-cabin style, with a raised floor. It lies to the northwest of the Daibutsuden (which houses the Great Buddha). The Shōsō-in houses artifacts connected to Emperor Shōmu (701–756) and Empress Kōmyō (701–760), as well as arts and crafts of the Tempyō period of Japanese history.HistoryThe origin of Tōdai-ji Shōsō-in dates back to 756, when Empress Kōmyō dedicated over 600 items to the Great Buddha at Tōdai-ji to express her love for her lost husband, Emperor Shōmu. Her donation was made over five times across several years, then stored at Shōsō-in. Later in Heian period, a large number of treasures, consisting of items and instruments used in important Buddhist services were transferred from a different warehouse in Tōdai-ji. Given the importance of the items stored in this warehouse, the administration of Shōsōin has been taken over by the government, currently the Imperial Household Agency.After the Meiji Restoration, it came under the administration of the national government, and since World War II has been under the administration of the Imperial Household Agency. It is on the UNESCO register of World Heritage Sites as one of the Historic Monuments of Ancient Nara. It is also a national treasure of Japan.

Tōdai-ji
Distance: 0.7 mi 詳しくは
1 Zōshi-chō
Nara-shi, Nara 760-8521

Tōdai-ji, is a Buddhist temple complex, that was once one of the powerful Seven Great Temples, located in the city of Nara, Japan. Its Great Buddha Hall, houses the world's largest bronze statue of the Buddha Vairocana, known in Japanese simply as Daibutsu. The temple also serves as the Japanese headquarters of the Kegon school of Buddhism. The temple is a listed UNESCO World Heritage Site as one of the \"Historic Monuments of Ancient Nara\", together with seven other sites including temples, shrines and places in the city of Nara. Deer, regarded as messengers of the gods in the Shinto religion, roam the grounds freely.

Landmark 近く Kasuga Taisha Shrine

Tōdai-ji
Distance: 0.7 mi 詳しくは
1 Zōshi-chō, Nara, Nara Prefecture
Yamatokoriyama-shi, Nara 630-8587

0742-22-5511

东大寺(東大寺),位于日本奈良县奈良市雜司町,是华严宗大本山,南都七大寺之一,距今约有一千二百余年的历史。1998年作为“古都奈良的文化財”的一部分被列为世界文化遗产。佛寺是728年由信奉佛教的圣武天皇建立的。东大寺是全国68所国分寺的总寺院。因为建在首都平城京以东,所以被称作东大寺。另外有西大寺。东大寺大佛殿,正面宽度57米,深50米,为世界最大的木造建筑。大佛殿内,放置着高15米以上的大佛像——盧舍那佛。东大寺院内还有南大门、二月堂、三月堂、正仓院等。南大门有很著名的双体金刚力士像。二月堂能够俯视大佛殿和眺望奈良市区。起源与歷史創建与大佛铸造東大寺之起源较大佛的铸造稍早,8世纪上半叶大佛殿以東,若草山麓建立起了寺院的前身。据《東大寺要錄》记载,天平5年(733年)若草山麓創建的金鐘寺是東大寺的起源。另有一说,据正史《续日本记》载,神亀5年(728年),第45代天皇聖武天皇与光明皇后的皇子菩提早逝,为此在若草山麓设山房,常住有僧侶9人,此为金鐘寺之前身。据载金鐘寺在8世紀中叶设有羂索堂、千手堂等,据推测羂索堂应为現在的法華堂(又称三月堂、本尊为不空羂索观音)。天平13年(741年)国分寺建立之詔发布,翌天平14年(742年),金鐘寺被定为大和国的国分寺,更寺名为金光明寺。大佛的铸造始于天平19年(747年),「東大寺」之寺号应该是始于此时。另外,监管東大寺建設的「造東大寺司」的可考最初史料记载为天平20年(748年)。聖武天皇颁布大佛造立之詔是在天平15年(743年)。当時,都城为恭仁京(今京都),天皇行宫是位于恭仁京东北的紫香乐宫(今滋賀县甲賀市),大佛铸造也在当地开始。此后聖武天皇短期間内屡次迁都,2年後的天平17年(745年),定都平城京的同时在現在的東大寺所在地开始了大佛的铸造。这是一项艰难浩大的工程,大佛铸成以后,天平勝寶4年(752年)天竺(印度)出身的僧人菩提僊那主持了大佛开眼会。大佛铸造完成后大佛殿的建設工事又接着开始、天平宝字2年(758年)竣工。

Kasuga-taisha
Distance: 0.1 mi 詳しくは
春日野町160
Nara-shi, Nara 630-8212

0742-22-7788

春日大社(かすがたいしゃ)是一座位于日本奈良縣奈良市奈良公園内的神社。舊稱春日神社。建于和銅二年(710年)。社內供奉的神明包括武甕槌命、經津主命、天兒屋根命和比賣神。神社例祭日為3月13日(春日祭)。建設者為藤原不比等。作為古都奈良的文化財的一部分而被登入世界文化遺產之列。為二十二社之一。祭事・年中行事旬祭(毎月1日・1日・21日)神樂始式(1月3日)御祈禱始式(1月7日)舞樂始式(1月10日)節分萬燈籠(節分日)御田植祭(御田植神事)(3月15日)人雛祭(4月3日)水谷神社鎮花祭(4月5日)菖蒲祭(端午節供祭)(5月5日)獻茶祭(5月10日)薪御能(5月11日-12日)夏越大祓式(6月30日)中元萬燈籠(8月14日-15日)采女祭(中秋之名月日)重陽節供祭・獻香祭(10月9日)文化之日舞樂演奏會(11月3日)春日若宮おん祭(12月15日-12月18日)年越大祓式(12月31日) 交通最寄站:近畿日本鐵道奈良線近鐵奈良站、JR關西本線櫻井線・奈良站停車場:有

Kasuga-taisha
Distance: 0.1 mi 詳しくは
春日野町160
Nara-shi, Nara 630-8212

0742-22-7788

春日大社(かすがたいしゃ)は、中臣氏(のちの藤原氏)の氏神を祀るために768年に創設された奈良県奈良市にある神社。旧称は春日神社。式内社(名神大社)、二十二社(上七社)の一社。旧社格は官幣大社で、現在は神社本庁の別表神社。神紋は「下がり藤」。全国に約1000社ある春日神社の総本社である。武甕槌命が白鹿に乗ってきたとされることから、鹿を神使とする。ユネスコの世界遺産に「古都奈良の文化財」の1つとして登録されている。祭神主祭神は以下の4柱。総称して春日神と呼ばれ、藤原氏の氏神である。 武甕槌命 - 藤原氏守護神(常陸国鹿島の神) 経津主命 - 同上(下総国香取の神) 天児屋根命 - 藤原氏の祖神(河内国平岡の神) 比売神 - 天児屋根命の妻(同上)

東大寺南大門
Distance: 0.6 mi 詳しくは
雑司町406-1
Nara-shi, Nara 630-8587

0742-22-5511

東大寺 二月堂
Distance: 0.6 mi 詳しくは
雑司町406-1
Nara-shi, Nara 630-8587

Kasuga-taisha
Distance: 0.1 mi 詳しくは
春日野町160
Nara-shi, Nara 630-8212

0742-22-7788

is a Shinto shrine in the city of Nara, in Nara Prefecture, Japan. Established in 768 AD and rebuilt several times over the centuries, it is the shrine of the Fujiwara family. The interior is famous for its many bronze lanterns, as well as the many stone lanterns that lead up the shrine.The architectural style Kasuga-zukuri takes its name from Kasuga Shrine's honden (sanctuary).Kasuga Shrine, and the Kasugayama Primeval Forest near it, are registered as a UNESCO World Heritage Site as part of the "Historic Monuments of Ancient Nara".The path to Kasuga Shrine passes through Deer Park. In Deer Park, deer are able to roam freely and are believed to be sacred messengers of the Shinto gods that inhabit the shrine and surrounding mountainous terrain. Kasuga Shrine and the deer have been featured in several paintings and works of art of the Nambokucho Period. Over three thousand stone lanterns line the way. The Man'yo Botanical Garden, Nara is adjacent to the shrine.HistoryThe shrine became the object of Imperial patronage during the early Heian period. In 965, Emperor Murakami ordered that Imperial messengers were sent to report important events to the guardian kami of Japan. These heihaku were initially presented to 16 shrines including the Kasuga Shrine.

奈良国立博物館
Distance: 0.6 mi 詳しくは
登大路町50
Nara-shi, Nara 630-8213

0742-22-7771

奈良世界文化遺產-春日大社
Distance: 0.0 mi 詳しくは
奈良市春日野町160
Nara-shi, Nara

氷室神社
Distance: 0.6 mi 詳しくは
奈良県奈良市春日野町1-4
Nara-shi, Nara 630-8212

0742-23-7297

Nara Hotel
Distance: 0.8 mi 詳しくは
奈良県
Nara-shi, Nara 630-8301

奈良ホテル(ならホテル)は、奈良県奈良市高畑町にある、1909年(明治42年)10月に営業開始したホテルである。概要春日大社一の鳥居前から天理方面へ向かう国道169号(天理街道)沿いにある、荒池と呼ばれる農業用灌漑池の畔、かつては興福寺の塔頭である大乗院が所在した跡地の小高い丘に建っており、興福寺、春日大社、奈良公園などの観光地にも近い。第二次世界大戦前には国営(鉄道院→鉄道省直営)の時代が長く、関西において国賓・皇族の宿泊する迎賓館に準ずる施設としての役割をになっていた。このため「西の迎賓館」とも呼ばれる。今日でも著名人が多く宿泊し、皇族の奈良宿泊の際にはこのホテルが利用されることが専らである。現在本ホテルは株式会社奈良ホテルが経営しており、資本金は4億円。後述する歴史的経緯から、うち西日本旅客鉄道株式会社が50%、株式会社近鉄・都ホテルズが50%出資する。このため、JR西日本、近鉄の両系列下にあり、JR西日本ホテルズと都ホテルズ&リゾーツの両方に加盟するホテルである。設備宿泊設備としては木造2階建て瓦葺き建築で創業以来の本館と、1984年(昭和59年)に営業を開始した鉄筋コンクリート造4階建ての新館よりなり、小高い丘の上に建つ本館1階とその丘の南側斜面を削って建設された新館の屋上が同一平面となる。2010年(平成22年)現在の客室数は本館・新館合わせて129で、シングル・ツイン・ダブルの洋室を基本とするが、少数ながら和室も用意されている。木造の本館は全室禁煙である。フロントと、メインダイニングルーム「三笠」、ティーラウンジ、バー、そして売店は本館1階に、日本料理「花菊」は新館4階にあり、宴会場は本館フロント周辺に2室、新館に4室用意されている。また、これらに料理を供する厨房は本館と新館とを連結する区画の地下、つまり新館4階と同一平面に設けられている。

Nara Hotel
Distance: 0.8 mi 詳しくは
奈良県
Nara-shi, Nara 630-8301

奈良ホテル(ならホテル)は、奈良県奈良市高畑町にある、1909年(明治42年)10月に営業開始したホテルである。概要春日大社一の鳥居前から天理方面へ向かう国道169号(天理街道)沿いにある、荒池と呼ばれる農業用灌漑池の畔、かつては興福寺の塔頭である大乗院が所在した跡地の小高い丘に建っており、興福寺、春日大社、奈良公園などの観光地にも近い。第二次世界大戦前には国営(鉄道院→鉄道省直営)の時代が長く、関西において国賓・皇族の宿泊する迎賓館に準ずる施設としての役割をになっていた。このため「西の迎賓館」とも呼ばれる。今日でも著名人が多く宿泊し、皇族の奈良宿泊の際にはこのホテルが利用されることが専らである。現在本ホテルは株式会社奈良ホテルが経営しており、資本金は4億円。後述する歴史的経緯から、うち西日本旅客鉄道株式会社が50%、株式会社近鉄・都ホテルズが50%出資する。このため、JR西日本、近鉄の両系列下にあり、JR西日本ホテルズと都ホテルズ&リゾーツの両方に加盟するホテルである。設備宿泊設備としては木造2階建て瓦葺き建築で創業以来の本館と、1984年(昭和59年)に営業を開始した鉄筋コンクリート造4階建ての新館よりなり、小高い丘の上に建つ本館1階とその丘の南側斜面を削って建設された新館の屋上が同一平面となる。2010年(平成22年)現在の客室数は本館・新館合わせて129で、シングル・ツイン・ダブルの洋室を基本とするが、少数ながら和室も用意されている。木造の本館は全室禁煙である。フロントと、メインダイニングルーム「三笠」、ティーラウンジ、バー、そして売店は本館1階に、日本料理「花菊」は新館4階にあり、宴会場は本館フロント周辺に2室、新館に4室用意されている。また、これらに料理を供する厨房は本館と新館とを連結する区画の地下、つまり新館4階と同一平面に設けられている。

Tōdai-ji
Distance: 0.7 mi 詳しくは
1 Zōshi-chō, Nara, Nara Prefecture
Yamatokoriyama-shi, Nara 630-8211

0742-22-5511

วัดโทได เป็นวัดพุทธในเมืองนะระ ประเทศญี่ปุ่น ศาลาหลวงพ่อโต (ไดบุสึเด็ง) ของวัดนี้ได้รับการบันทึกว่าเป็นอาคารไม้ที่ใหญ่ที่สุดในโลก เป็นที่ประดิษฐานพระพุทธรูปไดบุสึขนาดใหญ่หล่อจากบรอนซ์ ซึ่งเป็นพระปฏิมาแทนองค์พระไวโรจนพุทธเจ้า นอกจากนี้ วัดนี้ยังเป็นศูนย์กลางของโรงเรียนศาสนาในสายเคงอนอีกด้วย วัดนี้ได้รับการขึ้นทะเบียนเป็นมรดกโลกในทะเบียนเดียวกับวัด ศาลเจ้า และสถานที่สำคัญอื่นๆอีก 7 แห่งในเมืองนะระประวัติประวัติเมื่อครั้งแรกเริ่มสร้างในสมัยเทมเปียว มีผู้ประสบภัยจากภัยธรรมชาติและโรคระบาดอยู่เป็นจำนวนมาก จนกระทั่งปี พ.ศ. 1286 จักรพรรดิโชมุได้ทรงประกาศว่า ประชาชนควรจะร่วมกันสร้างพระพุทธรูปขึ้นเพื่อปกป้องตนเองจากภัยพิบัติ เนื่องจากทรงมีความเชื่อว่าพระพุทธรูปจะช่วยคุ้มครองประชาชนได้ ตามบันทึกที่เก็บรักษาอยู่ในวัดโทไดได้กล่าวว่า มีคนมาช่วยสร้างพระพุทธรูปและหอที่ประดิษฐานมากกว่า 2,600,000 คน การสร้างพระพุทธรูปเริ่มต้นครั้งแรกที่เมืองชิงะระกิ แต่หลังจากเกิดเหตุเพลิงไหม้และแผ่นดินไหวจนมีผู้เสียชีวิตจำนวนมาก ก็ได้ย้ายสถานที่สร้างมายังเมืองนะระใน พ.ศ. 1288 และสร้างเสร็จสมบูรณ์ใน พ.ศ. 1294 ต่อมาใน พ.ศ. 1295 ได้มีการจัดพิธีเบิกพระเนตรเพื่อฉลองพระพุทธรูปองค์ใหม่ โดยมีพระภิกษุชาวอินเดียชื่อว่าพระโพธิเสนะ เป็นผู้ประกอบพิธี ตามบันทึกมีผู้มาร่วมพิธีราว 10,000 คน หลังจากนั้นจักรพรรดิโชมุได้ทรงประกาศให้วัดโทไดเป็นวัดประจำจังหวัดยะมะโตะ และเป็นศูนย์กลางของวัดทั่วอาณาจักรการก่อสร้างขึ้นใหม่หลังสมัยนะระหลวงพ่อโตวัดโทไดถูกสร้างขึ้นใหม่หลายครั้งโดยเหตุผลต่างๆกัน รวมทั้งความเสียหายจากเหตุแผ่นดินไหว และมีการสร้างขึ้นใหม่ 2 ครั้งที่มีสาเหตุจากเหตุเพลิงไหม้ โดยพระหัตถ์ทั้งสองข้างที่เห็นในปัจจุบันนี้สร้างขึ้นในสมัยโมะโมะยะมะ (พ.ศ. 2111-2158) พระเศียรในปัจจุบันนี้ถูกสร้างขึ้นในสมัยเอโดะ (พ.ศ. 2158-2410) และหอที่ประดิษฐานในปัจจุบันนี้สร้างเสร็จสมบูรณ์เมื่อ พ.ศ. 2252 โดยมีขนาดเล็กกว่าอาคารหลังเดิมราว 30% เดิมทีในบริเวณวัดจะมีเจดีย์สูง 100 เมตรอยู่คู่หนึ่ง ซึ่งจัดว่าเป็นอาคารที่สูงที่สุดในโลกในยุคหลังจากการสร้างพีระมิด แต่ได้พังทลายลงเนื่องจากแผ่นดินไหว

Tōdai-ji
Distance: 0.7 mi 詳しくは
1 Zōshi-chō, Nara, Nara Prefecture
Yamatokoriyama-shi, Nara 630-8211

0742-22-5511

วัดโทได เป็นวัดพุทธในเมืองนะระ ประเทศญี่ปุ่น ศาลาหลวงพ่อโต (ไดบุสึเด็ง) ของวัดนี้ได้รับการบันทึกว่าเป็นอาคารไม้ที่ใหญ่ที่สุดในโลก เป็นที่ประดิษฐานพระพุทธรูปไดบุสึขนาดใหญ่หล่อจากบรอนซ์ ซึ่งเป็นพระปฏิมาแทนองค์พระไวโรจนพุทธเจ้า นอกจากนี้ วัดนี้ยังเป็นศูนย์กลางของโรงเรียนศาสนาในสายเคงอนอีกด้วย วัดนี้ได้รับการขึ้นทะเบียนเป็นมรดกโลกในทะเบียนเดียวกับวัด ศาลเจ้า และสถานที่สำคัญอื่นๆอีก 7 แห่งในเมืองนะระประวัติประวัติเมื่อครั้งแรกเริ่มสร้างในสมัยเทมเปียว มีผู้ประสบภัยจากภัยธรรมชาติและโรคระบาดอยู่เป็นจำนวนมาก จนกระทั่งปี พ.ศ. 1286 จักรพรรดิโชมุได้ทรงประกาศว่า ประชาชนควรจะร่วมกันสร้างพระพุทธรูปขึ้นเพื่อปกป้องตนเองจากภัยพิบัติ เนื่องจากทรงมีความเชื่อว่าพระพุทธรูปจะช่วยคุ้มครองประชาชนได้ ตามบันทึกที่เก็บรักษาอยู่ในวัดโทไดได้กล่าวว่า มีคนมาช่วยสร้างพระพุทธรูปและหอที่ประดิษฐานมากกว่า 2,600,000 คน การสร้างพระพุทธรูปเริ่มต้นครั้งแรกที่เมืองชิงะระกิ แต่หลังจากเกิดเหตุเพลิงไหม้และแผ่นดินไหวจนมีผู้เสียชีวิตจำนวนมาก ก็ได้ย้ายสถานที่สร้างมายังเมืองนะระใน พ.ศ. 1288 และสร้างเสร็จสมบูรณ์ใน พ.ศ. 1294 ต่อมาใน พ.ศ. 1295 ได้มีการจัดพิธีเบิกพระเนตรเพื่อฉลองพระพุทธรูปองค์ใหม่ โดยมีพระภิกษุชาวอินเดียชื่อว่าพระโพธิเสนะ เป็นผู้ประกอบพิธี ตามบันทึกมีผู้มาร่วมพิธีราว 10,000 คน หลังจากนั้นจักรพรรดิโชมุได้ทรงประกาศให้วัดโทไดเป็นวัดประจำจังหวัดยะมะโตะ และเป็นศูนย์กลางของวัดทั่วอาณาจักรการก่อสร้างขึ้นใหม่หลังสมัยนะระหลวงพ่อโตวัดโทไดถูกสร้างขึ้นใหม่หลายครั้งโดยเหตุผลต่างๆกัน รวมทั้งความเสียหายจากเหตุแผ่นดินไหว และมีการสร้างขึ้นใหม่ 2 ครั้งที่มีสาเหตุจากเหตุเพลิงไหม้ โดยพระหัตถ์ทั้งสองข้างที่เห็นในปัจจุบันนี้สร้างขึ้นในสมัยโมะโมะยะมะ (พ.ศ. 2111-2158) พระเศียรในปัจจุบันนี้ถูกสร้างขึ้นในสมัยเอโดะ (พ.ศ. 2158-2410) และหอที่ประดิษฐานในปัจจุบันนี้สร้างเสร็จสมบูรณ์เมื่อ พ.ศ. 2252 โดยมีขนาดเล็กกว่าอาคารหลังเดิมราว 30% เดิมทีในบริเวณวัดจะมีเจดีย์สูง 100 เมตรอยู่คู่หนึ่ง ซึ่งจัดว่าเป็นอาคารที่สูงที่สุดในโลกในยุคหลังจากการสร้างพีระมิด แต่ได้พังทลายลงเนื่องจากแผ่นดินไหว

Nara National Museum
Distance: 0.6 mi 詳しくは
登大路町50番地
Nara-shi, Nara 630-8213

奈良国立博物館(ならこくりつはくぶつかん)は、奈良県奈良市登大路町にある、独立行政法人国立文化財機構が運営する博物館である。概要仏教美術を中心とした文化財の収集、保管、研究、展示を行うとともに、講演会や出版活動などを通じた普及活動を行うことを主たる活動内容としている。展示施設は本館、本館付属棟、東新館、西新館、地下回廊がある。このうち本館は、赤坂離宮(迎賓館)などを手がけた宮廷建築家・片山東熊の設計により1894年(明治27年)竣工したもので、明治期の洋風建築の代表例として国の重要文化財に指定されている。展示品は館蔵品のほか、奈良県下を中心とした社寺や個人からの寄託品も多い。毎年秋に実施される「正倉院展」の会場でもある。沿革館は1895年(明治28年)、帝国奈良博物館として開館した。開館までの前史として、奈良博覧会の存在を看過することはできない。1874年(明治7年)、当時の奈良県権令・藤井千尋が中心となり、官民合同の奈良博覧会社が設立された。翌1875年(明治8年)開催された第1回奈良博覧会は、東大寺大仏殿と周囲の回廊を会場として、正倉院宝物をはじめ、社寺や個人から出品された書画、古器物、動植物標本、機械類などを陳列した。80日間の会期中にのべ17万人が訪れる大盛況であったことが当時の記録からわかる。その後奈良博覧会は1877年(明治10年)を除いて毎年開催され、1890年(明治23年)までに計15回を数えた。当時、東京上野にはすでに宮内省所管の博物館(東京国立博物館の前身)があったが、1889年(明治22年)、宮内大臣通達により東京の博物館の名称を「帝国博物館」に改めるとともに、京都と奈良にもそれぞれ帝国博物館を設置することが決まった。機関としての帝国奈良博物館の発足はこの時である。こうして、興福寺旧境内である現在地で1892年(明治25年)より建設工事が始まり、1894年に本館が竣工、翌1895年4月29日に開館した。館長は奈良県知事古沢滋が兼務していたが、1895年10月に山高信離(のぶあきら)が館長となった(当時開館準備中であった帝国京都博物館長と兼務)。1900年(明治33年)には館名を奈良帝室博物館に改めている。この呼称は1947年(昭和22年)まで使われた。

Nara Park
Distance: 0.4 mi 詳しくは
雑司町469
Nara-shi, Nara 630-8383

0742-22-0375

El Parque de Nara es un parque público situado en la ciudad de Nara, Japón, a los pies del Monte Wakakusa y creado en 1880. Administrativamente, el parque se encuentra bajo el control de la prefectura de Nara. El parque es uno de los "lugares de belleza escénica" designados por el Ministerio de Educación, Cultura, Deportes, Ciencia y Tecnología de Japón (MEXT). Los más de 1.200 ciervos sika (シカ) o (鹿 shika) salvajes que se hallan dando vueltas libremente en el parque, también se encuentran bajo la designación de MEXT, clasificado como "Monumento Natural". Mientras que el tamaño oficial del parque es de aproximadamente 502 ha, la zona, incluyendo los terrenos de Todai-ji, Kōfuku-ji y el Santuario Kasuga, se extiende a 660 ha.También se pueden encontrar servicios de jinrikisha (人力車) o rickshaw en las entradas de los templos Tōdai-ji y Kōfuku-ji. Los jardines que antes eran privados son mostrados al público. Estos jardines hacen uso de los edificios de los templos como elementos adjuntos de sus paisajes.El parque es el hogar del Museo Nacional de Nara y del Todai-ji, donde el edificio de madera más grande del mundo alberga una estatua de Buda, de 50 pies de alto.

春日大社表參道
Distance: 0.2 mi 詳しくは
春日野町160
Nara-shi, Nara 630-8212

0742-22-7788

Nara National Museum
Distance: 0.6 mi 詳しくは
登大路町50番地
Nara-shi, Nara 630-8213

050-5542-8600

The is one of the pre-eminent national art museums in Japan.IntroductionThe Nara National Museum is located in Nara, which was the capital of Japan from 710 to 784. Katayama Tōkuma (1854–1917) designed the original building, which is a representative Western-style building of the Meiji period and has been designated an Important Cultural Property in Japan. Junzō Yoshimura (1908–1997) designed a supplemental building in 1973.CollectionsThe museum is noted for its collection of Buddhist art, including images, sculpture, and altar articles. The museum houses and displays works of art belonging to temples and shrines in the Nara area. Properties kept in the Shōsōin repository are exhibited each year in the autumn.In the museum's collection is the 12th-century, 11th or 12th-century mandala Jōdo mandara-zu, and the 9th-century sculpture of the seated Buddha Yakushi.HistoryThe Nara National Museum was established in 1889 as the Imperial Nara Museum . The Nara National Museum held its first exhibition in 1895. As prehistory to the opening, there was a Nara exhibition. In 1874, Nara exhibition company of semi-governmental management was established by the then Nara governor Fujii Chihiro. The Museum was renamed the Imperial Household Museum of Nara. It has been known by its present name since 1952.

Tōdai-ji
Distance: 0.7 mi 詳しくは
1 Zōshi-chō, Nara, Nara Prefecture
Nara-shi, Nara 760-8521

0742-22-5511

Tōdai-ji, es un templo budista que se encuentra en Nara, Japón. Alberga una estatua gigante del Buda Vairocana (llamado dainichi en japonés; significa "Buda que brilla a lo largo del mundo como el sol"), conocido simplemente como daibutsu (Gran Buda), al igual que otras grandes figuras de Buda en Japón. El templo también sirve como los cuarteles japoneses de la escuela Kegon del budismo. Aun habiendo sido reconstruido 2 veces por causa de incendios provocados por la guerra siendo así un 33% más pequeño que el original, ostenta el récord mundial siendo la construcción de madera más grande del mundo.Los ciervos sika, protegidos oficialmente como tesoros nacionales y considerados como mensajeros de los dioses por el sintoísmo, vagan por el terreno libremente. Son utilizados como reclamo turístico y se les puede alimentar, previa compra de una especie de obleas que venden dentro del recinto, por lo que no muestran ningún temor hacia las personas.HistoriaDurante la era Tenpyō hubo varios desastres y epidemias. En el 743, el emperador Shōmu promulgó una ley que obligaba al pueblo a construir un Buda para protegerse a sí mismos. Creía que el poder de Buda podría ayudar a la gente. El gran Buda fue diseñado por Kuninaka no muraji Kimimaro, cuyo abuelo fue un inmigrante del reino Baekje de Corea. Según la leyenda, alrededor de 2.600.000 personas en total ayudaron en la construcción del Budha (420.000 con contribuciones y 2.180.000 trabajando para construirlo); este número iguala a la mitad de la población de Japón en esa época, y fue con toda probabilidad exagerada. El templo fue finalizado en el 745 y el buda completado en el 751, habiendo consumido la mayoría de la producción de bronce en Japón durante varios años y dejando al país casi en bancarrota. La estatua ha sido refundida varias veces debido a razones como daños causado por terremotos y la reconstrucción del templo dos veces por incendios.

Tōdai-ji
Distance: 0.7 mi 詳しくは
1 Zōshi-chō, Nara, Nara Prefecture
Nara-shi, Nara 760-8521

0742-22-5511

Tōdai-ji, es un templo budista que se encuentra en Nara, Japón. Alberga una estatua gigante del Buda Vairocana (llamado dainichi en japonés; significa "Buda que brilla a lo largo del mundo como el sol"), conocido simplemente como daibutsu (Gran Buda), al igual que otras grandes figuras de Buda en Japón. El templo también sirve como los cuarteles japoneses de la escuela Kegon del budismo. Aun habiendo sido reconstruido 2 veces por causa de incendios provocados por la guerra siendo así un 33% más pequeño que el original, ostenta el récord mundial siendo la construcción de madera más grande del mundo.Los ciervos sika, protegidos oficialmente como tesoros nacionales y considerados como mensajeros de los dioses por el sintoísmo, vagan por el terreno libremente. Son utilizados como reclamo turístico y se les puede alimentar, previa compra de una especie de obleas que venden dentro del recinto, por lo que no muestran ningún temor hacia las personas.HistoriaDurante la era Tenpyō hubo varios desastres y epidemias. En el 743, el emperador Shōmu promulgó una ley que obligaba al pueblo a construir un Buda para protegerse a sí mismos. Creía que el poder de Buda podría ayudar a la gente. El gran Buda fue diseñado por Kuninaka no muraji Kimimaro, cuyo abuelo fue un inmigrante del reino Baekje de Corea. Según la leyenda, alrededor de 2.600.000 personas en total ayudaron en la construcción del Budha (420.000 con contribuciones y 2.180.000 trabajando para construirlo); este número iguala a la mitad de la población de Japón en esa época, y fue con toda probabilidad exagerada. El templo fue finalizado en el 745 y el buda completado en el 751, habiendo consumido la mayoría de la producción de bronce en Japón durante varios años y dejando al país casi en bancarrota. La estatua ha sido refundida varias veces debido a razones como daños causado por terremotos y la reconstrucción del templo dos veces por incendios.

Tōdai-ji
Distance: 0.7 mi 詳しくは
雑司町406-1
Yamatokoriyama-shi, Nara 630-8587

0742-22-5511

Tōdai-ji é um complexo budista na cidade de Nara, no Japão. O templo recebeu este nome por se situar a leste do Palácio Heijō). Seu Jardim do Grande Buda (大仏殿, Daibutsuden ) abriga a maior estátua do mundo de bronze do Buda Vairochana,, conhecido no Japão simplesmente como Daibutsu (大仏). O templo também serve como a sede japonesa da escola de budismo Kegon e é classificado pela UNESCO como Patrimônio da Humanidade dentro dos Monumentos Históricos da Antiga Nara, juntamente com sete outros locais, incluindo templos, santuários e lugares na cidade de Nara.HistóriaContextoNo período Nara, a civilização chinesa tinha uma grande influência sobre o Japão, com base no Estado da gloriosa Dinastia Tang. Assim, com uma administração centralizada e uma poderosa aristocracia começaram a implementar o modelo da burocracia chinesa, ao mesmo tempo que o budismo começou a se espalhar pelo arquipélago, aumentando a necessidade de imagens religiosas. A necessidade de acomodar a crescente burocracia forçou a corte imperial escolher uma nova capital Heijō-kyō em 710 (atual Nara).A partir do deslocamento da capital no início do período Tenpō, durante o qual as grandes construções de templos budistas vão ocorrer. Estes templos grandes têm um impacto muito significativo sobre as pessoas que vêem esta nova religião uma fonte de proteção poderosa para o país. O Imperador Shomu foi o principal arquiteto da construção de Todai-ji, influenciada pela grandeza da China da Era Tang e forte defensor do budismo, que fortalecia a unidade e poder do Estado, buscando dar ao Imperador um papel mais central e essencial na vida política do Japão em relação a diferentes famílias ou facções da corte.

Tōdai-ji
Distance: 0.7 mi 詳しくは
雑司町406-1
Yamatokoriyama-shi, Nara 630-8587

0742-22-5511

Tōdai-ji é um complexo budista na cidade de Nara, no Japão. O templo recebeu este nome por se situar a leste do Palácio Heijō). Seu Jardim do Grande Buda (大仏殿, Daibutsuden ) abriga a maior estátua do mundo de bronze do Buda Vairochana,, conhecido no Japão simplesmente como Daibutsu (大仏). O templo também serve como a sede japonesa da escola de budismo Kegon e é classificado pela UNESCO como Patrimônio da Humanidade dentro dos Monumentos Históricos da Antiga Nara, juntamente com sete outros locais, incluindo templos, santuários e lugares na cidade de Nara.HistóriaContextoNo período Nara, a civilização chinesa tinha uma grande influência sobre o Japão, com base no Estado da gloriosa Dinastia Tang. Assim, com uma administração centralizada e uma poderosa aristocracia começaram a implementar o modelo da burocracia chinesa, ao mesmo tempo que o budismo começou a se espalhar pelo arquipélago, aumentando a necessidade de imagens religiosas. A necessidade de acomodar a crescente burocracia forçou a corte imperial escolher uma nova capital Heijō-kyō em 710 (atual Nara).A partir do deslocamento da capital no início do período Tenpō, durante o qual as grandes construções de templos budistas vão ocorrer. Estes templos grandes têm um impacto muito significativo sobre as pessoas que vêem esta nova religião uma fonte de proteção poderosa para o país. O Imperador Shomu foi o principal arquiteto da construção de Todai-ji, influenciada pela grandeza da China da Era Tang e forte defensor do budismo, que fortalecia a unidade e poder do Estado, buscando dar ao Imperador um papel mais central e essencial na vida política do Japão em relação a diferentes famílias ou facções da corte.

若草山
Distance: 0.7 mi 詳しくは
雑司町
Nara-shi, Nara 630-8211

Tōdai-ji
Distance: 0.7 mi 詳しくは
1 Zōshi-chō, Nara, Nara Prefecture
Yamatokoriyama-shi, Nara 630-8587

Le, de son nom complet, est un temple bouddhique situé à Nara au Japon. Il est le centre des écoles Kegon et Ritsu, mais toutes les branches du bouddhisme japonais y sont étudiées et le site comprend de nombreux temples et sanctuaires annexes. Dans l’enceinte se trouve la plus grande construction en bois au monde, le, qui abrite une statue colossale en bronze du bouddha Vairocana appelée, c'est-à-dire « Grand Bouddha ». Le bâtiment, d’une largeur de huit travées de piliers, est un tiers plus petit que le temple originel qui en comprenait douze.De nombreux bâtiments secondaires ont été groupés tout autour de la Salle du Grand Bouddha sur le flanc de coteau légèrement incliné du mont Wakakusa. Parmi eux, le, le, ancien grenier qui fut transformé en entrepôt d’objets d’art et le, réputé pour sa collection de sculptures du. Le rôle du temple est étroitement lié à la fonction impériale, les rites et cérémonies qui s’y déroulent devant protéger le pays et la famille de l’empereur.Le temple, construit au, est détruit et reconstruit presque intégralement deux fois au cours de son histoire, au. Son édification sous l’égide de l’empereur Shōmu entre 745 et 752 requiert la mobilisation de toutes les ressources du jeune État japonais et grève durablement les finances publiques. Le monumentalisme inédit du projet traduit l’idéal politique de Shōmu, c’est-à-dire un État centralisé fondé sur le bouddhisme. Par la religion, Shōmu compte accroître le contrôle encore lâche de la cour impériale sur les provinces en établissant un vaste réseau de temples à travers tout le pays, réunis sous la coupe du Tōdai-ji. Toutefois, la puissance des temples de Nara devient telle au qu’elle donne l’impression de pouvoir même menacer l’hégémonie de la cour, conduisant les empereurs à des mesures fiscales et politiques importantes, notamment le déplacement de la capitale. Le Tōdai-ji ne joue ainsi un rôle politique et religieux prépondérant que durant quelques décennies, son influence déclinant ensuite peu à peu, ce qui entraîne des difficultés majeures pour la gestion de ses domaines répartis dans tout le pays. Toutefois, symbole de l’empereur et de l’État, le Tōdai-ji verra se mobiliser pleinement le gouvernement et la population pour sa reconstruction après les destructions de 1180 et de 1567 en raison de guerres civiles.

Tōdai-ji
Distance: 0.7 mi 詳しくは
1 Zōshi-chō, Nara, Nara Prefecture
Yamatokoriyama-shi, Nara 630-8587

Le, de son nom complet, est un temple bouddhique situé à Nara au Japon. Il est le centre des écoles Kegon et Ritsu, mais toutes les branches du bouddhisme japonais y sont étudiées et le site comprend de nombreux temples et sanctuaires annexes. Dans l’enceinte se trouve la plus grande construction en bois au monde, le, qui abrite une statue colossale en bronze du bouddha Vairocana appelée, c'est-à-dire « Grand Bouddha ». Le bâtiment, d’une largeur de huit travées de piliers, est un tiers plus petit que le temple originel qui en comprenait douze.De nombreux bâtiments secondaires ont été groupés tout autour de la Salle du Grand Bouddha sur le flanc de coteau légèrement incliné du mont Wakakusa. Parmi eux, le, le, ancien grenier qui fut transformé en entrepôt d’objets d’art et le, réputé pour sa collection de sculptures du. Le rôle du temple est étroitement lié à la fonction impériale, les rites et cérémonies qui s’y déroulent devant protéger le pays et la famille de l’empereur.Le temple, construit au, est détruit et reconstruit presque intégralement deux fois au cours de son histoire, au. Son édification sous l’égide de l’empereur Shōmu entre 745 et 752 requiert la mobilisation de toutes les ressources du jeune État japonais et grève durablement les finances publiques. Le monumentalisme inédit du projet traduit l’idéal politique de Shōmu, c’est-à-dire un État centralisé fondé sur le bouddhisme. Par la religion, Shōmu compte accroître le contrôle encore lâche de la cour impériale sur les provinces en établissant un vaste réseau de temples à travers tout le pays, réunis sous la coupe du Tōdai-ji. Toutefois, la puissance des temples de Nara devient telle au qu’elle donne l’impression de pouvoir même menacer l’hégémonie de la cour, conduisant les empereurs à des mesures fiscales et politiques importantes, notamment le déplacement de la capitale. Le Tōdai-ji ne joue ainsi un rôle politique et religieux prépondérant que durant quelques décennies, son influence déclinant ensuite peu à peu, ce qui entraîne des difficultés majeures pour la gestion de ses domaines répartis dans tout le pays. Toutefois, symbole de l’empereur et de l’État, le Tōdai-ji verra se mobiliser pleinement le gouvernement et la population pour sa reconstruction après les destructions de 1180 et de 1567 en raison de guerres civiles.

手向山八幡宮
Distance: 0.5 mi 詳しくは
雑司町434
Nara-shi, Nara 630-8211

0742-23-4404

白毫寺
Distance: 0.7 mi 詳しくは
奈良市白毫寺町392
Nara-shi, Nara 630-8302

0742-26-3392

Shin-Yakushi-ji
Distance: 0.4 mi 詳しくは
高畑町1352
Nara-shi, Nara 630-8301

0742-22-3736

新薬師寺(しんやくしじ)は、奈良市高畑町にある華厳宗の寺院である。本尊は薬師如来、開基(創立者)は光明皇后または聖武天皇と伝える。山号は日輪山(ただし、古代の寺院には山号はなく、後世に付したものである)。奈良時代には南都十大寺の1つに数えられ、平安時代以降は規模縮小したが、国宝の本堂や奈良時代の十二神将像をはじめ、多くの文化財を伝えている。歴史創建奈良市街地の南東方、春日大社の二の鳥居の南方に位置する。最盛期には4町(約440メートル)四方の寺地を有し、現在の奈良教育大学のキャンパスあたりまでが新薬師寺の境内地であった。新薬師寺は奈良時代(8世紀)創建の官立寺院であることは間違いないが、創建の正確な時期や事情については正史に記載がない。平安時代末期成立の『東大寺要録』には、末寺である新薬師寺についての記載があり、同書の巻第一・本願章には「天平19年(747年)、光明皇后が夫聖武天皇の病気平癒のため新薬師寺を建て、七仏薬師像を造った」とある。また、同書巻第六・末寺章によれば、新薬師寺は別名を香薬寺といい、九間の仏堂に「七仏(薬師)浄土七躯」があったという。天平宝字6年3月1日(762年3月30日)の「造東大寺司告朔解」(こくさくげ)という文書(正倉院文書)によると、当時「造香山薬師寺所」という臨時の役所が存在し、香山薬師寺(新薬師寺の別名)の造営がまだ続いていたことがわかる。『続日本紀』の記載を見ると、聖武天皇の病気は2年前の天平17年(745年)以来のもので、新薬師寺の建立された天平19年(747年)頃は小康状態にあったようである。『続紀』によると、天平17年(745年)9月には聖武の病気平癒のため、京師と畿内の諸寺に薬師悔過(けか)法要の実施を命じ、また諸国に「薬師仏像七躯高六尺三寸」の造立を命じている。新薬師寺の創建は、この七仏薬師造立の勅命にかかわるものとみられている。なお、別の伝承では、聖武天皇が光明皇后の眼病平癒を祈願して天平17年(745年)に建立したともいう。「香山寺」と新薬師寺前述のとおり、新薬師寺には香山薬師寺または香薬寺という別名があったことが知られるが、正倉院文書にはこれとは別にやはり光明皇后創建を伝える「香山寺」という寺の名が散見され、この香山寺と新薬師寺との関係についてはさまざまな説がある。正倉院には、東大寺の寺地の範囲を示した「東大寺山堺四至図」(とうだいじさんかいしいしず)という絵図があるが、この絵図を見ると、現・新薬師寺の位置に「新薬師寺堂」、東方の春日山中に「香山堂」の存在が明記され、絵図が作成された天平勝宝8年(756年)の時点でこの両建物が並存していたことが明らかである。福山敏男は、新薬師寺と香山薬師寺は同じ寺院の別称だとしたうえで、「山堺四至図」にみえる「香山堂」を「香山寺」と認め、香山寺は『続紀』にみえる天平17年(745年)9月の薬師悔過実施と七仏薬師造立の勅命に基づいて創建されたものとした。毛利久は、香山寺と新薬師寺は後に合併して、春日山中の香山寺は奥の院的存在になったとみなし、香山寺と香山薬師寺は同じ寺院の別称とした。

Shin-Yakushi-ji
Distance: 0.4 mi 詳しくは
高畑町1352
Nara-shi, Nara 630-8301

0742-22-3736

新薬師寺(しんやくしじ)は、奈良市高畑町にある華厳宗の寺院である。本尊は薬師如来、開基(創立者)は光明皇后または聖武天皇と伝える。山号は日輪山(ただし、古代の寺院には山号はなく、後世に付したものである)。奈良時代には南都十大寺の1つに数えられ、平安時代以降は規模縮小したが、国宝の本堂や奈良時代の十二神将像をはじめ、多くの文化財を伝えている。歴史創建奈良市街地の南東方、春日大社の二の鳥居の南方に位置する。最盛期には4町(約440メートル)四方の寺地を有し、現在の奈良教育大学のキャンパスあたりまでが新薬師寺の境内地であった。新薬師寺は奈良時代(8世紀)創建の官立寺院であることは間違いないが、創建の正確な時期や事情については正史に記載がない。平安時代末期成立の『東大寺要録』には、末寺である新薬師寺についての記載があり、同書の巻第一・本願章には「天平19年(747年)、光明皇后が夫聖武天皇の病気平癒のため新薬師寺を建て、七仏薬師像を造った」とある。また、同書巻第六・末寺章によれば、新薬師寺は別名を香薬寺といい、九間の仏堂に「七仏(薬師)浄土七躯」があったという。天平宝字6年3月1日(762年3月30日)の「造東大寺司告朔解」(こくさくげ)という文書(正倉院文書)によると、当時「造香山薬師寺所」という臨時の役所が存在し、香山薬師寺(新薬師寺の別名)の造営がまだ続いていたことがわかる。『続日本紀』の記載を見ると、聖武天皇の病気は2年前の天平17年(745年)以来のもので、新薬師寺の建立された天平19年(747年)頃は小康状態にあったようである。『続紀』によると、天平17年(745年)9月には聖武の病気平癒のため、京師と畿内の諸寺に薬師悔過(けか)法要の実施を命じ、また諸国に「薬師仏像七躯高六尺三寸」の造立を命じている。新薬師寺の創建は、この七仏薬師造立の勅命にかかわるものとみられている。なお、別の伝承では、聖武天皇が光明皇后の眼病平癒を祈願して天平17年(745年)に建立したともいう。「香山寺」と新薬師寺前述のとおり、新薬師寺には香山薬師寺または香薬寺という別名があったことが知られるが、正倉院文書にはこれとは別にやはり光明皇后創建を伝える「香山寺」という寺の名が散見され、この香山寺と新薬師寺との関係についてはさまざまな説がある。正倉院には、東大寺の寺地の範囲を示した「東大寺山堺四至図」(とうだいじさんかいしいしず)という絵図があるが、この絵図を見ると、現・新薬師寺の位置に「新薬師寺堂」、東方の春日山中に「香山堂」の存在が明記され、絵図が作成された天平勝宝8年(756年)の時点でこの両建物が並存していたことが明らかである。福山敏男は、新薬師寺と香山薬師寺は同じ寺院の別称だとしたうえで、「山堺四至図」にみえる「香山堂」を「香山寺」と認め、香山寺は『続紀』にみえる天平17年(745年)9月の薬師悔過実施と七仏薬師造立の勅命に基づいて創建されたものとした。毛利久は、香山寺と新薬師寺は後に合併して、春日山中の香山寺は奥の院的存在になったとみなし、香山寺と香山薬師寺は同じ寺院の別称とした。

依水園
Distance: 0.6 mi 詳しくは
水門町74
Nara-shi, Nara 630-8208

0742-25-0781

今西家書院
Distance: 0.8 mi 詳しくは
福智院町24-3
Nara-shi, Nara 630-8381

0742-23-2256

Religious Center 近く Kasuga Taisha Shrine

奈良世界遺產-東大寺
Distance: 0.6 mi 詳しくは
雑司町406-1
Nara-shi, Nara 630-8587

0742-22-5511

東大寺(Tōdai-ji Temple)
Distance: 0.5 mi 詳しくは
雑司町406−1 Nara, Nara 630-8587
Nara-shi, Nara 630-8587

+81 742-22-5511

東大寺大仏殿
Distance: 0.6 mi 詳しくは
奈良県奈良市雑司町406-1
Nara-shi, Nara 630-8587

0742-22-5511

Kasuga-taisha
Distance: 0.1 mi 詳しくは
春日野町160
Nara-shi, Nara 630-8212

0742-22-7788

春日大社(かすがたいしゃ)是一座位于日本奈良縣奈良市奈良公園内的神社。舊稱春日神社。建于和銅二年(710年)。社內供奉的神明包括武甕槌命、經津主命、天兒屋根命和比賣神。神社例祭日為3月13日(春日祭)。建設者為藤原不比等。作為古都奈良的文化財的一部分而被登入世界文化遺產之列。為二十二社之一。祭事・年中行事旬祭(毎月1日・1日・21日)神樂始式(1月3日)御祈禱始式(1月7日)舞樂始式(1月10日)節分萬燈籠(節分日)御田植祭(御田植神事)(3月15日)人雛祭(4月3日)水谷神社鎮花祭(4月5日)菖蒲祭(端午節供祭)(5月5日)獻茶祭(5月10日)薪御能(5月11日-12日)夏越大祓式(6月30日)中元萬燈籠(8月14日-15日)采女祭(中秋之名月日)重陽節供祭・獻香祭(10月9日)文化之日舞樂演奏會(11月3日)春日若宮おん祭(12月15日-12月18日)年越大祓式(12月31日) 交通最寄站:近畿日本鐵道奈良線近鐵奈良站、JR關西本線櫻井線・奈良站停車場:有

Kasuga-taisha
Distance: 0.1 mi 詳しくは
春日野町160
Nara-shi, Nara 630-8212

0742-22-7788

春日大社(かすがたいしゃ)は、中臣氏(のちの藤原氏)の氏神を祀るために768年に創設された奈良県奈良市にある神社。旧称は春日神社。式内社(名神大社)、二十二社(上七社)の一社。旧社格は官幣大社で、現在は神社本庁の別表神社。神紋は「下がり藤」。全国に約1000社ある春日神社の総本社である。武甕槌命が白鹿に乗ってきたとされることから、鹿を神使とする。ユネスコの世界遺産に「古都奈良の文化財」の1つとして登録されている。祭神主祭神は以下の4柱。総称して春日神と呼ばれ、藤原氏の氏神である。 武甕槌命 - 藤原氏守護神(常陸国鹿島の神) 経津主命 - 同上(下総国香取の神) 天児屋根命 - 藤原氏の祖神(河内国平岡の神) 比売神 - 天児屋根命の妻(同上)

東大寺南大門
Distance: 0.6 mi 詳しくは
雑司町406-1
Nara-shi, Nara 630-8587

0742-22-5511

東大寺 二月堂
Distance: 0.6 mi 詳しくは
雑司町406-1
Nara-shi, Nara 630-8587

Kasuga-taisha
Distance: 0.1 mi 詳しくは
春日野町160
Nara-shi, Nara 630-8212

0742-22-7788

is a Shinto shrine in the city of Nara, in Nara Prefecture, Japan. Established in 768 AD and rebuilt several times over the centuries, it is the shrine of the Fujiwara family. The interior is famous for its many bronze lanterns, as well as the many stone lanterns that lead up the shrine.The architectural style Kasuga-zukuri takes its name from Kasuga Shrine's honden (sanctuary).Kasuga Shrine, and the Kasugayama Primeval Forest near it, are registered as a UNESCO World Heritage Site as part of the "Historic Monuments of Ancient Nara".The path to Kasuga Shrine passes through Deer Park. In Deer Park, deer are able to roam freely and are believed to be sacred messengers of the Shinto gods that inhabit the shrine and surrounding mountainous terrain. Kasuga Shrine and the deer have been featured in several paintings and works of art of the Nambokucho Period. Over three thousand stone lanterns line the way. The Man'yo Botanical Garden, Nara is adjacent to the shrine.HistoryThe shrine became the object of Imperial patronage during the early Heian period. In 965, Emperor Murakami ordered that Imperial messengers were sent to report important events to the guardian kami of Japan. These heihaku were initially presented to 16 shrines including the Kasuga Shrine.

奈良世界文化遺產-春日大社
Distance: 0.0 mi 詳しくは
奈良市春日野町160
Nara-shi, Nara

東大寺総合文化センター (東大寺ミュージアム)
Distance: 0.5 mi 詳しくは
水門町100番地
Nara-shi, Nara 630-8208

0742-20-5511

氷室神社
Distance: 0.6 mi 詳しくは
奈良県奈良市春日野町1-4
Nara-shi, Nara 630-8212

0742-23-7297

春日大社神苑 萬葉植物園
Distance: 0.2 mi 詳しくは
春日野町160
Nara-shi, Nara 630-8212

0742-22-7788

春日大社表參道
Distance: 0.2 mi 詳しくは
春日野町160
Nara-shi, Nara 630-8212

0742-22-7788

東大寺 大仏殿(金堂)
Distance: 0.6 mi 詳しくは
雑司町406-1 (406-1 Zoshi-cho,Nara-city, Nara-pref)
Nara-shi, Nara

0742-22-5511 

Kasuga Taisha Shrine
Distance: 0.0 mi 詳しくは
春日野町160
Nara-shi, Nara 630-8212

0742-22-7788

夫婦大國社
Distance: 0.1 mi 詳しくは
春日野町160
Nara-shi, Nara 630-8212

0742-22-7788

手向山八幡宮
Distance: 0.5 mi 詳しくは
雑司町434
Nara-shi, Nara 630-8211

0742234404

Kasuga Taisha Shrine - Nara, Japan
Distance: 0.0 mi 詳しくは
春日野町160
Nara-shi, Nara 630-8212

0742-22-7788

手向山八幡宮
Distance: 0.5 mi 詳しくは
雑司町434
Nara-shi, Nara 630-8211

0742-23-4404

春日大社
Distance: 0.0 mi 詳しくは
春日野町160
Nara-shi, Nara 630-8212

0742-22-7788

奈良国立博物館・仏教美術資料研究センター
Distance: 0.6 mi 詳しくは
登大路町50番地
Nara-shi, Nara 630-8213

050-5542-8600

金龍神社
Distance: 0.2 mi 詳しくは
春日野町160
Nara-shi, Nara 630-8212

0742-22-7788

東大寺法華堂
Distance: 0.5 mi 詳しくは
雑司町406-1
Nara-shi, Nara 630-8211

0742-22-5511

春日大社 かすがたいしゃ ,春日野町, 奈良市 Japan
Distance: 0.1 mi 詳しくは
春日野町160
Nara-shi, Nara 630-8212

0742-22-7788

南大門
Distance: 0.6 mi 詳しくは
春日野町2
Nara-shi, Nara 630-8587

0742-23-1414

春日大社国宝殿
Distance: 0.1 mi 詳しくは
春日野町160
Nara-shi, Nara

0742-22-7788

東大寺鏡池
Distance: 0.6 mi 詳しくは
雑司町406-1
Nara-shi, Nara 630-8211

0742-22-5511

春日大社 若宮
Distance: 0.1 mi 詳しくは
春日野町160
Nara-shi, Nara 630-8212

0742-22-7788

The Garden of Kasuga Taisha Shrine
Distance: 0.2 mi 詳しくは
春日野町160
Nara-shi, Nara 630-8212

0742-22-7788

仏教美術資料研究センター
Distance: 0.5 mi 詳しくは
登大路町50
Nara-shi, Nara 630-8213

050-5542-8600

Tours and Sightseeing 近く Kasuga Taisha Shrine

Nara Park
Distance: 0.4 mi 詳しくは
奈良市
Nara-shi, Nara 630-8211

奈良公園(ならこうえん)是奈良縣奈良市若草山麓的都市公園。國之名勝。概要依照太政官布達,在明治13年(1880年)2月14日開園。大部分是國有地,奈良縣無償借用管理。都市公園的正式名稱是「奈良縣立都市公園 奈良公園」,總面積502ha。包含周邊的興福寺、東大寺、春日大社、奈良國立博物館等,總面積約660ha。通常將包含周邊社寺的區域稱作奈良公園。公園內有許多國寶指定・世界遺產登錄物件。奈良大佛、鹿(約1200頭)是奈良觀光的主要景點。還有東大寺修二會、奈良燈花會、正倉院展、春日若宮御祭等古都的行事。春天是櫻花之名所,選定為日本櫻名所100選之一,浮見堂周邊也是人氣的花見景點。公園無塀・柵・門等,也不需入園費。另外,依照舊「史蹟名勝天然紀念物保存法」的名稱是「名勝奈良公園」。周邊情報 奈良縣立美術館 入江泰吉舊居 奈良北町 奈良町 奈良女子大學附屬中等教育學校 奈良ホテル 新薬師寺 志賀直哉舊居 奈良市鴻之池總合運動場 奈良市鴻之池陸上競技場

Nara Park
Distance: 0.4 mi 詳しくは
雑司町469
Nara-shi, Nara 630-8383

0742-22-0375

奈良公園(ならこうえん)は、奈良県奈良市にある都市公園である。国の名勝。概要太政官布達により明治13年(1880年)2月14日開園。大部分が国有地で、奈良県が無償で借用し管理している。都市公園としての正式名称は「奈良県立都市公園 奈良公園」といい、総面積は502ヘクタール。周辺の興福寺、東大寺、春日大社、奈良国立博物館、なども含めると総面積はおよそ660ヘクタール(東西約4キロメートル、南北約2キロメートル)に及ぶ。通常はこの周辺社寺を含めたエリアを"奈良公園"と呼ぶ。公園内には多くの国宝指定・世界遺産登録物件が点在し、年間を通じて日本国内のみならず外国からも多くの観光客が訪れ、日本を代表する観光地の一つとなっている。奈良の大仏や鹿(約1100頭)は国際的にも有名で、奈良観光のメインとなっており、修学旅行生の姿も多く見られる。東大寺修二会やなら燈花会、正倉院展、春日若宮おん祭など古都ならではの見ごたえのある行事も数多い。春には桜の名所として、日本さくら名所100選に選定されており、浮見堂周辺で花見を楽しむ人も多い。塀・柵・門などがなく入園料も不要なのでどこからでも、いつでも(365日・24時間)散策することができる。なお、文化財保護法に基づいて指定された「名勝奈良公園」の範囲は「県立都市公園奈良公園」の範囲とは異なっている(詳細は後述)。奈良公園の範囲「奈良公園」の範囲については、一般的に認知されている広義の奈良公園、 都市公園法に基づく公園としての「奈良県立都市公園奈良公園」、 文化財保護法に基づいて指定された文化財としての「名勝奈良公園」の3種類があり、これら3つの「奈良公園」は、それぞれ指し示す範囲が異なっている。

Kintetsu Nara Station
Distance: 1.2 mi 詳しくは
29
Nara-shi, Nara 630-8215

0742-26-6355

|}近鉄奈良駅(きんてつならえき)は、奈良県奈良市東向中町にある近畿日本鉄道(近鉄)奈良線の駅。同線の終点。駅長配置駅である。駅番号はA28。歴史1914年(大正3年)4月30日に開業。奈良市街地への乗り入れに係る協議が難航していたため、当初は奈良市高天(たかま)町に仮駅として設けられていたが、同年7月8日に当初の計画通り奈良市東向中町まで延伸し駅が移転した。開業以来地上駅で、駅へは併用軌道で乗り入れていたが、併用軌道により奈良線の高速化は妨げられ、さらにモータリゼーションが進展すると当駅付近で自動車の渋滞が頻発していたことから、大阪万博の開催を控えた1968年(昭和43年)より奈良市内の都市計画事業の一環として地下化が実施された。駅は地下へ移設され1969年(昭和44年)12月9日に開業し、旧駅の跡地には翌年3月11日に駅ビルとして奈良近鉄ビルが開業した。 1914年(大正3年) 4月30日 - 大阪電気軌道上本町 - 当駅間開業と共に奈良駅として仮駅で開業。位置は現在の高天交差点付近。 7月8日 - 仮駅から本駅へ移転(現在の大宮通西行車線と駅ビル北側部分の地上区画に存在。当時の大宮通は近鉄奈良駅より西側は現東行車線のみ、同駅より東側は現西行車線のみの幅員であった)。 1930年(昭和5年) 2月 - 降車ホームを上本町寄り本線上に設置。乗降分離を実施。 1941年(昭和16年)3月15日 - 関西急行鉄道発足(大阪電気軌道と参宮急行電鉄が合併)。関急奈良駅に改称。 1944年(昭和19年)6月1日 - 近畿日本鉄道発足(関西急行鉄道と南海鉄道が合併。ただし南海線は後に再分離)。近畿日本奈良駅に改称。 1968年(昭和43年)2月3日 - 油阪 - 当駅間の地下線建設工事着工。 1969年(昭和44年)12月9日 - 地下化。 1970年(昭和45年) 3月1日 - 近鉄奈良駅に改称。 3月11日 - 奈良近鉄ビルがオープン、ビル内に奈良ホテル別館が開業。 1991年(平成3年)6月30日 - 駅ビル内の奈良ホテル別館が閉館。 2007年(平成19年)4月1日 - PiTaPa使用開始。

Kasuga-taisha
Distance: 0.1 mi 詳しくは
春日野町160
Nara-shi, Nara 630-8212

0742-22-7788

春日大社(かすがたいしゃ)は、中臣氏(のちの藤原氏)の氏神を祀るために768年に創設された奈良県奈良市にある神社。旧称は春日神社。式内社(名神大社)、二十二社(上七社)の一社。旧社格は官幣大社で、現在は神社本庁の別表神社。神紋は「下がり藤」。全国に約1000社ある春日神社の総本社である。武甕槌命が白鹿に乗ってきたとされることから、鹿を神使とする。ユネスコの世界遺産に「古都奈良の文化財」の1つとして登録されている。祭神主祭神は以下の4柱。総称して春日神と呼ばれ、藤原氏の氏神である。 武甕槌命 - 藤原氏守護神(常陸国鹿島の神) 経津主命 - 同上(下総国香取の神) 天児屋根命 - 藤原氏の祖神(河内国平岡の神) 比売神 - 天児屋根命の妻(同上)

Kasuga-taisha
Distance: 0.1 mi 詳しくは
春日野町160
Nara-shi, Nara 630-8212

0742-22-7788

is a Shinto shrine in the city of Nara, in Nara Prefecture, Japan. Established in 768 AD and rebuilt several times over the centuries, it is the shrine of the Fujiwara family. The interior is famous for its many bronze lanterns, as well as the many stone lanterns that lead up the shrine.The architectural style Kasuga-zukuri takes its name from Kasuga Shrine's honden (sanctuary).Kasuga Shrine, and the Kasugayama Primeval Forest near it, are registered as a UNESCO World Heritage Site as part of the "Historic Monuments of Ancient Nara".The path to Kasuga Shrine passes through Deer Park. In Deer Park, deer are able to roam freely and are believed to be sacred messengers of the Shinto gods that inhabit the shrine and surrounding mountainous terrain. Kasuga Shrine and the deer have been featured in several paintings and works of art of the Nambokucho Period. Over three thousand stone lanterns line the way. The Man'yo Botanical Garden, Nara is adjacent to the shrine.HistoryThe shrine became the object of Imperial patronage during the early Heian period. In 965, Emperor Murakami ordered that Imperial messengers were sent to report important events to the guardian kami of Japan. These heihaku were initially presented to 16 shrines including the Kasuga Shrine.

Kōfuku-ji
Distance: 0.9 mi 詳しくは
登大路町48
Nara-shi, Nara 630-8213

0748-42-1595

Kōfuku-ji is a Buddhist temple that was once one of the powerful Seven Great Temples, in the city of Nara, Japan. The temple is the national headquarters of the Hossō school and is one of the eight Historic Monuments of Ancient Nara inscribed on the UNESCO World Heritage List.HistoryKōfuku-ji has its origin as a temple that was established in 669 by Kagami-no-Ōkimi, the wife of Fujiwara no Kamatari, wishing for her husband’s recovery from illness. Its original site was in Yamashina, Yamashiro Province (present-day Kyoto). In 672, the temple was moved to Fujiwara-kyō, the first planned Japanese capital to copy the orthogonal grid pattern of Chang'an. In 710 the temple was dismantled for the second time and moved to its present location, on the east side of the newly constructed capital, Heijō-kyō, today's Nara.Kōfuku-ji was the Fujiwara's tutelary temple, and enjoyed as much prosperty for as long as the family did. The temple was not only an important center for the Buddhist religion, but also retained influence over the imperial government, and even by "aggressive means" in some cases. When many of the Nanto Shichi Daiji such as Tōdai-ji -declined after the move of capital to Heian-kyō (Kyoto), Kōfuku-ji kept its significance because of its connection to the Fujiwara.

Kōfuku-ji
Distance: 0.9 mi 詳しくは
登大路町48
Nara-shi, Nara 630-8213

0742-22-7755

興福寺(こうふくじ)は、奈良県奈良市登大路町(のぼりおおじちょう)にある、南都六宗の一つ、法相宗の大本山の寺院である。南都七大寺の一つに数えられる。藤原氏の祖・藤原鎌足とその子息・藤原不比等ゆかりの寺院で、藤原氏の氏寺であり、古代から中世にかけて強大な勢力を誇った。南円堂は西国三十三所第9番札所である。「古都奈良の文化財」の一部として世界遺産に登録されている。歴史創建藤原鎌足夫人の鏡大王が夫の病気平癒を願い、鎌足発願の釈迦三尊像を本尊として、天智天皇8年(669年)山背国山階(現京都府京都市山科区)に創建した山階寺(やましなでら)が当寺の起源である。壬申の乱のあった天武天皇元年(672年)、山階寺は藤原京に移り、地名の高市郡厩坂をとって厩坂寺(うまやさかでら)と称した。和銅3年(710年)の平城遷都に際し、鎌足の子不比等は厩坂寺を平城京左京の現在地に移転し「興福寺」と名付けた。この710年が実質的な興福寺の創建年といえる。中金堂の建築は平城遷都後まもなく開始されたものと見られる。その後も、天皇や皇后、また藤原家によって堂塔が建てられ整備が進められた。不比等が没した養老4年(720年)には「造興福寺仏殿司」という役所が設けられ、元来、藤原氏の私寺である興福寺の造営は国家の手で進められるようになった。

奈良世界文化遺產-春日大社
Distance: 0.0 mi 詳しくは
奈良市春日野町160
Nara-shi, Nara

Nara National Museum
Distance: 0.6 mi 詳しくは
登大路町50番地
Nara-shi, Nara 630-8213

奈良国立博物館(ならこくりつはくぶつかん)は、奈良県奈良市登大路町にある、独立行政法人国立文化財機構が運営する博物館である。概要仏教美術を中心とした文化財の収集、保管、研究、展示を行うとともに、講演会や出版活動などを通じた普及活動を行うことを主たる活動内容としている。展示施設は本館、本館付属棟、東新館、西新館、地下回廊がある。このうち本館は、赤坂離宮(迎賓館)などを手がけた宮廷建築家・片山東熊の設計により1894年(明治27年)竣工したもので、明治期の洋風建築の代表例として国の重要文化財に指定されている。展示品は館蔵品のほか、奈良県下を中心とした社寺や個人からの寄託品も多い。毎年秋に実施される「正倉院展」の会場でもある。沿革館は1895年(明治28年)、帝国奈良博物館として開館した。開館までの前史として、奈良博覧会の存在を看過することはできない。1874年(明治7年)、当時の奈良県権令・藤井千尋が中心となり、官民合同の奈良博覧会社が設立された。翌1875年(明治8年)開催された第1回奈良博覧会は、東大寺大仏殿と周囲の回廊を会場として、正倉院宝物をはじめ、社寺や個人から出品された書画、古器物、動植物標本、機械類などを陳列した。80日間の会期中にのべ17万人が訪れる大盛況であったことが当時の記録からわかる。その後奈良博覧会は1877年(明治10年)を除いて毎年開催され、1890年(明治23年)までに計15回を数えた。当時、東京上野にはすでに宮内省所管の博物館(東京国立博物館の前身)があったが、1889年(明治22年)、宮内大臣通達により東京の博物館の名称を「帝国博物館」に改めるとともに、京都と奈良にもそれぞれ帝国博物館を設置することが決まった。機関としての帝国奈良博物館の発足はこの時である。こうして、興福寺旧境内である現在地で1892年(明治25年)より建設工事が始まり、1894年に本館が竣工、翌1895年4月29日に開館した。館長は奈良県知事古沢滋が兼務していたが、1895年10月に山高信離(のぶあきら)が館長となった(当時開館準備中であった帝国京都博物館長と兼務)。1900年(明治33年)には館名を奈良帝室博物館に改めている。この呼称は1947年(昭和22年)まで使われた。

Nara Park
Distance: 0.4 mi 詳しくは
雑司町469
Nara-shi, Nara 630-8383

0742-22-0375

El Parque de Nara es un parque público situado en la ciudad de Nara, Japón, a los pies del Monte Wakakusa y creado en 1880. Administrativamente, el parque se encuentra bajo el control de la prefectura de Nara. El parque es uno de los "lugares de belleza escénica" designados por el Ministerio de Educación, Cultura, Deportes, Ciencia y Tecnología de Japón (MEXT). Los más de 1.200 ciervos sika (シカ) o (鹿 shika) salvajes que se hallan dando vueltas libremente en el parque, también se encuentran bajo la designación de MEXT, clasificado como "Monumento Natural". Mientras que el tamaño oficial del parque es de aproximadamente 502 ha, la zona, incluyendo los terrenos de Todai-ji, Kōfuku-ji y el Santuario Kasuga, se extiende a 660 ha.También se pueden encontrar servicios de jinrikisha (人力車) o rickshaw en las entradas de los templos Tōdai-ji y Kōfuku-ji. Los jardines que antes eran privados son mostrados al público. Estos jardines hacen uso de los edificios de los templos como elementos adjuntos de sus paisajes.El parque es el hogar del Museo Nacional de Nara y del Todai-ji, donde el edificio de madera más grande del mundo alberga una estatua de Buda, de 50 pies de alto.

Isui-en
Distance: 0.6 mi 詳しくは
水門町74
Nara-shi, Nara 630-8208

0742-25-0781

is a Japanese garden located in Nara, the old capital of Japan near Kyōto. It has been preserved since its creation in the Meiji era, and is the only walking garden (kaiyushiki teien) in Nara. It is divided into two sections, which were originally two separate gardens, and each features a pagoda.HistoryThe site of the western garden originally formed part of Manishu-in, a minor temple which was part of the larger temple of Kofuku-ji. The ground was bought in the 1670, during the Enpō era by Kiyosumi Michikiyo, a wealthy tanner. He restructured the gardens between 1673 and 1681 and built two houses: the Sanshu-tei and Tei-shu-Ken, as the family home. These were built with thatched roofs. The name Sanshu-tei (“house of the three wonders”) was given by Mokuan, the large priest of the Manpuku-ji temple of the school Zen Oubaku with Uji.The larger eastern garden dates from 1899 and was designed by Seki Tojiro, a Nara businessman. Tojiro hired for the redesign Horitoku, a garden architect from the school of Urasenke.In 1939, the two gardens were bought and combined by Jyunsaku Nakamura, a merchant of Nara, to provide a site for the attached Neiraku Museum (寧楽美術館), which hosts a collection of traditional Japanese ceramics.LayoutThe gardens cover roughly 145000sqft.In the central pond of the gardens, there are two islands with sculptures of a crane and tortoise. In Japanese culture these animals represent longevity.

Nara National Museum
Distance: 0.6 mi 詳しくは
登大路町50番地
Nara-shi, Nara 630-8213

050-5542-8600

The is one of the pre-eminent national art museums in Japan.IntroductionThe Nara National Museum is located in Nara, which was the capital of Japan from 710 to 784. Katayama Tōkuma (1854–1917) designed the original building, which is a representative Western-style building of the Meiji period and has been designated an Important Cultural Property in Japan. Junzō Yoshimura (1908–1997) designed a supplemental building in 1973.CollectionsThe museum is noted for its collection of Buddhist art, including images, sculpture, and altar articles. The museum houses and displays works of art belonging to temples and shrines in the Nara area. Properties kept in the Shōsōin repository are exhibited each year in the autumn.In the museum's collection is the 12th-century, 11th or 12th-century mandala Jōdo mandara-zu, and the 9th-century sculpture of the seated Buddha Yakushi.HistoryThe Nara National Museum was established in 1889 as the Imperial Nara Museum . The Nara National Museum held its first exhibition in 1895. As prehistory to the opening, there was a Nara exhibition. In 1874, Nara exhibition company of semi-governmental management was established by the then Nara governor Fujii Chihiro. The Museum was renamed the Imperial Household Museum of Nara. It has been known by its present name since 1952.

Gangō-ji
Distance: 0.9 mi 詳しくは
中院町 11
Nara-shi, Nara 630-8392

0742-23-1377

元興寺(がんごうじ)は、奈良市にある、南都七大寺の1つに数えられる寺院。蘇我馬子が飛鳥に建立した、日本最古の本格的仏教寺院である法興寺がその前身である。法興寺は平城京遷都に伴って飛鳥から新都へ移転し、元興寺となった(ただし、飛鳥の法興寺も元の場所に残り、今日の飛鳥寺となっている)。奈良時代には近隣の東大寺、興福寺と並ぶ大寺院であったが、中世以降次第に衰退して、現在は元興寺と名乗る寺院は次の2つに分かれている。(1) 奈良市中院町所在の元興寺。1977年までは「元興寺極楽坊」と称していた。西大寺の末寺で、宗派は真言律宗に属する。本尊は智光曼荼羅である。(2) 奈良市芝新屋町所在の元興寺。東大寺の末寺で、宗派は華厳宗に属する。本尊は十一面観音である。奈良市中院町の元興寺は「古都奈良の文化財」の一部として、世界遺産にも登録されている。上記2つの元興寺は、もともと同じ寺院の一部であるので、本項ではまとめて述べることとする。また、かつての元興寺を起源とする寺院は他に奈良市西新屋町に所在する真言律宗の小塔院がある。ここは現在は奈良市中院町所在の真言律宗・元興寺内の収蔵庫内に現存する国宝の五重小塔を安置する堂が存在した場所として1965年に国指定の史跡・「元興寺小塔院跡」に指定されている。現在は江戸時代に建立された虚空蔵堂の仮堂があるだけである。歴史現在、「史跡元興寺」として指定されている地域は 奈良市中院町の「元興寺極楽坊」、 同市芝新屋町の「元興寺(塔跡)」 同市西新屋町の「元興寺小塔院跡」の3か所である。これらはいずれも、蘇我馬子が6世紀末、飛鳥に建立した日本最古の本格的寺院、法興寺(現在の飛鳥寺)の後身である。和銅3年(710年)の平城京遷都に伴って、飛鳥にあった薬師寺、厩坂寺(のちの興福寺)、大官大寺(のちの大安寺)などは新都へ移転した。法興寺は養老2年(718年)平城京へ移転したが、飛鳥の法興寺も廃止はされずに元の場所に残った。通常、飛鳥にある寺を「法興寺」「本元興寺」、平城京の方の寺を「元興寺」と称している。「法興」も「元興」も、日本で最初に仏法が興隆した寺院であるとの意である。

Gangō-ji
Distance: 0.9 mi 詳しくは
中院町 11
Nara-shi, Nara 630-8392

Gangō-ji is an ancient Buddhist temple, that was once one of the powerful Seven Great Temples, in Nara, Japan.HistoryThe original foundation of the temple was by Soga no Umako in Asuka, as Asuka-dera. The temple was moved to Nara in 718, following the capital relocation to Heijō-kyō. Gangō-ji initially held as many as seven halls and pagodas in its precincts, which occupied a wide area within what is now Naramachi, the preserved district of modern Nara city. The original architecture was however, lost over time and notably in fires during the 15th through 19th centuries (Muromachi and Edo periods respectively).ArchitectureThe best preserved part of the temple is known as Gangō-ji Gokurakubō and belongs to the Shingon-risshū school. This site is a part of a group of temples, shrines and other places in Nara that UNESCO has designated as World Heritage Site "Historic Monuments of Ancient Nara", and holds three national treasures: the Hondō, or the Gokurakubō, which is one of the few well-preserved structure of the temple, the Zen room the miniature five-story pagoda Most of the destroyed complex ground has been altered and melded with parts of Naramachi over the course of time. Another small part of the temple remains today as the other Gangō-ji, of a Kegon school but with few remainders in terms of architecture.

Tōdai-ji
Distance: 0.7 mi 詳しくは
雑司町406-1
Yamatokoriyama-shi, Nara 630-8587

0742-22-5511

Tōdai-ji é um complexo budista na cidade de Nara, no Japão. O templo recebeu este nome por se situar a leste do Palácio Heijō). Seu Jardim do Grande Buda (大仏殿, Daibutsuden ) abriga a maior estátua do mundo de bronze do Buda Vairochana,, conhecido no Japão simplesmente como Daibutsu (大仏). O templo também serve como a sede japonesa da escola de budismo Kegon e é classificado pela UNESCO como Patrimônio da Humanidade dentro dos Monumentos Históricos da Antiga Nara, juntamente com sete outros locais, incluindo templos, santuários e lugares na cidade de Nara.HistóriaContextoNo período Nara, a civilização chinesa tinha uma grande influência sobre o Japão, com base no Estado da gloriosa Dinastia Tang. Assim, com uma administração centralizada e uma poderosa aristocracia começaram a implementar o modelo da burocracia chinesa, ao mesmo tempo que o budismo começou a se espalhar pelo arquipélago, aumentando a necessidade de imagens religiosas. A necessidade de acomodar a crescente burocracia forçou a corte imperial escolher uma nova capital Heijō-kyō em 710 (atual Nara).A partir do deslocamento da capital no início do período Tenpō, durante o qual as grandes construções de templos budistas vão ocorrer. Estes templos grandes têm um impacto muito significativo sobre as pessoas que vêem esta nova religião uma fonte de proteção poderosa para o país. O Imperador Shomu foi o principal arquiteto da construção de Todai-ji, influenciada pela grandeza da China da Era Tang e forte defensor do budismo, que fortalecia a unidade e poder do Estado, buscando dar ao Imperador um papel mais central e essencial na vida política do Japão em relação a diferentes famílias ou facções da corte.

Kasuga Taisha Shrine - Nara, Japan
Distance: 0.0 mi 詳しくは
春日野町160
Nara-shi, Nara 630-8212

0742-22-7788

Shin-Yakushi-ji
Distance: 0.4 mi 詳しくは
高畑町1352
Nara-shi, Nara 630-8301

0742-22-3736

新薬師寺(しんやくしじ)は、奈良市高畑町にある華厳宗の寺院である。本尊は薬師如来、開基(創立者)は光明皇后または聖武天皇と伝える。山号は日輪山(ただし、古代の寺院には山号はなく、後世に付したものである)。奈良時代には南都十大寺の1つに数えられ、平安時代以降は規模縮小したが、国宝の本堂や奈良時代の十二神将像をはじめ、多くの文化財を伝えている。歴史創建奈良市街地の南東方、春日大社の二の鳥居の南方に位置する。最盛期には4町(約440メートル)四方の寺地を有し、現在の奈良教育大学のキャンパスあたりまでが新薬師寺の境内地であった。新薬師寺は奈良時代(8世紀)創建の官立寺院であることは間違いないが、創建の正確な時期や事情については正史に記載がない。平安時代末期成立の『東大寺要録』には、末寺である新薬師寺についての記載があり、同書の巻第一・本願章には「天平19年(747年)、光明皇后が夫聖武天皇の病気平癒のため新薬師寺を建て、七仏薬師像を造った」とある。また、同書巻第六・末寺章によれば、新薬師寺は別名を香薬寺といい、九間の仏堂に「七仏(薬師)浄土七躯」があったという。天平宝字6年3月1日(762年3月30日)の「造東大寺司告朔解」(こくさくげ)という文書(正倉院文書)によると、当時「造香山薬師寺所」という臨時の役所が存在し、香山薬師寺(新薬師寺の別名)の造営がまだ続いていたことがわかる。『続日本紀』の記載を見ると、聖武天皇の病気は2年前の天平17年(745年)以来のもので、新薬師寺の建立された天平19年(747年)頃は小康状態にあったようである。『続紀』によると、天平17年(745年)9月には聖武の病気平癒のため、京師と畿内の諸寺に薬師悔過(けか)法要の実施を命じ、また諸国に「薬師仏像七躯高六尺三寸」の造立を命じている。新薬師寺の創建は、この七仏薬師造立の勅命にかかわるものとみられている。なお、別の伝承では、聖武天皇が光明皇后の眼病平癒を祈願して天平17年(745年)に建立したともいう。「香山寺」と新薬師寺前述のとおり、新薬師寺には香山薬師寺または香薬寺という別名があったことが知られるが、正倉院文書にはこれとは別にやはり光明皇后創建を伝える「香山寺」という寺の名が散見され、この香山寺と新薬師寺との関係についてはさまざまな説がある。正倉院には、東大寺の寺地の範囲を示した「東大寺山堺四至図」(とうだいじさんかいしいしず)という絵図があるが、この絵図を見ると、現・新薬師寺の位置に「新薬師寺堂」、東方の春日山中に「香山堂」の存在が明記され、絵図が作成された天平勝宝8年(756年)の時点でこの両建物が並存していたことが明らかである。福山敏男は、新薬師寺と香山薬師寺は同じ寺院の別称だとしたうえで、「山堺四至図」にみえる「香山堂」を「香山寺」と認め、香山寺は『続紀』にみえる天平17年(745年)9月の薬師悔過実施と七仏薬師造立の勅命に基づいて創建されたものとした。毛利久は、香山寺と新薬師寺は後に合併して、春日山中の香山寺は奥の院的存在になったとみなし、香山寺と香山薬師寺は同じ寺院の別称とした。

イルミ奈~ら
Distance: 0.2 mi 詳しくは
春日野町160
Nara-shi, Nara 630-8212

0742-25-4720

イルミ奈〜ら 公式Facebookページです。 イルミ奈~らは「万葉集」に詠まれた約300種の植物を 植栽し観賞されている「萬葉植物園」にて開催している100万球のLEDが美しく彩る植物のライトアップとイルミネーションのイベントです。 第60次式年造替に対する社会意識の高揚と文化の継承をテーマに、奈良市指定文化財の老巨樹や春日大社シンボルの藤、絢爛豪華な王朝の風情を再現する浮舞台などをイルミネーションで演出再現し、ご来場になられる皆さまを、自然と文明の共存を表現している素敵な光の空間へと皆さまをお誘いします。 どなたでもウオールへの写真投稿および書き込みが可能ですので、ぜひ写真やメッセージをお願いします(*なお、管理者が無関係だと判断させて頂いた書き込み、写真等は削除させていただきます)。

Tōdai-ji
Distance: 0.7 mi 詳しくは
1 Zōshi-chō
Nara-shi, Nara 760-8521

Tōdai-ji, is a Buddhist temple complex, that was once one of the powerful Seven Great Temples, located in the city of Nara, Japan. Its Great Buddha Hall, houses the world's largest bronze statue of the Buddha Vairocana, known in Japanese simply as Daibutsu. The temple also serves as the Japanese headquarters of the Kegon school of Buddhism. The temple is a listed UNESCO World Heritage Site as one of the \"Historic Monuments of Ancient Nara\", together with seven other sites including temples, shrines and places in the city of Nara. Deer, regarded as messengers of the gods in the Shinto religion, roam the grounds freely.

Local Business 近く Kasuga Taisha Shrine

春日大社
距離: 0.0 mi 詳しくは
春日野町160
Nara-shi, Nara 630-8212

0742-22-7788

奈良世界文化遺產-春日大社
距離: 0.0 mi 詳しくは
奈良市春日野町160
Nara-shi, Nara

春日大社(なら瑠璃絵)
距離: 0.0 mi 詳しくは
春日野町160
Nara-shi, Nara 630-8212

0742-22-7788

Kasuga Taisha Shrine
距離: 0.0 mi 詳しくは
春日野町160
Nara-shi, Nara 630-8212

0742-22-7788

Kasuga Taisha Shrine - Nara, Japan
距離: 0.0 mi 詳しくは
春日野町160
Nara-shi, Nara 630-8212

0742-22-7788

奈良公園鹿苑
距離: 0.0 mi 詳しくは
春日野町160
Nara-shi, Nara

0742222388

Kasuga-taisha
距離: 0.1 mi 詳しくは
春日野町160
Nara-shi, Nara 630-8212

0742-22-7788

春日大社(かすがたいしゃ)是一座位于日本奈良縣奈良市奈良公園内的神社。舊稱春日神社。建于和銅二年(710年)。社內供奉的神明包括武甕槌命、經津主命、天兒屋根命和比賣神。神社例祭日為3月13日(春日祭)。建設者為藤原不比等。作為古都奈良的文化財的一部分而被登入世界文化遺產之列。為二十二社之一。祭事・年中行事旬祭(毎月1日・1日・21日)神樂始式(1月3日)御祈禱始式(1月7日)舞樂始式(1月10日)節分萬燈籠(節分日)御田植祭(御田植神事)(3月15日)人雛祭(4月3日)水谷神社鎮花祭(4月5日)菖蒲祭(端午節供祭)(5月5日)獻茶祭(5月10日)薪御能(5月11日-12日)夏越大祓式(6月30日)中元萬燈籠(8月14日-15日)采女祭(中秋之名月日)重陽節供祭・獻香祭(10月9日)文化之日舞樂演奏會(11月3日)春日若宮おん祭(12月15日-12月18日)年越大祓式(12月31日) 交通最寄站:近畿日本鐵道奈良線近鐵奈良站、JR關西本線櫻井線・奈良站停車場:有

Kasuga-taisha
距離: 0.1 mi 詳しくは
春日野町160
Nara-shi, Nara 630-8212

0742-22-7788

春日大社(かすがたいしゃ)は、中臣氏(のちの藤原氏)の氏神を祀るために768年に創設された奈良県奈良市にある神社。旧称は春日神社。式内社(名神大社)、二十二社(上七社)の一社。旧社格は官幣大社で、現在は神社本庁の別表神社。神紋は「下がり藤」。全国に約1000社ある春日神社の総本社である。武甕槌命が白鹿に乗ってきたとされることから、鹿を神使とする。ユネスコの世界遺産に「古都奈良の文化財」の1つとして登録されている。祭神主祭神は以下の4柱。総称して春日神と呼ばれ、藤原氏の氏神である。 武甕槌命 - 藤原氏守護神(常陸国鹿島の神) 経津主命 - 同上(下総国香取の神) 天児屋根命 - 藤原氏の祖神(河内国平岡の神) 比売神 - 天児屋根命の妻(同上)

Kasuga-taisha
距離: 0.1 mi 詳しくは
春日野町160
Nara-shi, Nara 630-8212

0742-22-7788

is a Shinto shrine in the city of Nara, in Nara Prefecture, Japan. Established in 768 AD and rebuilt several times over the centuries, it is the shrine of the Fujiwara family. The interior is famous for its many bronze lanterns, as well as the many stone lanterns that lead up the shrine.The architectural style Kasuga-zukuri takes its name from Kasuga Shrine's honden (sanctuary).Kasuga Shrine, and the Kasugayama Primeval Forest near it, are registered as a UNESCO World Heritage Site as part of the "Historic Monuments of Ancient Nara".The path to Kasuga Shrine passes through Deer Park. In Deer Park, deer are able to roam freely and are believed to be sacred messengers of the Shinto gods that inhabit the shrine and surrounding mountainous terrain. Kasuga Shrine and the deer have been featured in several paintings and works of art of the Nambokucho Period. Over three thousand stone lanterns line the way. The Man'yo Botanical Garden, Nara is adjacent to the shrine.HistoryThe shrine became the object of Imperial patronage during the early Heian period. In 965, Emperor Murakami ordered that Imperial messengers were sent to report important events to the guardian kami of Japan. These heihaku were initially presented to 16 shrines including the Kasuga Shrine.

春日大社国宝殿
距離: 0.1 mi 詳しくは
春日野町160
Nara-shi, Nara

0742-22-7788

夫婦大國社
距離: 0.1 mi 詳しくは
春日野町160
Nara-shi, Nara 630-8212

0742-22-7788

春日大社 かすがたいしゃ ,春日野町, 奈良市 Japan
距離: 0.1 mi 詳しくは
春日野町160
Nara-shi, Nara 630-8212

0742-22-7788

春日大社 若宮
距離: 0.1 mi 詳しくは
春日野町160
Nara-shi, Nara 630-8212

0742-22-7788

金龍神社
距離: 0.2 mi 詳しくは
春日野町160
Nara-shi, Nara 630-8212

0742-22-7788

水谷茶屋
距離: 0.2 mi 詳しくは
春日野町30
Nara-shi, Nara 630-8212

0742-22-0627

春日野窯(はるひのがま)
距離: 0.2 mi 詳しくは
春日野町
Nara-shi, Nara 6308212

0742233557

春日大社 鹿苑
距離: 0.2 mi 詳しくは
春日野町160
Nara-shi, Nara 630-8212

The Deer Park Inn
距離: 0.2 mi 詳しくは
kasuganocho 158-5
Nara-shi, Nara

+81742817222

鹿苑
距離: 0.2 mi 詳しくは
奈良県奈良市 春日野町
Nara-shi, Nara

0742-22-2388

春日大社表參道
距離: 0.2 mi 詳しくは
春日野町160
Nara-shi, Nara 630-8212

0742-22-7788