Akiba88 決して前にないように日本を探検する

Tokyo Skytree Station, Sumida-ku Tokyo


押上1-1-4
Sumida-ku, Tokyo 131-0045

03-3622-8191

is a railway station on the Tobu Skytree Line in Sumida, Tokyo, Japan, operated by the private railway operator Tobu Railway. It is adjacent to the Tokyo Skytree and Skytree Town redevelopment, and was formerly known as Narihirabashi Station.LinesTokyo Skytree Station is served by the Tobu Skytree Line from, and is 1.1 km from the line's Asakusa terminus.Station layoutThe station consists of one island platform serving two tracks.PlatformsHistoryThe station first opened on 1 April 1902 as. The station closed from 5 April 1904, but reopened on 1 March 1908. On 1 March 1910, the station was renamed. On 25 May 1931, this was renamed.Redevelopment and renamingNarihirabashi Station was renamed Tokyo Skytree Station from 17 March 2012, ahead of the opening of the Tokyo Skytree and adjoining Skytree Town shopping and office complex on 22 May 2012. From this date, all up limited express services and four down Spacia Kinu services stop at the station. The rebuilt and enlarged station was opened on 20 April 2012, with the concourse area increased from approximately 60 m2 to 700 m2.From the same day, station numbering was introduced on all Tobu lines, with Tokyo Skytree Station becoming "TS-02".Passenger statisticsIn fiscal 2012, the station was used by an average of 105,199 passengers daily.Surrounding area Tokyo Skytree Tobu Railway Head Office

Landmark 近く Tokyo Skytree Station

浅草寺 雷門 (Kaminarimon Gate)
Distance: 0.7 mi 詳しくは
一丁目2番 - 3番地
Taito-ku, Tokyo 111-0034

浅草寺 Senso-ji Temple
Distance: 0.7 mi 詳しくは
浅草2丁目
Taito-ku, Tokyo 111-0032

03-3842-0181

晴空塔 SkyTree~ Tokyo Solamachi
Distance: 0.2 mi 詳しくは
東京都墨田区押上1-1-2
Taito-ku, Tokyo 131-0045

03-6456-1221

Sensō-ji
Distance: 0.8 mi 詳しくは
2-3-1, Asakusa, Taito-ku
Shinjuku-ku, Tokyo 111-0032

027-224-6567

Sensō-ji is an ancient Buddhist temple located in Asakusa, Tokyo, Japan. It is Tokyo's oldest temple, and one of its most significant. Formerly associated with the Tendai sect of Buddhism, it became independent after World War II. Adjacent to the temple is a Shinto shrine, the Asakusa Shrine.HistoryThe temple is dedicated to the bodhisattva Kannon (Avalokiteśvara). According to legend, a statue of the Kannon was found in the Sumida River in 628 by two fishermen, the brothers Hinokuma Hamanari and Hinokuma Takenari. The chief of their village, Hajino Nakamoto, recognized the sanctity of the statue and enshrined it by remodeling his own house into a small temple in Asakusa so that the villagers could worship Kannon.The first temple was founded in 645 CE, which makes it the oldest temple in Tokyo. In the early years of the Tokugawa shogunate, Tokugawa Ieyasu designated Sensō-ji as tutelary temple of the Tokugawa clan.The Nishinomiya Inari shrine is located within the precincts of Sensō-ji and a torii identifies the entry into the hallowed ground of the shrine. A bronze plaque on the gateway structure lists those who contributed to the construction of the torii, which was erected in 1727 (Kyōhō 12, 11th month). During World War II, the temple was bombed and destroyed. It was rebuilt later and is a symbol of rebirth and peace to the Japanese people. In the courtyard there is a tree that was hit by a bomb in the air raids, and it had regrown in the husk of the old tree and is a similar symbol to the temple itself.

Sensō-ji
Distance: 0.8 mi 詳しくは
浅草 2丁目3-1
Taito-ku, Tokyo 111-0032

淺草寺(浅草寺),又名金龍山淺草寺,位於日本東京都台東區淺草二丁目,是東京都内历史最悠久的寺院。山號為金龍山。供奉的本尊是聖觀音。原屬天台宗,於第二次世界大戰後獨立,成為聖觀音宗的總本山。觀音菩薩本尊通稱為「淺草觀音」。起源與历史根據寺傳的資料,推古天皇36年(628年),於宮戶川(現・隅田川)捕魚的檜前浜成・竹成(ひのくまのはまなり・たけなり)兄弟於漁網發現了一尊佛像。就是淺草寺本尊的聖觀音像。兄弟的主人・土師中知(はじのなかとも)拜了此佛像之後出家,把房屋改成寺廟來供奉。這是淺草寺之始。觀音像,相傳為高一寸八分(約5.5cm)的金色像,由於是非公開的秘藏佛像,故實體不明。其後,大化元年(645年),據說勝海上人為寺院進行整備、經觀音報夢告知而把本尊定為秘藏佛像。至平安時代初期天安元年(857年)(天長5年-828年),延暦寺僧人・円仁(慈覺大師)來寺製造了「お前立ち」(代替秘藏佛像供人參拜)觀音像。故稱淺草寺由勝海開基(創立者),円仁中興開山。雷門與仁王門於天慶5年(942年),安房守平公雅任武藏守的時候創建。淺草寺於文獻首次出現是鎌倉時代的『吾妻鏡』。近世為徳川家的祈願寺,關東有數的觀音靈場,参拜者眾。江戶時代後半,境内「仲見世」地區開始出現商店與芝居小屋,亦有賣藝人集中,成為當時庶民的娛樂中心。直至近代,淺草依然是平民的繁華街,娛樂場所發達,淺草寺作為此處地標。明治初期被指定為公園地、1885年(明治18年)於表参道兩側的「仲見世」漸漸變成近代的磚造建築物。1917年(大正6年)開始上演日本語的喜歌劇「淺草OPERA(淺草オペラ)」,於電影普及之前,大眾演劇盛極一時。第二次世界大戰後的淺草,由於東京都内其他娛樂場所的多樣化發展,而經歷一時衰退。但是作為東京代表性的觀光地,加上羽子板市、燈籠花市等活動,觀光客與善信不絕。寺内雷門-表参道入口之門。切妻造八脚門,左面的是風神像,右面的是雷神像,正式名稱為「風雷神門」,通稱為「雷門」。慶應元年(1865年)被燒毀、1960年(昭和35年)、約1世紀之後以鋼筋混凝土再重建。門内置有實業家松下幸之助於淺草觀音祈願之後病癒,作為報答而寄贈的大燈籠。

Sensō-ji
Distance: 0.8 mi 詳しくは
浅草2-3-1
Taito-ku, Tokyo 111-0032

03-3842-0181

浅草寺(せんそうじ)は、東京都台東区浅草二丁目にある、東京都内最古の寺である。山号は金龍山。本尊は聖観音菩薩(しょうかんのんぼさつ)。元は天台宗に属していたが第二次世界大戦後独立し、聖観音宗の総本山となった。観音菩薩を本尊とすることから「浅草観音」あるいは「浅草の観音様」と通称され、広く親しまれている。東京都内では、唯一の坂東三十三箇所観音霊場の札所(13番)である。江戸三十三箇所観音霊場の札所(1番)でもある。歴史創建 - 平安時代『浅草寺縁起』等にみえる伝承によると、浅草寺の草創の由来は以下のとおりである。推古天皇36年(628年)、宮戸川(現・隅田川)で漁をしていた檜前浜成・竹成(ひのくまのはまなり・たけなり)兄弟の網にかかった仏像があった。これが浅草寺本尊の聖観音(しょうかんのん)像である。この像を拝した兄弟の主人・土師中知(はじのなかとも、「土師真中知」(はじのまなかち)とも)は出家し、自宅を寺に改めて供養した。これが浅草寺の始まりという。その後大化元年(645年)、勝海上人という僧が寺を整備し観音の夢告により本尊を秘仏と定めた。観音像は高さ1寸8分(約5.5センチ)の金色の像と伝わるが、公開されることのない秘仏のためその実体は明らかでない。平安時代初期の天安元年(857年。天長5年(828年)とも)、延暦寺の僧・円仁(慈覚大師)が来寺して「お前立ち」(秘仏の代わりに人々が拝むための像)の観音像を造ったという。これらを機に浅草寺では勝海を開基、円仁を中興開山と称している。天慶5年(942年)、安房守平公雅が武蔵守に任ぜられた際に七堂伽藍を整備したとの伝えがあり、雷門、仁王門(現・宝蔵門)などはこの時の創建といわれる。

Asakusa Shrine
Distance: 0.7 mi 詳しくは
浅草2-3-1
Taito-ku, Tokyo 111-0032

Asakusa Shrine, also known as Sanja-sama, is one of the most famous Shinto shrines in Tokyo, Japan. Located in Asakusa, the shrine honors the three men who founded the Sensō-ji. Asakusa Shrine is part of a larger grouping of sacred buildings in the area. It can be found on the east side of the Sensō-ji down a street marked by a large stone torii.HistoryAn example of the gongen-zukuri style of architecture, Asakusa Shrine was commissioned by Tokugawa Iemitsu and constructed in 1649 during Japan's Edo Period. It was constructed in order to honor the three men who established and constructed the Sensō-ji. The legend states that two brothers, fishermen named Hinokuma Hamanari and Hinokuma Takenari, found a bosatsu Kannon statuette caught in a fishing-net in the Sumida River on May 17, 628.The third man, a wealthy landlord named Haji no Nakatomo, heard about the discovery and approached the brothers to whom he delivered an impassioned sermon about the Buddha. The brothers were very impressed and subsequently converted to the Buddhist religion. The Kannon statue was consecrated in a small temple by the landlord and the brothers who thereafter devoted their lives to preaching the way of Buddhism. This temple is now known as the Sensō-ji. Asakusa Shrine was built in order to worship these men as deities. The shrine and its surrounding area and buildings have also been the site of many Shinto and Buddhist festivals for centuries. The most important and famous of these festivals is Sanja Matsuri, held in late May.

Asakusa Shrine
Distance: 0.7 mi 詳しくは
浅草2-3-1
Taito-ku, Tokyo 111-0032

Asakusa Shrine, also known as Sanja-sama, is one of the most famous Shinto shrines in Tokyo, Japan. Located in Asakusa, the shrine honors the three men who founded the Sensō-ji. Asakusa Shrine is part of a larger grouping of sacred buildings in the area. It can be found on the east side of the Sensō-ji down a street marked by a large stone torii.HistoryAn example of the gongen-zukuri style of architecture, Asakusa Shrine was commissioned by Tokugawa Iemitsu and constructed in 1649 during Japan's Edo Period. It was constructed in order to honor the three men who established and constructed the Sensō-ji. The legend states that two brothers, fishermen named Hinokuma Hamanari and Hinokuma Takenari, found a bosatsu Kannon statuette caught in a fishing-net in the Sumida River on May 17, 628.The third man, a wealthy landlord named Haji no Nakatomo, heard about the discovery and approached the brothers to whom he delivered an impassioned sermon about the Buddha. The brothers were very impressed and subsequently converted to the Buddhist religion. The Kannon statue was consecrated in a small temple by the landlord and the brothers who thereafter devoted their lives to preaching the way of Buddhism. This temple is now known as the Sensō-ji. Asakusa Shrine was built in order to worship these men as deities. The shrine and its surrounding area and buildings have also been the site of many Shinto and Buddhist festivals for centuries. The most important and famous of these festivals is Sanja Matsuri, held in late May.

Asakusa Kannon Temple, Tokyo Japan
Distance: 0.7 mi 詳しくは
浅草2丁目3−1
Minato-ku, Tokyo 111-0032

淺草 雷門
Distance: 0.7 mi 詳しくは
浅草2丁目3-1
Taito-ku, Tokyo 111-0032

072-725-8668

Tokyo Skytree
Distance: 0.1 mi 詳しくは
1-1-13, Oshiage 1F, Tokyo Sky Tree
Sumida-ku, Tokyo 131-0045

Tokyo Skytree is a broadcasting, restaurant, and observation tower in Sumida, Tokyo, Japan. It became the tallest structure in Japan in 2010 and reached its full height of 634.0m in March 2011, making it the tallest tower in the world, displacing the Canton Tower, and the second tallest structure in the world after the Burj Khalifa (829.8 m/2,722 ft).The tower is the primary television and radio broadcast site for the Kantō region; the older Tokyo Tower no longer gives complete digital terrestrial television broadcasting coverage because it is surrounded by high-rise buildings. Skytree was completed on 29 February 2012, with the tower opening to the public on 22 May 2012. The tower is the centrepiece of a large commercial development funded by Tobu Railway and a group of six terrestrial broadcasters headed by NHK. Trains stop at the adjacent Tokyo Skytree Station and nearby Oshiage Station. The complex is 7km north-east of Tokyo Station.DesignThe design was published on 24 November 2006, based on the following three concepts: Fusion of neofuturistic design and the traditional beauty of Japan, Catalyst for revitalization of the city, Contribution to disaster prevention – "Safety and Security". The base of the tower has a structure similar to a tripod; from a height of about 350m and above, the tower's structure is cylindrical to offer panoramic views of the river and the city. There are observatories at 350m, with a capacity of up to 2000 people, and 450m, with a capacity of 900 people. The upper observatory features a spiral, glass-covered skywalk in which visitors ascend the last 5 meters to the highest point at the upper platform. A section of glass flooring gives visitors a direct downward view of the streets below.

Kaminarimon
Distance: 0.7 mi 詳しくは
雷門1
Taito-ku, Tokyo 111-0032

The Kaminarimon is the outer of two large entrance gates that ultimately leads to the Sensō-ji (the inner being the Hōzōmon) in Asakusa, Tokyo, Japan. The gate, with its lantern and statues, is popular with tourists. It stands 11.7 m tall, 11.4 m wide and covers an area of 69.3 m2. The first gate was built in 941, but the current gate dates from 1960, after the previous gate was destroyed in a fire in 1865.HistoryThe Kaminarimon was first built in 941 by Taira no Kinmasa, a military commander. It was originally located near Komagata, but it was reconstructed in its current location in 1635. This is believed to be when the statues of Raijin and Fūjin were first placed on the gate. The gate has been destroyed many times throughout the ages. Four years after its relocation, the Kaminarimon burned down, and in 1649 Tokugawa Iemitsu rebuilt the gate along with several other of the major structures in the temple complex. The gate burnt to the ground in 1757 and again in 1865. The Kaminarimon's current structure was dedicated in December 1960.FeaturesFour statues are housed in the Kaminarimon, two in the front alcoves and two on the other side. On the front of the gate, the statues of the Shinto gods Fūjin and Raijin are displayed. Fūjin, the god of wind, is located on the east side of the gate, while Raijin, the god of thunder, is located on the west side. The original sculptures were severely damaged in the fire of 1865, with only the heads being saved, and the statues restored for the gate's 1960 reconstruction.

Asakusa Station
Distance: 0.6 mi 詳しくは
浅草1-1-3
Taito-ku, Tokyo 111-0033

03-3841-2052

Asakusa Station is a railway station in the Asakusa district of Taito, Tokyo, Japan, operated by Tobu Railway, Tokyo Metro, and Toei Subway. It formed one terminus of the original subway line in Tokyo, now the Ginza Line.LinesAsakusa Station is served by the following lines. Tobu Skytree Line (TS-01) Toei Asakusa Line (A-18) Tokyo Metro Ginza Line (G-19)Station layoutThere is a connecting passage from the Tobu station to the Tokyo Metro Station, and a connecting passage from the Tokyo Metro portion to the Toei portion. However, there are no direct connecting passages from the Toei portion to the Tobu portion or from the Tsukuba Express station to the rest of the station complex. Passengers wishing to transfer between the Toei and the Tobu stations have to walk at street level, while passengers transferring between the Tsukuba Express station and the rest of the complex must also walk at street level, as the Tsukuba Express station is located 600 meters to the west of the station complex.Tobu RailwayThe Tobu Railway terminal is a surface station, which occupies a portion of the Matsuya Department Store. The station is used by local and limited express trains. Although Asakusa is the most "central" terminal of the Isesaki Line, it is connected to the next major terminal, Kita-Senju Station, by a length of track with sharp curves, beginning with the first stretch leaving the station, where trains have to turn 90 degrees to the right at a maximum speed of 15 km/h to cross the Sumida River. In part due to the station's somewhat awkward location, many express and semi-express services on the Skytree Line run through Kita-Senju to the Tokyo Metro Hanzomon Line and Tokyo Metro Hibiya Line rather than continue to Asakusa.

Kaminarimon
Distance: 0.7 mi 詳しくは
雷門1
Taito-ku, Tokyo 111-0032

雷門(かみなりもん)は、浅草寺の山門。東京都台東区浅草一丁目2番 - 3番地に位置する。正式名称は風雷神門(ふうらいじんもん)であり、「雷門」と書かれた提灯の逆側には「風雷神門」と書かれている。概要門に向かって、右側に風神、左側に雷神が配される、朱塗りの山門である。門の中央には、重さ約700Kgの提灯が吊りさげられており、浅草のランドマークとなっている。日本を象徴する風景として、外国人向けに日本を紹介するパンフレット、お土産のレリーフなどに採用されることが多い。歴史941年、安房国の太守であった平公雅が、武蔵国への配置転換を祈願。翌年、配置転換の願いが叶ったことから、新天地での天下泰平と五穀豊穣を祈願し伽藍などの寄進を行った。初代の雷門に相当する門は、その際に造られたとされる。雷門の呼称は、江戸時代の川柳に初めて登場するが、それ以前のいつの段階から呼ばれるようになったかは不明である。知名度に関しては、雷門の名が書かれた提灯が1795年に初めて奉納されており、浮世絵の題材に用いられたことから、以降、日本各地へ浸透したものと考えられる。山門はしばしば火災により消失しており、江戸時代だけでも2度も建て替えられている。最後の火災は1866年(慶応元年12月14日)であり、以後、100年近く恒久的な建築物としての山門は姿を消す。明治年間から太平洋戦争後にかけては、さまざまな形態の仮設の雷門が登場したと伝えられる。いずれも博覧会の開催や戦勝記念など、その時々のイベント的な要素が強く、素材は鉄骨やコンクリートなどの構造もあったほか、大きさもさまざまであった。1904年の日露戦争終結時には、凱旋門として雷門が建てられている。

Kaminarimon
Distance: 0.7 mi 詳しくは
雷門1
Taito-ku, Tokyo 111-0032

雷門(かみなりもん)は、浅草寺の山門。東京都台東区浅草一丁目2番 - 3番地に位置する。正式名称は風雷神門(ふうらいじんもん)であり、「雷門」と書かれた提灯の逆側には「風雷神門」と書かれている。概要門に向かって、右側に風神、左側に雷神が配される、朱塗りの山門である。門の中央には、重さ約700Kgの提灯が吊りさげられており、浅草のランドマークとなっている。日本を象徴する風景として、外国人向けに日本を紹介するパンフレット、お土産のレリーフなどに採用されることが多い。歴史941年、安房国の太守であった平公雅が、武蔵国への配置転換を祈願。翌年、配置転換の願いが叶ったことから、新天地での天下泰平と五穀豊穣を祈願し伽藍などの寄進を行った。初代の雷門に相当する門は、その際に造られたとされる。雷門の呼称は、江戸時代の川柳に初めて登場するが、それ以前のいつの段階から呼ばれるようになったかは不明である。知名度に関しては、雷門の名が書かれた提灯が1795年に初めて奉納されており、浮世絵の題材に用いられたことから、以降、日本各地へ浸透したものと考えられる。山門はしばしば火災により消失しており、江戸時代だけでも2度も建て替えられている。最後の火災は1866年(慶応元年12月14日)であり、以後、100年近く恒久的な建築物としての山門は姿を消す。明治年間から太平洋戦争後にかけては、さまざまな形態の仮設の雷門が登場したと伝えられる。いずれも博覧会の開催や戦勝記念など、その時々のイベント的な要素が強く、素材は鉄骨やコンクリートなどの構造もあったほか、大きさもさまざまであった。1904年の日露戦争終結時には、凱旋門として雷門が建てられている。

淺草寺
Distance: 0.8 mi 詳しくは
浅草2丁目3−1
Taito-ku, Tokyo

03-3842-0181

Asakusa雷門
Distance: 0.7 mi 詳しくは
浅草
Taito-ku, Tokyo 111-0032

Tokyo Sky Tree
Distance: 0.1 mi 詳しくは
1-1-2, Oshiage, Sumida-Ku, Tokyo
Sumida-ku, Tokyo 131-0045

0570-55-0634

Tokyo Skytree is a broadcasting, restaurant, and observation tower in Sumida, Tokyo, Japan. It became the tallest structure in Japan in 2010 and reached its full height of 634.0m in March 2011, making it the tallest tower in the world, displacing the Canton Tower, and the second tallest structure in the world after the Burj Khalifa (829.8 m/2,722 ft).The tower is the primary television and radio broadcast site for the Kantō region; the older Tokyo Tower no longer gives complete digital terrestrial television broadcasting coverage because it is surrounded by high-rise buildings. Skytree was completed on 29 February 2012, with the tower opening to the public on 22 May 2012. The tower is the centrepiece of a large commercial development funded by Tobu Railway and a group of six terrestrial broadcasters headed by NHK. Trains stop at the adjacent Tokyo Skytree Station and nearby Oshiage Station. The complex is 7km north-east of Tokyo Station.DesignThe design was published on 24 November 2006, based on the following three concepts: Fusion of neofuturistic design and the traditional beauty of Japan, Catalyst for revitalization of the city, Contribution to disaster prevention – "Safety and Security". The base of the tower has a structure similar to a tripod; from a height of about 350m and above, the tower's structure is cylindrical to offer panoramic views of the river and the city. There are observatories at 350m, with a capacity of up to 2000 people, and 450m, with a capacity of 900 people. The upper observatory features a spiral, glass-covered skywalk in which visitors ascend the last 5 meters to the highest point at the upper platform. A section of glass flooring gives visitors a direct downward view of the streets below.

Tokyo Sky Tree
Distance: 0.1 mi 詳しくは
1-1-2, Oshiage, Sumida-Ku, Tokyo
Sumida-ku, Tokyo 131-0045

0570-55-0634

Tokyo Skytree is a broadcasting, restaurant, and observation tower in Sumida, Tokyo, Japan. It became the tallest structure in Japan in 2010 and reached its full height of 634.0m in March 2011, making it the tallest tower in the world, displacing the Canton Tower, and the second tallest structure in the world after the Burj Khalifa (829.8 m/2,722 ft).The tower is the primary television and radio broadcast site for the Kantō region; the older Tokyo Tower no longer gives complete digital terrestrial television broadcasting coverage because it is surrounded by high-rise buildings. Skytree was completed on 29 February 2012, with the tower opening to the public on 22 May 2012. The tower is the centrepiece of a large commercial development funded by Tobu Railway and a group of six terrestrial broadcasters headed by NHK. Trains stop at the adjacent Tokyo Skytree Station and nearby Oshiage Station. The complex is 7km north-east of Tokyo Station.DesignThe design was published on 24 November 2006, based on the following three concepts: Fusion of neofuturistic design and the traditional beauty of Japan, Catalyst for revitalization of the city, Contribution to disaster prevention – "Safety and Security". The base of the tower has a structure similar to a tripod; from a height of about 350m and above, the tower's structure is cylindrical to offer panoramic views of the river and the city. There are observatories at 350m, with a capacity of up to 2000 people, and 450m, with a capacity of 900 people. The upper observatory features a spiral, glass-covered skywalk in which visitors ascend the last 5 meters to the highest point at the upper platform. A section of glass flooring gives visitors a direct downward view of the streets below.

牛嶋神社
Distance: 0.3 mi 詳しくは
向島1-4-5
Sumida-ku, Tokyo 131-0033

03-3622-0973

Tokyo Skytree
Distance: 0.1 mi 詳しくは
押上1-1-2
Sumida-ku, Tokyo 131-0045

08097151454

東京スカイツリー(とうきょうスカイツリー、)は、東京都墨田区押上一丁目にある電波塔(送信所)である。観光・商業施設やオフィスビルが併設されており、ツリーを含め周辺施設は「東京スカイツリータウン」と呼ばれる。2012年5月に電波塔・観光施設として開業した。東京スカイツリーについての名称・ロゴマーク・シルエットデザイン・完成予想コンピュータグラフィックスといった知的財産は東武タワースカイツリー株式会社等の著作権および商標権により保護されている。概要2000年頃から既存の電波塔である東京タワーに代わる新タワーについて首都圏各地で誘致活動が行われていたが、2003年12月に日本放送協会(NHK)と在京民間テレビ局5社(日本テレビ、TBSテレビ、フジテレビ、テレビ朝日、テレビ東京)が600メートル級の新しい電波塔を求めて「在京6社新タワー推進プロジェクト」を発足、新タワー構想を推進していくことで建設に向けた計画に進展が付いた(建設地決定についての経緯は後述)。東京スカイツリーの建設目的は東京タワーが位置する都心部では超高層建築物が林立し、その影となる部分に電波が届きにくくなる問題を低減するほかにワンセグやマルチメディア放送といった携帯機器向けの放送を快適に視聴できるようにすることも建設目的の一つとされた。事業主体は東武鉄道が筆頭株主となる「東武タワースカイツリー株式会社」であり、事業費は約500億円とした。このために、同社は500億円のユーロ債のCBを発行して資金調達を行っている。建設費は約400億円。総事業費は約650億円。施工は大林組、設計は日建設計である。テレビ局からの賃貸料および観光客からの入場料などで収益を得る見込みである。

Tokyo Skytree
Distance: 0.1 mi 詳しくは
押上1-1-2
Sumida-ku, Tokyo 131-0045

08097151454

東京スカイツリー(とうきょうスカイツリー、)は、東京都墨田区押上一丁目にある電波塔(送信所)である。観光・商業施設やオフィスビルが併設されており、ツリーを含め周辺施設は「東京スカイツリータウン」と呼ばれる。2012年5月に電波塔・観光施設として開業した。東京スカイツリーについての名称・ロゴマーク・シルエットデザイン・完成予想コンピュータグラフィックスといった知的財産は東武タワースカイツリー株式会社等の著作権および商標権により保護されている。概要2000年頃から既存の電波塔である東京タワーに代わる新タワーについて首都圏各地で誘致活動が行われていたが、2003年12月に日本放送協会(NHK)と在京民間テレビ局5社(日本テレビ、TBSテレビ、フジテレビ、テレビ朝日、テレビ東京)が600メートル級の新しい電波塔を求めて「在京6社新タワー推進プロジェクト」を発足、新タワー構想を推進していくことで建設に向けた計画に進展が付いた(建設地決定についての経緯は後述)。東京スカイツリーの建設目的は東京タワーが位置する都心部では超高層建築物が林立し、その影となる部分に電波が届きにくくなる問題を低減するほかにワンセグやマルチメディア放送といった携帯機器向けの放送を快適に視聴できるようにすることも建設目的の一つとされた。事業主体は東武鉄道が筆頭株主となる「東武タワースカイツリー株式会社」であり、事業費は約500億円とした。このために、同社は500億円のユーロ債のCBを発行して資金調達を行っている。建設費は約400億円。総事業費は約650億円。施工は大林組、設計は日建設計である。テレビ局からの賃貸料および観光客からの入場料などで収益を得る見込みである。

Hikifune Station
Distance: 0.8 mi 詳しくは
東向島2-26-6
Sumida-ku, Tokyo 131-0032

03-3611-3518

Hikifune Station is a railway station in Sumida, Tokyo, Japan, operated by the private railway operator Tobu Railway.LinesHikifune Station is served by the Tobu Skytree Line and Tōbu Kameido Line, and is located 2.4 km from the Tokyo terminus at Asakusa Station. It is also where the Skytree line and trains going to Oshiage Station and the Tokyo Metro Hanzōmon Line split.HistoryThe station opened on 1 April 1902.Passenger statisticsIn fiscal 2012, the station was used by an average of 24,135 passengers daily.

高木神社
Distance: 0.5 mi 詳しくは
押上2-37-9
Sumida-ku, Tokyo 131-0045

03-3611-3459

勝海舟像
Distance: 0.5 mi 詳しくは
吾妻橋1-23-20 墨田区役所うるおい広場
Sumida-ku, Tokyo 130-0001

東京晴空塔東塔
Distance: 0.2 mi 詳しくは
押上1-1-2 東京スカイツリー イーストタワー12F
Sumida-ku, Tokyo

東京晴空塔東塔(東京スカイツリーイーストタワー;Tokyo Skytree East Tower)是一棟位於東京晴空塔城的一棟摩天大樓,主要用途為辦公室及店鋪,1樓至10樓為東京晴空塔城(東京スカイツリータウン),地下3樓為檢票口。概要東京晴空塔東塔於2008年(平成20年)7月14日開始動工,並於2012年(平成24年)5月22日開業。地上31層,高度為158米。地下3樓為東武伊勢崎線(東武晴空塔線)、京成押上線、東京地鐵半藏門線、都營淺草線的站區。此大樓為東武鐵道所有,晴空塔的幕後營運公司(東武タワースカイツリー)的總部亦設置在此大樓內。主要租戶當初辦公層租金開價為每坪2萬5000日圓,由於開價昂貴因此只有4家企業入居,後來將每坪租金降至1萬8000元,截至2014年約有80%已被使用。圖片集外部連結 東京スカイツリーイーストタワー - オフィシャルサイト(東京晴空塔東塔) 東京スカイツリータウン - オフィシャルサイト(東京晴空城)

東京晴空塔東塔
Distance: 0.2 mi 詳しくは
押上1-1-2 東京スカイツリー イーストタワー12F
Sumida-ku, Tokyo

東京晴空塔東塔(東京スカイツリーイーストタワー;Tokyo Skytree East Tower)是一棟位於東京晴空塔城的一棟摩天大樓,主要用途為辦公室及店鋪,1樓至10樓為東京晴空塔城(東京スカイツリータウン),地下3樓為檢票口。概要東京晴空塔東塔於2008年(平成20年)7月14日開始動工,並於2012年(平成24年)5月22日開業。地上31層,高度為158米。地下3樓為東武伊勢崎線(東武晴空塔線)、京成押上線、東京地鐵半藏門線、都營淺草線的站區。此大樓為東武鐵道所有,晴空塔的幕後營運公司(東武タワースカイツリー)的總部亦設置在此大樓內。主要租戶當初辦公層租金開價為每坪2萬5000日圓,由於開價昂貴因此只有4家企業入居,後來將每坪租金降至1萬8000元,截至2014年約有80%已被使用。圖片集外部連結 東京スカイツリーイーストタワー - オフィシャルサイト(東京晴空塔東塔) 東京スカイツリータウン - オフィシャルサイト(東京晴空城)

Landmark 近く Tokyo Skytree Station

浅草寺 雷門 (Kaminarimon Gate)
Distance: 0.7 mi 詳しくは
一丁目2番 - 3番地
Taito-ku, Tokyo 111-0034

浅草寺 Senso-ji Temple
Distance: 0.7 mi 詳しくは
浅草2丁目
Taito-ku, Tokyo 111-0032

03-3842-0181

晴空塔 SkyTree~ Tokyo Solamachi
Distance: 0.2 mi 詳しくは
東京都墨田区押上1-1-2
Taito-ku, Tokyo 131-0045

03-6456-1221

Sensō-ji
Distance: 0.8 mi 詳しくは
2-3-1, Asakusa, Taito-ku
Shinjuku-ku, Tokyo 111-0032

027-224-6567

Sensō-ji is an ancient Buddhist temple located in Asakusa, Tokyo, Japan. It is Tokyo's oldest temple, and one of its most significant. Formerly associated with the Tendai sect of Buddhism, it became independent after World War II. Adjacent to the temple is a Shinto shrine, the Asakusa Shrine.HistoryThe temple is dedicated to the bodhisattva Kannon (Avalokiteśvara). According to legend, a statue of the Kannon was found in the Sumida River in 628 by two fishermen, the brothers Hinokuma Hamanari and Hinokuma Takenari. The chief of their village, Hajino Nakamoto, recognized the sanctity of the statue and enshrined it by remodeling his own house into a small temple in Asakusa so that the villagers could worship Kannon.The first temple was founded in 645 CE, which makes it the oldest temple in Tokyo. In the early years of the Tokugawa shogunate, Tokugawa Ieyasu designated Sensō-ji as tutelary temple of the Tokugawa clan.The Nishinomiya Inari shrine is located within the precincts of Sensō-ji and a torii identifies the entry into the hallowed ground of the shrine. A bronze plaque on the gateway structure lists those who contributed to the construction of the torii, which was erected in 1727 (Kyōhō 12, 11th month). During World War II, the temple was bombed and destroyed. It was rebuilt later and is a symbol of rebirth and peace to the Japanese people. In the courtyard there is a tree that was hit by a bomb in the air raids, and it had regrown in the husk of the old tree and is a similar symbol to the temple itself.

Sensō-ji
Distance: 0.8 mi 詳しくは
浅草 2丁目3-1
Taito-ku, Tokyo 111-0032

淺草寺(浅草寺),又名金龍山淺草寺,位於日本東京都台東區淺草二丁目,是東京都内历史最悠久的寺院。山號為金龍山。供奉的本尊是聖觀音。原屬天台宗,於第二次世界大戰後獨立,成為聖觀音宗的總本山。觀音菩薩本尊通稱為「淺草觀音」。起源與历史根據寺傳的資料,推古天皇36年(628年),於宮戶川(現・隅田川)捕魚的檜前浜成・竹成(ひのくまのはまなり・たけなり)兄弟於漁網發現了一尊佛像。就是淺草寺本尊的聖觀音像。兄弟的主人・土師中知(はじのなかとも)拜了此佛像之後出家,把房屋改成寺廟來供奉。這是淺草寺之始。觀音像,相傳為高一寸八分(約5.5cm)的金色像,由於是非公開的秘藏佛像,故實體不明。其後,大化元年(645年),據說勝海上人為寺院進行整備、經觀音報夢告知而把本尊定為秘藏佛像。至平安時代初期天安元年(857年)(天長5年-828年),延暦寺僧人・円仁(慈覺大師)來寺製造了「お前立ち」(代替秘藏佛像供人參拜)觀音像。故稱淺草寺由勝海開基(創立者),円仁中興開山。雷門與仁王門於天慶5年(942年),安房守平公雅任武藏守的時候創建。淺草寺於文獻首次出現是鎌倉時代的『吾妻鏡』。近世為徳川家的祈願寺,關東有數的觀音靈場,参拜者眾。江戶時代後半,境内「仲見世」地區開始出現商店與芝居小屋,亦有賣藝人集中,成為當時庶民的娛樂中心。直至近代,淺草依然是平民的繁華街,娛樂場所發達,淺草寺作為此處地標。明治初期被指定為公園地、1885年(明治18年)於表参道兩側的「仲見世」漸漸變成近代的磚造建築物。1917年(大正6年)開始上演日本語的喜歌劇「淺草OPERA(淺草オペラ)」,於電影普及之前,大眾演劇盛極一時。第二次世界大戰後的淺草,由於東京都内其他娛樂場所的多樣化發展,而經歷一時衰退。但是作為東京代表性的觀光地,加上羽子板市、燈籠花市等活動,觀光客與善信不絕。寺内雷門-表参道入口之門。切妻造八脚門,左面的是風神像,右面的是雷神像,正式名稱為「風雷神門」,通稱為「雷門」。慶應元年(1865年)被燒毀、1960年(昭和35年)、約1世紀之後以鋼筋混凝土再重建。門内置有實業家松下幸之助於淺草觀音祈願之後病癒,作為報答而寄贈的大燈籠。

Sensō-ji
Distance: 0.8 mi 詳しくは
浅草2-3-1
Taito-ku, Tokyo 111-0032

03-3842-0181

浅草寺(せんそうじ)は、東京都台東区浅草二丁目にある、東京都内最古の寺である。山号は金龍山。本尊は聖観音菩薩(しょうかんのんぼさつ)。元は天台宗に属していたが第二次世界大戦後独立し、聖観音宗の総本山となった。観音菩薩を本尊とすることから「浅草観音」あるいは「浅草の観音様」と通称され、広く親しまれている。東京都内では、唯一の坂東三十三箇所観音霊場の札所(13番)である。江戸三十三箇所観音霊場の札所(1番)でもある。歴史創建 - 平安時代『浅草寺縁起』等にみえる伝承によると、浅草寺の草創の由来は以下のとおりである。推古天皇36年(628年)、宮戸川(現・隅田川)で漁をしていた檜前浜成・竹成(ひのくまのはまなり・たけなり)兄弟の網にかかった仏像があった。これが浅草寺本尊の聖観音(しょうかんのん)像である。この像を拝した兄弟の主人・土師中知(はじのなかとも、「土師真中知」(はじのまなかち)とも)は出家し、自宅を寺に改めて供養した。これが浅草寺の始まりという。その後大化元年(645年)、勝海上人という僧が寺を整備し観音の夢告により本尊を秘仏と定めた。観音像は高さ1寸8分(約5.5センチ)の金色の像と伝わるが、公開されることのない秘仏のためその実体は明らかでない。平安時代初期の天安元年(857年。天長5年(828年)とも)、延暦寺の僧・円仁(慈覚大師)が来寺して「お前立ち」(秘仏の代わりに人々が拝むための像)の観音像を造ったという。これらを機に浅草寺では勝海を開基、円仁を中興開山と称している。天慶5年(942年)、安房守平公雅が武蔵守に任ぜられた際に七堂伽藍を整備したとの伝えがあり、雷門、仁王門(現・宝蔵門)などはこの時の創建といわれる。

Asakusa Shrine
Distance: 0.7 mi 詳しくは
浅草2-3-1
Taito-ku, Tokyo 111-0032

Asakusa Shrine, also known as Sanja-sama, is one of the most famous Shinto shrines in Tokyo, Japan. Located in Asakusa, the shrine honors the three men who founded the Sensō-ji. Asakusa Shrine is part of a larger grouping of sacred buildings in the area. It can be found on the east side of the Sensō-ji down a street marked by a large stone torii.HistoryAn example of the gongen-zukuri style of architecture, Asakusa Shrine was commissioned by Tokugawa Iemitsu and constructed in 1649 during Japan's Edo Period. It was constructed in order to honor the three men who established and constructed the Sensō-ji. The legend states that two brothers, fishermen named Hinokuma Hamanari and Hinokuma Takenari, found a bosatsu Kannon statuette caught in a fishing-net in the Sumida River on May 17, 628.The third man, a wealthy landlord named Haji no Nakatomo, heard about the discovery and approached the brothers to whom he delivered an impassioned sermon about the Buddha. The brothers were very impressed and subsequently converted to the Buddhist religion. The Kannon statue was consecrated in a small temple by the landlord and the brothers who thereafter devoted their lives to preaching the way of Buddhism. This temple is now known as the Sensō-ji. Asakusa Shrine was built in order to worship these men as deities. The shrine and its surrounding area and buildings have also been the site of many Shinto and Buddhist festivals for centuries. The most important and famous of these festivals is Sanja Matsuri, held in late May.

Asakusa Shrine
Distance: 0.7 mi 詳しくは
浅草2-3-1
Taito-ku, Tokyo 111-0032

Asakusa Shrine, also known as Sanja-sama, is one of the most famous Shinto shrines in Tokyo, Japan. Located in Asakusa, the shrine honors the three men who founded the Sensō-ji. Asakusa Shrine is part of a larger grouping of sacred buildings in the area. It can be found on the east side of the Sensō-ji down a street marked by a large stone torii.HistoryAn example of the gongen-zukuri style of architecture, Asakusa Shrine was commissioned by Tokugawa Iemitsu and constructed in 1649 during Japan's Edo Period. It was constructed in order to honor the three men who established and constructed the Sensō-ji. The legend states that two brothers, fishermen named Hinokuma Hamanari and Hinokuma Takenari, found a bosatsu Kannon statuette caught in a fishing-net in the Sumida River on May 17, 628.The third man, a wealthy landlord named Haji no Nakatomo, heard about the discovery and approached the brothers to whom he delivered an impassioned sermon about the Buddha. The brothers were very impressed and subsequently converted to the Buddhist religion. The Kannon statue was consecrated in a small temple by the landlord and the brothers who thereafter devoted their lives to preaching the way of Buddhism. This temple is now known as the Sensō-ji. Asakusa Shrine was built in order to worship these men as deities. The shrine and its surrounding area and buildings have also been the site of many Shinto and Buddhist festivals for centuries. The most important and famous of these festivals is Sanja Matsuri, held in late May.

Asakusa Kannon Temple, Tokyo Japan
Distance: 0.7 mi 詳しくは
浅草2丁目3−1
Minato-ku, Tokyo 111-0032

淺草 雷門
Distance: 0.7 mi 詳しくは
浅草2丁目3-1
Taito-ku, Tokyo 111-0032

072-725-8668

Tokyo Skytree
Distance: 0.1 mi 詳しくは
1-1-13, Oshiage 1F, Tokyo Sky Tree
Sumida-ku, Tokyo 131-0045

Tokyo Skytree is a broadcasting, restaurant, and observation tower in Sumida, Tokyo, Japan. It became the tallest structure in Japan in 2010 and reached its full height of 634.0m in March 2011, making it the tallest tower in the world, displacing the Canton Tower, and the second tallest structure in the world after the Burj Khalifa (829.8 m/2,722 ft).The tower is the primary television and radio broadcast site for the Kantō region; the older Tokyo Tower no longer gives complete digital terrestrial television broadcasting coverage because it is surrounded by high-rise buildings. Skytree was completed on 29 February 2012, with the tower opening to the public on 22 May 2012. The tower is the centrepiece of a large commercial development funded by Tobu Railway and a group of six terrestrial broadcasters headed by NHK. Trains stop at the adjacent Tokyo Skytree Station and nearby Oshiage Station. The complex is 7km north-east of Tokyo Station.DesignThe design was published on 24 November 2006, based on the following three concepts: Fusion of neofuturistic design and the traditional beauty of Japan, Catalyst for revitalization of the city, Contribution to disaster prevention – "Safety and Security". The base of the tower has a structure similar to a tripod; from a height of about 350m and above, the tower's structure is cylindrical to offer panoramic views of the river and the city. There are observatories at 350m, with a capacity of up to 2000 people, and 450m, with a capacity of 900 people. The upper observatory features a spiral, glass-covered skywalk in which visitors ascend the last 5 meters to the highest point at the upper platform. A section of glass flooring gives visitors a direct downward view of the streets below.

Kaminarimon
Distance: 0.7 mi 詳しくは
雷門1
Taito-ku, Tokyo 111-0032

The Kaminarimon is the outer of two large entrance gates that ultimately leads to the Sensō-ji (the inner being the Hōzōmon) in Asakusa, Tokyo, Japan. The gate, with its lantern and statues, is popular with tourists. It stands 11.7 m tall, 11.4 m wide and covers an area of 69.3 m2. The first gate was built in 941, but the current gate dates from 1960, after the previous gate was destroyed in a fire in 1865.HistoryThe Kaminarimon was first built in 941 by Taira no Kinmasa, a military commander. It was originally located near Komagata, but it was reconstructed in its current location in 1635. This is believed to be when the statues of Raijin and Fūjin were first placed on the gate. The gate has been destroyed many times throughout the ages. Four years after its relocation, the Kaminarimon burned down, and in 1649 Tokugawa Iemitsu rebuilt the gate along with several other of the major structures in the temple complex. The gate burnt to the ground in 1757 and again in 1865. The Kaminarimon's current structure was dedicated in December 1960.FeaturesFour statues are housed in the Kaminarimon, two in the front alcoves and two on the other side. On the front of the gate, the statues of the Shinto gods Fūjin and Raijin are displayed. Fūjin, the god of wind, is located on the east side of the gate, while Raijin, the god of thunder, is located on the west side. The original sculptures were severely damaged in the fire of 1865, with only the heads being saved, and the statues restored for the gate's 1960 reconstruction.

Asakusa Station
Distance: 0.6 mi 詳しくは
浅草1-1-3
Taito-ku, Tokyo 111-0033

03-3841-2052

Asakusa Station is a railway station in the Asakusa district of Taito, Tokyo, Japan, operated by Tobu Railway, Tokyo Metro, and Toei Subway. It formed one terminus of the original subway line in Tokyo, now the Ginza Line.LinesAsakusa Station is served by the following lines. Tobu Skytree Line (TS-01) Toei Asakusa Line (A-18) Tokyo Metro Ginza Line (G-19)Station layoutThere is a connecting passage from the Tobu station to the Tokyo Metro Station, and a connecting passage from the Tokyo Metro portion to the Toei portion. However, there are no direct connecting passages from the Toei portion to the Tobu portion or from the Tsukuba Express station to the rest of the station complex. Passengers wishing to transfer between the Toei and the Tobu stations have to walk at street level, while passengers transferring between the Tsukuba Express station and the rest of the complex must also walk at street level, as the Tsukuba Express station is located 600 meters to the west of the station complex.Tobu RailwayThe Tobu Railway terminal is a surface station, which occupies a portion of the Matsuya Department Store. The station is used by local and limited express trains. Although Asakusa is the most "central" terminal of the Isesaki Line, it is connected to the next major terminal, Kita-Senju Station, by a length of track with sharp curves, beginning with the first stretch leaving the station, where trains have to turn 90 degrees to the right at a maximum speed of 15 km/h to cross the Sumida River. In part due to the station's somewhat awkward location, many express and semi-express services on the Skytree Line run through Kita-Senju to the Tokyo Metro Hanzomon Line and Tokyo Metro Hibiya Line rather than continue to Asakusa.

Kaminarimon
Distance: 0.7 mi 詳しくは
雷門1
Taito-ku, Tokyo 111-0032

雷門(かみなりもん)は、浅草寺の山門。東京都台東区浅草一丁目2番 - 3番地に位置する。正式名称は風雷神門(ふうらいじんもん)であり、「雷門」と書かれた提灯の逆側には「風雷神門」と書かれている。概要門に向かって、右側に風神、左側に雷神が配される、朱塗りの山門である。門の中央には、重さ約700Kgの提灯が吊りさげられており、浅草のランドマークとなっている。日本を象徴する風景として、外国人向けに日本を紹介するパンフレット、お土産のレリーフなどに採用されることが多い。歴史941年、安房国の太守であった平公雅が、武蔵国への配置転換を祈願。翌年、配置転換の願いが叶ったことから、新天地での天下泰平と五穀豊穣を祈願し伽藍などの寄進を行った。初代の雷門に相当する門は、その際に造られたとされる。雷門の呼称は、江戸時代の川柳に初めて登場するが、それ以前のいつの段階から呼ばれるようになったかは不明である。知名度に関しては、雷門の名が書かれた提灯が1795年に初めて奉納されており、浮世絵の題材に用いられたことから、以降、日本各地へ浸透したものと考えられる。山門はしばしば火災により消失しており、江戸時代だけでも2度も建て替えられている。最後の火災は1866年(慶応元年12月14日)であり、以後、100年近く恒久的な建築物としての山門は姿を消す。明治年間から太平洋戦争後にかけては、さまざまな形態の仮設の雷門が登場したと伝えられる。いずれも博覧会の開催や戦勝記念など、その時々のイベント的な要素が強く、素材は鉄骨やコンクリートなどの構造もあったほか、大きさもさまざまであった。1904年の日露戦争終結時には、凱旋門として雷門が建てられている。

Kaminarimon
Distance: 0.7 mi 詳しくは
雷門1
Taito-ku, Tokyo 111-0032

雷門(かみなりもん)は、浅草寺の山門。東京都台東区浅草一丁目2番 - 3番地に位置する。正式名称は風雷神門(ふうらいじんもん)であり、「雷門」と書かれた提灯の逆側には「風雷神門」と書かれている。概要門に向かって、右側に風神、左側に雷神が配される、朱塗りの山門である。門の中央には、重さ約700Kgの提灯が吊りさげられており、浅草のランドマークとなっている。日本を象徴する風景として、外国人向けに日本を紹介するパンフレット、お土産のレリーフなどに採用されることが多い。歴史941年、安房国の太守であった平公雅が、武蔵国への配置転換を祈願。翌年、配置転換の願いが叶ったことから、新天地での天下泰平と五穀豊穣を祈願し伽藍などの寄進を行った。初代の雷門に相当する門は、その際に造られたとされる。雷門の呼称は、江戸時代の川柳に初めて登場するが、それ以前のいつの段階から呼ばれるようになったかは不明である。知名度に関しては、雷門の名が書かれた提灯が1795年に初めて奉納されており、浮世絵の題材に用いられたことから、以降、日本各地へ浸透したものと考えられる。山門はしばしば火災により消失しており、江戸時代だけでも2度も建て替えられている。最後の火災は1866年(慶応元年12月14日)であり、以後、100年近く恒久的な建築物としての山門は姿を消す。明治年間から太平洋戦争後にかけては、さまざまな形態の仮設の雷門が登場したと伝えられる。いずれも博覧会の開催や戦勝記念など、その時々のイベント的な要素が強く、素材は鉄骨やコンクリートなどの構造もあったほか、大きさもさまざまであった。1904年の日露戦争終結時には、凱旋門として雷門が建てられている。

淺草寺
Distance: 0.8 mi 詳しくは
浅草2丁目3−1
Taito-ku, Tokyo

03-3842-0181

Asakusa雷門
Distance: 0.7 mi 詳しくは
浅草
Taito-ku, Tokyo 111-0032

Tokyo Sky Tree
Distance: 0.1 mi 詳しくは
1-1-2, Oshiage, Sumida-Ku, Tokyo
Sumida-ku, Tokyo 131-0045

0570-55-0634

Tokyo Skytree is a broadcasting, restaurant, and observation tower in Sumida, Tokyo, Japan. It became the tallest structure in Japan in 2010 and reached its full height of 634.0m in March 2011, making it the tallest tower in the world, displacing the Canton Tower, and the second tallest structure in the world after the Burj Khalifa (829.8 m/2,722 ft).The tower is the primary television and radio broadcast site for the Kantō region; the older Tokyo Tower no longer gives complete digital terrestrial television broadcasting coverage because it is surrounded by high-rise buildings. Skytree was completed on 29 February 2012, with the tower opening to the public on 22 May 2012. The tower is the centrepiece of a large commercial development funded by Tobu Railway and a group of six terrestrial broadcasters headed by NHK. Trains stop at the adjacent Tokyo Skytree Station and nearby Oshiage Station. The complex is 7km north-east of Tokyo Station.DesignThe design was published on 24 November 2006, based on the following three concepts: Fusion of neofuturistic design and the traditional beauty of Japan, Catalyst for revitalization of the city, Contribution to disaster prevention – "Safety and Security". The base of the tower has a structure similar to a tripod; from a height of about 350m and above, the tower's structure is cylindrical to offer panoramic views of the river and the city. There are observatories at 350m, with a capacity of up to 2000 people, and 450m, with a capacity of 900 people. The upper observatory features a spiral, glass-covered skywalk in which visitors ascend the last 5 meters to the highest point at the upper platform. A section of glass flooring gives visitors a direct downward view of the streets below.

Tokyo Sky Tree
Distance: 0.1 mi 詳しくは
1-1-2, Oshiage, Sumida-Ku, Tokyo
Sumida-ku, Tokyo 131-0045

0570-55-0634

Tokyo Skytree is a broadcasting, restaurant, and observation tower in Sumida, Tokyo, Japan. It became the tallest structure in Japan in 2010 and reached its full height of 634.0m in March 2011, making it the tallest tower in the world, displacing the Canton Tower, and the second tallest structure in the world after the Burj Khalifa (829.8 m/2,722 ft).The tower is the primary television and radio broadcast site for the Kantō region; the older Tokyo Tower no longer gives complete digital terrestrial television broadcasting coverage because it is surrounded by high-rise buildings. Skytree was completed on 29 February 2012, with the tower opening to the public on 22 May 2012. The tower is the centrepiece of a large commercial development funded by Tobu Railway and a group of six terrestrial broadcasters headed by NHK. Trains stop at the adjacent Tokyo Skytree Station and nearby Oshiage Station. The complex is 7km north-east of Tokyo Station.DesignThe design was published on 24 November 2006, based on the following three concepts: Fusion of neofuturistic design and the traditional beauty of Japan, Catalyst for revitalization of the city, Contribution to disaster prevention – "Safety and Security". The base of the tower has a structure similar to a tripod; from a height of about 350m and above, the tower's structure is cylindrical to offer panoramic views of the river and the city. There are observatories at 350m, with a capacity of up to 2000 people, and 450m, with a capacity of 900 people. The upper observatory features a spiral, glass-covered skywalk in which visitors ascend the last 5 meters to the highest point at the upper platform. A section of glass flooring gives visitors a direct downward view of the streets below.

牛嶋神社
Distance: 0.3 mi 詳しくは
向島1-4-5
Sumida-ku, Tokyo 131-0033

03-3622-0973

Tokyo Skytree
Distance: 0.1 mi 詳しくは
押上1-1-2
Sumida-ku, Tokyo 131-0045

08097151454

東京スカイツリー(とうきょうスカイツリー、)は、東京都墨田区押上一丁目にある電波塔(送信所)である。観光・商業施設やオフィスビルが併設されており、ツリーを含め周辺施設は「東京スカイツリータウン」と呼ばれる。2012年5月に電波塔・観光施設として開業した。東京スカイツリーについての名称・ロゴマーク・シルエットデザイン・完成予想コンピュータグラフィックスといった知的財産は東武タワースカイツリー株式会社等の著作権および商標権により保護されている。概要2000年頃から既存の電波塔である東京タワーに代わる新タワーについて首都圏各地で誘致活動が行われていたが、2003年12月に日本放送協会(NHK)と在京民間テレビ局5社(日本テレビ、TBSテレビ、フジテレビ、テレビ朝日、テレビ東京)が600メートル級の新しい電波塔を求めて「在京6社新タワー推進プロジェクト」を発足、新タワー構想を推進していくことで建設に向けた計画に進展が付いた(建設地決定についての経緯は後述)。東京スカイツリーの建設目的は東京タワーが位置する都心部では超高層建築物が林立し、その影となる部分に電波が届きにくくなる問題を低減するほかにワンセグやマルチメディア放送といった携帯機器向けの放送を快適に視聴できるようにすることも建設目的の一つとされた。事業主体は東武鉄道が筆頭株主となる「東武タワースカイツリー株式会社」であり、事業費は約500億円とした。このために、同社は500億円のユーロ債のCBを発行して資金調達を行っている。建設費は約400億円。総事業費は約650億円。施工は大林組、設計は日建設計である。テレビ局からの賃貸料および観光客からの入場料などで収益を得る見込みである。

Tokyo Skytree
Distance: 0.1 mi 詳しくは
押上1-1-2
Sumida-ku, Tokyo 131-0045

08097151454

東京スカイツリー(とうきょうスカイツリー、)は、東京都墨田区押上一丁目にある電波塔(送信所)である。観光・商業施設やオフィスビルが併設されており、ツリーを含め周辺施設は「東京スカイツリータウン」と呼ばれる。2012年5月に電波塔・観光施設として開業した。東京スカイツリーについての名称・ロゴマーク・シルエットデザイン・完成予想コンピュータグラフィックスといった知的財産は東武タワースカイツリー株式会社等の著作権および商標権により保護されている。概要2000年頃から既存の電波塔である東京タワーに代わる新タワーについて首都圏各地で誘致活動が行われていたが、2003年12月に日本放送協会(NHK)と在京民間テレビ局5社(日本テレビ、TBSテレビ、フジテレビ、テレビ朝日、テレビ東京)が600メートル級の新しい電波塔を求めて「在京6社新タワー推進プロジェクト」を発足、新タワー構想を推進していくことで建設に向けた計画に進展が付いた(建設地決定についての経緯は後述)。東京スカイツリーの建設目的は東京タワーが位置する都心部では超高層建築物が林立し、その影となる部分に電波が届きにくくなる問題を低減するほかにワンセグやマルチメディア放送といった携帯機器向けの放送を快適に視聴できるようにすることも建設目的の一つとされた。事業主体は東武鉄道が筆頭株主となる「東武タワースカイツリー株式会社」であり、事業費は約500億円とした。このために、同社は500億円のユーロ債のCBを発行して資金調達を行っている。建設費は約400億円。総事業費は約650億円。施工は大林組、設計は日建設計である。テレビ局からの賃貸料および観光客からの入場料などで収益を得る見込みである。

Hikifune Station
Distance: 0.8 mi 詳しくは
東向島2-26-6
Sumida-ku, Tokyo 131-0032

03-3611-3518

Hikifune Station is a railway station in Sumida, Tokyo, Japan, operated by the private railway operator Tobu Railway.LinesHikifune Station is served by the Tobu Skytree Line and Tōbu Kameido Line, and is located 2.4 km from the Tokyo terminus at Asakusa Station. It is also where the Skytree line and trains going to Oshiage Station and the Tokyo Metro Hanzōmon Line split.HistoryThe station opened on 1 April 1902.Passenger statisticsIn fiscal 2012, the station was used by an average of 24,135 passengers daily.

高木神社
Distance: 0.5 mi 詳しくは
押上2-37-9
Sumida-ku, Tokyo 131-0045

03-3611-3459

勝海舟像
Distance: 0.5 mi 詳しくは
吾妻橋1-23-20 墨田区役所うるおい広場
Sumida-ku, Tokyo 130-0001

東京晴空塔東塔
Distance: 0.2 mi 詳しくは
押上1-1-2 東京スカイツリー イーストタワー12F
Sumida-ku, Tokyo

東京晴空塔東塔(東京スカイツリーイーストタワー;Tokyo Skytree East Tower)是一棟位於東京晴空塔城的一棟摩天大樓,主要用途為辦公室及店鋪,1樓至10樓為東京晴空塔城(東京スカイツリータウン),地下3樓為檢票口。概要東京晴空塔東塔於2008年(平成20年)7月14日開始動工,並於2012年(平成24年)5月22日開業。地上31層,高度為158米。地下3樓為東武伊勢崎線(東武晴空塔線)、京成押上線、東京地鐵半藏門線、都營淺草線的站區。此大樓為東武鐵道所有,晴空塔的幕後營運公司(東武タワースカイツリー)的總部亦設置在此大樓內。主要租戶當初辦公層租金開價為每坪2萬5000日圓,由於開價昂貴因此只有4家企業入居,後來將每坪租金降至1萬8000元,截至2014年約有80%已被使用。圖片集外部連結 東京スカイツリーイーストタワー - オフィシャルサイト(東京晴空塔東塔) 東京スカイツリータウン - オフィシャルサイト(東京晴空城)

東京晴空塔東塔
Distance: 0.2 mi 詳しくは
押上1-1-2 東京スカイツリー イーストタワー12F
Sumida-ku, Tokyo

東京晴空塔東塔(東京スカイツリーイーストタワー;Tokyo Skytree East Tower)是一棟位於東京晴空塔城的一棟摩天大樓,主要用途為辦公室及店鋪,1樓至10樓為東京晴空塔城(東京スカイツリータウン),地下3樓為檢票口。概要東京晴空塔東塔於2008年(平成20年)7月14日開始動工,並於2012年(平成24年)5月22日開業。地上31層,高度為158米。地下3樓為東武伊勢崎線(東武晴空塔線)、京成押上線、東京地鐵半藏門線、都營淺草線的站區。此大樓為東武鐵道所有,晴空塔的幕後營運公司(東武タワースカイツリー)的總部亦設置在此大樓內。主要租戶當初辦公層租金開價為每坪2萬5000日圓,由於開價昂貴因此只有4家企業入居,後來將每坪租金降至1萬8000元,截至2014年約有80%已被使用。圖片集外部連結 東京スカイツリーイーストタワー - オフィシャルサイト(東京晴空塔東塔) 東京スカイツリータウン - オフィシャルサイト(東京晴空城)

Railroad 近く Tokyo Skytree Station

Kinshichō Station
Distance: 1.0 mi 詳しくは
東京都墨田区江東橋3丁目
Sumida-ku, Tokyo 130-0022

錦糸町駅(きんしちょうえき)は、東京都墨田区江東橋三丁目にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)・東京地下鉄(東京メトロ)の駅である。乗り入れ路線JR東日本の各線(後述)と、東京メトロの半蔵門線が乗り入れ、接続駅となっている。半蔵門線の駅には「Z 13」の駅番号が付与されている。JR東日本の駅に乗り入れている路線は総武本線であり、当駅は東京駅方面の本線と御茶ノ水駅方面の支線との分岐駅となっている。当駅 - 千葉駅間は総武快速線と中央・総武緩行線との複々線区間となっている。また、特定都区市内制度における「東京都区内」に属している。駅番号は総武快速線は「JO22」、中央・総武緩行線は「JB22」がそれぞれ付与されている。

Asakusa Station
Distance: 0.6 mi 詳しくは
淺草車站
Taito-ku, Tokyo 111-0032

03-3841-2052

浅草駅(あさくさえき)は、東京都台東区にある、東京地下鉄(東京メトロ)・東武鉄道・東京都交通局(都営地下鉄)の駅である。所在地は東京メトロが浅草一丁目、東武鉄道が花川戸一丁目、都営地下鉄が駒形一丁目である。なお、同じ駅名である首都圏新都市鉄道つくばエクスプレスの浅草駅は約600m(徒歩で8分程度)の距離の、浅草寺を挟んで反対側の国際通り地下にあり、接続駅・乗換駅扱いとなっていない。詳細は浅草駅 (首都圏新都市鉄道)を参照。乗り入れ路線東京メトロの銀座線、東武鉄道の伊勢崎線(旅客案内上では当該区間の愛称である「東武スカイツリーライン」が使われる)、都営地下鉄の浅草線が乗り入れ、接続駅となっている。銀座線と伊勢崎線は当駅が起点である。また、銀座線に「G 19」、伊勢崎線(東武スカイツリーライン)に「TS 01」、浅草線に「A 18」の駅番号が設定されている。

Ryōgoku Station
Distance: 1.3 mi 詳しくは
横網1
Sumida-ku, Tokyo 130-0015

両国駅(りょうごくえき)は、東京都墨田区横網一丁目にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)・東京都交通局(都営地下鉄)の駅。乗り入れ路線JR東日本の総武本線支線、東京都交通局の都営地下鉄大江戸線が乗り入れ、接続駅となっているが、一番近い出口同士でも300メートル余り離れている。(ちなみにJR線と大江戸線の乗換では御徒町駅と上野御徒町駅、浜松町駅と大門駅の方が近接している)。JR東日本総武本線の駅は、定期列車は緩行線を走る中央・総武線各駅停車のみが停車する。この他、千葉方面の快速線に接続している列車ホーム(後述)が存在するが、現在は臨時列車のみに使用される。また、特定都区市内制度における「東京都区内」に属する。JR中央・総武線各駅停車の駅には「JB21」、都営大江戸線の駅には「E 12」の駅番号がそれぞれ付与されている。歴史当駅は、千葉県方面への鉄道を建設した私鉄であった総武鉄道が1904年4月5日に「両国橋駅」として開業させた。総武鉄道は市川駅より東側の区間を先に開業させており、そこから西へ東京へ向かって順次建設を進めてきた。そして、本所駅(後の錦糸町駅)から両国橋駅までの区間が都心側で最後に開業した。この当時、本所から両国橋までの沿線はすでに市街地になっており、高架線とすることを条件に免許が出された。会社側は建設費のかかる高架線を避けようと、地上の線路に変更しようとする工作をしたが、結局煉瓦造りの橋脚の上に鉄桁を載せた形状の高架橋を約1.5 kmに渡って建設して開業することになった。これは日本の鉄道で最初の高架区間であった。当初は単線で開業したが、最初から橋脚は複線用に準備されており、1906年8月19日に複線化された。この高架橋の関係で、垂れ流し式のトイレからの汚物が沿線に被害を及ぼすことを避けるために、本所より西側ではトイレの使用が禁止されていた。

錦糸町
Distance: 1.0 mi 詳しくは
江東橋3丁目
Sumida-ku, Tokyo 130-0022

Oshiage Station
Distance: 0.3 mi 詳しくは
押上1-1-65
Sumida-ku, Tokyo 131-0045

03-3622-5872

押上駅(おしあげえき)は、東京都墨田区押上一丁目にある、京成電鉄・東京都交通局(都営地下鉄)・東京地下鉄(東京メトロ)・東武鉄道の駅である。東京スカイツリータウン開業にあわせて、2012年(平成24年)5月22日から、全社局共通の副駅名として「スカイツリー前」が導入された。概要当駅は京成電鉄と東京都交通局、東京メトロと東武鉄道で同一の駅を共用する共同使用駅であり、前者は京成電鉄、後者は東京メトロの管轄駅となっている。京成電鉄が管轄する駅には、同社の押上線と、東京都交通局の都営地下鉄浅草線が乗り入れている。押上線の起点かつ浅草線の終点で両方向折り返し可能な構造であるが、両路線の大半の列車が、当駅を介して相互直通運転を行っている。一方、東京メトロが管轄する駅には、同社の半蔵門線と、東武鉄道の伊勢崎線が乗り入れている。半蔵門線の終点かつ伊勢崎線の起点の一つであるが、半蔵門線側の一部の列車を除いて、当駅を介して相互直通運転を行っている。また伊勢崎線のうち、浅草駅-東武動物公園駅間および押上駅-曳舟駅間は「東武スカイツリーライン」という愛称がつけられており、旅客案内でも同愛称が優先的に使われている。伊勢崎線の当駅から曳舟駅までは同線の支線のような形になっているが、正式には曳舟駅からとうきょうスカイツリー駅(運賃計算上当駅とは同一駅扱い)までの区間の線増という扱いとなっている。2012年3月17日に東武鉄道が駅番号を導入したことで、当駅を通る4事業者の路線はすべて駅番号が付記されることになった。それぞれの駅番号は、京成電鉄がKS45、浅草線がA 20、半蔵門線がZ 14、東武鉄道がTS 03である。歴史京成電気軌道の創始期には、繁華街浅草に近い東京側のターミナル駅としての位置付けだった。当初は東京市電(後の都電)との接続駅で当駅からの乗り入れも想定していたため、京成電軌の当初の軌間は1,372mmで敷設された。

亀戸駅
Distance: 1.3 mi 詳しくは
亀戸
Koto-ku, Tokyo 136-0071

東武浅草駅
Distance: 0.6 mi 詳しくは
花川戸1-4-1
Taito-ku, Tokyo 111-0033

03-3841-0603

Kinshichō Station
Distance: 1.0 mi 詳しくは
墨田区江東橋3丁目
Sumida-ku, Tokyo 130-0022

Kinshichō Station is a railway station in Sumida, Tokyo, Japan, operated by East Japan Railway Company (JR East) and Tokyo Metro. The surrounding area is one of largest shopping areas of Sumida Ward, featuring several large department stores, numerous small shops and restaurants.LinesKinshichō Station is served by the JR East Sōbu Line (Rapid) and Chūō-Sōbu Line, as well as the Tokyo Metro Hanzōmon Line (Station number Z-13).HistoryThe station first opened on 9 December 1894. The Hanzōmon Line (originally operated by Eidan, later Tokyo Metro) station opened on 19 March 2003.Passenger statisticsIn fiscal 2013, the JR East station was used by 103,522 passengers daily, making it the 36th-busiest station operated by JR East. In fiscal 2013, the Tokyo Metro station was used by an average of 92,658 passengers per day, making it the 41st-busiest station operated by Tokyo Metro. The daily passenger figures for each operator in previous years are as shown below. Note that JR East figures are for boarding passengers only.Surrounding area Kinshi Park Sumida Triphony Hall (concert hall)

Tawaramachi Station
Distance: 1.0 mi 詳しくは
西浅草1-1-18
Taito-ku, Tokyo 111-0035

田原町駅(たわらまちえき)は、東京都台東区西浅草一丁目にある、東京地下鉄(東京メトロ)銀座線の駅である。駅番号はG 18。PASMO・Suicaエリアには「田原町」という駅は他に存在しないが、履歴表示・印字では「東京地下鉄」の「地」を会社区別の接頭辞とする「地田原町」と表記される。歴史 1927年(昭和2年)12月30日 - 東京地下鉄道上野 - 浅草間開通と同時に開業。 1941年(昭和16年)9月1日 - 東京地下鉄道が路線を帝都高速度交通営団(営団地下鉄)に譲渡。 2003年(平成15年)2月 - 業務委託駅となる。 2004年(平成16年)4月1日 - 営団地下鉄の民営化に伴い、当駅は東京地下鉄(東京メトロ)に継承される。 2015年 (平成27年)6月16日 - 発車メロディ導入。駅構造相対式ホーム2面2線を有する地下駅。ホーム壁と天井の境目に各歌舞伎役者の家紋のレリーフが施されている。1番線の中央に車椅子対応のトイレが設置されている。改札外に連絡通路があり、ホームに入場しなくても地下を行き来することができる。2012年に、1番線ホームと地上を結ぶエレベーターが新設された。

Minowa Station
Distance: 1.7 mi 詳しくは
三ノ輪二丁目14-7
Arakawa-ku, Tokyo 110-0003

三ノ輪駅(みのわえき)は、東京都台東区三ノ輪二丁目にある、東京地下鉄(東京メトロ)日比谷線の駅である。駅番号はH 19。歴史 1961年(昭和36年)3月28日 - 帝都高速度交通営団(営団地下鉄)日比谷線の駅として開業。 2004年(平成16年)4月1日 - 営団地下鉄民営化。当駅は東京地下鉄(東京メトロ)に継承。: 過去に東京メトロ銀座線の延伸計画があり、周辺の都市計画図に同線が記載されていた。延伸計画については、東京メトロ銀座線を参照。駅構造相対式ホーム2面2線を有する地下駅。南千住側はトンネル坑口が近距離にあるため、冬場のホーム気温は外気温とほぼ変わらない。1991年にホームの壁や床などの改装工事を行ってから20年が経っているが、通路などの老朽化が著しくなっている。3番出入口は2011年にリニューアルされた。バリアフリー設備として、北側改札口に車椅子専用の昇降機および南側改札口と各ホームを連絡するエレベーターは設置されているものの、エスカレーターは設置されていないため、利用者には負担を強いる構造となっている。入谷寄りの1a・1b番出入口は中目黒方面ホーム、2番出入口は北千住方面ホームへの改札口のみ接続している。そのため、反対側のホームに移動するためには、改札内ではホームの南千住寄りにある3番出入口に接続する改札口への階段を迂回するか、改札外では中目黒寄りの地上部にある歩道橋を渡る必要がある。

東武博物館
Distance: 1.2 mi 詳しくは
東向島4-28−16
Sumida-ku, Tokyo 131-0032

03-3614-8811

Honjo-azumabashi Station
Distance: 0.3 mi 詳しくは
吾妻橋3-7-16先
Sumida-ku, Tokyo 130-0001

03-3623-5440

本所吾妻橋駅(ほんじょあづまばしえき)は、東京都墨田区吾妻橋三丁目にある、東京都交通局(都営地下鉄)浅草線の駅である。駅番号はA 19。浅草通りと三ツ目通りの交差点の地下にあり、浅草駅や押上駅といったターミナル駅の間に位置している。歴史 1960年(昭和35年)12月4日 - 都営1号線の駅として開業。 1978年(昭和53年)7月1日 - 都営1号線を浅草線に改称。駅構造相対式ホーム2面2線を有する地下駅である。出入口は、吾妻橋交番前交差点の角ごとに各1か所(A1 - A4)とエレベーター専用のA0・A5の計6か所である。改札口は当初からホーム中央にあるほか、2011年からの駅改良工事により、地下連絡通路が改札外から改札内での移動に切り替えられ、2013年から2番線ホームの押上寄りにA5出口に直結する改札口と自動券売機が設置された。同年1月28日に駅長事務室が1番線ホーム上から東駒形方面改札外へ移設された。2番線ホームの中央には、オストメイト・乳幼児にも対応する「だれでもトイレ」を併設したトイレが設置されている。のりば駅設備 自動改札機 - 8台 自動券売機 - 7台 エレベーター - 2基 トイレ - 押上方面改札外にあったが、地下連絡通路と同様に駅改良工事の際に改札内に切り替えられた。 売店・コインロッカー - なし 公衆電話 - 各改札の外側に1台ずつある。

Ryōgoku Station
Distance: 1.3 mi 詳しくは
横網1-3-20
Sumida-ku, Tokyo 130-0015

is a railway station in Yokoami, Sumida, Tokyo, Japan, operated by East Japan Railway Company (JR East) and Tokyo Metropolitan Bureau of Transportation (Toei).LinesThe station is served by the JR East Chūō-Sōbu Line and the Toei Oedo Line, for which it is numbered as station E-12.HistoryRyōgoku Station opened on 5 April 1904 as Ryōgokubashi, gaining its current name in 1931. The Toei Ōedo Line station opened on 12 December 2000.Passenger statisticsIn fiscal 2010, the JR East station was used by an average of 38,733 passengers daily (boarding passengers only).Surrounding areaRyōgoku station is located at the southern end of the Yokoami neighbourhood and directly bordering on the Ryōgoku neighbourhood. The station is close to sites such as the Ryōgoku Kokugikan sumo stadium, the Edo-Tokyo Museum, and the memorial to the victims of the Great Kantō earthquake.Other landmarks in the surrounding area include: Yokoamicho Park

Kinshichō Station
Distance: 1.0 mi 詳しくは
東京都墨田区江東橋3丁目
Sumida-ku, Tokyo 130-0022

錦糸町站()是東日本旅客鐵道(JR東日本)和東京地下鐵的鐵路車站,位於東京都墨田區江東橋三丁目。停站路線東日本旅客鐵道(JR東日本)中央·總武線(各站停車)總武線(快速)(兩路線正式屬總武本線)半藏門線-車站編號為Z-13。車站周邊東京歡樂天地 錦糸公園 都立墨東醫院東京錦糸町東武酒店(Tobu Hotel Levant Tokyo)錦糸町樂天城市酒店(Lotte City Hotel Kinshicho)歷史1894年12月9日:總武鐵道之車站開業,該時車站名稱為本所站。1907年9月1日:總武鐵道根據國有法,交由國家經營。1915年5月1日:改稱錦糸町站。1972年7月15日:總武快速線開業,成為轉乘站。1987年4月1日:實行國鐵分割民營化,由JR東日本繼承本站。2003年3月19日:營團地下鐵半藏門線車站開業。2004年4月1日:營團地下鐵民營化、半藏門線由東京地下鐵繼承。相鄰車站 東日本旅客鐵道* 特急「」「梓」停車站 總武線(快速) 特別快速 東京(JO19)-錦糸町(JO22)-船橋(JO25) 馬喰町(JO21)-錦糸町(JO22)-船橋(JO25) 馬喰町(JO21)-錦糸町(JO22)-新小岩(JO23) 兩國(JB21)-錦糸町(JB22)-龜戶(JB23) 18px 東京地下鐵 住吉(Z-12)-錦糸町(Z-13)-押上〈晴空塔前〉(Z-14)

Higashi-Mukōjima Station
Distance: 1.2 mi 詳しくは
東向島4-29-7
Sumida-ku, Tokyo 131-0032

03-3612-8836

|}東向島駅(ひがしむこうじまえき)は、東京都墨田区東向島四丁目にある東武鉄道伊勢崎線の駅である。「東武スカイツリーライン」の愛称区間に含まれている。駅番号はTS 05。開設当初は白鬚駅(しらひげえき)、そして1924年(大正13年)に営業を再開した際には玉ノ井駅(たまのいえき)の名称であったが、1987年(昭和62年)に現行の駅名に改称された。改称後も駅名標には「旧玉ノ井」と表示されている。年表 1902年(明治35年)4月1日 - 「白鬚駅」として開業。 1905年(明治38年)7月15日 - 白鬚駅一時営業休止。 1908年(明治41年)4月4日 - 白鬚駅廃止。 1924年(大正13年)10月1日 - 「玉ノ井駅」として営業再開。 1945年(昭和20年)5月20日 - 東京大空襲で被災したため、営業休止。 1949年(昭和24年)10月1日 - 営業再開。 1987年(昭和62年)12月21日 - 東向島駅に改称。 1989年(平成元年)5月20日 - 高架下に東武博物館が開館。 2012年(平成24年) 3月17日 - TS 05の駅ナンバリングを導入。 9月27日 - 発車メロディを導入。 なお、1928年(昭和3年)から1936年(昭和11年)にかけては京成電気軌道の白鬚線が接続していた(京成玉ノ井駅)。

JR 錦糸町駅
Distance: 1.0 mi 詳しくは
Sumida-ku , Tokyo , Japan
Sumida-ku, Tokyo 131-0022

Oshiage Station
Distance: 0.3 mi 詳しくは
押上1-1-65
Sumida-ku, Tokyo 131-0045

03-3622-5872

is a railway station in Sumida, Tokyo, Japan, jointly operated by Tokyo Metro, Tobu Railway, Toei, and Keisei Electric Railway. It is adjacent to the Tokyo Skytree complex.LinesOshiage Station is served by the following lines. Keisei Oshiage Line (station number KS45)Tobu Skytree Line (station number TS-03)Toei Asakusa Line (station number A-20)Tokyo Metro Hanzōmon Line (station number Z-14)Station layoutThere are two sets of platforms, one for Keisei/Toei at level B1, and the other for Tokyo Metro/Tobu at level B3. Each consists of two island platforms serving four tracks.Keisei/ToeiOn the Keisei/Toei section, trains to Nishi-Magome and the Keikyu Network leave from platforms 1, 2 or 3. Trains for Aoto and the Keisei/Hokusō/Shibayama network leave from platforms 3 and 4, although Keisei and Hokusō trains can also use platform 2.Tokyo Metro/TobuPlatform 1 is used by through services from the Tobu Skytree Line. Platforms 2 and 3 are used by Hanzomon Line services terminating and starting at this station.HistoryThe Keisei station opened on 3 November 1912. The Toei station opened on 4 December 1960. The Tobu station opened on 19 March 2003.

京成曳舟駅
Distance: 0.9 mi 詳しくは
京島1-39-1
Sumida-ku, Tokyo 131-0032

03-3614-8931

源森橋
Distance: 0.3 mi 詳しくは
吾妻橋2-
Sumida-ku, Tokyo 130-0001

Tawaramachi Station
Distance: 1.0 mi 詳しくは
東京都台東区西浅草1丁目1
Taito-ku, Tokyo 111-0035

is a subway station on the Tokyo Metro Ginza Line in Taitō, Tokyo, Japan, operated by the Tokyo subway operator Tokyo Metro. It is numbered "G-18".While situated relatively close to on the Tsukuba Express, there are no transfer passageways between the two stations.LinesTawaramachi Station is served by the Tokyo Metro Ginza Line from to.Station layoutThe station has two side platforms located on the first basement (B1F) level, serving two tracks.PlatformsHistoryTawaramachi Station opened on 30 December 1927.Passenger statisticsIn fiscal 2011, the station was used by an average of 26,216 passengers daily.

Omurai Station
Distance: 1.0 mi 詳しくは
文花2-20-1
Sumida-ku, Tokyo 131-0044

小村井駅(おむらいえき)は、東京都墨田区文花二丁目にある東武鉄道亀戸線の駅である。駅番号はTS 41。利用状況2010年度の1日平均乗降人員は9,769人であり、亀戸線の途中駅では最も多い。近年の1日平均乗車人員推移は下記の通り。駅周辺 明治通り 丸八通り 向島警察署 墨田区役所文花出張所 すみだ中小企業センター すみだ環境ふれあい館 あずま百樹園 緑と花の学習園 墨田立花郵便局バス路線最寄り停留所は、明治通り上にある文花二丁目である。各路線ともに東京都交通局により運行されている。 里22:亀戸駅行き / 日暮里駅行き歴史 1928年(昭和3年)4月15日 - 開業。隣の駅 32px 東武鉄道 亀戸線 東あずま駅 (TS 42) - 小村井駅 (TS 41) - 曳舟駅 (TS 04)関連項目 日本の鉄道駅一覧外部リンク 東武鉄道 小村井駅

Asakusa Station (Tsukuba Express)
Distance: 1.0 mi 詳しくは
西浅草三丁目1番11号
Taito-ku, Tokyo

Asakusa Station is an underground railway station on the Tsukuba Express line in the Asakusa district of Taito, Tokyo, Japan, operated by the private railway operator Metropolitan Intercity Railway Company. It is numbered "03".While this station is situated relatively close to the station complex of the same name serving the Ginza Line, the Asakusa Line and Tobu Railway, there are no transfer passageways between these two stations. Passengers transferring between these stations must transfer at street level, as the latter station is located 600 meters to the east.LinesAsakusa Station is served by the Tsukuba Express from Akihabara to Tsukuba.HistoryThe station opened on August 24, 2005.Surrounding areaThe station is about 300m to the west of Sensō-ji temple.The Rox department store can be reached from the southeast of the station, and the Asakusa View Hotel is located at the northeast corner of the station. The station is also surrounded by a variety of restaurants, theaters, pachinko parlors and an amusement park.

Tobu Museum
Distance: 1.1 mi 詳しくは
東向島4-28−16
Sumida-ku, Tokyo 131-0032

03-3614-8811

The Tobu Museum is a railway museum in Sumida, Tokyo, Japan. It opened in May 1989, and is operated by Tobu Railway.The museum was closed from January 2009 until June 2009 for refurbishment. It reopened on 22 July 2009.ExhibitsThe following full-size vehicles are on display.B1 class steam locomotive – No. 5 (built 1898 by Beyer, Peacock and Company)B1 class steam locomotive – No. 6 (built 1898 by Beyer, Peacock and Company)ED101 class electric locomotive – No. 101 (later ED4000 class No. ED4001, built 1930, moved to museum from Ohmi Railway in January 2009)ED5010 class electric locomotive - No. ED5015 (built 1959)Class DeHa1 electric railcar – No. DeHa5 (built 1924)1720 series "DRC" electric multiple unit car – cab section only (built 1960)5700 series electric multiple unit car – No. MoHa5701 (built 1951, moved to museum in January 2009)Nikkō Tramway 200 series tramcar - No. 203 (built 1954) The collection includes a reproduction of a station office Including automatic ticket gates outside with see-through covering, ticket vending machines, interlocking board, telephone and railroad exhibits. A season ticket issuing machine and "celebrate admission pass" is issued free of charge.The museum also owns the 6-car Tobu 8000 series EMU set 8111, which was repainted into its original "royal beige" and "international orange" livery for a series of special event runs on Tobu Lines.AccessThe museum is located underneath Higashi-Mukōjima Station on the Tobu Skytree Line. Visitors can view trains passing at close range from windows underneath the platform.

Railroad Company 近く Tokyo Skytree Station

錦糸町
Distance: 1.0 mi 詳しくは
江東橋3丁目
Sumida-ku, Tokyo 130-0022

亀戸駅
Distance: 1.3 mi 詳しくは
亀戸
Koto-ku, Tokyo 136-0071

Omurai Station
Distance: 1.0 mi 詳しくは
文花2-20-1
Sumida-ku, Tokyo 131-0044

小村井駅(おむらいえき)は、東京都墨田区文花二丁目にある東武鉄道亀戸線の駅である。駅番号はTS 41。利用状況2010年度の1日平均乗降人員は9,769人であり、亀戸線の途中駅では最も多い。近年の1日平均乗車人員推移は下記の通り。駅周辺 明治通り 丸八通り 向島警察署 墨田区役所文花出張所 すみだ中小企業センター すみだ環境ふれあい館 あずま百樹園 緑と花の学習園 墨田立花郵便局バス路線最寄り停留所は、明治通り上にある文花二丁目である。各路線ともに東京都交通局により運行されている。 里22:亀戸駅行き / 日暮里駅行き歴史 1928年(昭和3年)4月15日 - 開業。隣の駅 32px 東武鉄道 亀戸線 東あずま駅 (TS 42) - 小村井駅 (TS 41) - 曳舟駅 (TS 04)関連項目 日本の鉄道駅一覧外部リンク 東武鉄道 小村井駅

Yahiro Station
Distance: 1.6 mi 詳しくは
八広6-25-20
Sumida-ku, Tokyo 131-0041

is a railway station on the Keisei Oshiage Line in Sumida, Tokyo, Japan, operated by the private railway operator Keisei Electric Railway.LinesYahiro Station is served by the 5.7 km Keisei Oshiage Line, and is located 2.4 km from the starting point of the line at.Station LayoutThis station consists of a single island platform and a side platform serving three tracks.HistoryThe station opened on 11 July 1923 as. It was renamed Yahiro Station on 1 April 1994.

Omurai Station
Distance: 1.0 mi 詳しくは
文花2-20-1
Sumida-ku, Tokyo 131-0044

is a railway station in Sumida, Tokyo, Japan, operated by Tobu Railway.LinesOmurai Station is served by the 3.4 km Tōbu Kameido Line from to, and is located 1.4 km from Hikifune.HistoryThe station opened on 15 April 1928.Surrounding area Mukojima Police Station

Train Station 近く Tokyo Skytree Station

Kinshichō Station
Distance: 1.0 mi 詳しくは
東京都墨田区江東橋3丁目
Sumida-ku, Tokyo 130-0022

錦糸町駅(きんしちょうえき)は、東京都墨田区江東橋三丁目にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)・東京地下鉄(東京メトロ)の駅である。乗り入れ路線JR東日本の各線(後述)と、東京メトロの半蔵門線が乗り入れ、接続駅となっている。半蔵門線の駅には「Z 13」の駅番号が付与されている。JR東日本の駅に乗り入れている路線は総武本線であり、当駅は東京駅方面の本線と御茶ノ水駅方面の支線との分岐駅となっている。当駅 - 千葉駅間は総武快速線と中央・総武緩行線との複々線区間となっている。また、特定都区市内制度における「東京都区内」に属している。駅番号は総武快速線は「JO22」、中央・総武緩行線は「JB22」がそれぞれ付与されている。

Asakusa Station
Distance: 0.6 mi 詳しくは
淺草車站
Taito-ku, Tokyo 111-0032

03-3841-2052

浅草駅(あさくさえき)は、東京都台東区にある、東京地下鉄(東京メトロ)・東武鉄道・東京都交通局(都営地下鉄)の駅である。所在地は東京メトロが浅草一丁目、東武鉄道が花川戸一丁目、都営地下鉄が駒形一丁目である。なお、同じ駅名である首都圏新都市鉄道つくばエクスプレスの浅草駅は約600m(徒歩で8分程度)の距離の、浅草寺を挟んで反対側の国際通り地下にあり、接続駅・乗換駅扱いとなっていない。詳細は浅草駅 (首都圏新都市鉄道)を参照。乗り入れ路線東京メトロの銀座線、東武鉄道の伊勢崎線(旅客案内上では当該区間の愛称である「東武スカイツリーライン」が使われる)、都営地下鉄の浅草線が乗り入れ、接続駅となっている。銀座線と伊勢崎線は当駅が起点である。また、銀座線に「G 19」、伊勢崎線(東武スカイツリーライン)に「TS 01」、浅草線に「A 18」の駅番号が設定されている。

錦糸町
Distance: 1.0 mi 詳しくは
江東橋3丁目
Sumida-ku, Tokyo 130-0022

Oshiage Station
Distance: 0.3 mi 詳しくは
押上1-1-65
Sumida-ku, Tokyo 131-0045

03-3622-5872

押上駅(おしあげえき)は、東京都墨田区押上一丁目にある、京成電鉄・東京都交通局(都営地下鉄)・東京地下鉄(東京メトロ)・東武鉄道の駅である。東京スカイツリータウン開業にあわせて、2012年(平成24年)5月22日から、全社局共通の副駅名として「スカイツリー前」が導入された。概要当駅は京成電鉄と東京都交通局、東京メトロと東武鉄道で同一の駅を共用する共同使用駅であり、前者は京成電鉄、後者は東京メトロの管轄駅となっている。京成電鉄が管轄する駅には、同社の押上線と、東京都交通局の都営地下鉄浅草線が乗り入れている。押上線の起点かつ浅草線の終点で両方向折り返し可能な構造であるが、両路線の大半の列車が、当駅を介して相互直通運転を行っている。一方、東京メトロが管轄する駅には、同社の半蔵門線と、東武鉄道の伊勢崎線が乗り入れている。半蔵門線の終点かつ伊勢崎線の起点の一つであるが、半蔵門線側の一部の列車を除いて、当駅を介して相互直通運転を行っている。また伊勢崎線のうち、浅草駅-東武動物公園駅間および押上駅-曳舟駅間は「東武スカイツリーライン」という愛称がつけられており、旅客案内でも同愛称が優先的に使われている。伊勢崎線の当駅から曳舟駅までは同線の支線のような形になっているが、正式には曳舟駅からとうきょうスカイツリー駅(運賃計算上当駅とは同一駅扱い)までの区間の線増という扱いとなっている。2012年3月17日に東武鉄道が駅番号を導入したことで、当駅を通る4事業者の路線はすべて駅番号が付記されることになった。それぞれの駅番号は、京成電鉄がKS45、浅草線がA 20、半蔵門線がZ 14、東武鉄道がTS 03である。歴史京成電気軌道の創始期には、繁華街浅草に近い東京側のターミナル駅としての位置付けだった。当初は東京市電(後の都電)との接続駅で当駅からの乗り入れも想定していたため、京成電軌の当初の軌間は1,372mmで敷設された。

Asakusa Station
Distance: 0.6 mi 詳しくは
浅草1-1-3
Taito-ku, Tokyo 111-0033

03-3841-2052

Asakusa Station is a railway station in the Asakusa district of Taito, Tokyo, Japan, operated by Tobu Railway, Tokyo Metro, and Toei Subway. It formed one terminus of the original subway line in Tokyo, now the Ginza Line.LinesAsakusa Station is served by the following lines. Tobu Skytree Line (TS-01) Toei Asakusa Line (A-18) Tokyo Metro Ginza Line (G-19)Station layoutThere is a connecting passage from the Tobu station to the Tokyo Metro Station, and a connecting passage from the Tokyo Metro portion to the Toei portion. However, there are no direct connecting passages from the Toei portion to the Tobu portion or from the Tsukuba Express station to the rest of the station complex. Passengers wishing to transfer between the Toei and the Tobu stations have to walk at street level, while passengers transferring between the Tsukuba Express station and the rest of the complex must also walk at street level, as the Tsukuba Express station is located 600 meters to the west of the station complex.Tobu RailwayThe Tobu Railway terminal is a surface station, which occupies a portion of the Matsuya Department Store. The station is used by local and limited express trains. Although Asakusa is the most "central" terminal of the Isesaki Line, it is connected to the next major terminal, Kita-Senju Station, by a length of track with sharp curves, beginning with the first stretch leaving the station, where trains have to turn 90 degrees to the right at a maximum speed of 15 km/h to cross the Sumida River. In part due to the station's somewhat awkward location, many express and semi-express services on the Skytree Line run through Kita-Senju to the Tokyo Metro Hanzomon Line and Tokyo Metro Hibiya Line rather than continue to Asakusa.

東武浅草駅
Distance: 0.6 mi 詳しくは
花川戸1-4-1
Taito-ku, Tokyo 111-0033

03-3841-0603

Kinshichō Station
Distance: 1.0 mi 詳しくは
墨田区江東橋3丁目
Sumida-ku, Tokyo 130-0022

Kinshichō Station is a railway station in Sumida, Tokyo, Japan, operated by East Japan Railway Company (JR East) and Tokyo Metro. The surrounding area is one of largest shopping areas of Sumida Ward, featuring several large department stores, numerous small shops and restaurants.LinesKinshichō Station is served by the JR East Sōbu Line (Rapid) and Chūō-Sōbu Line, as well as the Tokyo Metro Hanzōmon Line (Station number Z-13).HistoryThe station first opened on 9 December 1894. The Hanzōmon Line (originally operated by Eidan, later Tokyo Metro) station opened on 19 March 2003.Passenger statisticsIn fiscal 2013, the JR East station was used by 103,522 passengers daily, making it the 36th-busiest station operated by JR East. In fiscal 2013, the Tokyo Metro station was used by an average of 92,658 passengers per day, making it the 41st-busiest station operated by Tokyo Metro. The daily passenger figures for each operator in previous years are as shown below. Note that JR East figures are for boarding passengers only.Surrounding area Kinshi Park Sumida Triphony Hall (concert hall)

Kuramae Station
Distance: 1.1 mi 詳しくは
蔵前2-3-1
Taito-ku, Tokyo 111-0051

03-3866-8770

蔵前駅(くらまええき)は、東京都台東区にある、東京都交通局(都営地下鉄)浅草線と大江戸線の駅。所在地は浅草線が蔵前二丁目、大江戸線が寿三丁目となっている。駅番号は浅草線がA 17、大江戸線がE 11。概要浅草線と大江戸線の乗換駅であるが、地下で接続されておらず、事実上は両路線の駅が独立して存在する形になっている。乗り換えの際は江戸通りと春日通りを通っての地上連絡となるが、地上連絡のコースは浅草線2番線ホーム(押上方面)先頭の改札横にあるA4出口と大江戸線A6出口の間が200m離れている。また浅草線1番線ホーム(西馬込・京急線方面)後方の改札前にあるA2出口と大江戸線A6出口の間は厩橋交差点で江戸通りを横断するため、さらに距離があり270m離れている。さらに両線とも地下駅のため、コンコースまで階段の昇降が必要(浅草線A2出口および大江戸線A6出口にエスカレーターがあるのみ)であり、A6出口と大江戸線改札(1カ所)の間の距離も駅立体図の通り長く、大江戸線はコンコースからさらにホームが地下に位置しているため、両線間の乗り換えには、頻繁な昇降および歩行が必要な状態となっている。歴史 1960年(昭和35年)12月4日 - 都営地下鉄1号線の駅として開業。 1978年(昭和53年)7月1日 - 1号線が浅草線に改称し、都営地下鉄浅草線蔵前駅となる。 2000年(平成12年)12月12日 - 大江戸線が開業し、都営地下鉄2路線の駅となる。 2015年(平成27年)4月1日 - 大江戸線業務が上野御徒町駅務管理所上野御徒町駅務区から新橋駅務管理所浅草橋駅務区に移管される。 2016年(平成28年)4月1日 - 大江戸線業務が門前仲町駅務管区門前仲町駅務区に移管される。

Hikifune Station
Distance: 0.8 mi 詳しくは
東向島2-26-6
Sumida-ku, Tokyo 131-0032

曳舟駅(ひきふねえき)は、東京都墨田区東向島二丁目にある、東武鉄道の駅である。駅番号はTS 04。乗り入れ路線伊勢崎線と亀戸線が乗り入れており、亀戸線の起点となっている。また、伊勢崎線の当駅前後は「東武スカイツリーライン」の愛称区間に含まれている。伊勢崎線は当駅で浅草方面と押上方面に分岐する。そのため、亀戸線を含めると、当駅からは4方向に路線が延びている。なお、支線にあたる当駅から押上駅までの区間は、正式には当駅からとうきょうスカイツリー駅までの区間の線増という扱いとなっている。

Kameido Station
Distance: 1.3 mi 詳しくは
亀戸5-1-1
Koto-ku, Tokyo 136-0071

050-2016-1601

Kameido Station is a railway station in Kōtō, Tokyo, Japan, operated by East Japan Railway Company (JR East) and the private railway operator Tobu Railway.LinesKameido Station is served by the JR East Chūō-Sōbu Line and the 3.4 km Tobu Kameido Line from.Station layoutJR East platformsTobu platformsThis station consists of an island platform serving two tracks.HistoryThe JR station opened on December 1, 1894. The Tobu Kameido Line station opened on April 5, 1904.Surrounding area Kameido Tenjinja Shrine Yomiuri College of Car Mechanics

Asakusa Station
Distance: 0.6 mi 詳しくは
東京都台東区
Taito-ku, Tokyo 111-0032

淺草站()是東京地下鐵、東武鐵道及東京都交通局(都營地下鐵)的鐵路車站,位於東京都台東區。東京地下鐵站區的實際站址為淺草一丁目,東武鐵道為花川戶一丁目,東京都交通局為駒形一丁目。雖然筑波快線也在本站附近設站,但該站與此站沒有任何換乘通道,也不是指定的換乘站。停站路線東京地下鐵銀座線-車站編號為G-19。伊勢崎線(東武晴空塔線)-車站編號為TS01。淺草線-車站編號為A-18。車站結構東京地下鐵銀座線與東武伊勢崎線之間、東京地下鐵銀座線與都營地下鐵淺草線之間有地下連接通道。東武伊勢崎線與都營地下鐵淺草線的乘換則必須通過地面道路。東京地下鐵對向式月台2面2線的地下車站。只有1號線側設有往都營淺草線站區的換乘通道。位於松屋淺草店的地下、吾妻橋附近。月台配置東武鐵道港灣式月台3面4線,西側的1線為兩側月台(4、5號線)。位於松屋淺草店2樓。1931年(昭和6年)開業時為淺草雷門站(あさくさかみなりもんえき)。由久野節設計事務所設計。是伊勢崎線的起點站、站內標記為罕有的「東武電車」。車站與隅田川平行興建、鐵路離站之後切急轉彎渡過隅田川鐵橋。由於月台先端緊接隅田川鐵橋、無法再加以延伸、列車編成的長度因而受限、還有月台與列車之間的隙間過大的問題。於離站急轉彎時車速只有15km/h,可以一覽隅田川的風景。因有列车编组长度限制,故伊势崎线开住都心方向的通勤及通学者的主路线是从北千住站换乘日比谷线。从2006年3月18日开始变更运行时刻,急行、准急由曳舟、押上起与半藏门线直通运营正式启动,以本站为起点的列车主要是以特急、快速等相对长距离的列车和北千住以南各站停车的区域列车为主。比久喜、南栗桥远的直通列车限定于特急、快速、区间快速和早晚的区间急行、周六及休日的区间准急(仅久喜以後)。月台配置 列車編成的長度、原則上以6輛為上限。只有1號線最大可以容納8輛。平日朝早的上行區間急行列車、10輛編成時會於北千住站把後部4輛分離、以6輛狀態進入本站。 按时刻表有时也有1号、2号站台停靠快速及特急车(300系、350系)等情况。 3~4号站台的入口设置了一个兼有讯问处功能的中间检票口,未持有特急票的乘客无法进入站台。另外要乘座由5号站台发车的快速、区间快速时,因从靠業平橋站一侧的北检票口没有通向5号站台的楼梯,要经过1~2号站台中转迂回才能到达5号站台。 3~5号站台的業平橋站方向因为急转弯的关系,站台和车辆之间有较大的间隙,为乘客的安全着想,车门和站台之间设有移动式的横跨跳板。(2号站台 的前两辆车厢与站台虽也有相当大间隙,但在本站站台并未设置横跨跳板。另外,本处所提到的「较大间隙」是指可以进入一个人的大小的间隙。但是,实际上几乎所有的乘客都从后4辆车的门乘车,几乎没有跨过此处来乘车的乘客。) 另外,所有列车在发车时都会播放发车旋律。在此处掉头的入库车也一样。(只播放几秒钟)。

Tawaramachi Station
Distance: 1.0 mi 詳しくは
西浅草1-1-18
Taito-ku, Tokyo 111-0035

田原町駅(たわらまちえき)は、東京都台東区西浅草一丁目にある、東京地下鉄(東京メトロ)銀座線の駅である。駅番号はG 18。PASMO・Suicaエリアには「田原町」という駅は他に存在しないが、履歴表示・印字では「東京地下鉄」の「地」を会社区別の接頭辞とする「地田原町」と表記される。歴史 1927年(昭和2年)12月30日 - 東京地下鉄道上野 - 浅草間開通と同時に開業。 1941年(昭和16年)9月1日 - 東京地下鉄道が路線を帝都高速度交通営団(営団地下鉄)に譲渡。 2003年(平成15年)2月 - 業務委託駅となる。 2004年(平成16年)4月1日 - 営団地下鉄の民営化に伴い、当駅は東京地下鉄(東京メトロ)に継承される。 2015年 (平成27年)6月16日 - 発車メロディ導入。駅構造相対式ホーム2面2線を有する地下駅。ホーム壁と天井の境目に各歌舞伎役者の家紋のレリーフが施されている。1番線の中央に車椅子対応のトイレが設置されている。改札外に連絡通路があり、ホームに入場しなくても地下を行き来することができる。2012年に、1番線ホームと地上を結ぶエレベーターが新設された。

Honjo-azumabashi Station
Distance: 0.3 mi 詳しくは
吾妻橋3-7-16先
Sumida-ku, Tokyo 130-0001

03-3623-5440

本所吾妻橋駅(ほんじょあづまばしえき)は、東京都墨田区吾妻橋三丁目にある、東京都交通局(都営地下鉄)浅草線の駅である。駅番号はA 19。浅草通りと三ツ目通りの交差点の地下にあり、浅草駅や押上駅といったターミナル駅の間に位置している。歴史 1960年(昭和35年)12月4日 - 都営1号線の駅として開業。 1978年(昭和53年)7月1日 - 都営1号線を浅草線に改称。駅構造相対式ホーム2面2線を有する地下駅である。出入口は、吾妻橋交番前交差点の角ごとに各1か所(A1 - A4)とエレベーター専用のA0・A5の計6か所である。改札口は当初からホーム中央にあるほか、2011年からの駅改良工事により、地下連絡通路が改札外から改札内での移動に切り替えられ、2013年から2番線ホームの押上寄りにA5出口に直結する改札口と自動券売機が設置された。同年1月28日に駅長事務室が1番線ホーム上から東駒形方面改札外へ移設された。2番線ホームの中央には、オストメイト・乳幼児にも対応する「だれでもトイレ」を併設したトイレが設置されている。のりば駅設備 自動改札機 - 8台 自動券売機 - 7台 エレベーター - 2基 トイレ - 押上方面改札外にあったが、地下連絡通路と同様に駅改良工事の際に改札内に切り替えられた。 売店・コインロッカー - なし 公衆電話 - 各改札の外側に1台ずつある。

Kinshichō Station
Distance: 1.0 mi 詳しくは
東京都墨田区江東橋3丁目
Sumida-ku, Tokyo 130-0022

錦糸町站()是東日本旅客鐵道(JR東日本)和東京地下鐵的鐵路車站,位於東京都墨田區江東橋三丁目。停站路線東日本旅客鐵道(JR東日本)中央·總武線(各站停車)總武線(快速)(兩路線正式屬總武本線)半藏門線-車站編號為Z-13。車站周邊東京歡樂天地 錦糸公園 都立墨東醫院東京錦糸町東武酒店(Tobu Hotel Levant Tokyo)錦糸町樂天城市酒店(Lotte City Hotel Kinshicho)歷史1894年12月9日:總武鐵道之車站開業,該時車站名稱為本所站。1907年9月1日:總武鐵道根據國有法,交由國家經營。1915年5月1日:改稱錦糸町站。1972年7月15日:總武快速線開業,成為轉乘站。1987年4月1日:實行國鐵分割民營化,由JR東日本繼承本站。2003年3月19日:營團地下鐵半藏門線車站開業。2004年4月1日:營團地下鐵民營化、半藏門線由東京地下鐵繼承。相鄰車站 東日本旅客鐵道* 特急「」「梓」停車站 總武線(快速) 特別快速 東京(JO19)-錦糸町(JO22)-船橋(JO25) 馬喰町(JO21)-錦糸町(JO22)-船橋(JO25) 馬喰町(JO21)-錦糸町(JO22)-新小岩(JO23) 兩國(JB21)-錦糸町(JB22)-龜戶(JB23) 18px 東京地下鐵 住吉(Z-12)-錦糸町(Z-13)-押上〈晴空塔前〉(Z-14)

都営大江戸線 両国駅
Distance: 1.1 mi 詳しくは
横網1-4-29
Sumida-ku, Tokyo 130-0015

Higashi-Mukōjima Station
Distance: 1.2 mi 詳しくは
東向島4-29-7
Sumida-ku, Tokyo 131-0032

03-3612-8836

|}東向島駅(ひがしむこうじまえき)は、東京都墨田区東向島四丁目にある東武鉄道伊勢崎線の駅である。「東武スカイツリーライン」の愛称区間に含まれている。駅番号はTS 05。開設当初は白鬚駅(しらひげえき)、そして1924年(大正13年)に営業を再開した際には玉ノ井駅(たまのいえき)の名称であったが、1987年(昭和62年)に現行の駅名に改称された。改称後も駅名標には「旧玉ノ井」と表示されている。年表 1902年(明治35年)4月1日 - 「白鬚駅」として開業。 1905年(明治38年)7月15日 - 白鬚駅一時営業休止。 1908年(明治41年)4月4日 - 白鬚駅廃止。 1924年(大正13年)10月1日 - 「玉ノ井駅」として営業再開。 1945年(昭和20年)5月20日 - 東京大空襲で被災したため、営業休止。 1949年(昭和24年)10月1日 - 営業再開。 1987年(昭和62年)12月21日 - 東向島駅に改称。 1989年(平成元年)5月20日 - 高架下に東武博物館が開館。 2012年(平成24年) 3月17日 - TS 05の駅ナンバリングを導入。 9月27日 - 発車メロディを導入。 なお、1928年(昭和3年)から1936年(昭和11年)にかけては京成電気軌道の白鬚線が接続していた(京成玉ノ井駅)。

JR 錦糸町駅
Distance: 1.0 mi 詳しくは
Sumida-ku , Tokyo , Japan
Sumida-ku, Tokyo 131-0022

Oshiage Station
Distance: 0.3 mi 詳しくは
押上1-1-65
Sumida-ku, Tokyo 131-0045

03-3622-5872

is a railway station in Sumida, Tokyo, Japan, jointly operated by Tokyo Metro, Tobu Railway, Toei, and Keisei Electric Railway. It is adjacent to the Tokyo Skytree complex.LinesOshiage Station is served by the following lines. Keisei Oshiage Line (station number KS45)Tobu Skytree Line (station number TS-03)Toei Asakusa Line (station number A-20)Tokyo Metro Hanzōmon Line (station number Z-14)Station layoutThere are two sets of platforms, one for Keisei/Toei at level B1, and the other for Tokyo Metro/Tobu at level B3. Each consists of two island platforms serving four tracks.Keisei/ToeiOn the Keisei/Toei section, trains to Nishi-Magome and the Keikyu Network leave from platforms 1, 2 or 3. Trains for Aoto and the Keisei/Hokusō/Shibayama network leave from platforms 3 and 4, although Keisei and Hokusō trains can also use platform 2.Tokyo Metro/TobuPlatform 1 is used by through services from the Tobu Skytree Line. Platforms 2 and 3 are used by Hanzomon Line services terminating and starting at this station.HistoryThe Keisei station opened on 3 November 1912. The Toei station opened on 4 December 1960. The Tobu station opened on 19 March 2003.

京成曳舟駅
Distance: 0.9 mi 詳しくは
京島1-39-1
Sumida-ku, Tokyo 131-0032

03-3614-8931

Kuramae Station
Distance: 1.1 mi 詳しくは
蔵前2-3-1
Taito-ku, Tokyo

03-3866-8770

藏前站()是東京都交通局(都營地下鐵)的鐵路車站,位於東京都台東區。停站路線東京都交通局(都營地下鐵)淺草線-車站編號為A-17。大江戶線-車站編號為E-11。車站結構本站設有兩個站區,分別是淺草線站區和大江戶線站區。兩個站區並不設有換乘通道,故如經此站換乘,必須經地面換乘。月台配置車站周邊 藏前污水處理中心(原藏前國技館跡地) 東京都立藏前工業高等學校 隅田川(藏前橋、廄橋) 國道6號(江戶通) 春日通 藏前橋通 國際通 東京都水道局台東營業所 東京都下水道局北部第一下水道事務所 東京都下水道局藏前水之館 鳥越神社 警視廳藏前警察署 日本郵政藏前大樓(併設藏前橋郵政局) 獅王總部巴士路線 「藏前站前」停留所 都02:往錦糸町站、往大塚站 東42甲:往南千住車庫、往東京站八重洲口、東神田 東42乙:往南千住車庫、往秋葉原站 東42甲:往南千住車庫、往東京站八重洲口 東42乙:往南千住車庫、往秋葉原站 南めぐりん:田原町站、生涯學習中心北、上野站方向

Tawaramachi Station
Distance: 1.0 mi 詳しくは
東京都台東区西浅草1丁目1
Taito-ku, Tokyo 111-0035

is a subway station on the Tokyo Metro Ginza Line in Taitō, Tokyo, Japan, operated by the Tokyo subway operator Tokyo Metro. It is numbered "G-18".While situated relatively close to on the Tsukuba Express, there are no transfer passageways between the two stations.LinesTawaramachi Station is served by the Tokyo Metro Ginza Line from to.Station layoutThe station has two side platforms located on the first basement (B1F) level, serving two tracks.PlatformsHistoryTawaramachi Station opened on 30 December 1927.Passenger statisticsIn fiscal 2011, the station was used by an average of 26,216 passengers daily.

両國
Distance: 1.2 mi 詳しくは
両国4-32-3
Sumida-ku, Tokyo 130-0000

03-3631-7534

淺草駅
Distance: 0.8 mi 詳しくは
花川戸1-4-1
Taito-ku, Tokyo 111-0033

03-3841-0603

Hikifune Station
Distance: 0.8 mi 詳しくは
東向島2-26-6
Sumida-ku, Tokyo 131-0032

03-3611-3518

Hikifune Station is a railway station in Sumida, Tokyo, Japan, operated by the private railway operator Tobu Railway.LinesHikifune Station is served by the Tobu Skytree Line and Tōbu Kameido Line, and is located 2.4 km from the Tokyo terminus at Asakusa Station. It is also where the Skytree line and trains going to Oshiage Station and the Tokyo Metro Hanzōmon Line split.HistoryThe station opened on 1 April 1902.Passenger statisticsIn fiscal 2012, the station was used by an average of 24,135 passengers daily.

Kameido Station
Distance: 1.3 mi 詳しくは
亀戸5-1-1
Koto-ku, Tokyo 136-0071

050-2016-1601

龜戶站()是東日本旅客鐵道(JR東日本)及東武鐵道的鐵路車站,位於東京都江東區龜戶五丁目。停站路線東日本旅客鐵道(JR東日本)總武線(各站停車)龜戶線車站周邊龜戶天神龜戶餃子 船橋屋(葛餅)東京都立城東高等學校 中央學院大学中央高等學校歷史 1894年(明治27年)12月1日-總武鐵道龜戶站開業。 1904年(明治37年)3月29日-東武鐵道龜戶站開業。 1907年(明治40年)9月1日-總武鐵道被國有化,成為日本國有鐵道車站。 1987年(昭和62年)4月1日-國鐵分割民營化,本站由JR東日本接手管理。 2001年(平成13年)11月18日-智能卡系統Suica正式投入服務。 2006年(平成18年)3月24日-車站大樓「龜戶Elnard」改為現稱。相鄰車站 東日本旅客鐵道 總武線(各站停車) 錦糸町(JB22)-龜戶(JB23)-平井(JB24) 32px 東武鐵道 龜戶(TS-44)-(TS-43)相關條目 日本鐵路車站列表外部連結 JR東日本-龜戶站 東武鐵道-龜戶站

Asakusa Station (Tsukuba Express)
Distance: 1.0 mi 詳しくは
西浅草三丁目1番11号
Taito-ku, Tokyo

Asakusa Station is an underground railway station on the Tsukuba Express line in the Asakusa district of Taito, Tokyo, Japan, operated by the private railway operator Metropolitan Intercity Railway Company. It is numbered "03".While this station is situated relatively close to the station complex of the same name serving the Ginza Line, the Asakusa Line and Tobu Railway, there are no transfer passageways between these two stations. Passengers transferring between these stations must transfer at street level, as the latter station is located 600 meters to the east.LinesAsakusa Station is served by the Tsukuba Express from Akihabara to Tsukuba.HistoryThe station opened on August 24, 2005.Surrounding areaThe station is about 300m to the west of Sensō-ji temple.The Rox department store can be reached from the southeast of the station, and the Asakusa View Hotel is located at the northeast corner of the station. The station is also surrounded by a variety of restaurants, theaters, pachinko parlors and an amusement park.

京成電鉄
Distance: 0.3 mi 詳しくは
押上1-10-3
Sumida-ku, Tokyo 131-8555

03-3621-2242

亀戸駅
Distance: 1.2 mi 詳しくは
亀戸5丁目
Koto-ku, Tokyo 136-0071

Omurai Station
Distance: 1.0 mi 詳しくは
文花2-20-1
Sumida-ku, Tokyo 131-0044

is a railway station in Sumida, Tokyo, Japan, operated by Tobu Railway.LinesOmurai Station is served by the 3.4 km Tōbu Kameido Line from to, and is located 1.4 km from Hikifune.HistoryThe station opened on 15 April 1928.Surrounding area Mukojima Police Station

Asakusa Station (Tsukuba Express)
Distance: 1.0 mi 詳しくは
西浅草三丁目1番11号
Taito-ku, Tokyo

浅草駅(あさくさえき)は、東京都台東区西浅草三丁目1番11号にある、首都圏新都市鉄道つくばエクスプレスの駅。駅番号は03である。概要浅草地区を南北に貫く国際通りの浅草ビューホテルとROXビル前の地下に位置し、興行街浅草公園六区(通称・浅草六区)の西に隣接している。工事時の仮称は「新浅草駅」(しんあさくさえき)であったが、地元の強い要望から、この駅名に変更された。他線の浅草駅が面している馬道通りや江戸通り側(隅田川沿い)である花川戸地区・雷門前とは、浅草寺を始めとする浅草の観光地街を挟んで反対側(西)に存在する。当駅から最も近い他路線の駅は東京メトロ銀座線の田原町駅で、地上出入口間を南へ徒歩約5分程度である。駅周辺については後述する。他線の浅草駅との違い東武鉄道・東京地下鉄(東京メトロ)・東京都交通局(都営地下鉄)の浅草駅とは東に約600m程度離れ、徒歩で約8 - 10分かかり、乗換駅ではない。駅構造島式ホーム1面2線の地下駅である。ホームの側壁には、浅草の風物詩をイメージしたイラストが描かれている。ホームと改札を結ぶエスカレーターには、浅草ゆかりの偉人(永井荷風、池波正太郎など)のイラストが描かれている。

Travel and Transportation 近く Tokyo Skytree Station

Sensō-ji
Distance: 0.8 mi 詳しくは
浅草2-3-1
Taito-ku, Tokyo 111-0032

03-3842-0181

浅草寺(せんそうじ)は、東京都台東区浅草二丁目にある、東京都内最古の寺である。山号は金龍山。本尊は聖観音菩薩(しょうかんのんぼさつ)。元は天台宗に属していたが第二次世界大戦後独立し、聖観音宗の総本山となった。観音菩薩を本尊とすることから「浅草観音」あるいは「浅草の観音様」と通称され、広く親しまれている。東京都内では、唯一の坂東三十三箇所観音霊場の札所(13番)である。江戸三十三箇所観音霊場の札所(1番)でもある。歴史創建 - 平安時代『浅草寺縁起』等にみえる伝承によると、浅草寺の草創の由来は以下のとおりである。推古天皇36年(628年)、宮戸川(現・隅田川)で漁をしていた檜前浜成・竹成(ひのくまのはまなり・たけなり)兄弟の網にかかった仏像があった。これが浅草寺本尊の聖観音(しょうかんのん)像である。この像を拝した兄弟の主人・土師中知(はじのなかとも、「土師真中知」(はじのまなかち)とも)は出家し、自宅を寺に改めて供養した。これが浅草寺の始まりという。その後大化元年(645年)、勝海上人という僧が寺を整備し観音の夢告により本尊を秘仏と定めた。観音像は高さ1寸8分(約5.5センチ)の金色の像と伝わるが、公開されることのない秘仏のためその実体は明らかでない。平安時代初期の天安元年(857年。天長5年(828年)とも)、延暦寺の僧・円仁(慈覚大師)が来寺して「お前立ち」(秘仏の代わりに人々が拝むための像)の観音像を造ったという。これらを機に浅草寺では勝海を開基、円仁を中興開山と称している。天慶5年(942年)、安房守平公雅が武蔵守に任ぜられた際に七堂伽藍を整備したとの伝えがあり、雷門、仁王門(現・宝蔵門)などはこの時の創建といわれる。

Asakusa Shrine
Distance: 0.7 mi 詳しくは
浅草2-3-1
Taito-ku, Tokyo 111-0032

Asakusa Shrine, also known as Sanja-sama, is one of the most famous Shinto shrines in Tokyo, Japan. Located in Asakusa, the shrine honors the three men who founded the Sensō-ji. Asakusa Shrine is part of a larger grouping of sacred buildings in the area. It can be found on the east side of the Sensō-ji down a street marked by a large stone torii.HistoryAn example of the gongen-zukuri style of architecture, Asakusa Shrine was commissioned by Tokugawa Iemitsu and constructed in 1649 during Japan's Edo Period. It was constructed in order to honor the three men who established and constructed the Sensō-ji. The legend states that two brothers, fishermen named Hinokuma Hamanari and Hinokuma Takenari, found a bosatsu Kannon statuette caught in a fishing-net in the Sumida River on May 17, 628.The third man, a wealthy landlord named Haji no Nakatomo, heard about the discovery and approached the brothers to whom he delivered an impassioned sermon about the Buddha. The brothers were very impressed and subsequently converted to the Buddhist religion. The Kannon statue was consecrated in a small temple by the landlord and the brothers who thereafter devoted their lives to preaching the way of Buddhism. This temple is now known as the Sensō-ji. Asakusa Shrine was built in order to worship these men as deities. The shrine and its surrounding area and buildings have also been the site of many Shinto and Buddhist festivals for centuries. The most important and famous of these festivals is Sanja Matsuri, held in late May.

Sumida Aquarium
Distance: 0.0 mi 詳しくは
押上1-1-2 東京スカイツリータウン・ソラマチ5F・6F
Sumida-ku, Tokyo 131-0045

すみだ水族館公式Facebookページでは、皆様からのコメントや写真、動画、リンクその他のコンテンツ(以下、ユーザーコンテンツ)の投稿を歓迎しています。皆様が投稿したユーザーコンテンツで、当Facebookページに関係するものであっても、不適切なものは削除することもあります。 詳しくはこちらをご確認ください。 http://on.fb.me/1bu9Ykt

スカイツリー ソラマチ
Distance: 0.1 mi 詳しくは
押上1丁目1−2
Sumida-ku, Tokyo 131-0045

0570-55-0102

浅草仲見世 - Asakusa Nakamise
Distance: 0.7 mi 詳しくは
浅草
Taito-ku, Tokyo 111-0032

Tokyo Sky Tree Tower ( 東京スカイツリー)
Distance: 0.1 mi 詳しくは
押上1-1-2
Sumida-ku, Tokyo 131-8634

Oshiage Station
Distance: 0.3 mi 詳しくは
押上1-1-65
Sumida-ku, Tokyo 131-0045

03-3622-5872

押上駅(おしあげえき)は、東京都墨田区押上一丁目にある、京成電鉄・東京都交通局(都営地下鉄)・東京地下鉄(東京メトロ)・東武鉄道の駅である。東京スカイツリータウン開業にあわせて、2012年(平成24年)5月22日から、全社局共通の副駅名として「スカイツリー前」が導入された。概要当駅は京成電鉄と東京都交通局、東京メトロと東武鉄道で同一の駅を共用する共同使用駅であり、前者は京成電鉄、後者は東京メトロの管轄駅となっている。京成電鉄が管轄する駅には、同社の押上線と、東京都交通局の都営地下鉄浅草線が乗り入れている。押上線の起点かつ浅草線の終点で両方向折り返し可能な構造であるが、両路線の大半の列車が、当駅を介して相互直通運転を行っている。一方、東京メトロが管轄する駅には、同社の半蔵門線と、東武鉄道の伊勢崎線が乗り入れている。半蔵門線の終点かつ伊勢崎線の起点の一つであるが、半蔵門線側の一部の列車を除いて、当駅を介して相互直通運転を行っている。また伊勢崎線のうち、浅草駅-東武動物公園駅間および押上駅-曳舟駅間は「東武スカイツリーライン」という愛称がつけられており、旅客案内でも同愛称が優先的に使われている。伊勢崎線の当駅から曳舟駅までは同線の支線のような形になっているが、正式には曳舟駅からとうきょうスカイツリー駅(運賃計算上当駅とは同一駅扱い)までの区間の線増という扱いとなっている。2012年3月17日に東武鉄道が駅番号を導入したことで、当駅を通る4事業者の路線はすべて駅番号が付記されることになった。それぞれの駅番号は、京成電鉄がKS45、浅草線がA 20、半蔵門線がZ 14、東武鉄道がTS 03である。歴史京成電気軌道の創始期には、繁華街浅草に近い東京側のターミナル駅としての位置付けだった。当初は東京市電(後の都電)との接続駅で当駅からの乗り入れも想定していたため、京成電軌の当初の軌間は1,372mmで敷設された。

Kaminarimon
Distance: 0.7 mi 詳しくは
雷門1
Taito-ku, Tokyo 111-0032

The Kaminarimon is the outer of two large entrance gates that ultimately leads to the Sensō-ji (the inner being the Hōzōmon) in Asakusa, Tokyo, Japan. The gate, with its lantern and statues, is popular with tourists. It stands 11.7 m tall, 11.4 m wide and covers an area of 69.3 m2. The first gate was built in 941, but the current gate dates from 1960, after the previous gate was destroyed in a fire in 1865.HistoryThe Kaminarimon was first built in 941 by Taira no Kinmasa, a military commander. It was originally located near Komagata, but it was reconstructed in its current location in 1635. This is believed to be when the statues of Raijin and Fūjin were first placed on the gate. The gate has been destroyed many times throughout the ages. Four years after its relocation, the Kaminarimon burned down, and in 1649 Tokugawa Iemitsu rebuilt the gate along with several other of the major structures in the temple complex. The gate burnt to the ground in 1757 and again in 1865. The Kaminarimon's current structure was dedicated in December 1960.FeaturesFour statues are housed in the Kaminarimon, two in the front alcoves and two on the other side. On the front of the gate, the statues of the Shinto gods Fūjin and Raijin are displayed. Fūjin, the god of wind, is located on the east side of the gate, while Raijin, the god of thunder, is located on the west side. The original sculptures were severely damaged in the fire of 1865, with only the heads being saved, and the statues restored for the gate's 1960 reconstruction.

Kaminarimon
Distance: 0.7 mi 詳しくは
雷門1
Taito-ku, Tokyo 111-0032

雷門(かみなりもん)は、浅草寺の山門。東京都台東区浅草一丁目2番 - 3番地に位置する。正式名称は風雷神門(ふうらいじんもん)であり、「雷門」と書かれた提灯の逆側には「風雷神門」と書かれている。概要門に向かって、右側に風神、左側に雷神が配される、朱塗りの山門である。門の中央には、重さ約700Kgの提灯が吊りさげられており、浅草のランドマークとなっている。日本を象徴する風景として、外国人向けに日本を紹介するパンフレット、お土産のレリーフなどに採用されることが多い。歴史941年、安房国の太守であった平公雅が、武蔵国への配置転換を祈願。翌年、配置転換の願いが叶ったことから、新天地での天下泰平と五穀豊穣を祈願し伽藍などの寄進を行った。初代の雷門に相当する門は、その際に造られたとされる。雷門の呼称は、江戸時代の川柳に初めて登場するが、それ以前のいつの段階から呼ばれるようになったかは不明である。知名度に関しては、雷門の名が書かれた提灯が1795年に初めて奉納されており、浮世絵の題材に用いられたことから、以降、日本各地へ浸透したものと考えられる。山門はしばしば火災により消失しており、江戸時代だけでも2度も建て替えられている。最後の火災は1866年(慶応元年12月14日)であり、以後、100年近く恒久的な建築物としての山門は姿を消す。明治年間から太平洋戦争後にかけては、さまざまな形態の仮設の雷門が登場したと伝えられる。いずれも博覧会の開催や戦勝記念など、その時々のイベント的な要素が強く、素材は鉄骨やコンクリートなどの構造もあったほか、大きさもさまざまであった。1904年の日露戦争終結時には、凱旋門として雷門が建てられている。

Tokyo Skytree Town, Solamachi
Distance: 0.1 mi 詳しくは
東京都墨田区
Sumida-ku, Tokyo

Hikifune Station
Distance: 0.8 mi 詳しくは
東向島2-26-6
Sumida-ku, Tokyo 131-0032

曳舟駅(ひきふねえき)は、東京都墨田区東向島二丁目にある、東武鉄道の駅である。駅番号はTS 04。乗り入れ路線伊勢崎線と亀戸線が乗り入れており、亀戸線の起点となっている。また、伊勢崎線の当駅前後は「東武スカイツリーライン」の愛称区間に含まれている。伊勢崎線は当駅で浅草方面と押上方面に分岐する。そのため、亀戸線を含めると、当駅からは4方向に路線が延びている。なお、支線にあたる当駅から押上駅までの区間は、正式には当駅からとうきょうスカイツリー駅までの区間の線増という扱いとなっている。

Tawaramachi Station
Distance: 1.0 mi 詳しくは
西浅草1-1-18
Taito-ku, Tokyo 111-0035

田原町駅(たわらまちえき)は、東京都台東区西浅草一丁目にある、東京地下鉄(東京メトロ)銀座線の駅である。駅番号はG 18。PASMO・Suicaエリアには「田原町」という駅は他に存在しないが、履歴表示・印字では「東京地下鉄」の「地」を会社区別の接頭辞とする「地田原町」と表記される。歴史 1927年(昭和2年)12月30日 - 東京地下鉄道上野 - 浅草間開通と同時に開業。 1941年(昭和16年)9月1日 - 東京地下鉄道が路線を帝都高速度交通営団(営団地下鉄)に譲渡。 2003年(平成15年)2月 - 業務委託駅となる。 2004年(平成16年)4月1日 - 営団地下鉄の民営化に伴い、当駅は東京地下鉄(東京メトロ)に継承される。 2015年 (平成27年)6月16日 - 発車メロディ導入。駅構造相対式ホーム2面2線を有する地下駅。ホーム壁と天井の境目に各歌舞伎役者の家紋のレリーフが施されている。1番線の中央に車椅子対応のトイレが設置されている。改札外に連絡通路があり、ホームに入場しなくても地下を行き来することができる。2012年に、1番線ホームと地上を結ぶエレベーターが新設された。

亀戸梅屋敷
Distance: 1.1 mi 詳しくは
東京都江東区亀戸4丁目
Koto-ku, Tokyo 136-0071

03-6802-9550

亀戸梅屋敷は“粋な下町・亀戸”の歴史と文化を発信する拠点です。都内初の水陸両用バス「スカイダックの」発着所であり、江戸時代に浮世絵師・歌川広重が描き、画家・ゴッホが模写したことでも有名な亀戸に実在した梅屋敷をモチーフとした趣のある館のなかで、亀戸から選りすぐった名産品をお求めいただけるほか、梅屋敷をはじめとした浮世絵の原画や江戸東京の伝統工芸品・江戸切子の展示、落語や下町文化のセミナーをお楽しみいただけます。

アンフェリシオン
Distance: 1.1 mi 詳しくは
亀戸1-43-22
Koto-ku, Tokyo 136-0071

03-5836-5111

Starbucks Kinshicho Stn
Distance: 0.9 mi 詳しくは
錦糸1-2-47 テルミナ2
Sumida-ku, Tokyo 130-0013

03-5619-1601

錦糸町テルミナ
Distance: 1.0 mi 詳しくは
江東橋3丁目14−5
Sumida-ku, Tokyo 130-0022

03-3633-1111

Tawaramachi Station
Distance: 1.0 mi 詳しくは
東京都台東区西浅草1丁目1
Taito-ku, Tokyo 111-0035

is a subway station on the Tokyo Metro Ginza Line in Taitō, Tokyo, Japan, operated by the Tokyo subway operator Tokyo Metro. It is numbered "G-18".While situated relatively close to on the Tsukuba Express, there are no transfer passageways between the two stations.LinesTawaramachi Station is served by the Tokyo Metro Ginza Line from to.Station layoutThe station has two side platforms located on the first basement (B1F) level, serving two tracks.PlatformsHistoryTawaramachi Station opened on 30 December 1927.Passenger statisticsIn fiscal 2011, the station was used by an average of 26,216 passengers daily.

Sky Tree - 451.2M
Distance: 0.2 mi 詳しくは
〒131-0045 Sumida-ku, Tokyo押上1-1-13
Sumida-ku, Tokyo 131-0045

東武亀戸線 亀戸駅
Distance: 1.3 mi 詳しくは
亀戸5-1-1
Koto-ku, Tokyo 136-0071

03-3638-3168

九重部屋 Kokonoe Beya
Distance: 0.7 mi 詳しくは
石原4-22-4
Sumida-ku, Tokyo 130-0011

Escape Hunt Experience Tokyo
Distance: 1.0 mi 詳しくは
1-10-5, Asakusa, Taito-ku, Tokyo, Japan
Taito-ku, Tokyo 111-0032

+81-3-6231-6621

The Escape Hunt is like none other in the market place today. Our CEO and founder has combined his passion for games and puzzles with his educational background in Psychology to create a truly unique, challenging and highly addictive gaming concept! Escape Hunt prides itself on creativity and innovation. Today, a team of talented puzzle designers are working around the clock at the only Game Design Academy in the world. All of the games you’ll play at the various branches around the world have been designed in house. There are well over 100 games to date, with more being created each month! That being said, The Escape Hunt Experience is more than just a game. Players will all receive a 90 minute slot that includes a pre-game brief and explanation period, as well as post game refreshments, discussion and photo booth opportunity. For larger groups and corporate events there are even further offerings including exciting team building and assessment activities.

墨田区押上
Distance: 0.4 mi 詳しくは
押上
Sumida-ku, Tokyo

tokyo sky tree tower (東京スカイツリータワー)
Distance: 0.8 mi 詳しくは
〒131-0045 東京都墨田区押上1
Sumida-ku, Tokyo

小泉歯科医院
Distance: 1.6 mi 詳しくは
東日暮里2-14-11
Shinjuku-ku, Tokyo 116-0014

03-3807-2939

Local Business 近く Tokyo Skytree Station

東京スカイツリータウン ソラマチファーム らぽっぽ おいも畑
距離: 0.0 mi 詳しくは
墨田区押上1-1-2 東京スカイツリータウン・ソラマチ2F 5番地
Sumida-ku, Tokyo 131-0045

03-5610-5275

ミスタードーナツ スカイツリー
距離: 0.0 mi 詳しくは
押上1丁目1番2号
Sumida-ku, Tokyo 131-0045

03-5610-3172

プラレール ソラマチ店
距離: 0.0 mi 詳しくは
押上1-1-2 東京スカイツリータウン・ソラマチ3F 3番地
Sumida-ku, Tokyo 131-0045

03-5610-2923

すみだ水族館
距離: 0.0 mi 詳しくは
墨田区
Sumida-ku, Tokyo 131-0045

03-5619-1821

スターバックス 東京スカイツリー ソラマチ西1階店
距離: 0.0 mi 詳しくは
押上1-1-2 東京スカイツリータウン
Sumida-ku, Tokyo 131-0045

03-5610-3014

ミスタードーナツ東京ソラマチショップ
距離: 0.0 mi 詳しくは
押上1丁目1番2号
Sumida-ku, Tokyo 131-0045

03-5610-3172

Rilakkuma Store
距離: 0.0 mi 詳しくは
Hankyu 3rd St., 1-1-3 Shibata, Kita-ku 530-0012
Sumida-ku, Tokyo

+81 6-6372-7701

すみだ水族館
距離: 0.0 mi 詳しくは
押上1-1-2
Sumida-ku, Tokyo

03-5619-1821

デニーズSolan
距離: 0.0 mi 詳しくは
押上1丁目-1-13 東京ソラマチ内4Fフロアー2番地
Sumida-ku, Tokyo 131-0045

03-5610-5006

Ppap Cafe
距離: 0.0 mi 詳しくは
押上1-1-2 東京スカイツリータウン・ソラマチ ウエストヤード4F
Sumida-ku, Tokyo

03-5610-3181

Candy Show Time 東京スカイツリータウン・ソラマチ店
距離: 0.0 mi 詳しくは
押上1-1-2 東京スカイツリータウン・ソラマチ1F
Sumida-ku, Tokyo 131-0045

03-5809-7557

Tokyo Skytree, Japan
距離: 0.0 mi 詳しくは
1 Chome-1-2 Oshiage, Sumida, Tokyo 131-0045, Japan
Sumida-ku, Tokyo

0771935908

天紫亭
距離: 0.0 mi 詳しくは
向島1-33-12 第2東武館 1F
Sumida-ku, Tokyo

03-3626-2107

Moomin House Cafe
距離: 0.0 mi 詳しくは
押上1-1-2 東京スカイツリータウン・ソラマチ1F
Sumida-ku, Tokyo 131-0045

03-5610-3063

ムーミンハウスカフェ 東京スカイツリータウン・ソラマチ店
距離: 0.0 mi 詳しくは
押上1-1-2 東京スカイツリータウン・ソラマチ1F
Sumida-ku, Tokyo 131-0045

03-5610-3063

Tokyo Banana Tree
距離: 0.0 mi 詳しくは
東京都墨田区押上1-1-2 東京スカイツリータウン・ソラマチウエストヤード1F
Sumida-ku, Tokyo 131-0045

03-5610-2847

築地銀だこ 東京ソラマチ店
距離: 0.0 mi 詳しくは
墨田区押上1-1-2 東京スカイツリータウン・ソラマチ3F 3番地
Sumida-ku, Tokyo 131-0045

03-5819-3103

Sky Tree Tokyo
距離: 0.0 mi 詳しくは
押上1-1-2
Sumida-ku, Tokyo

東武橋
距離: 0.0 mi 詳しくは
業平1-18先
Sumida-ku, Tokyo

Cold Stone Tokyo Sky Tree
距離: 0.0 mi 詳しくは
新宿区新宿3-38-1 8F
Sumida-ku, Tokyo