Akiba88 決して前にないように日本を探検する

ニューヤマザキデイリーストア 飛騨白川郷店 【白川郷にある唯一のコンビ二エンスストア】, Shirakawa-mura Ono-gun Nagano


白川村鳩谷 64-1
Shirakawa-mura Ono-gun, Nagano 501-5629

05769-6-1365

皆様に愛される店舗、より利便性の高い店舗、明日の白川郷に相応しい店舗を目指して参りますので、倍旧のご愛顧、ご支援ご協力をよろしくお願い申し上げます。

Tourist Information 近く ニューヤマザキデイリーストア 飛騨白川郷店 【白川郷にある唯一のコンビ二エンスストア】

【世界遺産】ひだ 白川郷 THE WORLD HERITAGE SHIRAKAWA-GO
Distance: 0.6 mi 詳しくは
白川村鳩谷517
Shirakawa-mura Ono-gun, Nagano 501-5692

日本が誇る伝統文化や風習が今なお残る郷 【白川郷合掌集落】 白川郷合掌造り集落は1955年に世界遺産に登録されました。 古より受け継がれてきた独自の建築様式とともに日本の生活の原風景が今なお残されています。 【白川郷の四季はそれぞれに魅力的】 SPRING (春) 白川郷の春は遅れてやってくる 雪も溶け、沢の水がぬるむのは 五月の声を聞くころとなる 花々はいっせいにほころび 鳥たちの声に心和む季節である SUMMER (夏) 青々とした水が満ちた水田に 緑のじゅうたんがしきつめられる 気まぐれなトンボが 穂先をかすめるとき 秋の気配がしのびよってくる AUTUMN (秋) 祭ばやしが遠くの神社から かすかに聞こえてくる 収穫が終わり紅葉の白川郷は 間もなく白銀の世界へと移りゆく WINTER (冬) 荻町の合掌集落が 雪国の闇の中からほんわりと浮き上がってきた 冬の名物、ライトアップの始まりである その美しさはファンタスティック 夢の続きのような至福の時間だ

Tourist Information Center 近く ニューヤマザキデイリーストア 飛騨白川郷店 【白川郷にある唯一のコンビ二エンスストア】

白川郷(Shirakawa-go)
Distance: 0.6 mi 詳しくは
岐阜県大野郡
Shirakawa-mura Ono-gun, Nagano 501-5692

飛騨地域にある白川郷。 合掌造りといで湯の郷。 石川県・富山県と県を接しています。 石川県金沢市までは車で1時間15分 富山県富山市までは車で1時間30分 岐阜県高山市までは車で0時間50分 岐阜県郡上市までは車で1時間30分 の田舎です。 公共交通機関は、高山(岐阜県)・金沢(石川県)・名古屋(愛知県)・高岡(富山県)へバスが出ています。 大自然はたくさんありますので、「のんびり」しに来て下さいね。 来訪されたました、皆様も写真や感じられた事を投稿頂ければ幸いです。 投稿をお待ちしております。 民間観光PR事業者の飛騨観光カンパニーの管理するfacebookです。

白川郷(Shirakawa-go)
Distance: 0.6 mi 詳しくは
岐阜県大野郡
Shirakawa-mura Ono-gun, Nagano 501-5692

飛騨地域にある白川郷。 合掌造りといで湯の郷。 石川県・富山県と県を接しています。 石川県金沢市までは車で1時間15分 富山県富山市までは車で1時間30分 岐阜県高山市までは車で0時間50分 岐阜県郡上市までは車で1時間30分 の田舎です。 公共交通機関は、高山(岐阜県)・金沢(石川県)・名古屋(愛知県)・高岡(富山県)へバスが出ています。 大自然はたくさんありますので、「のんびり」しに来て下さいね。 来訪されたました、皆様も写真や感じられた事を投稿頂ければ幸いです。 投稿をお待ちしております。 民間観光PR事業者の飛騨観光カンパニーの管理するfacebookです。

白川郷ライトアップ
Distance: 0.4 mi 詳しくは
白川村荻町
Shirakawa-mura Ono-gun, Nagano 501-5627

白川郷観光協会 05769-6-1013 電話受付時間(9:00~17:00)

白川郷ライトアップはマイクロ以上のバスは完全予約制です また、自家用車でおこしの方も受入台数の上限があります 臨時駐車場が満車になり次第見学をお断りする場合があります お車は冬の装備を必ずお願いします(ノーマルタイヤでは危険を伴います。また、チェーンのみは凍結時に危険が高まりますので、スタットレスタイヤを推奨致します) 公共交通機関の方は、ライトアップが始まってから高山・五箇山・金沢方面へのバスはありません また、宿泊施設も混雑が予想されますので、お早めに御予約をお待ちしております(宿の受付は多くがライトアップ日程発表以降に受付開始になります) 冬は積雪があろうと幻想的なライトアップを目指して出かける人も多い白川郷。 純白の雪、茅葺き家屋の灯り感動的な原風景に会いに行く。 荻町の合掌集落が雪国の闇の中からほんわりと浮き上がってきた冬の名物、ライトアップの始まり。

白川郷ライトアップ
Distance: 0.4 mi 詳しくは
白川村荻町
Shirakawa-mura Ono-gun, Nagano 501-5627

白川郷観光協会 05769-6-1013 電話受付時間(9:00~17:00)

白川郷ライトアップはマイクロ以上のバスは完全予約制です また、自家用車でおこしの方も受入台数の上限があります 臨時駐車場が満車になり次第見学をお断りする場合があります お車は冬の装備を必ずお願いします(ノーマルタイヤでは危険を伴います。また、チェーンのみは凍結時に危険が高まりますので、スタットレスタイヤを推奨致します) 公共交通機関の方は、ライトアップが始まってから高山・五箇山・金沢方面へのバスはありません また、宿泊施設も混雑が予想されますので、お早めに御予約をお待ちしております(宿の受付は多くがライトアップ日程発表以降に受付開始になります) 冬は積雪があろうと幻想的なライトアップを目指して出かける人も多い白川郷。 純白の雪、茅葺き家屋の灯り感動的な原風景に会いに行く。 荻町の合掌集落が雪国の闇の中からほんわりと浮き上がってきた冬の名物、ライトアップの始まり。

道の駅 白川郷 & 合掌ミュージアム・食事処 みんじゃ
Distance: 0.9 mi 詳しくは
白川村飯島411
Shirakawa-mura Ono-gun, Nagano 501-5625

05769-6-1310

■ 企業名: 道の駅 白川郷   ■ 代表者名: 代表取締役 白木 邦彦 ■ 住所: 〒501-5625 岐阜県大野郡白川村飯島411 ■ TEL: 05769-6-1310 ■FAX: 05769-6-1320 ■ 営業時間: AM8:30~PM5:00 ■定休日: 年末、年始(12/28~1/3)         *臨時休業する事があります ■ 取扱カード種類: WAONカード(売店のみ)利用可 ■ 交通・アクセス: 白川郷ICより車で3分 世界遺産白川郷荻町合掌集落まで高山方面に2.7km(車で5分ほど) ■ 売店: 地場産品、土産品等取り扱いしております。     ■ 食事処 みんじゃ: 軽食、予約食事(昼食のみ)、出店(冬季休業)        ■ 合掌ミュージアム: 本物の合掌造りの家が展示してあります。 無料      ■ トイレ、駐車場: 24時間無休で使用可、無料 駐車スペース:大型車:4台 小型車:59台 ■ 朝市: 土日祝日(5月~11月)*不定期 ■ 文化交流施設: 白川村の施設で会議等が行える視聴覚室(ケーブル使用でのネット可)などがあります。村外の方でもご利用できます(有料 事前電話予約要) ☆情報館 情報館では端末を使った道路情報や観光情報をご提供しています。 ☆合掌ミュージアム 合掌ミュージアムでは本物の合掌造りを施設内に移築し、合掌造りの仕組みをわかり易く説明しています。 ☆土産・軽食コーナー 合掌ミュージアム施設内に土産販売・軽食コーナーが設置してあります。

道の駅 白川郷 & 合掌ミュージアム・食事処 みんじゃ
Distance: 0.9 mi 詳しくは
白川村飯島411
Shirakawa-mura Ono-gun, Nagano 501-5625

05769-6-1310

■ 企業名: 道の駅 白川郷   ■ 代表者名: 代表取締役 白木 邦彦 ■ 住所: 〒501-5625 岐阜県大野郡白川村飯島411 ■ TEL: 05769-6-1310 ■FAX: 05769-6-1320 ■ 営業時間: AM8:30~PM5:00 ■定休日: 年末、年始(12/28~1/3)         *臨時休業する事があります ■ 取扱カード種類: WAONカード(売店のみ)利用可 ■ 交通・アクセス: 白川郷ICより車で3分 世界遺産白川郷荻町合掌集落まで高山方面に2.7km(車で5分ほど) ■ 売店: 地場産品、土産品等取り扱いしております。     ■ 食事処 みんじゃ: 軽食、予約食事(昼食のみ)、出店(冬季休業)        ■ 合掌ミュージアム: 本物の合掌造りの家が展示してあります。 無料      ■ トイレ、駐車場: 24時間無休で使用可、無料 駐車スペース:大型車:4台 小型車:59台 ■ 朝市: 土日祝日(5月~11月)*不定期 ■ 文化交流施設: 白川村の施設で会議等が行える視聴覚室(ケーブル使用でのネット可)などがあります。村外の方でもご利用できます(有料 事前電話予約要) ☆情報館 情報館では端末を使った道路情報や観光情報をご提供しています。 ☆合掌ミュージアム 合掌ミュージアムでは本物の合掌造りを施設内に移築し、合掌造りの仕組みをわかり易く説明しています。 ☆土産・軽食コーナー 合掌ミュージアム施設内に土産販売・軽食コーナーが設置してあります。

雛見沢村~ひぐらしのなく頃に~(白川郷) 聖地巡礼
Distance: 0.3 mi 詳しくは
白川村荻町610
Shirakawa-mura Ono-gun, Nagano 501-5627

★雛見沢村の風景のモデルとなった白川郷(岐阜県大野郡白川村) 《雛見沢村へ ようござった!聖地巡礼 どんどん写真シェアしてね!》 ●雛見沢村・・・雛見沢村(ひなみざわむら)は、連作サウンドノベル『ひぐらしのなく頃に』(製作:07th Expansion)の舞台として設定された架空の村落である。時代設定は昭和58年であり、雛見沢には古い村社会の風習が残されている。 山奥の寒村で人口は約2000人。豊かな自然環境を持つ。被差別村落であったことや、村を沈めることになるダム建設計画に村ぐるみで反対運動をおこなった経緯から、村人間の連帯は非常に強い。古い風習により村の運営は御三家とよばれる一族の合議で定められる。とくに、その一つ園崎家が政治面、経済面で主導権を握り、実質的に村を支配している。 神社の祭神、オヤシロさまへの信仰が村人に浸透している。過去4年連続で、毎年一人死に、一人が消える連続怪死事件が起きており、その被害者はみな村の敵とみなされうる人物であったことから、村人はオヤシロさまの祟りとして畏れている。 園崎家の支配や祟りへの畏れから生まれた疑心暗鬼が5年目の事件に深く関わってくることになる。『ひぐらしのなく頃に』ではこの5年目の事件の顛末が描かれる。物語は本編8編と追加の作品群からなり、各編は同じ場所、同じ時間で異なる展開・結末となる事件を描くが、いくつかの例外を除き村がガス災害で全滅することで、事件は多くの謎を抱えたまま迷宮入りとなる。 ●ひぐらしのなく頃に・・・本作品は人口2000人に満たない寂れた架空の村落、雛見沢村を舞台に、村にまつわる古い因習「綿流し」を軸にして起こる連続怪死・失踪事件を扱った連作式のミステリーである。読者に謎を提示する「出題編」4編と、事件の真相と謎に対する解答、つまり、事件の惨劇を回避するために人々は何をすべきだったのかが明らかになる「解答編」4編とで本編が構成される。 物語の舞台となる雛見沢村は村人の連帯が強固で一見平和な村に見えるが、ダム建設をめぐる村人間の対立は建設中止後もしこりを残している。また、6月に行われる夏祭り「綿流し」の日に毎年発生している、一人死んで一人消える奇怪な事件が起きていた。事件は村で祀る神、オヤシロさまの祟りとして村人に畏れられていた。事件が始まって5年目の昭和58年。少年前原圭一が雛見沢村に引っ越してくる。彼は持ち前の明るい性格で、新たな学校や友人に打ち解けていく。物語は平穏でゆったりとした日常のシーンから始まるが、進行していくにつれて違った趣きを見せてくる。そして、綿流しの日に5年目の事件が起き、不気味な出来事が発生するようになる。

雛見沢村~ひぐらしのなく頃に~(白川郷) 聖地巡礼
Distance: 0.3 mi 詳しくは
白川村荻町610
Shirakawa-mura Ono-gun, Nagano 501-5627

★雛見沢村の風景のモデルとなった白川郷(岐阜県大野郡白川村) 《雛見沢村へ ようござった!聖地巡礼 どんどん写真シェアしてね!》 ●雛見沢村・・・雛見沢村(ひなみざわむら)は、連作サウンドノベル『ひぐらしのなく頃に』(製作:07th Expansion)の舞台として設定された架空の村落である。時代設定は昭和58年であり、雛見沢には古い村社会の風習が残されている。 山奥の寒村で人口は約2000人。豊かな自然環境を持つ。被差別村落であったことや、村を沈めることになるダム建設計画に村ぐるみで反対運動をおこなった経緯から、村人間の連帯は非常に強い。古い風習により村の運営は御三家とよばれる一族の合議で定められる。とくに、その一つ園崎家が政治面、経済面で主導権を握り、実質的に村を支配している。 神社の祭神、オヤシロさまへの信仰が村人に浸透している。過去4年連続で、毎年一人死に、一人が消える連続怪死事件が起きており、その被害者はみな村の敵とみなされうる人物であったことから、村人はオヤシロさまの祟りとして畏れている。 園崎家の支配や祟りへの畏れから生まれた疑心暗鬼が5年目の事件に深く関わってくることになる。『ひぐらしのなく頃に』ではこの5年目の事件の顛末が描かれる。物語は本編8編と追加の作品群からなり、各編は同じ場所、同じ時間で異なる展開・結末となる事件を描くが、いくつかの例外を除き村がガス災害で全滅することで、事件は多くの謎を抱えたまま迷宮入りとなる。 ●ひぐらしのなく頃に・・・本作品は人口2000人に満たない寂れた架空の村落、雛見沢村を舞台に、村にまつわる古い因習「綿流し」を軸にして起こる連続怪死・失踪事件を扱った連作式のミステリーである。読者に謎を提示する「出題編」4編と、事件の真相と謎に対する解答、つまり、事件の惨劇を回避するために人々は何をすべきだったのかが明らかになる「解答編」4編とで本編が構成される。 物語の舞台となる雛見沢村は村人の連帯が強固で一見平和な村に見えるが、ダム建設をめぐる村人間の対立は建設中止後もしこりを残している。また、6月に行われる夏祭り「綿流し」の日に毎年発生している、一人死んで一人消える奇怪な事件が起きていた。事件は村で祀る神、オヤシロさまの祟りとして村人に畏れられていた。事件が始まって5年目の昭和58年。少年前原圭一が雛見沢村に引っ越してくる。彼は持ち前の明るい性格で、新たな学校や友人に打ち解けていく。物語は平穏でゆったりとした日常のシーンから始まるが、進行していくにつれて違った趣きを見せてくる。そして、綿流しの日に5年目の事件が起き、不気味な出来事が発生するようになる。