Akiba88 決して前にないように日本を探検する

Nanzen-ji, Kyoto-shi Kyoto


左京区福地町86
Kyoto-shi, Kyoto 606-8435


南禅寺 は、京都市左京区南禅寺福地町にある、臨済宗南禅寺派大本山の寺院である。山号は瑞龍山、寺号は詳しくは太平興国南禅禅寺(たいへいこうこくなんぜんぜんじ)である。本尊は釈迦如来、開基(創立者)は亀山法皇、開山(初代住職)は無関普門(大明国師)。日本最初の勅願禅寺であり、京都五山および鎌倉五山の上におかれる別格扱いの寺院で、日本の全ての禅寺のなかで最も高い格式をもつ。歴史南禅寺の建立以前、この地には、後嵯峨天皇が文永元年(1264年)に造営した離宮の禅林寺殿(ぜんりんじどの)があった。「禅林寺殿」の名は、南禅寺の北に現存する浄土宗西山禅林寺派総本山の禅林寺(永観堂)に由来する。この離宮は「上の御所」と「下の御所」に分かれ、うち「上の御所」に建設された持仏堂を「南禅院」と称した。現存する南禅寺の別院・南禅院はその後身である。亀山上皇は正応2年(1289年)、40歳の時に落飾(出家)して法皇となった。2年後の正応4年(1291年)、法皇は禅林寺殿を寺にあらため、当時80歳の無関普門を開山として、これを龍安山禅林禅寺と名づけた。伝承によれば、この頃禅林寺殿に夜な夜な妖怪変化が出没して亀山法皇やお付きの官人たちを悩ませたが、無関普門が弟子を引き連れて禅林寺殿に入り、静かに座禅をしただけで妖怪変化は退散したので、亀山法皇は無関を開山に請じたという。無関普門は、信濃国の出身。東福寺開山の円爾に師事した後、40歳で宋に留学、10年以上も修行した後、弘長2年(1262年)帰国。70歳になるまで自分の寺を持たず修行に専念していたが、師の円爾の死にをうけて弘安4年(1281年)に東福寺の住持となった。その10年後の正応4年(1291年)に南禅寺の開山として招かれるが、間もなく死去する。開山の無関の死去に伴い、南禅寺伽藍の建設は実質的には二世住職の規庵祖円(南院国師)が指揮し、永仁7年(1299年)頃に寺観が整った。当初の「龍安山禅林禅寺」を「太平興国南禅禅寺」という寺号に改めたのは正安年間(1299 - 1302年)のことという。正中2年(1325年)には夢窓疎石が当寺に住している。

Buddhist Temple 近く Nanzen-ji

Nanzen-ji
Distance: 0.0 mi 詳しくは
左京区南禅寺福地町86
Kyoto-shi, Kyoto 606-8435

Nanzen-ji, or Zuiryusan Nanzen-ji, formerly Zenrin-ji, is a Zen Buddhist temple in Kyoto, Japan. Emperor Kameyama established it in 1291 on the site of his previous detached palace. It is also the headquarters of the Nanzen-ji branch of Rinzai Zen. The precincts of Nanzen-ji are a nationally designated Historic Site and the Hōjō gardens a Place of Scenic Beauty.HistoryNanzen-ji was founded in the middle Kamakura period (1291, or Shōō 4 in the Japanese era system). It was destroyed by fire in 1393, 1447, and 1467, rebuilt in 1597, and expanded in the Edo era. A large complex, it has varied over time between nine and twelve sub-temples.Zenkei Shibayama, who provided a popular commentary on the Mumonkan, was an abbot of the monastery.Significance in Zen BuddhismNanzen-ji is not itself considered one of the "five great Zen temples of Kyoto"; however, it does play an important role in the "Five Mountain System" which was modified from Chinese roots. is considered to be one of the so-called or "five great Zen temples of Kyoto", along with Shōkoku-ji, Kennin-ji, Tōfuku-ji, and Manju-ji. The head temple presiding over the Gozan in Kyoto is Nanzen-ji. After the completion of Shōkoku-ji by Ashikaga Yoshimitsu in 1386, a new ranking system was created with Nanzen-ji at the top and in a class of its own. Nanzen-ji had the title of "First Temple of The Land" and played a supervising role.

南禅寺
Distance: 0.1 mi 詳しくは
左京区南禅寺福地町
Kyoto-shi, Kyoto 606-8435

075-771-0365

南禅寺,日本京都一所佛教寺院,为临济宗南禅寺派大本山。正应四年为龟山天皇创建,首任住持为大明国师无关普门。南禅寺是日本最早的由皇室发愿建造的禅宗寺院,因此位列京都五山之上,为日本禅宗最高寺院。

Chion-in
Distance: 0.7 mi 詳しくは
市東山区新橋通大和大路東入三丁目林下町 400
Kyoto-shi, Kyoto 605-8686

075-531-2111

知恩院(ちおんいん)は、京都府京都市東山区にある浄土宗総本山の寺院。山号は華頂山(かちょうざん)。詳名は華頂山知恩教院大谷寺(かちょうざん ちおんきょういん おおたにでら)。本尊は法然上人像(本堂)および阿弥陀如来(阿弥陀堂)、開基(創立者)は法然である。浄土宗の宗祖・法然が後半生を過ごし、没したゆかりの地に建てられた寺院で、現在のような大規模な伽藍が建立されたのは、江戸時代以降である。徳川将軍家から庶民まで広く信仰を集め、今も京都の人々からは親しみを込めて「ちよいんさん」「ちおいんさん」と呼ばれている。なお他流で門跡に当たる当主住職を、知恩院では浄土門主(もんす)と呼ぶ。歴史知恩院は、浄土宗の宗祖・法然房源空(法然)が東山吉水(よしみず)、現在の知恩院勢至堂付近に営んだ草庵をその起源とする。法然は平安時代末期の長承2年(1133年)、美作国(岡山県)に生まれた。13歳で比叡山に上り、15歳で僧・源光のもとで得度(出家)する。18歳で比叡山でも奥深い山中にある西塔黒谷の叡空に師事し、源光と叡空の名前の1字ずつを取って法然房源空と改名した。法然は唐時代の高僧・善導の著作『観経疏』を読んで「専修念仏」の思想に開眼し、浄土宗の開宗を決意して比叡山を下りた。承安5年(1175年)、43歳の時であった。「専修念仏」とは、いかなる者も、一心に弥陀(阿弥陀如来)の名を唱え続ければ極楽往生できるとする思想である。この思想は旧仏教側から激しく糾弾され、攻撃の的となった。法然は建永2年(1207年)には讃岐国(香川県)に流罪となり、4年後の建暦元年(1211年)には許されて都に戻るが、翌年の1月、80歳で没した。

知恩院
Distance: 0.7 mi 詳しくは
東山区林下町400
Kyoto-shi, Kyoto 605-8686

075-531-2111

真正極楽寺 真如堂
Distance: 0.8 mi 詳しくは
左京区浄土寺真如町82
Kyoto-shi, Kyoto 606-8414

075-771-0915

青蓮院門跡
Distance: 0.7 mi 詳しくは
東山区粟田口三条坊町69-1
Kyoto-shi, Kyoto 605-0035

075-561-2345

知恩院 / Chion-in Temple
Distance: 0.8 mi 詳しくは
東山区林下町400
Kyoto-shi, Kyoto 605-8686

075-531-2111

Eikan-dō Zenrin-ji
Distance: 0.2 mi 詳しくは
Sakyo-ku, Eikando-cho 48
Kyoto-shi, Kyoto 606-8445

For other temples by similar names, see Zenrin-ji.Eikan-dō Zenrin-ji (永観堂禅林寺) is the head temple for the Seizan branch of Japan's Jōdo-shū (Pure Land) Buddhist sect, located in Kyoto, Sakyō-ku. It was founded by Shinshō, a pupil of Kūkai, and is famous for its fall foliage and for its prominence in the past as a center of learning.NamesThe temple is commonly referred to as either just "Eikan-dō" or "Zenrin-ji" . However, it also has two other names. "Shōju-raigō-san" translates roughly to "Mountain of going across to the saints", while "Muryōsu-in" means roughly "Temple of Immeasurable Fortune".HistoryThe temple got its start when Kūkai's pupil, the monk Shinshō, aspired to found a temple for the worship of the Gochi Nyorai, or Five Wisdom Buddhas. In 853, he purchased the mansion of Fujiwara no Sekio for this purpose. The construction of temples was forbidden in Kyoto at the time, however, and so it was not until ten years later, when formal Imperial approval was granted by Emperor Seiwa, that the Zenrin-ji was formally founded.Though originally devoted to the Shingon sect, beginning in the time of Yōkan (永観, 1033-1111), the seventh head monk, the temple began to shift towards Jōdo-shū, a sect formally established roughly a century later in 1175. Yōkan had trained in a number of temples of different disciplines in Nara, and was a passionate devotee of the Amida Buddha. In 1072, he established a Yakuō-in (薬王院) on the grounds, which organized giving to the needy and caring for the ill. He also introduced the practice of Nenbutsu, a Chinese practice which was quite new in Japan, into the temple, and cultivated its observance among the monks and devotees.

京都永觀堂
Distance: 0.3 mi 詳しくは
左京区永観堂町48
Kyoto-shi, Kyoto 606-8445

045-511-5311

金戒光明寺
Distance: 0.7 mi 詳しくは
左京区田中門前町103
Kyoto-shi, Kyoto 606-8331

075-781-9171

青蓮院青龍殿
Distance: 0.7 mi 詳しくは
山科区厨子奥花鳥町 28
Kyoto-shi, Kyoto 607-8456

075-771-0390

Shōren-in
Distance: 0.7 mi 詳しくは
東山区粟田口三条坊町69-1
Kyoto-shi, Kyoto

075-561-2345

青蓮院(しょうれんいん)は、京都市東山区粟田口(あわたぐち)三条坊町にある天台宗の寺院。青蓮院門跡(しょうれんいんもんぜき)とも称する。山号はなし。開基(創立者)は伝教大師最澄、本尊は熾盛光如来(しじょうこうにょらい)である。現在の門主(住職)は、旧伯爵東伏見家出身の東伏見慈晃。概要青蓮院は、梶井(現在の三千院)、妙法院と共に、天台宗の三門跡寺院とされる。「門跡寺院」とは皇室や摂関家の子弟が入寺する寺院のことであり、青蓮院は多くの法親王・入道親王(皇族出身で親王の称号を与えられた僧侶)が門主(住職)を務め、格式を誇ってきた。江戸時代に仮御所となったことがあるため「粟田御所」の称もある。日本三不動の1つ「青不動」のある寺としても知られる。歴史梶井、妙法院などとともに、青蓮院も比叡山上にあった房(坊)と呼ばれる小寺院がその起源となっている。青蓮院は比叡山東塔の南谷にあった青蓮坊がその起源であり、門跡寺院となって山下に移ったのは平安時代末期の行玄大僧正の時である。久安6年(1150年)に鳥羽上皇の皇后美福門院は青蓮院を祈願所とした頃から寺格が上がり始め、鳥羽上皇の第七皇子覚快法親王が行玄の弟子として入寺してより後は、皇家や摂家の子弟が門主を務める格式高い寺院となった。山下へ移転した当初は現在地のやや北西にあたる三条白川の地にあったが、河川の氾濫を避けて鎌倉時代に高台の現在地へ移った。ここにはもと十楽院という寺があり、青蓮院の南東にある花園天皇陵は「十楽院上陵」(じゅうらくいんのうえのみささぎ)と呼ばれている。歴代住職のうち、第三世門主の慈鎮和尚慈円は歴史書『愚管抄』の著者として著名である。慈円は関白藤原忠通の子で、歌人としても知られ、天台座主を4度にわたって務めている。また第十七世門主の尊円法親王は伏見天皇の第六皇子で、名筆家として知られる。尊円法親王の書風は「青蓮院流」と呼ばれ、江戸時代に広く普及した和様書風「御家流」の源流である。

南禅寺 天授庵 / Tenjuan Temple
Distance: 0.1 mi 詳しくは
左京区南禅寺福地町86-8
Kyoto-shi, Kyoto 606-8435

075-771-0744

Shōren-in
Distance: 0.7 mi 詳しくは
東山区粟田口三条坊町69-1
Kyoto-shi, Kyoto

075-561-2345

Shōren-in is a Buddhist temple in Kyoto, Japan. Also known as the Awata Palace, it was built in the late 13th century. Shinran Shonin, the founder of the Jodo Shinshu pure land sect, was ordained a monk at Shōren-in at the age of nine.Shōren-in was formerly the temple of the imperial abbot of the Tendai headquarters on Mount Hiei; the abbot was required to be chosen from the imperial family or high court aristocracy. After the Great Kyoto Fire of 1788, it was used as a temporary imperial palace. The main hall was rebuilt in 1895.The temple complex contains a garden with massive eight-hundred-year-old camphor trees (kusunoki), and a pond filled with large stones and fed by a small waterfall.

Chion-in
Distance: 0.7 mi 詳しくは
市東山区新橋通大和大路東入三丁目林下町 400
Kyoto-shi, Kyoto 605-8686

075-531-2111

Chion-in in Higashiyama-ku, Kyoto, Japan is the headquarters of the Jōdo-shū (Pure Land Sect) founded by Hōnen (1133–1212), who proclaimed that sentient beings are reborn in Amida Buddha's Western Paradise (Pure Land) by reciting the nembutsu, Amida Buddha's name.The vast compounds of Chion-in include the site where Hōnen settled to disseminate his teachings and the site where he died.HistoryThe original temple was built in 1234 by Hōnen's disciple, Genchi in memory of his master and was named Chion-in. While the temple was affiliated more closely in the early years with the Seizan branch of Jodo Shu, its 8th head priest, Nyoichi was deeply influenced by the priest Ryōkū, a disciple of Ryōchū who was the 3rd head of the Chinzei branch of Jōdo-shū Buddhism, and disciple of Bencho. Later Nyoichi's successor Shunjō advanced this further by citing a biography where Genchi's disciple Renjaku-bo and Ryōchū agree that there existed no doctrinal differences between them:By 1450, Chion-in had become fully under control of the Chinzei branch, but had little direct control, due to the outbreak of the Onin War. Numerous buildings in the complex were burnt down in 1633, but were entirely rebuilt by the third Tokugawa Shogun Iemitsu with the palatial structures that stand today.

南禅寺 水路閣
Distance: 0.0 mi 詳しくは
左京区南禅寺福地町86
Kyoto-shi, Kyoto 606-8435

Nanzenji Temple, Kyoto
Distance: 0.1 mi 詳しくは
English address: 86 Fukuchi-cho, Nanzen-ji, Sakyo-ku
Kyoto-shi, Kyoto

075-771-0365

真如堂本坊
Distance: 0.8 mi 詳しくは
左京区浄土寺真如町 82
Kyoto-shi, Kyoto 606-8414

075-771-0915

Chion-in
Distance: 0.7 mi 詳しくは
市東山区新橋通大和大路東入三丁目林下町 400
Kyoto-shi, Kyoto 605-8686

075-531-2111

知恩院(ちおんいん)是位在日本京都府京都市東山區的寺院,淨土宗總本山。山號「華頂山」(かちょうざん)。本尊法然上人像(本堂)及阿彌陀如來(阿彌陀堂)、開基(創立者)為法然。知恩院七不思議鶯張之廊下御影堂至大方丈・小方丈約550m的廊下,安靜歩行時有類似鶯鳴之聲,所以稱作「鶯張之廊下」。白木之棺三門樓上置有二個白木之棺,其中收納傳說受將軍家之命,負責營造三門,但是在三門完成後,因工事預算超過而自刃的大工棟梁・五味金右衛門夫婦自作的木像。忘傘傳說傘是名工・左甚五郎為了驅魔置於御影堂正面軒下、或是白狐的化身・濡髪童子所放置,用來防止知恩院發生火災。抜雀狩野信政描繪的大方丈菊之間的襖繪,萬壽菊之上有數隻的雀,傳說因過於逼真,雀得到生命而飛去。三方正面真向之猫大方丈廊下的杉戶有狩野信政的猫之繪,任何人從任何方向看,都像從正面觀看,所以稱作「三方正面真向之猫」。大杓子三好清海入道在大坂夏之陣之時為兵士盛飯的杓子,象徵阿彌陀佛的大慈悲救濟一切衆生。瓜生石在往黑門的路上,知恩院建立前就存在的大石,傳說一夜之間,瓜藤從石中蔓延,開花、結實。關連項目淨土宗教校外部連結 知恩院

南禅寺 三門
Distance: 0.1 mi 詳しくは
南禅寺福地町京都府京都市左京区
Kyoto-shi, Kyoto 606-8435

青蓮院将軍塚大日堂
Distance: 0.7 mi 詳しくは
山科区厨子奥花鳥町 28
Kyoto-shi, Kyoto

075-771-0390

大豊神社
Distance: 0.5 mi 詳しくは
左京区鹿ケ谷宮ノ前町1
Kyoto-shi, Kyoto 606-8424

075-771-1351

黒谷 金戒光明寺
Distance: 0.6 mi 詳しくは
左京区黒谷町121
Kyoto-shi, Kyoto 606-8331

075-771-2204

Konchi-In Temple
Distance: 0.2 mi 詳しくは
左京区南禅寺福地町86-12
Kyoto-shi, Kyoto

075-771-3511

岡崎別院
Distance: 0.5 mi 詳しくは
京都市左京区岡崎天王町26
Kyoto-shi, Kyoto 606-8335

075-771-2921

方丈庭園 南禅寺
Distance: 0.0 mi 詳しくは
左京区南禅寺福地町
Kyoto-shi, Kyoto 606-8435

075-771-0365

Kyoto Shinnyodo
Distance: 0.6 mi 詳しくは
左京区浄土寺真如町82
Kyoto-shi, Kyoto 606-8414

075-771-0915

金剛寺
Distance: 0.7 mi 詳しくは
篠原195
Kyoto-shi, Kyoto

真宗大谷派岡崎別院
Distance: 0.5 mi 詳しくは
左京区岡崎天王町26
Kyoto-shi, Kyoto 606-8335

禅華院
Distance: 0.4 mi 詳しくは
左京区修学院烏丸町20
Kyoto-shi, Kyoto

075-781-2609

Historical Place 近く Nanzen-ji

Kiyomizu-dera
Distance: 1.2 mi 詳しくは
東山区清水1丁目294
Kyoto-shi, Kyoto 605-0862

075-551-1234

, officially Otowa-san Kiyomizu-dera is an independent Buddhist temple in eastern Kyoto. The temple is part of the Historic Monuments of Ancient Kyoto (Kyoto, Uji and Otsu Cities) UNESCO World Heritage site. It was one of 20 finalists for the New7Wonders of the World.The place is not to be confused with Kiyomizu-dera in Yasugi, Shimane, which is part of the 33-temple route of the Chūgoku 33 Kannon Pilgrimage through western Japan, or the Kiyozumi-dera temple associated with the Buddhist priest Nichiren.HistoryKiyomizu-dera was founded in the early Heian period. The temple was founded in 778 by Sakanoue no Tamuramaro, and its present buildings were constructed in 1633, ordered by the Tokugawa Iemitsu. There is not a single nail used in the entire structure. It takes its name from the waterfall within the complex, which runs off the nearby hills. Kiyomizu means clear water, or pure water.It was originally affiliated with the old and influential Hossō sect dating from Nara times. However, in 1965 it severed that affiliation, and its present custodians call themselves members of the "Kitahossō" sect.PresentThe main hall has a large veranda, supported by tall pillars, that juts out over the hillside and offers impressive views of the city. Large verandas and main halls were constructed at many popular sites during the Edo period to accommodate large numbers of pilgrims.

平安神宮 The Heian Shrine
Distance: 0.7 mi 詳しくは
岡崎西天王町
Kyoto-shi, Kyoto 606-8341

075-761-0221

清水寺 / Kiyomizu Temple
Distance: 1.3 mi 詳しくは
東山区清水1-294
Kyoto-shi, Kyoto 605-0862

075-551-1234

円山公園 / Maruyama Park
Distance: 0.9 mi 詳しくは
東山区円山町473
Kyoto-shi, Kyoto 605-0071

011-621-0453

Ginkaku-ji
Distance: 1.1 mi 詳しくは
2 Ginkakuji-chō, Sakyō-ku, Kyōto, Kyoto Prefecture
Kyoto-shi, Kyoto 606-8402

075-771-5725

Ginkaku-ji, officially named Jishō-ji, is a Zen temple in the Sakyo ward of Kyoto, Japan. It is one of the constructions that represents the Higashiyama Culture of the Muromachi period.HistoryAshikaga Yoshimasa initiated plans for creating a retirement villa and gardens as early as 1460; and after his death, Yoshimasa would arrange for this property to become a Zen temple. The temple is today associated with the Shokoku-ji branch of Rinzai Zen.The two-storied Kannon-den, is the main temple structure. Its construction began February 21, 1482 (Bummei 14, 4th day of the 2nd month). The structure's design sought to emulate the golden Kinkaku-ji which had been commissioned by his grandfather Ashikaga Yoshimitsu. It is popularly known as Ginkaku, the "Silver Pavilion" because of the initial plans to cover its exterior in silver foil; but this familiar nickname dates back only as far as the Edo period (1600–1868).During the Ōnin War, construction was halted. Despite Yoshimasa's intention to cover the structure with a distinctive silver-foil overlay, this work was delayed for so long that the plans were never realized before Yoshimasa's death. The present appearance of the structure is understood to be the same as when Yoshimasa himself last saw it. This "unfinished" appearance illustrates one of the aspects of "wabi-sabi" quality.

清水寺 
Distance: 1.3 mi 詳しくは
東山区清水1-294
Kyoto-shi, Kyoto 605-0862

075-551-1234

清水寺 / Kiyomizu Temple, Kyoto
Distance: 1.3 mi 詳しくは
東山区清水1
Kyoto-shi, Kyoto 605-0862

075-551-1234

蹴上インクライン
Distance: 0.3 mi 詳しくは
左京区粟田口山下町~南禅寺草川町
Kyoto-shi, Kyoto 605-0044

銀閣寺
Distance: 1.1 mi 詳しくは
左京区銀閣寺町2
Kyoto-shi, Kyoto 606-8402

075-771-5725

Chion-in
Distance: 0.7 mi 詳しくは
市東山区新橋通大和大路東入三丁目林下町 400
Kyoto-shi, Kyoto 605-8686

075-531-2111

知恩院(ちおんいん)は、京都府京都市東山区にある浄土宗総本山の寺院。山号は華頂山(かちょうざん)。詳名は華頂山知恩教院大谷寺(かちょうざん ちおんきょういん おおたにでら)。本尊は法然上人像(本堂)および阿弥陀如来(阿弥陀堂)、開基(創立者)は法然である。浄土宗の宗祖・法然が後半生を過ごし、没したゆかりの地に建てられた寺院で、現在のような大規模な伽藍が建立されたのは、江戸時代以降である。徳川将軍家から庶民まで広く信仰を集め、今も京都の人々からは親しみを込めて「ちよいんさん」「ちおいんさん」と呼ばれている。なお他流で門跡に当たる当主住職を、知恩院では浄土門主(もんす)と呼ぶ。歴史知恩院は、浄土宗の宗祖・法然房源空(法然)が東山吉水(よしみず)、現在の知恩院勢至堂付近に営んだ草庵をその起源とする。法然は平安時代末期の長承2年(1133年)、美作国(岡山県)に生まれた。13歳で比叡山に上り、15歳で僧・源光のもとで得度(出家)する。18歳で比叡山でも奥深い山中にある西塔黒谷の叡空に師事し、源光と叡空の名前の1字ずつを取って法然房源空と改名した。法然は唐時代の高僧・善導の著作『観経疏』を読んで「専修念仏」の思想に開眼し、浄土宗の開宗を決意して比叡山を下りた。承安5年(1175年)、43歳の時であった。「専修念仏」とは、いかなる者も、一心に弥陀(阿弥陀如来)の名を唱え続ければ極楽往生できるとする思想である。この思想は旧仏教側から激しく糾弾され、攻撃の的となった。法然は建永2年(1207年)には讃岐国(香川県)に流罪となり、4年後の建暦元年(1211年)には許されて都に戻るが、翌年の1月、80歳で没した。

長楽館
Distance: 1.0 mi 詳しくは
東山区八坂鳥居前東入円山町604 (604 Maruyama-cho, Yasaka Torii-mae Higashi-iru, Higashiyama-ku)
Kyoto-shi, Kyoto 605-0071

075-561-0001

青蓮院門跡
Distance: 0.7 mi 詳しくは
東山区粟田口三条坊町69-1
Kyoto-shi, Kyoto 605-0035

075-561-2345

水路閣
Distance: 0.0 mi 詳しくは
〒606-8435 京都府 京都市左京区南禅寺福地町86
Kyoto-shi, Kyoto 606-8435

圓徳院
Distance: 1.1 mi 詳しくは
東山区高台寺下河原町530
Kyoto-shi, Kyoto 605-0825

075-525-0101

Shōren-in
Distance: 0.7 mi 詳しくは
東山区粟田口三条坊町69-1
Kyoto-shi, Kyoto

075-561-2345

青蓮院(しょうれんいん)は、京都市東山区粟田口(あわたぐち)三条坊町にある天台宗の寺院。青蓮院門跡(しょうれんいんもんぜき)とも称する。山号はなし。開基(創立者)は伝教大師最澄、本尊は熾盛光如来(しじょうこうにょらい)である。現在の門主(住職)は、旧伯爵東伏見家出身の東伏見慈晃。概要青蓮院は、梶井(現在の三千院)、妙法院と共に、天台宗の三門跡寺院とされる。「門跡寺院」とは皇室や摂関家の子弟が入寺する寺院のことであり、青蓮院は多くの法親王・入道親王(皇族出身で親王の称号を与えられた僧侶)が門主(住職)を務め、格式を誇ってきた。江戸時代に仮御所となったことがあるため「粟田御所」の称もある。日本三不動の1つ「青不動」のある寺としても知られる。歴史梶井、妙法院などとともに、青蓮院も比叡山上にあった房(坊)と呼ばれる小寺院がその起源となっている。青蓮院は比叡山東塔の南谷にあった青蓮坊がその起源であり、門跡寺院となって山下に移ったのは平安時代末期の行玄大僧正の時である。久安6年(1150年)に鳥羽上皇の皇后美福門院は青蓮院を祈願所とした頃から寺格が上がり始め、鳥羽上皇の第七皇子覚快法親王が行玄の弟子として入寺してより後は、皇家や摂家の子弟が門主を務める格式高い寺院となった。山下へ移転した当初は現在地のやや北西にあたる三条白川の地にあったが、河川の氾濫を避けて鎌倉時代に高台の現在地へ移った。ここにはもと十楽院という寺があり、青蓮院の南東にある花園天皇陵は「十楽院上陵」(じゅうらくいんのうえのみささぎ)と呼ばれている。歴代住職のうち、第三世門主の慈鎮和尚慈円は歴史書『愚管抄』の著者として著名である。慈円は関白藤原忠通の子で、歌人としても知られ、天台座主を4度にわたって務めている。また第十七世門主の尊円法親王は伏見天皇の第六皇子で、名筆家として知られる。尊円法親王の書風は「青蓮院流」と呼ばれ、江戸時代に広く普及した和様書風「御家流」の源流である。

Shōren-in
Distance: 0.7 mi 詳しくは
東山区粟田口三条坊町69-1
Kyoto-shi, Kyoto

075-561-2345

Shōren-in is a Buddhist temple in Kyoto, Japan. Also known as the Awata Palace, it was built in the late 13th century. Shinran Shonin, the founder of the Jodo Shinshu pure land sect, was ordained a monk at Shōren-in at the age of nine.Shōren-in was formerly the temple of the imperial abbot of the Tendai headquarters on Mount Hiei; the abbot was required to be chosen from the imperial family or high court aristocracy. After the Great Kyoto Fire of 1788, it was used as a temporary imperial palace. The main hall was rebuilt in 1895.The temple complex contains a garden with massive eight-hundred-year-old camphor trees (kusunoki), and a pond filled with large stones and fed by a small waterfall.

白沙村荘 橋本関雪記念館
Distance: 1.1 mi 詳しくは
左京区浄土寺石橋町37
Kyoto-shi, Kyoto 606-8406

075-751-0446

Ginkaku-ji
Distance: 1.1 mi 詳しくは
2 Ginkakuji-chō, Sakyō-ku, Kyōto, Kyoto Prefecture
Kyoto-shi, Kyoto 606-8402

075-771-5725

Le est un temple bouddhiste situé dans le quartier de Higashiyama à Kyōto au Japon.HistoriqueBien que connu sous le nom de Ginkaku-ji, le nom officiel du temple est. Il a été construit en 1482 par le shogun Ashikaga Yoshimasa, qui voulait rivaliser avec Kinkaku-ji, le pavillon d'or, construit par son grand-père Ashikaga Yoshimitsu. Son intention était de couvrir le pavillon d'argent, mais à cause de l'intensification de la guerre Onin, qui avait éclaté quelques années plus tôt, en 1467, la construction a été arrêtée et le pavillon n'a jamais été couvert d'argent. Le bâtiment, qui devait être un monument ostentatoire, est maintenant pris en exemple pour montrer le raffinement dans la simplicité de la culture japonaise. Beaucoup de Japonais pensent qu'il est plus beau que son homologue doré.Comme le Kinkaku-ji, le Ginkaku-ji a été construit pour servir de retraite de calme et de solitude pour le Shogun. Pendant son règne en tant que Shogun, Ashikaga Yoshimasa a donné un nouvel élan à la culture traditionnelle, maintenant connue sous le nom de Higashiyama Bunka, la Culture de la Montagne de l'Est. S'étant retiré dans sa villa, il est dit que Yoshimasa s'asseyait dans le pavillon, contemplant le calme et la beauté des jardins, pendant que la guerre Onin empirait et réduisait Kyôto en cendres. En 1485, Yoshimasa devint un moine bouddhiste zen et après sa mort le temple devint un temple nommé Joshoji.

五重塔
Distance: 1.2 mi 詳しくは
東山区八坂通下河原東入八坂上町388
Kyoto-shi, Kyoto 605-0827

075-551-2417

京都霊山護国神社(木戸孝允・坂本龍馬など維新志士の墓)
Distance: 1.0 mi 詳しくは
東山区清閑寺霊山町1
Kyoto-shi, Kyoto 605-0861

(075)561-7124

天智天皇陵
Distance: 1.2 mi 詳しくは
山科区御陵上御廟野町
Kyoto-shi, Kyoto 607-8425

宗忠神社
Distance: 1.0 mi 詳しくは
京都市左京区吉田下大路町63
Kyoto-shi, Kyoto 606-8314

075-771-2700

龍馬の墓
Distance: 1.1 mi 詳しくは
東山区清閑寺霊山町1
Kyoto-shi, Kyoto 605-0861

075-561-7124

Landmark 近く Nanzen-ji

平安神宮 The Heian Shrine
Distance: 0.7 mi 詳しくは
岡崎西天王町
Kyoto-shi, Kyoto 606-8341

075-761-0221

Nanzen-ji
Distance: 0.0 mi 詳しくは
左京区南禅寺福地町86
Kyoto-shi, Kyoto 606-8435

Nanzen-ji, or Zuiryusan Nanzen-ji, formerly Zenrin-ji, is a Zen Buddhist temple in Kyoto, Japan. Emperor Kameyama established it in 1291 on the site of his previous detached palace. It is also the headquarters of the Nanzen-ji branch of Rinzai Zen. The precincts of Nanzen-ji are a nationally designated Historic Site and the Hōjō gardens a Place of Scenic Beauty.HistoryNanzen-ji was founded in the middle Kamakura period (1291, or Shōō 4 in the Japanese era system). It was destroyed by fire in 1393, 1447, and 1467, rebuilt in 1597, and expanded in the Edo era. A large complex, it has varied over time between nine and twelve sub-temples.Zenkei Shibayama, who provided a popular commentary on the Mumonkan, was an abbot of the monastery.Significance in Zen BuddhismNanzen-ji is not itself considered one of the "five great Zen temples of Kyoto"; however, it does play an important role in the "Five Mountain System" which was modified from Chinese roots. is considered to be one of the so-called or "five great Zen temples of Kyoto", along with Shōkoku-ji, Kennin-ji, Tōfuku-ji, and Manju-ji. The head temple presiding over the Gozan in Kyoto is Nanzen-ji. After the completion of Shōkoku-ji by Ashikaga Yoshimitsu in 1386, a new ranking system was created with Nanzen-ji at the top and in a class of its own. Nanzen-ji had the title of "First Temple of The Land" and played a supervising role.

Nanzen-ji
Distance: 0.0 mi 詳しくは
左京区南禅寺福地町86
Kyoto-shi, Kyoto 606-8435

Nanzen-ji, or Zuiryusan Nanzen-ji, formerly Zenrin-ji, is a Zen Buddhist temple in Kyoto, Japan. Emperor Kameyama established it in 1291 on the site of his previous detached palace. It is also the headquarters of the Nanzen-ji branch of Rinzai Zen. The precincts of Nanzen-ji are a nationally designated Historic Site and the Hōjō gardens a Place of Scenic Beauty.HistoryNanzen-ji was founded in the middle Kamakura period (1291, or Shōō 4 in the Japanese era system). It was destroyed by fire in 1393, 1447, and 1467, rebuilt in 1597, and expanded in the Edo era. A large complex, it has varied over time between nine and twelve sub-temples.Zenkei Shibayama, who provided a popular commentary on the Mumonkan, was an abbot of the monastery.Significance in Zen BuddhismNanzen-ji is not itself considered one of the "five great Zen temples of Kyoto"; however, it does play an important role in the "Five Mountain System" which was modified from Chinese roots. is considered to be one of the so-called or "five great Zen temples of Kyoto", along with Shōkoku-ji, Kennin-ji, Tōfuku-ji, and Manju-ji. The head temple presiding over the Gozan in Kyoto is Nanzen-ji. After the completion of Shōkoku-ji by Ashikaga Yoshimitsu in 1386, a new ranking system was created with Nanzen-ji at the top and in a class of its own. Nanzen-ji had the title of "First Temple of The Land" and played a supervising role.

Heian Shrine
Distance: 0.8 mi 詳しくは
左京区岡崎西天王町
Kyoto-shi, Kyoto

075-761-0221

平安神宮(へいあんじんぐう)は、京都府京都市左京区にある神社である。旧社格は官幣大社、勅祭社。現在は神社本庁の別表神社。歴史1895年(明治28年)4月1日に平安遷都1100年を記念して京都で開催された内国勧業博覧会の目玉として平安京遷都当時の大内裏の一部復元が計画された。当初は実際に大内裏があった千本丸太町に朱雀門が位置するように計画されたが、用地買収に失敗し、当時は郊外であった岡崎に実物の8分の5の規模で復元された。博覧会に先立つ3月15日には、平安遷都を行った天皇であった第50代桓武天皇を祀る神社として創祀された。皇紀2600年にあたる1940年(昭和15年)に、平安京で過ごした最後の天皇である第121代孝明天皇が祭神に加えられた。平安神宮では、京都を守る四神の御守が授与されている。1976年(昭和51年)1月6日、火災(平安神宮放火事件)が発生し本殿・内拝殿など9棟が炎上、焼失した。ただし、外拝殿である大極殿は延焼をまぬがれている。創建が比較的新しかったことから、当時はこれらの建物は文化財指定を受けていなかったため、再建のための国からの補助金が見込めなかった。しかし、全国からの募金により、本殿や内拝殿は3年後に再建された。この火災は、後に日本の新左翼活動家加藤三郎の犯行と判明した。社殿社殿は平安京の大内裏の正庁である朝堂院(八省院)を縮小(長さ比で約8分の5)して復元したものである。大きく赤く光る朱色が特徴的な正面の門は、朝堂院の應天門を模している。その内側の左右の殿舎は朝集堂の再現である。外拝殿は朝堂院の正殿である大極殿(左右には蒼龍楼と白虎楼が付属する)を模している。

Heian Shrine
Distance: 0.8 mi 詳しくは
左京区岡崎西天王町
Kyoto-shi, Kyoto

075-761-0221

平安神宮(へいあんじんぐう)は、京都府京都市左京区にある神社である。旧社格は官幣大社、勅祭社。現在は神社本庁の別表神社。歴史1895年(明治28年)4月1日に平安遷都1100年を記念して京都で開催された内国勧業博覧会の目玉として平安京遷都当時の大内裏の一部復元が計画された。当初は実際に大内裏があった千本丸太町に朱雀門が位置するように計画されたが、用地買収に失敗し、当時は郊外であった岡崎に実物の8分の5の規模で復元された。博覧会に先立つ3月15日には、平安遷都を行った天皇であった第50代桓武天皇を祀る神社として創祀された。皇紀2600年にあたる1940年(昭和15年)に、平安京で過ごした最後の天皇である第121代孝明天皇が祭神に加えられた。平安神宮では、京都を守る四神の御守が授与されている。1976年(昭和51年)1月6日、火災(平安神宮放火事件)が発生し本殿・内拝殿など9棟が炎上、焼失した。ただし、外拝殿である大極殿は延焼をまぬがれている。創建が比較的新しかったことから、当時はこれらの建物は文化財指定を受けていなかったため、再建のための国からの補助金が見込めなかった。しかし、全国からの募金により、本殿や内拝殿は3年後に再建された。この火災は、後に日本の新左翼活動家加藤三郎の犯行と判明した。社殿社殿は平安京の大内裏の正庁である朝堂院(八省院)を縮小(長さ比で約8分の5)して復元したものである。大きく赤く光る朱色が特徴的な正面の門は、朝堂院の應天門を模している。その内側の左右の殿舎は朝集堂の再現である。外拝殿は朝堂院の正殿である大極殿(左右には蒼龍楼と白虎楼が付属する)を模している。

南禅寺
Distance: 0.1 mi 詳しくは
左京区南禅寺福地町
Kyoto-shi, Kyoto 606-8435

075-771-0365

南禅寺,日本京都一所佛教寺院,为临济宗南禅寺派大本山。正应四年为龟山天皇创建,首任住持为大明国师无关普门。南禅寺是日本最早的由皇室发愿建造的禅宗寺院,因此位列京都五山之上,为日本禅宗最高寺院。

Heian Shrine
Distance: 0.8 mi 詳しくは
京都府京都市左京区岡崎西天王町
Kyoto-shi, Kyoto 606-8341

075-761-0221

平安神宮(へいあんじんぐう),位于京都府京都市左京区的神社。旧社格为官币大社、勅祭社。現在是神社本廳的別表神社。历史1895年(明治28年)3月15日,平安遷都平安京1100年,为祭祀当時的天皇第50代桓武天皇而创建的神社。皇紀2600年(1940年,昭和15年),平安京最后的天皇第121代孝明天皇加封祭神。平安神宫是授予守卫京都四神御守的地方。1976年1月6日因火灾,本殿、內拜殿等9栋建筑起火焚毁。由于被指定为文化遗产的时间较短,无法从国家得到补助金,便利用全国的募金于3年後再度建成。这次火灾,后来判定是过激派放火所为,肇事者被逮捕。附近建筑平安神宮周邊配备有岡崎公園及文化区。相隔大鳥居,西面有京都府立图书馆、京都国立近代美术馆、京都会馆,东面有京都市美术馆、京都市动物园。交通方式在京阪鴨東線 神宮丸太町驛乘车,到京都市營地下鐵東西線 東山驛下車。

Heian Shrine
Distance: 0.8 mi 詳しくは
京都府京都市左京区岡崎西天王町
Kyoto-shi, Kyoto 606-8341

075-761-0221

平安神宮(へいあんじんぐう),位于京都府京都市左京区的神社。旧社格为官币大社、勅祭社。現在是神社本廳的別表神社。历史1895年(明治28年)3月15日,平安遷都平安京1100年,为祭祀当時的天皇第50代桓武天皇而创建的神社。皇紀2600年(1940年,昭和15年),平安京最后的天皇第121代孝明天皇加封祭神。平安神宫是授予守卫京都四神御守的地方。1976年1月6日因火灾,本殿、內拜殿等9栋建筑起火焚毁。由于被指定为文化遗产的时间较短,无法从国家得到补助金,便利用全国的募金于3年後再度建成。这次火灾,后来判定是过激派放火所为,肇事者被逮捕。附近建筑平安神宮周邊配备有岡崎公園及文化区。相隔大鳥居,西面有京都府立图书馆、京都国立近代美术馆、京都会馆,东面有京都市美术馆、京都市动物园。交通方式在京阪鴨東線 神宮丸太町驛乘车,到京都市營地下鐵東西線 東山驛下車。

Nanzen-ji
Distance: 0.0 mi 詳しくは
京都府京都市左京区南禅寺福地町
Kyoto-shi, Kyoto 606-8435

南禅寺(なんぜんじ),日本京都一所佛教寺院,为临济宗南禅寺派大本山。正应四年(1291年)为龟山天皇创建,首任住持为大明国师无关普门。南禅寺是日本最早的由皇室发愿建造的禅宗寺院,因此位列京都五山之上,为日本禅宗最高寺院。關連項目東山 (京都府)禪林寺 (京都市)參考文獻『古寺巡礼京都12 南禅寺』(井上靖・塚本善隆 監修、杉森久英・勝平宗徹・桜井景雄 著、淡交社、1977年)『昭和京都名所図会 洛西』(竹村俊則 著、駸々堂、1983年)『週刊朝日百科 日本の国宝』68号(朝日新聞社、1998年)『日本歴史地名大系 京都市の地名』(平凡社)『角川日本地名大辞典 京都府』(角川書店)『国史大辞典』(吉川弘文館)外部链接南禅寺

Nanzen-ji
Distance: 0.0 mi 詳しくは
京都府京都市左京区南禅寺福地町
Kyoto-shi, Kyoto 606-8435

南禅寺(なんぜんじ),日本京都一所佛教寺院,为临济宗南禅寺派大本山。正应四年(1291年)为龟山天皇创建,首任住持为大明国师无关普门。南禅寺是日本最早的由皇室发愿建造的禅宗寺院,因此位列京都五山之上,为日本禅宗最高寺院。關連項目東山 (京都府)禪林寺 (京都市)參考文獻『古寺巡礼京都12 南禅寺』(井上靖・塚本善隆 監修、杉森久英・勝平宗徹・桜井景雄 著、淡交社、1977年)『昭和京都名所図会 洛西』(竹村俊則 著、駸々堂、1983年)『週刊朝日百科 日本の国宝』68号(朝日新聞社、1998年)『日本歴史地名大系 京都市の地名』(平凡社)『角川日本地名大辞典 京都府』(角川書店)『国史大辞典』(吉川弘文館)外部链接南禅寺

Kyoto Municipal Zoo
Distance: 0.5 mi 詳しくは
左京区岡崎法勝寺町
Kyoto-shi, Kyoto 606-8333

京都市動物園(きょうとしどうぶつえん)は、京都市左京区岡崎にある京都市立の動物園である。正式名称ではないが「岡崎動物園」と呼ばれることもある。周囲には平安神宮、南禅寺、ロームシアター京都、京都市美術館がある。繁殖に力を入れており、日本初の繁殖成功がたくさんある。繁殖繁殖には力を入れている。日本初の繁殖の成功例としては、哺乳類でライオン、トラ、ニシローランドゴリラ、シロテナガザル、ヨーロッパバイソン、鳥類でシュバシコウ、クロエリハクチョウ、ベニイロフラミンゴ、オオミズナギドリ、ムジヒメシャクケイ、爬虫類はフロリダニシキヘビ、アカアシガメがある。特に、ローランドゴリラでは日本初の繁殖に成功しただけでなく、2003年現在で日本で唯一の3世代飼育に成功している。施設と飼育動物2013年現在哺乳類アジアゾウ(「美都」)、カバ(「継美」)、キリン(「清水」「未来」「瓜生」)、グレビーシマウマ(「ライラ」「キララ」)、ミーアキャット、ブラジルバク(「カルロス」「ミノリ」)、オナガゴーラル(「ホンホン」)、ホンシュウジカ(「カエデ」)、ニシローランドゴリラ(「モモタロウ」「元気」「ゲンタロウ」)、チンパンジー(「コイコ」「タカシ」「ジェームス」「ニイニ」)、シロテテナガザル(「シロマティー」「クロマティー」)、マンドリル、ワオキツネザル、フサオマキザル、アカゲザル、アムールトラ(「アオイ」「オク」「ルイ」)、ライオン(「ナイル」「クリス」)、ツシマヤマネコ(「ミヤコ」)、エゾヒグマ(「愛」)、ニホンツキノワグマ(「サクラ」)、ヤブイヌ、ホンドギツネ、ニホンアナグマ、ニホンリス、ムササビ、カピバラ(「カリン」)、フタユビナマケモノ(「ほっこり」)

Chion-in
Distance: 0.7 mi 詳しくは
市東山区新橋通大和大路東入三丁目林下町 400
Kyoto-shi, Kyoto 605-8686

075-531-2111

知恩院(ちおんいん)は、京都府京都市東山区にある浄土宗総本山の寺院。山号は華頂山(かちょうざん)。詳名は華頂山知恩教院大谷寺(かちょうざん ちおんきょういん おおたにでら)。本尊は法然上人像(本堂)および阿弥陀如来(阿弥陀堂)、開基(創立者)は法然である。浄土宗の宗祖・法然が後半生を過ごし、没したゆかりの地に建てられた寺院で、現在のような大規模な伽藍が建立されたのは、江戸時代以降である。徳川将軍家から庶民まで広く信仰を集め、今も京都の人々からは親しみを込めて「ちよいんさん」「ちおいんさん」と呼ばれている。なお他流で門跡に当たる当主住職を、知恩院では浄土門主(もんす)と呼ぶ。歴史知恩院は、浄土宗の宗祖・法然房源空(法然)が東山吉水(よしみず)、現在の知恩院勢至堂付近に営んだ草庵をその起源とする。法然は平安時代末期の長承2年(1133年)、美作国(岡山県)に生まれた。13歳で比叡山に上り、15歳で僧・源光のもとで得度(出家)する。18歳で比叡山でも奥深い山中にある西塔黒谷の叡空に師事し、源光と叡空の名前の1字ずつを取って法然房源空と改名した。法然は唐時代の高僧・善導の著作『観経疏』を読んで「専修念仏」の思想に開眼し、浄土宗の開宗を決意して比叡山を下りた。承安5年(1175年)、43歳の時であった。「専修念仏」とは、いかなる者も、一心に弥陀(阿弥陀如来)の名を唱え続ければ極楽往生できるとする思想である。この思想は旧仏教側から激しく糾弾され、攻撃の的となった。法然は建永2年(1207年)には讃岐国(香川県)に流罪となり、4年後の建暦元年(1211年)には許されて都に戻るが、翌年の1月、80歳で没した。

青蓮院門跡
Distance: 0.7 mi 詳しくは
東山区粟田口三条坊町69-1
Kyoto-shi, Kyoto 605-0035

075-561-2345

平安神宮 神苑
Distance: 0.7 mi 詳しくは
左京区岡崎西天王町
Kyoto-shi, Kyoto 606-8341

075-761-0221

知恩院 / Chion-in Temple
Distance: 0.8 mi 詳しくは
東山区林下町400
Kyoto-shi, Kyoto 605-8686

075-531-2111

金戒光明寺
Distance: 0.7 mi 詳しくは
左京区田中門前町103
Kyoto-shi, Kyoto 606-8331

075-781-9171

Shōren-in
Distance: 0.7 mi 詳しくは
東山区粟田口三条坊町69-1
Kyoto-shi, Kyoto

075-561-2345

青蓮院(しょうれんいん)は、京都市東山区粟田口(あわたぐち)三条坊町にある天台宗の寺院。青蓮院門跡(しょうれんいんもんぜき)とも称する。山号はなし。開基(創立者)は伝教大師最澄、本尊は熾盛光如来(しじょうこうにょらい)である。現在の門主(住職)は、旧伯爵東伏見家出身の東伏見慈晃。概要青蓮院は、梶井(現在の三千院)、妙法院と共に、天台宗の三門跡寺院とされる。「門跡寺院」とは皇室や摂関家の子弟が入寺する寺院のことであり、青蓮院は多くの法親王・入道親王(皇族出身で親王の称号を与えられた僧侶)が門主(住職)を務め、格式を誇ってきた。江戸時代に仮御所となったことがあるため「粟田御所」の称もある。日本三不動の1つ「青不動」のある寺としても知られる。歴史梶井、妙法院などとともに、青蓮院も比叡山上にあった房(坊)と呼ばれる小寺院がその起源となっている。青蓮院は比叡山東塔の南谷にあった青蓮坊がその起源であり、門跡寺院となって山下に移ったのは平安時代末期の行玄大僧正の時である。久安6年(1150年)に鳥羽上皇の皇后美福門院は青蓮院を祈願所とした頃から寺格が上がり始め、鳥羽上皇の第七皇子覚快法親王が行玄の弟子として入寺してより後は、皇家や摂家の子弟が門主を務める格式高い寺院となった。山下へ移転した当初は現在地のやや北西にあたる三条白川の地にあったが、河川の氾濫を避けて鎌倉時代に高台の現在地へ移った。ここにはもと十楽院という寺があり、青蓮院の南東にある花園天皇陵は「十楽院上陵」(じゅうらくいんのうえのみささぎ)と呼ばれている。歴代住職のうち、第三世門主の慈鎮和尚慈円は歴史書『愚管抄』の著者として著名である。慈円は関白藤原忠通の子で、歌人としても知られ、天台座主を4度にわたって務めている。また第十七世門主の尊円法親王は伏見天皇の第六皇子で、名筆家として知られる。尊円法親王の書風は「青蓮院流」と呼ばれ、江戸時代に広く普及した和様書風「御家流」の源流である。

南禅寺 天授庵 / Tenjuan Temple
Distance: 0.1 mi 詳しくは
左京区南禅寺福地町86-8
Kyoto-shi, Kyoto 606-8435

075-771-0744

Shōren-in
Distance: 0.7 mi 詳しくは
東山区粟田口三条坊町69-1
Kyoto-shi, Kyoto

075-561-2345

Shōren-in is a Buddhist temple in Kyoto, Japan. Also known as the Awata Palace, it was built in the late 13th century. Shinran Shonin, the founder of the Jodo Shinshu pure land sect, was ordained a monk at Shōren-in at the age of nine.Shōren-in was formerly the temple of the imperial abbot of the Tendai headquarters on Mount Hiei; the abbot was required to be chosen from the imperial family or high court aristocracy. After the Great Kyoto Fire of 1788, it was used as a temporary imperial palace. The main hall was rebuilt in 1895.The temple complex contains a garden with massive eight-hundred-year-old camphor trees (kusunoki), and a pond filled with large stones and fed by a small waterfall.

Chion-in
Distance: 0.7 mi 詳しくは
市東山区新橋通大和大路東入三丁目林下町 400
Kyoto-shi, Kyoto 605-8686

075-531-2111

Chion-in in Higashiyama-ku, Kyoto, Japan is the headquarters of the Jōdo-shū (Pure Land Sect) founded by Hōnen (1133–1212), who proclaimed that sentient beings are reborn in Amida Buddha's Western Paradise (Pure Land) by reciting the nembutsu, Amida Buddha's name.The vast compounds of Chion-in include the site where Hōnen settled to disseminate his teachings and the site where he died.HistoryThe original temple was built in 1234 by Hōnen's disciple, Genchi in memory of his master and was named Chion-in. While the temple was affiliated more closely in the early years with the Seizan branch of Jodo Shu, its 8th head priest, Nyoichi was deeply influenced by the priest Ryōkū, a disciple of Ryōchū who was the 3rd head of the Chinzei branch of Jōdo-shū Buddhism, and disciple of Bencho. Later Nyoichi's successor Shunjō advanced this further by citing a biography where Genchi's disciple Renjaku-bo and Ryōchū agree that there existed no doctrinal differences between them:By 1450, Chion-in had become fully under control of the Chinzei branch, but had little direct control, due to the outbreak of the Onin War. Numerous buildings in the complex were burnt down in 1633, but were entirely rebuilt by the third Tokugawa Shogun Iemitsu with the palatial structures that stand today.

Chion-in
Distance: 0.7 mi 詳しくは
市東山区新橋通大和大路東入三丁目林下町 400
Kyoto-shi, Kyoto 605-8686

075-531-2111

知恩院(ちおんいん)是位在日本京都府京都市東山區的寺院,淨土宗總本山。山號「華頂山」(かちょうざん)。本尊法然上人像(本堂)及阿彌陀如來(阿彌陀堂)、開基(創立者)為法然。知恩院七不思議鶯張之廊下御影堂至大方丈・小方丈約550m的廊下,安靜歩行時有類似鶯鳴之聲,所以稱作「鶯張之廊下」。白木之棺三門樓上置有二個白木之棺,其中收納傳說受將軍家之命,負責營造三門,但是在三門完成後,因工事預算超過而自刃的大工棟梁・五味金右衛門夫婦自作的木像。忘傘傳說傘是名工・左甚五郎為了驅魔置於御影堂正面軒下、或是白狐的化身・濡髪童子所放置,用來防止知恩院發生火災。抜雀狩野信政描繪的大方丈菊之間的襖繪,萬壽菊之上有數隻的雀,傳說因過於逼真,雀得到生命而飛去。三方正面真向之猫大方丈廊下的杉戶有狩野信政的猫之繪,任何人從任何方向看,都像從正面觀看,所以稱作「三方正面真向之猫」。大杓子三好清海入道在大坂夏之陣之時為兵士盛飯的杓子,象徵阿彌陀佛的大慈悲救濟一切衆生。瓜生石在往黑門的路上,知恩院建立前就存在的大石,傳說一夜之間,瓜藤從石中蔓延,開花、結實。關連項目淨土宗教校外部連結 知恩院

日向大神宮
Distance: 0.3 mi 詳しくは
山科区日ノ岡一切経谷町29
Kyoto-shi, Kyoto 607-8491

075-761-6639

大豊神社
Distance: 0.5 mi 詳しくは
左京区鹿ケ谷宮ノ前町1
Kyoto-shi, Kyoto 606-8424

075-771-1351

若王子神社
Distance: 0.3 mi 詳しくは
左京区若王子町2
Kyoto-shi, Kyoto 606-8444

075-771-7420

Heian Shrine
Distance: 0.8 mi 詳しくは
岡崎西天王町
Kyoto-shi, Kyoto

est un sanctuaire shinto situé dans le quartier Sakyō-ku de Kyoto au Japon. Le sanctuaire est classé Beppyou Jinja (Le premier rang pour les sanctuaires) par l'association des sanctuaires shinto. Il est classé bien culturel important du Japon.HistoireEn 1895, la construction d'une reproduction partielle du Palais Heian de Heian-kyō (ancienne Kyoto) est décidée à l'occasion du 1100 anniversaire de la création de Heian-kyō, ancien nom de Kyoto. L'exposition industrielle (exposition destinée à montrer le développement des cultures japonaises et étrangères), dont cette réplique devait être le principal monument, s'est tenue à Kyoto cette année. Cependant, faute de pouvoir acquérir suffisamment de terrain là où se tenait auparavant le palais Heian, le bâtiment a été construit à Okazaki à une échelle de 5/8 de l'original. Le Heian-jingū a été bâti sur les plans de l'architecte Itō Chūta.Après l'exposition, le bâtiment a été conservé comme sanctuaire à la mémoire du empereur, Kanmu qui occupait le trône du Chrysanthème lorsque Heian-kyō est devenue la capitale. En 1940, l'empereur Kōmei, dernier empereur à résider à Kyoto, est ajouté à la liste des dédicataires du sanctuaire.En 1976, le sanctuaire est la proie des flammes et 9 bâtiments dont le honden, le sanctuaire principal, sont détruits. Trois ans plus tard, les bâtiments incendiés ont été reconstruits avec l'argent recueilli par donations publiques.

泉屋博古館
Distance: 0.4 mi 詳しくは
左京区鹿ケ谷下宮ノ前町24
Kyoto-shi, Kyoto 606-8431

075-771-6411

Heian Shrine
Distance: 0.8 mi 詳しくは
岡崎西天王町
Kyoto-shi, Kyoto

Heian Jingū é um templo xintoísta localizado em Quioto, Japão. O torii que antecede o portão principal é um dos maiores do Japão, e o edifício principal, ou shaden, é concebido para imitar o Palácio Imperial de Quioto.O Heian Jingū foi construído em 1895 para o 1.100º aniversário de Heiankyō . O templo é dedicado ao Imperador Kammu e ao Imperador Komei. O primeiro moveu a capital para Heiankyō, e o último antecedeu o Imperador Meiji, que moveu a capital para Tóquio.O Heian Jingū inclui o Jidai Matsuri, um dos três mais importantes festivais de Quioto. A procissão neste festival começa no antigo palácio imperial, carregando mikoshi dos imperadores Kanmu e Kōmei para o Heian Jingū.Ligações externasPágina oficial

Heian Shrine
Distance: 0.8 mi 詳しくは
岡崎西天王町
Kyoto-shi, Kyoto

Heian Jingū é um templo xintoísta localizado em Quioto, Japão. O torii que antecede o portão principal é um dos maiores do Japão, e o edifício principal, ou shaden, é concebido para imitar o Palácio Imperial de Quioto.O Heian Jingū foi construído em 1895 para o 1.100º aniversário de Heiankyō . O templo é dedicado ao Imperador Kammu e ao Imperador Komei. O primeiro moveu a capital para Heiankyō, e o último antecedeu o Imperador Meiji, que moveu a capital para Tóquio.O Heian Jingū inclui o Jidai Matsuri, um dos três mais importantes festivais de Quioto. A procissão neste festival começa no antigo palácio imperial, carregando mikoshi dos imperadores Kanmu e Kōmei para o Heian Jingū.Ligações externasPágina oficial

大豐神社
Distance: 0.5 mi 詳しくは
左京区鹿ケ谷宮ノ前町1
Kyoto-shi, Kyoto 606-8424

075-771-1351

新島襄のお墓
Distance: 0.2 mi 詳しくは
左京区若王子町 京都市営若王子墓地内
Kyoto-shi, Kyoto 606-8444

Landmark 近く Nanzen-ji

平安神宮 The Heian Shrine
Distance: 0.7 mi 詳しくは
岡崎西天王町
Kyoto-shi, Kyoto 606-8341

075-761-0221

Nanzen-ji
Distance: 0.0 mi 詳しくは
左京区南禅寺福地町86
Kyoto-shi, Kyoto 606-8435

Nanzen-ji, or Zuiryusan Nanzen-ji, formerly Zenrin-ji, is a Zen Buddhist temple in Kyoto, Japan. Emperor Kameyama established it in 1291 on the site of his previous detached palace. It is also the headquarters of the Nanzen-ji branch of Rinzai Zen. The precincts of Nanzen-ji are a nationally designated Historic Site and the Hōjō gardens a Place of Scenic Beauty.HistoryNanzen-ji was founded in the middle Kamakura period (1291, or Shōō 4 in the Japanese era system). It was destroyed by fire in 1393, 1447, and 1467, rebuilt in 1597, and expanded in the Edo era. A large complex, it has varied over time between nine and twelve sub-temples.Zenkei Shibayama, who provided a popular commentary on the Mumonkan, was an abbot of the monastery.Significance in Zen BuddhismNanzen-ji is not itself considered one of the "five great Zen temples of Kyoto"; however, it does play an important role in the "Five Mountain System" which was modified from Chinese roots. is considered to be one of the so-called or "five great Zen temples of Kyoto", along with Shōkoku-ji, Kennin-ji, Tōfuku-ji, and Manju-ji. The head temple presiding over the Gozan in Kyoto is Nanzen-ji. After the completion of Shōkoku-ji by Ashikaga Yoshimitsu in 1386, a new ranking system was created with Nanzen-ji at the top and in a class of its own. Nanzen-ji had the title of "First Temple of The Land" and played a supervising role.

Nanzen-ji
Distance: 0.0 mi 詳しくは
左京区南禅寺福地町86
Kyoto-shi, Kyoto 606-8435

Nanzen-ji, or Zuiryusan Nanzen-ji, formerly Zenrin-ji, is a Zen Buddhist temple in Kyoto, Japan. Emperor Kameyama established it in 1291 on the site of his previous detached palace. It is also the headquarters of the Nanzen-ji branch of Rinzai Zen. The precincts of Nanzen-ji are a nationally designated Historic Site and the Hōjō gardens a Place of Scenic Beauty.HistoryNanzen-ji was founded in the middle Kamakura period (1291, or Shōō 4 in the Japanese era system). It was destroyed by fire in 1393, 1447, and 1467, rebuilt in 1597, and expanded in the Edo era. A large complex, it has varied over time between nine and twelve sub-temples.Zenkei Shibayama, who provided a popular commentary on the Mumonkan, was an abbot of the monastery.Significance in Zen BuddhismNanzen-ji is not itself considered one of the "five great Zen temples of Kyoto"; however, it does play an important role in the "Five Mountain System" which was modified from Chinese roots. is considered to be one of the so-called or "five great Zen temples of Kyoto", along with Shōkoku-ji, Kennin-ji, Tōfuku-ji, and Manju-ji. The head temple presiding over the Gozan in Kyoto is Nanzen-ji. After the completion of Shōkoku-ji by Ashikaga Yoshimitsu in 1386, a new ranking system was created with Nanzen-ji at the top and in a class of its own. Nanzen-ji had the title of "First Temple of The Land" and played a supervising role.

Heian Shrine
Distance: 0.8 mi 詳しくは
左京区岡崎西天王町
Kyoto-shi, Kyoto

075-761-0221

平安神宮(へいあんじんぐう)は、京都府京都市左京区にある神社である。旧社格は官幣大社、勅祭社。現在は神社本庁の別表神社。歴史1895年(明治28年)4月1日に平安遷都1100年を記念して京都で開催された内国勧業博覧会の目玉として平安京遷都当時の大内裏の一部復元が計画された。当初は実際に大内裏があった千本丸太町に朱雀門が位置するように計画されたが、用地買収に失敗し、当時は郊外であった岡崎に実物の8分の5の規模で復元された。博覧会に先立つ3月15日には、平安遷都を行った天皇であった第50代桓武天皇を祀る神社として創祀された。皇紀2600年にあたる1940年(昭和15年)に、平安京で過ごした最後の天皇である第121代孝明天皇が祭神に加えられた。平安神宮では、京都を守る四神の御守が授与されている。1976年(昭和51年)1月6日、火災(平安神宮放火事件)が発生し本殿・内拝殿など9棟が炎上、焼失した。ただし、外拝殿である大極殿は延焼をまぬがれている。創建が比較的新しかったことから、当時はこれらの建物は文化財指定を受けていなかったため、再建のための国からの補助金が見込めなかった。しかし、全国からの募金により、本殿や内拝殿は3年後に再建された。この火災は、後に日本の新左翼活動家加藤三郎の犯行と判明した。社殿社殿は平安京の大内裏の正庁である朝堂院(八省院)を縮小(長さ比で約8分の5)して復元したものである。大きく赤く光る朱色が特徴的な正面の門は、朝堂院の應天門を模している。その内側の左右の殿舎は朝集堂の再現である。外拝殿は朝堂院の正殿である大極殿(左右には蒼龍楼と白虎楼が付属する)を模している。

Heian Shrine
Distance: 0.8 mi 詳しくは
左京区岡崎西天王町
Kyoto-shi, Kyoto

075-761-0221

平安神宮(へいあんじんぐう)は、京都府京都市左京区にある神社である。旧社格は官幣大社、勅祭社。現在は神社本庁の別表神社。歴史1895年(明治28年)4月1日に平安遷都1100年を記念して京都で開催された内国勧業博覧会の目玉として平安京遷都当時の大内裏の一部復元が計画された。当初は実際に大内裏があった千本丸太町に朱雀門が位置するように計画されたが、用地買収に失敗し、当時は郊外であった岡崎に実物の8分の5の規模で復元された。博覧会に先立つ3月15日には、平安遷都を行った天皇であった第50代桓武天皇を祀る神社として創祀された。皇紀2600年にあたる1940年(昭和15年)に、平安京で過ごした最後の天皇である第121代孝明天皇が祭神に加えられた。平安神宮では、京都を守る四神の御守が授与されている。1976年(昭和51年)1月6日、火災(平安神宮放火事件)が発生し本殿・内拝殿など9棟が炎上、焼失した。ただし、外拝殿である大極殿は延焼をまぬがれている。創建が比較的新しかったことから、当時はこれらの建物は文化財指定を受けていなかったため、再建のための国からの補助金が見込めなかった。しかし、全国からの募金により、本殿や内拝殿は3年後に再建された。この火災は、後に日本の新左翼活動家加藤三郎の犯行と判明した。社殿社殿は平安京の大内裏の正庁である朝堂院(八省院)を縮小(長さ比で約8分の5)して復元したものである。大きく赤く光る朱色が特徴的な正面の門は、朝堂院の應天門を模している。その内側の左右の殿舎は朝集堂の再現である。外拝殿は朝堂院の正殿である大極殿(左右には蒼龍楼と白虎楼が付属する)を模している。

南禅寺
Distance: 0.1 mi 詳しくは
左京区南禅寺福地町
Kyoto-shi, Kyoto 606-8435

075-771-0365

南禅寺,日本京都一所佛教寺院,为临济宗南禅寺派大本山。正应四年为龟山天皇创建,首任住持为大明国师无关普门。南禅寺是日本最早的由皇室发愿建造的禅宗寺院,因此位列京都五山之上,为日本禅宗最高寺院。

Heian Shrine
Distance: 0.8 mi 詳しくは
京都府京都市左京区岡崎西天王町
Kyoto-shi, Kyoto 606-8341

075-761-0221

平安神宮(へいあんじんぐう),位于京都府京都市左京区的神社。旧社格为官币大社、勅祭社。現在是神社本廳的別表神社。历史1895年(明治28年)3月15日,平安遷都平安京1100年,为祭祀当時的天皇第50代桓武天皇而创建的神社。皇紀2600年(1940年,昭和15年),平安京最后的天皇第121代孝明天皇加封祭神。平安神宫是授予守卫京都四神御守的地方。1976年1月6日因火灾,本殿、內拜殿等9栋建筑起火焚毁。由于被指定为文化遗产的时间较短,无法从国家得到补助金,便利用全国的募金于3年後再度建成。这次火灾,后来判定是过激派放火所为,肇事者被逮捕。附近建筑平安神宮周邊配备有岡崎公園及文化区。相隔大鳥居,西面有京都府立图书馆、京都国立近代美术馆、京都会馆,东面有京都市美术馆、京都市动物园。交通方式在京阪鴨東線 神宮丸太町驛乘车,到京都市營地下鐵東西線 東山驛下車。

Heian Shrine
Distance: 0.8 mi 詳しくは
京都府京都市左京区岡崎西天王町
Kyoto-shi, Kyoto 606-8341

075-761-0221

平安神宮(へいあんじんぐう),位于京都府京都市左京区的神社。旧社格为官币大社、勅祭社。現在是神社本廳的別表神社。历史1895年(明治28年)3月15日,平安遷都平安京1100年,为祭祀当時的天皇第50代桓武天皇而创建的神社。皇紀2600年(1940年,昭和15年),平安京最后的天皇第121代孝明天皇加封祭神。平安神宫是授予守卫京都四神御守的地方。1976年1月6日因火灾,本殿、內拜殿等9栋建筑起火焚毁。由于被指定为文化遗产的时间较短,无法从国家得到补助金,便利用全国的募金于3年後再度建成。这次火灾,后来判定是过激派放火所为,肇事者被逮捕。附近建筑平安神宮周邊配备有岡崎公園及文化区。相隔大鳥居,西面有京都府立图书馆、京都国立近代美术馆、京都会馆,东面有京都市美术馆、京都市动物园。交通方式在京阪鴨東線 神宮丸太町驛乘车,到京都市營地下鐵東西線 東山驛下車。

Nanzen-ji
Distance: 0.0 mi 詳しくは
京都府京都市左京区南禅寺福地町
Kyoto-shi, Kyoto 606-8435

南禅寺(なんぜんじ),日本京都一所佛教寺院,为临济宗南禅寺派大本山。正应四年(1291年)为龟山天皇创建,首任住持为大明国师无关普门。南禅寺是日本最早的由皇室发愿建造的禅宗寺院,因此位列京都五山之上,为日本禅宗最高寺院。關連項目東山 (京都府)禪林寺 (京都市)參考文獻『古寺巡礼京都12 南禅寺』(井上靖・塚本善隆 監修、杉森久英・勝平宗徹・桜井景雄 著、淡交社、1977年)『昭和京都名所図会 洛西』(竹村俊則 著、駸々堂、1983年)『週刊朝日百科 日本の国宝』68号(朝日新聞社、1998年)『日本歴史地名大系 京都市の地名』(平凡社)『角川日本地名大辞典 京都府』(角川書店)『国史大辞典』(吉川弘文館)外部链接南禅寺

Nanzen-ji
Distance: 0.0 mi 詳しくは
京都府京都市左京区南禅寺福地町
Kyoto-shi, Kyoto 606-8435

南禅寺(なんぜんじ),日本京都一所佛教寺院,为临济宗南禅寺派大本山。正应四年(1291年)为龟山天皇创建,首任住持为大明国师无关普门。南禅寺是日本最早的由皇室发愿建造的禅宗寺院,因此位列京都五山之上,为日本禅宗最高寺院。關連項目東山 (京都府)禪林寺 (京都市)參考文獻『古寺巡礼京都12 南禅寺』(井上靖・塚本善隆 監修、杉森久英・勝平宗徹・桜井景雄 著、淡交社、1977年)『昭和京都名所図会 洛西』(竹村俊則 著、駸々堂、1983年)『週刊朝日百科 日本の国宝』68号(朝日新聞社、1998年)『日本歴史地名大系 京都市の地名』(平凡社)『角川日本地名大辞典 京都府』(角川書店)『国史大辞典』(吉川弘文館)外部链接南禅寺

Kyoto Municipal Zoo
Distance: 0.5 mi 詳しくは
左京区岡崎法勝寺町
Kyoto-shi, Kyoto 606-8333

京都市動物園(きょうとしどうぶつえん)は、京都市左京区岡崎にある京都市立の動物園である。正式名称ではないが「岡崎動物園」と呼ばれることもある。周囲には平安神宮、南禅寺、ロームシアター京都、京都市美術館がある。繁殖に力を入れており、日本初の繁殖成功がたくさんある。繁殖繁殖には力を入れている。日本初の繁殖の成功例としては、哺乳類でライオン、トラ、ニシローランドゴリラ、シロテナガザル、ヨーロッパバイソン、鳥類でシュバシコウ、クロエリハクチョウ、ベニイロフラミンゴ、オオミズナギドリ、ムジヒメシャクケイ、爬虫類はフロリダニシキヘビ、アカアシガメがある。特に、ローランドゴリラでは日本初の繁殖に成功しただけでなく、2003年現在で日本で唯一の3世代飼育に成功している。施設と飼育動物2013年現在哺乳類アジアゾウ(「美都」)、カバ(「継美」)、キリン(「清水」「未来」「瓜生」)、グレビーシマウマ(「ライラ」「キララ」)、ミーアキャット、ブラジルバク(「カルロス」「ミノリ」)、オナガゴーラル(「ホンホン」)、ホンシュウジカ(「カエデ」)、ニシローランドゴリラ(「モモタロウ」「元気」「ゲンタロウ」)、チンパンジー(「コイコ」「タカシ」「ジェームス」「ニイニ」)、シロテテナガザル(「シロマティー」「クロマティー」)、マンドリル、ワオキツネザル、フサオマキザル、アカゲザル、アムールトラ(「アオイ」「オク」「ルイ」)、ライオン(「ナイル」「クリス」)、ツシマヤマネコ(「ミヤコ」)、エゾヒグマ(「愛」)、ニホンツキノワグマ(「サクラ」)、ヤブイヌ、ホンドギツネ、ニホンアナグマ、ニホンリス、ムササビ、カピバラ(「カリン」)、フタユビナマケモノ(「ほっこり」)

Chion-in
Distance: 0.7 mi 詳しくは
市東山区新橋通大和大路東入三丁目林下町 400
Kyoto-shi, Kyoto 605-8686

075-531-2111

知恩院(ちおんいん)は、京都府京都市東山区にある浄土宗総本山の寺院。山号は華頂山(かちょうざん)。詳名は華頂山知恩教院大谷寺(かちょうざん ちおんきょういん おおたにでら)。本尊は法然上人像(本堂)および阿弥陀如来(阿弥陀堂)、開基(創立者)は法然である。浄土宗の宗祖・法然が後半生を過ごし、没したゆかりの地に建てられた寺院で、現在のような大規模な伽藍が建立されたのは、江戸時代以降である。徳川将軍家から庶民まで広く信仰を集め、今も京都の人々からは親しみを込めて「ちよいんさん」「ちおいんさん」と呼ばれている。なお他流で門跡に当たる当主住職を、知恩院では浄土門主(もんす)と呼ぶ。歴史知恩院は、浄土宗の宗祖・法然房源空(法然)が東山吉水(よしみず)、現在の知恩院勢至堂付近に営んだ草庵をその起源とする。法然は平安時代末期の長承2年(1133年)、美作国(岡山県)に生まれた。13歳で比叡山に上り、15歳で僧・源光のもとで得度(出家)する。18歳で比叡山でも奥深い山中にある西塔黒谷の叡空に師事し、源光と叡空の名前の1字ずつを取って法然房源空と改名した。法然は唐時代の高僧・善導の著作『観経疏』を読んで「専修念仏」の思想に開眼し、浄土宗の開宗を決意して比叡山を下りた。承安5年(1175年)、43歳の時であった。「専修念仏」とは、いかなる者も、一心に弥陀(阿弥陀如来)の名を唱え続ければ極楽往生できるとする思想である。この思想は旧仏教側から激しく糾弾され、攻撃の的となった。法然は建永2年(1207年)には讃岐国(香川県)に流罪となり、4年後の建暦元年(1211年)には許されて都に戻るが、翌年の1月、80歳で没した。

青蓮院門跡
Distance: 0.7 mi 詳しくは
東山区粟田口三条坊町69-1
Kyoto-shi, Kyoto 605-0035

075-561-2345

平安神宮 神苑
Distance: 0.7 mi 詳しくは
左京区岡崎西天王町
Kyoto-shi, Kyoto 606-8341

075-761-0221

知恩院 / Chion-in Temple
Distance: 0.8 mi 詳しくは
東山区林下町400
Kyoto-shi, Kyoto 605-8686

075-531-2111

金戒光明寺
Distance: 0.7 mi 詳しくは
左京区田中門前町103
Kyoto-shi, Kyoto 606-8331

075-781-9171

Shōren-in
Distance: 0.7 mi 詳しくは
東山区粟田口三条坊町69-1
Kyoto-shi, Kyoto

075-561-2345

青蓮院(しょうれんいん)は、京都市東山区粟田口(あわたぐち)三条坊町にある天台宗の寺院。青蓮院門跡(しょうれんいんもんぜき)とも称する。山号はなし。開基(創立者)は伝教大師最澄、本尊は熾盛光如来(しじょうこうにょらい)である。現在の門主(住職)は、旧伯爵東伏見家出身の東伏見慈晃。概要青蓮院は、梶井(現在の三千院)、妙法院と共に、天台宗の三門跡寺院とされる。「門跡寺院」とは皇室や摂関家の子弟が入寺する寺院のことであり、青蓮院は多くの法親王・入道親王(皇族出身で親王の称号を与えられた僧侶)が門主(住職)を務め、格式を誇ってきた。江戸時代に仮御所となったことがあるため「粟田御所」の称もある。日本三不動の1つ「青不動」のある寺としても知られる。歴史梶井、妙法院などとともに、青蓮院も比叡山上にあった房(坊)と呼ばれる小寺院がその起源となっている。青蓮院は比叡山東塔の南谷にあった青蓮坊がその起源であり、門跡寺院となって山下に移ったのは平安時代末期の行玄大僧正の時である。久安6年(1150年)に鳥羽上皇の皇后美福門院は青蓮院を祈願所とした頃から寺格が上がり始め、鳥羽上皇の第七皇子覚快法親王が行玄の弟子として入寺してより後は、皇家や摂家の子弟が門主を務める格式高い寺院となった。山下へ移転した当初は現在地のやや北西にあたる三条白川の地にあったが、河川の氾濫を避けて鎌倉時代に高台の現在地へ移った。ここにはもと十楽院という寺があり、青蓮院の南東にある花園天皇陵は「十楽院上陵」(じゅうらくいんのうえのみささぎ)と呼ばれている。歴代住職のうち、第三世門主の慈鎮和尚慈円は歴史書『愚管抄』の著者として著名である。慈円は関白藤原忠通の子で、歌人としても知られ、天台座主を4度にわたって務めている。また第十七世門主の尊円法親王は伏見天皇の第六皇子で、名筆家として知られる。尊円法親王の書風は「青蓮院流」と呼ばれ、江戸時代に広く普及した和様書風「御家流」の源流である。

南禅寺 天授庵 / Tenjuan Temple
Distance: 0.1 mi 詳しくは
左京区南禅寺福地町86-8
Kyoto-shi, Kyoto 606-8435

075-771-0744

Shōren-in
Distance: 0.7 mi 詳しくは
東山区粟田口三条坊町69-1
Kyoto-shi, Kyoto

075-561-2345

Shōren-in is a Buddhist temple in Kyoto, Japan. Also known as the Awata Palace, it was built in the late 13th century. Shinran Shonin, the founder of the Jodo Shinshu pure land sect, was ordained a monk at Shōren-in at the age of nine.Shōren-in was formerly the temple of the imperial abbot of the Tendai headquarters on Mount Hiei; the abbot was required to be chosen from the imperial family or high court aristocracy. After the Great Kyoto Fire of 1788, it was used as a temporary imperial palace. The main hall was rebuilt in 1895.The temple complex contains a garden with massive eight-hundred-year-old camphor trees (kusunoki), and a pond filled with large stones and fed by a small waterfall.

Chion-in
Distance: 0.7 mi 詳しくは
市東山区新橋通大和大路東入三丁目林下町 400
Kyoto-shi, Kyoto 605-8686

075-531-2111

Chion-in in Higashiyama-ku, Kyoto, Japan is the headquarters of the Jōdo-shū (Pure Land Sect) founded by Hōnen (1133–1212), who proclaimed that sentient beings are reborn in Amida Buddha's Western Paradise (Pure Land) by reciting the nembutsu, Amida Buddha's name.The vast compounds of Chion-in include the site where Hōnen settled to disseminate his teachings and the site where he died.HistoryThe original temple was built in 1234 by Hōnen's disciple, Genchi in memory of his master and was named Chion-in. While the temple was affiliated more closely in the early years with the Seizan branch of Jodo Shu, its 8th head priest, Nyoichi was deeply influenced by the priest Ryōkū, a disciple of Ryōchū who was the 3rd head of the Chinzei branch of Jōdo-shū Buddhism, and disciple of Bencho. Later Nyoichi's successor Shunjō advanced this further by citing a biography where Genchi's disciple Renjaku-bo and Ryōchū agree that there existed no doctrinal differences between them:By 1450, Chion-in had become fully under control of the Chinzei branch, but had little direct control, due to the outbreak of the Onin War. Numerous buildings in the complex were burnt down in 1633, but were entirely rebuilt by the third Tokugawa Shogun Iemitsu with the palatial structures that stand today.

Chion-in
Distance: 0.7 mi 詳しくは
市東山区新橋通大和大路東入三丁目林下町 400
Kyoto-shi, Kyoto 605-8686

075-531-2111

知恩院(ちおんいん)是位在日本京都府京都市東山區的寺院,淨土宗總本山。山號「華頂山」(かちょうざん)。本尊法然上人像(本堂)及阿彌陀如來(阿彌陀堂)、開基(創立者)為法然。知恩院七不思議鶯張之廊下御影堂至大方丈・小方丈約550m的廊下,安靜歩行時有類似鶯鳴之聲,所以稱作「鶯張之廊下」。白木之棺三門樓上置有二個白木之棺,其中收納傳說受將軍家之命,負責營造三門,但是在三門完成後,因工事預算超過而自刃的大工棟梁・五味金右衛門夫婦自作的木像。忘傘傳說傘是名工・左甚五郎為了驅魔置於御影堂正面軒下、或是白狐的化身・濡髪童子所放置,用來防止知恩院發生火災。抜雀狩野信政描繪的大方丈菊之間的襖繪,萬壽菊之上有數隻的雀,傳說因過於逼真,雀得到生命而飛去。三方正面真向之猫大方丈廊下的杉戶有狩野信政的猫之繪,任何人從任何方向看,都像從正面觀看,所以稱作「三方正面真向之猫」。大杓子三好清海入道在大坂夏之陣之時為兵士盛飯的杓子,象徵阿彌陀佛的大慈悲救濟一切衆生。瓜生石在往黑門的路上,知恩院建立前就存在的大石,傳說一夜之間,瓜藤從石中蔓延,開花、結實。關連項目淨土宗教校外部連結 知恩院

日向大神宮
Distance: 0.3 mi 詳しくは
山科区日ノ岡一切経谷町29
Kyoto-shi, Kyoto 607-8491

075-761-6639

大豊神社
Distance: 0.5 mi 詳しくは
左京区鹿ケ谷宮ノ前町1
Kyoto-shi, Kyoto 606-8424

075-771-1351

若王子神社
Distance: 0.3 mi 詳しくは
左京区若王子町2
Kyoto-shi, Kyoto 606-8444

075-771-7420

Heian Shrine
Distance: 0.8 mi 詳しくは
岡崎西天王町
Kyoto-shi, Kyoto

est un sanctuaire shinto situé dans le quartier Sakyō-ku de Kyoto au Japon. Le sanctuaire est classé Beppyou Jinja (Le premier rang pour les sanctuaires) par l'association des sanctuaires shinto. Il est classé bien culturel important du Japon.HistoireEn 1895, la construction d'une reproduction partielle du Palais Heian de Heian-kyō (ancienne Kyoto) est décidée à l'occasion du 1100 anniversaire de la création de Heian-kyō, ancien nom de Kyoto. L'exposition industrielle (exposition destinée à montrer le développement des cultures japonaises et étrangères), dont cette réplique devait être le principal monument, s'est tenue à Kyoto cette année. Cependant, faute de pouvoir acquérir suffisamment de terrain là où se tenait auparavant le palais Heian, le bâtiment a été construit à Okazaki à une échelle de 5/8 de l'original. Le Heian-jingū a été bâti sur les plans de l'architecte Itō Chūta.Après l'exposition, le bâtiment a été conservé comme sanctuaire à la mémoire du empereur, Kanmu qui occupait le trône du Chrysanthème lorsque Heian-kyō est devenue la capitale. En 1940, l'empereur Kōmei, dernier empereur à résider à Kyoto, est ajouté à la liste des dédicataires du sanctuaire.En 1976, le sanctuaire est la proie des flammes et 9 bâtiments dont le honden, le sanctuaire principal, sont détruits. Trois ans plus tard, les bâtiments incendiés ont été reconstruits avec l'argent recueilli par donations publiques.

泉屋博古館
Distance: 0.4 mi 詳しくは
左京区鹿ケ谷下宮ノ前町24
Kyoto-shi, Kyoto 606-8431

075-771-6411

Heian Shrine
Distance: 0.8 mi 詳しくは
岡崎西天王町
Kyoto-shi, Kyoto

Heian Jingū é um templo xintoísta localizado em Quioto, Japão. O torii que antecede o portão principal é um dos maiores do Japão, e o edifício principal, ou shaden, é concebido para imitar o Palácio Imperial de Quioto.O Heian Jingū foi construído em 1895 para o 1.100º aniversário de Heiankyō . O templo é dedicado ao Imperador Kammu e ao Imperador Komei. O primeiro moveu a capital para Heiankyō, e o último antecedeu o Imperador Meiji, que moveu a capital para Tóquio.O Heian Jingū inclui o Jidai Matsuri, um dos três mais importantes festivais de Quioto. A procissão neste festival começa no antigo palácio imperial, carregando mikoshi dos imperadores Kanmu e Kōmei para o Heian Jingū.Ligações externasPágina oficial

Heian Shrine
Distance: 0.8 mi 詳しくは
岡崎西天王町
Kyoto-shi, Kyoto

Heian Jingū é um templo xintoísta localizado em Quioto, Japão. O torii que antecede o portão principal é um dos maiores do Japão, e o edifício principal, ou shaden, é concebido para imitar o Palácio Imperial de Quioto.O Heian Jingū foi construído em 1895 para o 1.100º aniversário de Heiankyō . O templo é dedicado ao Imperador Kammu e ao Imperador Komei. O primeiro moveu a capital para Heiankyō, e o último antecedeu o Imperador Meiji, que moveu a capital para Tóquio.O Heian Jingū inclui o Jidai Matsuri, um dos três mais importantes festivais de Quioto. A procissão neste festival começa no antigo palácio imperial, carregando mikoshi dos imperadores Kanmu e Kōmei para o Heian Jingū.Ligações externasPágina oficial

大豐神社
Distance: 0.5 mi 詳しくは
左京区鹿ケ谷宮ノ前町1
Kyoto-shi, Kyoto 606-8424

075-771-1351

新島襄のお墓
Distance: 0.2 mi 詳しくは
左京区若王子町 京都市営若王子墓地内
Kyoto-shi, Kyoto 606-8444

Religious Center 近く Nanzen-ji

平安神宮 The Heian Shrine
Distance: 0.7 mi 詳しくは
岡崎西天王町
Kyoto-shi, Kyoto 606-8341

075-761-0221

Nanzen-ji
Distance: 0.0 mi 詳しくは
左京区南禅寺福地町86
Kyoto-shi, Kyoto 606-8435

Nanzen-ji, or Zuiryusan Nanzen-ji, formerly Zenrin-ji, is a Zen Buddhist temple in Kyoto, Japan. Emperor Kameyama established it in 1291 on the site of his previous detached palace. It is also the headquarters of the Nanzen-ji branch of Rinzai Zen. The precincts of Nanzen-ji are a nationally designated Historic Site and the Hōjō gardens a Place of Scenic Beauty.HistoryNanzen-ji was founded in the middle Kamakura period (1291, or Shōō 4 in the Japanese era system). It was destroyed by fire in 1393, 1447, and 1467, rebuilt in 1597, and expanded in the Edo era. A large complex, it has varied over time between nine and twelve sub-temples.Zenkei Shibayama, who provided a popular commentary on the Mumonkan, was an abbot of the monastery.Significance in Zen BuddhismNanzen-ji is not itself considered one of the "five great Zen temples of Kyoto"; however, it does play an important role in the "Five Mountain System" which was modified from Chinese roots. is considered to be one of the so-called or "five great Zen temples of Kyoto", along with Shōkoku-ji, Kennin-ji, Tōfuku-ji, and Manju-ji. The head temple presiding over the Gozan in Kyoto is Nanzen-ji. After the completion of Shōkoku-ji by Ashikaga Yoshimitsu in 1386, a new ranking system was created with Nanzen-ji at the top and in a class of its own. Nanzen-ji had the title of "First Temple of The Land" and played a supervising role.

Heian Shrine
Distance: 0.8 mi 詳しくは
左京区岡崎西天王町
Kyoto-shi, Kyoto 606-8341

The Heian Shrine is a Shinto shrine located in Sakyō-ku, Kyoto, Japan. The Shrine is ranked as a Beppyou Jinja (別表神社 ) (the top rank for shrines) by the Association of Shinto Shrines. It is listed as an important cultural property of Japan.HistoryIn 1895, a partial reproduction of the Heian Palace from Heian-kyō (the former name of Kyoto) was planned for construction for the 1100th anniversary of the establishment of Heian-kyō. The Industrial exposition fair (an exhibition of development of Japanese and foreign cultures) was held in Kyoto that year, where the replica was to be the main monument. However, failure to buy enough land where the Heian Palace used to stand, the building was built in Okazaki at 5/8 scale of the original. The Heian-jingū was built according to designs by Itō Chūta.After the Exhibition ended, the building was kept as a shrine in memory of the 50th Emperor, Emperor Kanmu, who was the Emperor when Heian-kyō became the capital. In 1940, Emperor Kōmei was added to the list of dedication.Kyoto was shocked and depressed after the capital was moved to Tokyo. Later, the citizens came together to build a new city after World War II. The construction of Heian Shrine was a symbol of revival for the city. The revival consisted of the new Kyoto in education, culture, industry, and daily life, where at the same time the "good old" Kyoto was maintained.In 1976, the Shrine was set on fire; and nine of the buildings, including the honden, or main sanctuary, burned down. Three years later, the burned buildings were reconstructed with money collected from donations.

Yasaka Shrine
Distance: 1.0 mi 詳しくは
東山区祇園町北側625
Kyoto-shi, Kyoto 605-0073

075-561-6155

Yasaka Shrine, once called Gion Shrine, is a Shinto shrine in the Gion District of Kyoto, Japan. Situated at the east end of Shijō-dōri (Fourth Avenue), the shrine includes several buildings, including gates, a main hall and a stage.HistoryInitial construction on the Shrine began in 656. The Shrine became the object of Imperial patronage during the early Heian period. In 965, Emperor Murakami ordered that Imperial messengers be sent to report important events to the guardian kami of Japan. These heihaku were initially presented to 16 shrines; and in 991, Emperor Ichijō added three more shrines to Murakami's list. Three years later in 994, Ichijō refined the scope of that composite list by adding Umenomiya Shrine and Gion Shrine.From 1871 through 1946, Yasaka Shrine was officially designated one of the '', meaning that it stood in the first rank of government supported shrines.MatsuriIn 869 the mikoshi (divine palanquin) of Gion Shrine were paraded through the streets of Kyoto to ward off an epidemic that had hit the city. This was the beginning of the Gion Matsuri, an annual festival which has become world famous.Today, in addition to hosting the Gion Matsuri, Yasaka Shrine welcomes thousands of people every New Year, for traditional Japanese New Year rituals and celebrations. In April, the crowds pass through the temple on their way to Maruyama Park, a popular hanami (cherry blossom viewing) site. Lanterns decorate the stage with the names of festival sponsors.

Kōdai-ji
Distance: 1.0 mi 詳しくは
东山区高台寺下河原町526番地
Kyoto-shi, Kyoto 605-0825

075-561-9966

Kōdai-ji, formally identified as Jubuzan Kōdai-ji, is a temple of the Rinzai school of Zen Buddhism in Higashiyama-ku, Kyoto, Japan—the largest subtemple of the Kennin-ji branch. It was established in 1606 by Nene (often known by the title Kita no Mandokoro, and who had taken the name Kōdai-in), the widow of Toyotomi Hideyoshi, to pray for her late husband. The principal image is a statue of Shaka.The temple possesses a number of objects designated as Important Cultural Assets. Among these are the Main Gate and the Spirit Hall, noted for its use of maki-e. The temple is nicknamed the maki-e temple." It also holds paintings, including one of Hideyoshi, as well as textiles, and a bronze bell with an inscription dating it to 1606.The gardens of Kōdai-ji are a nationally designated Historic Site and Place of Scenic Beauty.

南禅寺 順正
Distance: 0.2 mi 詳しくは
左京区南禅寺草川町60
Kyoto-shi, Kyoto 606-8437

075-761-2311

Heian Shrine
Distance: 0.8 mi 詳しくは
京都府京都市左京区岡崎西天王町
Kyoto-shi, Kyoto 606-8341

075-761-0221

平安神宮(へいあんじんぐう),位于京都府京都市左京区的神社。旧社格为官币大社、勅祭社。現在是神社本廳的別表神社。历史1895年(明治28年)3月15日,平安遷都平安京1100年,为祭祀当時的天皇第50代桓武天皇而创建的神社。皇紀2600年(1940年,昭和15年),平安京最后的天皇第121代孝明天皇加封祭神。平安神宫是授予守卫京都四神御守的地方。1976年1月6日因火灾,本殿、內拜殿等9栋建筑起火焚毁。由于被指定为文化遗产的时间较短,无法从国家得到补助金,便利用全国的募金于3年後再度建成。这次火灾,后来判定是过激派放火所为,肇事者被逮捕。附近建筑平安神宮周邊配备有岡崎公園及文化区。相隔大鳥居,西面有京都府立图书馆、京都国立近代美术馆、京都会馆,东面有京都市美术馆、京都市动物园。交通方式在京阪鴨東線 神宮丸太町驛乘车,到京都市營地下鐵東西線 東山驛下車。

平安神宮大鳥居
Distance: 0.7 mi 詳しくは
左京区岡崎西天王町
Kyoto-shi, Kyoto 606-8341

075-761-0221

Chion-in
Distance: 0.7 mi 詳しくは
市東山区新橋通大和大路東入三丁目林下町 400
Kyoto-shi, Kyoto 605-8686

075-531-2111

知恩院(ちおんいん)は、京都府京都市東山区にある浄土宗総本山の寺院。山号は華頂山(かちょうざん)。詳名は華頂山知恩教院大谷寺(かちょうざん ちおんきょういん おおたにでら)。本尊は法然上人像(本堂)および阿弥陀如来(阿弥陀堂)、開基(創立者)は法然である。浄土宗の宗祖・法然が後半生を過ごし、没したゆかりの地に建てられた寺院で、現在のような大規模な伽藍が建立されたのは、江戸時代以降である。徳川将軍家から庶民まで広く信仰を集め、今も京都の人々からは親しみを込めて「ちよいんさん」「ちおいんさん」と呼ばれている。なお他流で門跡に当たる当主住職を、知恩院では浄土門主(もんす)と呼ぶ。歴史知恩院は、浄土宗の宗祖・法然房源空(法然)が東山吉水(よしみず)、現在の知恩院勢至堂付近に営んだ草庵をその起源とする。法然は平安時代末期の長承2年(1133年)、美作国(岡山県)に生まれた。13歳で比叡山に上り、15歳で僧・源光のもとで得度(出家)する。18歳で比叡山でも奥深い山中にある西塔黒谷の叡空に師事し、源光と叡空の名前の1字ずつを取って法然房源空と改名した。法然は唐時代の高僧・善導の著作『観経疏』を読んで「専修念仏」の思想に開眼し、浄土宗の開宗を決意して比叡山を下りた。承安5年(1175年)、43歳の時であった。「専修念仏」とは、いかなる者も、一心に弥陀(阿弥陀如来)の名を唱え続ければ極楽往生できるとする思想である。この思想は旧仏教側から激しく糾弾され、攻撃の的となった。法然は建永2年(1207年)には讃岐国(香川県)に流罪となり、4年後の建暦元年(1211年)には許されて都に戻るが、翌年の1月、80歳で没した。

八坂神社 美御前社
Distance: 1.0 mi 詳しくは
東山区祇園町北側625番地
Kyoto-shi, Kyoto 605-0073

075-561-6155

平安神宮 神苑
Distance: 0.7 mi 詳しくは
左京区岡崎西天王町
Kyoto-shi, Kyoto 606-8341

075-761-0221

岡崎神社
Distance: 0.5 mi 詳しくは
左京区岡崎東天王町51
Kyoto-shi, Kyoto 606-8332

075-771-1963

青蓮院青龍殿
Distance: 0.7 mi 詳しくは
山科区厨子奥花鳥町 28
Kyoto-shi, Kyoto 607-8456

075-771-0390

真如堂本坊
Distance: 0.8 mi 詳しくは
左京区浄土寺真如町 82
Kyoto-shi, Kyoto 606-8414

075-771-0915

南禅寺 三門
Distance: 0.1 mi 詳しくは
南禅寺福地町京都府京都市左京区
Kyoto-shi, Kyoto 606-8435

粟田神社
Distance: 0.6 mi 詳しくは
東山区粟田口鍛冶町1
Kyoto-shi, Kyoto 605-0051

075-551-3154

東海道・東山道の出入口に御鎮座し、京都を出入りする人々が旅の安全を祈願した神社。青蓮院門跡の鎮守社であり、旧社格は府社。10月の粟田祭では祇園祭山鉾の原形といわれる剣鉾(けんぼこ)や大神輿、粟田大燈呂などが巡行する。境内には義経が東下りの際に源氏再興を祈願した出世恵美須神社や、北向稲荷神社、大神宮社など多くの摂末社がある。五山の送り火では、境内から左大文字や舟形などがよく見える。

日向大神宮
Distance: 0.3 mi 詳しくは
山科区日ノ岡一切経谷町29
Kyoto-shi, Kyoto 607-8491

075-761-6639

大豊神社
Distance: 0.5 mi 詳しくは
左京区鹿ケ谷宮ノ前町1
Kyoto-shi, Kyoto 606-8424

075-771-1351

若王子神社
Distance: 0.3 mi 詳しくは
左京区若王子町2
Kyoto-shi, Kyoto 606-8444

075-771-7420

京都霊山護国神社(木戸孝允・坂本龍馬など維新志士の墓)
Distance: 1.0 mi 詳しくは
東山区清閑寺霊山町1
Kyoto-shi, Kyoto 605-0861

(075)561-7124

Heian Shrine
Distance: 0.8 mi 詳しくは
岡崎西天王町
Kyoto-shi, Kyoto

est un sanctuaire shinto situé dans le quartier Sakyō-ku de Kyoto au Japon. Le sanctuaire est classé Beppyou Jinja (Le premier rang pour les sanctuaires) par l'association des sanctuaires shinto. Il est classé bien culturel important du Japon.HistoireEn 1895, la construction d'une reproduction partielle du Palais Heian de Heian-kyō (ancienne Kyoto) est décidée à l'occasion du 1100 anniversaire de la création de Heian-kyō, ancien nom de Kyoto. L'exposition industrielle (exposition destinée à montrer le développement des cultures japonaises et étrangères), dont cette réplique devait être le principal monument, s'est tenue à Kyoto cette année. Cependant, faute de pouvoir acquérir suffisamment de terrain là où se tenait auparavant le palais Heian, le bâtiment a été construit à Okazaki à une échelle de 5/8 de l'original. Le Heian-jingū a été bâti sur les plans de l'architecte Itō Chūta.Après l'exposition, le bâtiment a été conservé comme sanctuaire à la mémoire du empereur, Kanmu qui occupait le trône du Chrysanthème lorsque Heian-kyō est devenue la capitale. En 1940, l'empereur Kōmei, dernier empereur à résider à Kyoto, est ajouté à la liste des dédicataires du sanctuaire.En 1976, le sanctuaire est la proie des flammes et 9 bâtiments dont le honden, le sanctuaire principal, sont détruits. Trois ans plus tard, les bâtiments incendiés ont été reconstruits avec l'argent recueilli par donations publiques.

Heian Shrine
Distance: 0.8 mi 詳しくは
岡崎西天王町
Kyoto-shi, Kyoto

Heian Jingū é um templo xintoísta localizado em Quioto, Japão. O torii que antecede o portão principal é um dos maiores do Japão, e o edifício principal, ou shaden, é concebido para imitar o Palácio Imperial de Quioto.O Heian Jingū foi construído em 1895 para o 1.100º aniversário de Heiankyō . O templo é dedicado ao Imperador Kammu e ao Imperador Komei. O primeiro moveu a capital para Heiankyō, e o último antecedeu o Imperador Meiji, que moveu a capital para Tóquio.O Heian Jingū inclui o Jidai Matsuri, um dos três mais importantes festivais de Quioto. A procissão neste festival começa no antigo palácio imperial, carregando mikoshi dos imperadores Kanmu e Kōmei para o Heian Jingū.Ligações externasPágina oficial

須賀神社
Distance: 0.9 mi 詳しくは
左京区聖護院円頓美町1
Kyoto-shi, Kyoto 606-8323

075-771-1178

大豐神社
Distance: 0.5 mi 詳しくは
左京区鹿ケ谷宮ノ前町1
Kyoto-shi, Kyoto 606-8424

075-771-1351

宗忠神社
Distance: 1.0 mi 詳しくは
京都市左京区吉田下大路町63
Kyoto-shi, Kyoto 606-8314

075-771-2700

満足稲荷神社
Distance: 0.9 mi 詳しくは
左京区東門前町527-1
Kyoto-shi, Kyoto 606-8345

075-771-3035

Kyoto Ryozen Gokoku Shrine
Distance: 1.0 mi 詳しくは
京都府京都市東山区
Kyoto-shi, Kyoto 605-0861

The Kyoto Ryozen Gokoku Shrine is a Shinto Shrine located in Kyoto, Japan. It honors the heroes of Japan, especially from the period of the Bakumatsu period and the Meiji Restoration, most famously Sakamoto Ryōma and his associate Nakaoka Shintarō, who are buried side-by-side in the shrine.The Ryozen Museum of History is next to this shrine.

Konchiin Temple
Distance: 0.2 mi 詳しくは
86-12 Fukuchi-cho, Nanzen-ji, Sakyo-ku
Kyoto-shi, Kyoto

神楽岡 宗忠神社
Distance: 0.9 mi 詳しくは
左京区吉田下大路町63
Kyoto-shi, Kyoto 606-8314

075-771-2700

くろ谷
Distance: 0.7 mi 詳しくは
左京区黒谷町121
Kyoto-shi, Kyoto 606-8331

Tourist Attraction 近く Nanzen-ji

平安神宮 The Heian Shrine
Distance: 0.7 mi 詳しくは
岡崎西天王町
Kyoto-shi, Kyoto 606-8341

075-761-0221

円山公園 / Maruyama Park
Distance: 0.9 mi 詳しくは
東山区円山町473
Kyoto-shi, Kyoto 605-0071

011-621-0453

Nanzen-ji
Distance: 0.0 mi 詳しくは
左京区南禅寺福地町86
Kyoto-shi, Kyoto 606-8435

Nanzen-ji, or Zuiryusan Nanzen-ji, formerly Zenrin-ji, is a Zen Buddhist temple in Kyoto, Japan. Emperor Kameyama established it in 1291 on the site of his previous detached palace. It is also the headquarters of the Nanzen-ji branch of Rinzai Zen. The precincts of Nanzen-ji are a nationally designated Historic Site and the Hōjō gardens a Place of Scenic Beauty.HistoryNanzen-ji was founded in the middle Kamakura period (1291, or Shōō 4 in the Japanese era system). It was destroyed by fire in 1393, 1447, and 1467, rebuilt in 1597, and expanded in the Edo era. A large complex, it has varied over time between nine and twelve sub-temples.Zenkei Shibayama, who provided a popular commentary on the Mumonkan, was an abbot of the monastery.Significance in Zen BuddhismNanzen-ji is not itself considered one of the "five great Zen temples of Kyoto"; however, it does play an important role in the "Five Mountain System" which was modified from Chinese roots. is considered to be one of the so-called or "five great Zen temples of Kyoto", along with Shōkoku-ji, Kennin-ji, Tōfuku-ji, and Manju-ji. The head temple presiding over the Gozan in Kyoto is Nanzen-ji. After the completion of Shōkoku-ji by Ashikaga Yoshimitsu in 1386, a new ranking system was created with Nanzen-ji at the top and in a class of its own. Nanzen-ji had the title of "First Temple of The Land" and played a supervising role.

哲学の道
Distance: 1.0 mi 詳しくは
左京区
Kyoto-shi, Kyoto

浄土宗総本山 知恩院
Distance: 0.8 mi 詳しくは
東山区林下町400
Kyoto-shi, Kyoto 605-8686

075-531-2111

南禅寺
Distance: 0.1 mi 詳しくは
左京区南禅寺福地町
Kyoto-shi, Kyoto 606-8435

075-771-0365

南禅寺,日本京都一所佛教寺院,为临济宗南禅寺派大本山。正应四年为龟山天皇创建,首任住持为大明国师无关普门。南禅寺是日本最早的由皇室发愿建造的禅宗寺院,因此位列京都五山之上,为日本禅宗最高寺院。

蹴上インクライン
Distance: 0.3 mi 詳しくは
左京区粟田口山下町~南禅寺草川町
Kyoto-shi, Kyoto 605-0044

Philosopher's Walk
Distance: 1.0 mi 詳しくは
左京区銀閣寺町
Kyoto-shi, Kyoto

哲学之道()是日本城市京都左京区一条2公里长的小道,路旁是琵琶湖疏水,沿途种植樱花树。这条路的名称来源于京都大学哲学教授西田几多郎每日在此冥想。1972年正式命名。哲学之道经过好几座寺庙和神社,例如慈照寺、法然院、永観堂禅林寺、南禅寺、熊野若王子神社。参见 哲学家小径 (海德堡) 哲学家小径 (多伦多) 哲學家之路 (舊金山)外部链接 Philosopher's Walk in Kyoto Japan Photos and information about Philosopher's Walk in Kyoto Japan

Kōdai-ji
Distance: 1.0 mi 詳しくは
京都府京都市 東山区下河原町八坂鳥居前下る下河原町526
Kyoto-shi, Kyoto 605-0825

075-561-9966

高台寺(こうだいじ)是位在日本京都府京都市東山區的臨濟宗建仁寺派寺院。山號「鷲峰山」(じゅぶさん)。本尊釋迦如來、開基(創立者)為高台院。豐臣秀吉之正室北政所(高台院)為了幫秀吉祈求冥福所建的寺院,也是秀吉没後高台院的居所。關連項目建仁寺外部連結 高台寺

平安神宮大鳥居
Distance: 0.7 mi 詳しくは
左京区岡崎西天王町
Kyoto-shi, Kyoto 606-8341

075-761-0221

Chion-in
Distance: 0.7 mi 詳しくは
市東山区新橋通大和大路東入三丁目林下町 400
Kyoto-shi, Kyoto 605-8686

075-531-2111

知恩院(ちおんいん)は、京都府京都市東山区にある浄土宗総本山の寺院。山号は華頂山(かちょうざん)。詳名は華頂山知恩教院大谷寺(かちょうざん ちおんきょういん おおたにでら)。本尊は法然上人像(本堂)および阿弥陀如来(阿弥陀堂)、開基(創立者)は法然である。浄土宗の宗祖・法然が後半生を過ごし、没したゆかりの地に建てられた寺院で、現在のような大規模な伽藍が建立されたのは、江戸時代以降である。徳川将軍家から庶民まで広く信仰を集め、今も京都の人々からは親しみを込めて「ちよいんさん」「ちおいんさん」と呼ばれている。なお他流で門跡に当たる当主住職を、知恩院では浄土門主(もんす)と呼ぶ。歴史知恩院は、浄土宗の宗祖・法然房源空(法然)が東山吉水(よしみず)、現在の知恩院勢至堂付近に営んだ草庵をその起源とする。法然は平安時代末期の長承2年(1133年)、美作国(岡山県)に生まれた。13歳で比叡山に上り、15歳で僧・源光のもとで得度(出家)する。18歳で比叡山でも奥深い山中にある西塔黒谷の叡空に師事し、源光と叡空の名前の1字ずつを取って法然房源空と改名した。法然は唐時代の高僧・善導の著作『観経疏』を読んで「専修念仏」の思想に開眼し、浄土宗の開宗を決意して比叡山を下りた。承安5年(1175年)、43歳の時であった。「専修念仏」とは、いかなる者も、一心に弥陀(阿弥陀如来)の名を唱え続ければ極楽往生できるとする思想である。この思想は旧仏教側から激しく糾弾され、攻撃の的となった。法然は建永2年(1207年)には讃岐国(香川県)に流罪となり、4年後の建暦元年(1211年)には許されて都に戻るが、翌年の1月、80歳で没した。

八坂神社 美御前社
Distance: 1.0 mi 詳しくは
東山区祇園町北側625番地
Kyoto-shi, Kyoto 605-0073

075-561-6155

真正極楽寺 真如堂
Distance: 0.8 mi 詳しくは
左京区浄土寺真如町82
Kyoto-shi, Kyoto 606-8414

075-771-0915

平安神宮 神苑
Distance: 0.7 mi 詳しくは
左京区岡崎西天王町
Kyoto-shi, Kyoto 606-8341

075-761-0221

知恩院 / Chion-in Temple
Distance: 0.8 mi 詳しくは
東山区林下町400
Kyoto-shi, Kyoto 605-8686

075-531-2111

Eikan-dō Zenrin-ji
Distance: 0.2 mi 詳しくは
Sakyo-ku, Eikando-cho 48
Kyoto-shi, Kyoto 606-8445

For other temples by similar names, see Zenrin-ji.Eikan-dō Zenrin-ji (永観堂禅林寺) is the head temple for the Seizan branch of Japan's Jōdo-shū (Pure Land) Buddhist sect, located in Kyoto, Sakyō-ku. It was founded by Shinshō, a pupil of Kūkai, and is famous for its fall foliage and for its prominence in the past as a center of learning.NamesThe temple is commonly referred to as either just "Eikan-dō" or "Zenrin-ji" . However, it also has two other names. "Shōju-raigō-san" translates roughly to "Mountain of going across to the saints", while "Muryōsu-in" means roughly "Temple of Immeasurable Fortune".HistoryThe temple got its start when Kūkai's pupil, the monk Shinshō, aspired to found a temple for the worship of the Gochi Nyorai, or Five Wisdom Buddhas. In 853, he purchased the mansion of Fujiwara no Sekio for this purpose. The construction of temples was forbidden in Kyoto at the time, however, and so it was not until ten years later, when formal Imperial approval was granted by Emperor Seiwa, that the Zenrin-ji was formally founded.Though originally devoted to the Shingon sect, beginning in the time of Yōkan (永観, 1033-1111), the seventh head monk, the temple began to shift towards Jōdo-shū, a sect formally established roughly a century later in 1175. Yōkan had trained in a number of temples of different disciplines in Nara, and was a passionate devotee of the Amida Buddha. In 1072, he established a Yakuō-in (薬王院) on the grounds, which organized giving to the needy and caring for the ill. He also introduced the practice of Nenbutsu, a Chinese practice which was quite new in Japan, into the temple, and cultivated its observance among the monks and devotees.

岡崎神社
Distance: 0.5 mi 詳しくは
左京区岡崎東天王町51
Kyoto-shi, Kyoto 606-8332

075-771-1963

京都永觀堂
Distance: 0.3 mi 詳しくは
左京区永観堂町48
Kyoto-shi, Kyoto 606-8445

045-511-5311

金戒光明寺
Distance: 0.7 mi 詳しくは
左京区田中門前町103
Kyoto-shi, Kyoto 606-8331

075-781-9171

水路閣
Distance: 0.0 mi 詳しくは
〒606-8435 京都府 京都市左京区南禅寺福地町86
Kyoto-shi, Kyoto 606-8435

Shōren-in
Distance: 0.7 mi 詳しくは
東山区粟田口三条坊町69-1
Kyoto-shi, Kyoto

075-561-2345

青蓮院(しょうれんいん)は、京都市東山区粟田口(あわたぐち)三条坊町にある天台宗の寺院。青蓮院門跡(しょうれんいんもんぜき)とも称する。山号はなし。開基(創立者)は伝教大師最澄、本尊は熾盛光如来(しじょうこうにょらい)である。現在の門主(住職)は、旧伯爵東伏見家出身の東伏見慈晃。概要青蓮院は、梶井(現在の三千院)、妙法院と共に、天台宗の三門跡寺院とされる。「門跡寺院」とは皇室や摂関家の子弟が入寺する寺院のことであり、青蓮院は多くの法親王・入道親王(皇族出身で親王の称号を与えられた僧侶)が門主(住職)を務め、格式を誇ってきた。江戸時代に仮御所となったことがあるため「粟田御所」の称もある。日本三不動の1つ「青不動」のある寺としても知られる。歴史梶井、妙法院などとともに、青蓮院も比叡山上にあった房(坊)と呼ばれる小寺院がその起源となっている。青蓮院は比叡山東塔の南谷にあった青蓮坊がその起源であり、門跡寺院となって山下に移ったのは平安時代末期の行玄大僧正の時である。久安6年(1150年)に鳥羽上皇の皇后美福門院は青蓮院を祈願所とした頃から寺格が上がり始め、鳥羽上皇の第七皇子覚快法親王が行玄の弟子として入寺してより後は、皇家や摂家の子弟が門主を務める格式高い寺院となった。山下へ移転した当初は現在地のやや北西にあたる三条白川の地にあったが、河川の氾濫を避けて鎌倉時代に高台の現在地へ移った。ここにはもと十楽院という寺があり、青蓮院の南東にある花園天皇陵は「十楽院上陵」(じゅうらくいんのうえのみささぎ)と呼ばれている。歴代住職のうち、第三世門主の慈鎮和尚慈円は歴史書『愚管抄』の著者として著名である。慈円は関白藤原忠通の子で、歌人としても知られ、天台座主を4度にわたって務めている。また第十七世門主の尊円法親王は伏見天皇の第六皇子で、名筆家として知られる。尊円法親王の書風は「青蓮院流」と呼ばれ、江戸時代に広く普及した和様書風「御家流」の源流である。

坂本龍馬・中岡慎太郎墓
Distance: 1.0 mi 詳しくは
東山区清閑寺霊山町1 京都霊山護国神社内
Kyoto-shi, Kyoto 605-0861

Chion-in
Distance: 0.7 mi 詳しくは
市東山区新橋通大和大路東入三丁目林下町 400
Kyoto-shi, Kyoto 605-8686

075-531-2111

知恩院(ちおんいん)是位在日本京都府京都市東山區的寺院,淨土宗總本山。山號「華頂山」(かちょうざん)。本尊法然上人像(本堂)及阿彌陀如來(阿彌陀堂)、開基(創立者)為法然。知恩院七不思議鶯張之廊下御影堂至大方丈・小方丈約550m的廊下,安靜歩行時有類似鶯鳴之聲,所以稱作「鶯張之廊下」。白木之棺三門樓上置有二個白木之棺,其中收納傳說受將軍家之命,負責營造三門,但是在三門完成後,因工事預算超過而自刃的大工棟梁・五味金右衛門夫婦自作的木像。忘傘傳說傘是名工・左甚五郎為了驅魔置於御影堂正面軒下、或是白狐的化身・濡髪童子所放置,用來防止知恩院發生火災。抜雀狩野信政描繪的大方丈菊之間的襖繪,萬壽菊之上有數隻的雀,傳說因過於逼真,雀得到生命而飛去。三方正面真向之猫大方丈廊下的杉戶有狩野信政的猫之繪,任何人從任何方向看,都像從正面觀看,所以稱作「三方正面真向之猫」。大杓子三好清海入道在大坂夏之陣之時為兵士盛飯的杓子,象徵阿彌陀佛的大慈悲救濟一切衆生。瓜生石在往黑門的路上,知恩院建立前就存在的大石,傳說一夜之間,瓜藤從石中蔓延,開花、結實。關連項目淨土宗教校外部連結 知恩院

Kyoto Municipal Zoo
Distance: 0.5 mi 詳しくは
左京区岡崎法勝寺町16
Kyoto-shi, Kyoto 606-8333

Kyoto Municipal Zoo is a small 3.4ha zoo located in Sakyō ward, Kyoto and was established in 1903, making it the second oldest zoo in the country after Ueno Zoo in Tokyo. Though some facilities, such as the "ape room" are recent facilities, most animals are housed in concrete and steel cages constructed between 30 and almost 90 years ago.The Kyoto Municipal Zoo is a member of the Japanese Association of Zoos and Aquariums .HistoryEarly years The Kyoto Municipal Zoo was opened to the public on 1 April 1903 with 238 animals representing 61 species. The total area of the zoo was 3.4ha, and the zoo had 6,591 visitors on its first day of operation.A guide for the zoo was first published in 1905, and by its 10th birthday the zoo was home to 274 individuals representing 156 species.In 1923, the zoo opened the Elephant Room and was able to move its elephants from temporary to permanent quarters. In 1927, the Hippopotamus Room was opened.World War II By 1940, the population of the zoo numbered 965 individuals representing 209 species. During the Second World War, large carnivores were killed by military order, and other animals died from hunger, malnutrition, and cold. At the end of the war, only 274 individuals of 72 species remained at the zoo. The South part of the zoo was taken over by the occupation forces, which did not leave the zoo until 1952.The 1950s-90sThe Giraffe Room was opened in 1953, along with a saltwater aquarium (the aquarium was removed in 1968). In 1954, the Sea Lion Pond was completed, and the zoo held its first "Summer School," attended by 180 students. "Fairyland" was opened in 1955, an amusement park that now includes a Ferris wheel, fun train, and dodgem cars in the shape of popular characters. The Ape Room was built in 1969, and the Reptile Room in 1974.

大豊神社
Distance: 0.5 mi 詳しくは
左京区鹿ケ谷宮ノ前町1
Kyoto-shi, Kyoto 606-8424

075-771-1351

圓山公園 Maruyama Patk(京都)~Love Knots
Distance: 0.8 mi 詳しくは
東山区円山町473
Kyoto-shi, Kyoto

聖護院門跡
Distance: 0.9 mi 詳しくは
15
Kyoto-shi, Kyoto 606-8324

075-771-1880

若王子神社
Distance: 0.3 mi 詳しくは
左京区若王子町2
Kyoto-shi, Kyoto 606-8444

075-771-7420

方丈庭園 南禅寺
Distance: 0.0 mi 詳しくは
左京区南禅寺福地町
Kyoto-shi, Kyoto 606-8435

075-771-0365

金剛寺
Distance: 0.7 mi 詳しくは
篠原195
Kyoto-shi, Kyoto

Local Business 近く Nanzen-ji

Nanzen-ji
距離: 0.0 mi 詳しくは
左京区南禅寺福地町86
Kyoto-shi, Kyoto 606-8435

Nanzen-ji, or Zuiryusan Nanzen-ji, formerly Zenrin-ji, is a Zen Buddhist temple in Kyoto, Japan. Emperor Kameyama established it in 1291 on the site of his previous detached palace. It is also the headquarters of the Nanzen-ji branch of Rinzai Zen. The precincts of Nanzen-ji are a nationally designated Historic Site and the Hōjō gardens a Place of Scenic Beauty.HistoryNanzen-ji was founded in the middle Kamakura period (1291, or Shōō 4 in the Japanese era system). It was destroyed by fire in 1393, 1447, and 1467, rebuilt in 1597, and expanded in the Edo era. A large complex, it has varied over time between nine and twelve sub-temples.Zenkei Shibayama, who provided a popular commentary on the Mumonkan, was an abbot of the monastery.Significance in Zen BuddhismNanzen-ji is not itself considered one of the "five great Zen temples of Kyoto"; however, it does play an important role in the "Five Mountain System" which was modified from Chinese roots. is considered to be one of the so-called or "five great Zen temples of Kyoto", along with Shōkoku-ji, Kennin-ji, Tōfuku-ji, and Manju-ji. The head temple presiding over the Gozan in Kyoto is Nanzen-ji. After the completion of Shōkoku-ji by Ashikaga Yoshimitsu in 1386, a new ranking system was created with Nanzen-ji at the top and in a class of its own. Nanzen-ji had the title of "First Temple of The Land" and played a supervising role.

方丈庭園 南禅寺
距離: 0.0 mi 詳しくは
左京区南禅寺福地町
Kyoto-shi, Kyoto 606-8435

075-771-0365

南禅寺 水路閣
距離: 0.0 mi 詳しくは
左京区南禅寺福地町86
Kyoto-shi, Kyoto 606-8435

水路閣
距離: 0.0 mi 詳しくは
〒606-8435 京都府 京都市左京区南禅寺福地町86
Kyoto-shi, Kyoto 606-8435

Nanzenji Temple, Kyoto
距離: 0.1 mi 詳しくは
English address: 86 Fukuchi-cho, Nanzen-ji, Sakyo-ku
Kyoto-shi, Kyoto

075-771-0365

南禅寺
距離: 0.1 mi 詳しくは
左京区南禅寺福地町
Kyoto-shi, Kyoto 606-8435

075-771-0365

南禅寺,日本京都一所佛教寺院,为临济宗南禅寺派大本山。正应四年为龟山天皇创建,首任住持为大明国师无关普门。南禅寺是日本最早的由皇室发愿建造的禅宗寺院,因此位列京都五山之上,为日本禅宗最高寺院。

南禅寺 天授庵 / Tenjuan Temple
距離: 0.1 mi 詳しくは
左京区南禅寺福地町86-8
Kyoto-shi, Kyoto 606-8435

075-771-0744

奥丹
距離: 0.1 mi 詳しくは
左京区南禅寺福地町86-30
Kyoto-shi, Kyoto 606-8435

075-771-8709

南禅寺 三門
距離: 0.1 mi 詳しくは
南禅寺福地町京都府京都市左京区
Kyoto-shi, Kyoto 606-8435

野村美術館
距離: 0.1 mi 詳しくは
左京区南禅寺下河原町61
Kyoto-shi, Kyoto 606-8434

075-751-0374

南禅寺 大安苑
距離: 0.2 mi 詳しくは
〒606-8435 京都府京都市左京区南禅寺草川町
Kyoto-shi, Kyoto

Konchiin Temple
距離: 0.2 mi 詳しくは
86-12 Fukuchi-cho, Nanzen-ji, Sakyo-ku
Kyoto-shi, Kyoto

新島襄のお墓
距離: 0.2 mi 詳しくは
左京区若王子町 京都市営若王子墓地内
Kyoto-shi, Kyoto 606-8444

南禅寺 順正
距離: 0.2 mi 詳しくは
左京区南禅寺草川町60
Kyoto-shi, Kyoto 606-8437

075-761-2311

Konchi-In Temple
距離: 0.2 mi 詳しくは
左京区南禅寺福地町86-12
Kyoto-shi, Kyoto

075-771-3511

京都永觀堂
距離: 0.3 mi 詳しくは
左京区永観堂町48
Kyoto-shi, Kyoto 606-8445

045-511-5311

蹴上インクライン
距離: 0.3 mi 詳しくは
左京区粟田口山下町~南禅寺草川町
Kyoto-shi, Kyoto 605-0044

Keage Station
距離: 0.3 mi 詳しくは
京都市東山区東小物座町
Kyoto-shi, Kyoto

|} 蹴上駅(けあげえき)は、京都市東山区にある、京都市営地下鉄東西線の駅。駅番号はT09。歴史京都市交通局の蹴上駅としては、京都市電蹴上線の蹴上駅に次ぐ2代目の駅である。また、京阪京津線の蹴上駅は現在の地下鉄駅より交差点をはさんで西側にあった。駅施設は第三セクターの京都高速鉄道株式会社が建設を担当した。 ※詳しくは京都市営地下鉄東西線#歴史を参照。 1997年(平成9年)10月12日 - 東西線の醍醐 - 二条間の営業開始に際し開業する。 2007年(平成19年)4月1日 - PiTaPaの供用を開始する。利用状況1日平均乗車人員と1日平均乗降人員の推移は下記の通り。駅周辺京都盆地の東端、東山の山麓に位置する。北西方向は市街地であるが、南東方向には東海道(三条通)が山を越えていくのみである。当駅付近から東山駅付近にかけては多くの観光・文教施設などが立地しており、両駅から利用可能の施設も多い。 ウェスティン都ホテル京都 南禅寺 南禅寺界隈別荘無鄰庵 哲学の道 琵琶湖疏水 琵琶湖疏水記念館 蹴上インクライン ねじりマンポ(アーチのレンガが螺旋状に積まれたトンネル) 蹴上発電所(日本最初の水力発電所) 蹴上浄水場 九条山浄水場 京都市国際交流会館 京都市動物園 日向大神宮 ヴィラ九条山

若王子神社
距離: 0.3 mi 詳しくは
左京区若王子町2
Kyoto-shi, Kyoto 606-8444

075-771-7420

叶匠寿庵
距離: 0.3 mi 詳しくは
京都府京都市左京区若王子2丁目1番地
Kyoto-shi, Kyoto