Akiba88 決して前にないように日本を探検する

法住寺, Kyoto-shi Kyoto


東山区三十三間堂廻り 655
Kyoto-shi, Kyoto 605-0941

075-561-4137

Buddhist Temple 近く 法住寺

三十三間堂 (Sanjūsangendō)
Distance: 0.1 mi 詳しくは
三十三間堂廻り町657
Kyoto-shi, Kyoto 605-0941

075-561-0467

清水寺 京都
Distance: 0.7 mi 詳しくは
東山区清水1丁目294
Kyoto-shi, Kyoto 605-0082

075-551-1234

東福寺
Distance: 0.7 mi 詳しくは
東山区本町15-778
Kyoto-shi, Kyoto 605-0981

075-561-0087

清水寺 
Distance: 0.7 mi 詳しくは
東山区清水1-294
Kyoto-shi, Kyoto 605-0862

075-551-1234

Sanjūsangen-dō
Distance: 0.1 mi 詳しくは
東山区三十三間堂廻り町657
Kyoto-shi, Kyoto 605-0941

三十三間堂(さんじゅうさんげんどう)は京都府京都市東山区にある仏堂。建物の正式名称は蓮華王院本堂(れんげおういんほんどう)。同じ京都市東山区にある天台宗妙法院の境外仏堂であり、同院が所有・管理している。元は後白河上皇が自身の離宮内に創建した仏堂。本尊は千手観音で、蓮華王院は千手観音の別称・蓮華王に由来する。沿革この地には、もともと後白河上皇が離宮として建てた法住寺殿があった。その広大な法住寺殿の一画に建てられたのが蓮華王院本堂、今に言う三十三間堂である。上皇が平清盛に建立の資材協力を命じて旧暦の長寛2年12月17日(西暦1165年1月30日)に完成したという。創建当時は五重塔なども建つ本格的な寺院であったが、建長元年(1249年)の火災で焼失した。文永3年(1266年)に本堂のみが再建されている。現在「三十三間堂」と称される堂がそれであり、当時は朱塗りの外装で、内装も極彩色で飾られていたという。建築様式は和様に属する。桃山時代には、豊臣秀吉の東山大仏(方広寺)造営により、三十三間堂もその境内に含まれ、周囲の土塀や門などが整備された(『伽藍』の項参照)。「三十三間堂」の名称は、間面記法による表記「三十三間四面」(#構造)に由来する。「33」は観音に縁のある数字で、『法華経』等に観音菩薩が33種の姿に変じて衆生を救うと説かれることによる。俗に「三十三間堂の仏の数は三万三千三十三体」というのは、本尊と脇仏の一千一体がそれぞれ33に化身するからである。江戸時代には各藩の弓術家により本堂西軒下(長さ約121m)で矢を射る「通し矢」の舞台となった。縁の北端に的を置き、縁の南端から軒天井に当たらぬよう矢を射抜くのである(右上浮世絵画像参照)。「通し矢」の名もこの「軒下を通す」ということからきている。強弓を強く射なければ到底軒下を射通すことができない。それゆえ弓術家の名誉となったのである。その伝統に因み、現在は「楊枝のお加持」大法要と同日(1月中旬)に、本堂西側の射程60mの特設射場で矢を射る「三十三間堂大的全国大会」が行われる。弓道をたしなむ新成人参加者が振袖袴姿で行射する場面は、しばしばニュース番組等で取り上げられる。一般的には「通し矢」と呼ばれているが、60mは弓道競技の「遠的」の射程であり、軒高による制限もないから、かつての通し矢とはまったく違うものである。

大谷本廟
Distance: 0.5 mi 詳しくは
6丁目514
Kyoto-shi, Kyoto 605-0846

075-531-4171

Sanjūsangen-dō
Distance: 0.1 mi 詳しくは
東山区三十三間堂廻り町657
Kyoto-shi, Kyoto 605-0941

is a Buddhist temple in Higashiyama District of Kyoto, Japan. Officially known as "Rengeō-in" (蓮華王院), or Hall of the Lotus King, Sanjūsangen-dō belongs to and is run by the Myoho-in temple, a part of the Tendai school of Buddhism. The temple name literally means Hall with thirty three spaces between columns, describing the architecture of the long main hall of the temple.HistoryTaira no Kiyomori completed the temple under order of Emperor Go-Shirakawa in 1164. The temple complex suffered a fire in 1249 and only the main hall was rebuilt in 1266. In January, the temple has an event known as the Rite of the Willow (柳枝のお加持), where worshippers are touched on the head with a sacred willow branch to cure and prevent headaches. A popular archery tournament known as the Tōshiya (通し矢) has also been held here, beside the West veranda, since the Edo period. The duel between the famous warrior Miyamoto Musashi and Yoshioka Denshichirō, leader of the Yoshioka-ryū, is popularly believed to have been fought just outside Sanjūsangen-dō in 1604.Important featuresThe main deity of the temple is Sahasrabhuja-arya-avalokiteśvara or the Thousand Armed Kannon. The statue of the main deity was created by the Kamakura sculptor Tankei and is a National Treasure of Japan. The temple also contains one thousand life-size statues of the Thousand Armed Kannon which stand on both the right and left sides of the main statue in 10 rows and 50 columns. Of these, 124 statues are from the original temple, rescued from the fire of 1249, while the remaining 876 statues were constructed in the 13th century. The statues are made of Japanese cypress clad in gold leaf. Around the 1000 Kannon statues stand 28 statues of guardian deities. There are also two famous statues of Fūjin and Raijin.

Sanjūsangen-dō
Distance: 0.1 mi 詳しくは
三十三間堂廻り町657
Kyoto-shi, Kyoto 605-0941

三十三間堂(さんじゅうさんげんどう)是位在日本京都府京都市東山區的天台宗妙法院境外佛堂。建物之正式名稱是蓮華王院本堂(れんげおういんほんどう)。本尊千手觀音、開基(創立者)為後白河上皇。原為平清盛受後白河上皇之勅命,在上皇的離宮・法住寺殿內創建的佛堂。京都一間為1.8公尺,故江戶年代以前的三十三間堂約59.4公尺長,江戶年代曾於此比試六十公尺遠距離射箭(一般比試為27公尺),現建築長度倍增為120公尺,仍稱之為「三十三間」。周邊情報京都國立博物館豐國神社方廣寺(「國家安康」之梵鐘)耳塚養源院智積院妙法院京都女子大學河井寛次郎記念館關連項目江戶三十三間堂外部連結 蓮華王院 三十三間堂

東福寺通天橋
Distance: 0.7 mi 詳しくは
東山区本町15丁目778
Kyoto-shi, Kyoto 605-0981

075-561-0087

真言宗智山派 総本山智積院
Distance: 0.2 mi 詳しくは
東山区東大路通り七条下る 東瓦町964番地
Kyoto-shi, Kyoto 605-0951

075-541-5361

Kinkakuji (Golden) Temple
Distance: 0.1 mi 詳しくは
北区金閣寺町1
Kyoto-shi, Kyoto 603-8361

075-461-0013

六波羅蜜寺
Distance: 0.7 mi 詳しくは
京都市東山区五条通大和大路上ル東
Kyoto-shi, Kyoto 605-0813

075-561-6980

戒光寺
Distance: 0.5 mi 詳しくは
東山区泉涌寺山内町29
Kyoto-shi, Kyoto 605-0977

075-561-5209

Sanjusangendo Temple
Distance: 0.1 mi 詳しくは
657 Sanjusangenndo-mawari-machi, Higashiyama-ku, Kyoto, Japan
Kyoto-shi, Kyoto 605-0941

國宝 三十三間堂
Distance: 0.1 mi 詳しくは
東山区三十三間堂廻町657
Kyoto-shi, Kyoto 605-0941

Tenryu-Ji Temple
Distance: 0.4 mi 詳しくは
右京区 嵯峨天龍寺芒ノ馬場町68
Kyoto-shi, Kyoto 616-8385

総本山智積院
Distance: 0.2 mi 詳しくは
東山区東大路通り七条下る東瓦町964番地
Kyoto-shi, Kyoto 605-0951

075-541-5361

Rokuharamitsu-ji
Distance: 0.7 mi 詳しくは
京都市東山区五条通大和大路上ル東
Kyoto-shi, Kyoto 605-0813

075-561-6980

六波羅蜜寺 (ろくはらみつじ)は、京都府京都市東山区にある真言宗智山派の寺院である。山号は補陀洛山。本尊は十一面観音。開基(創建)は空也。西国三十三所第17番札所。歴史踊り念仏で知られる市聖(いちひじり)空也(くうや)が平安時代中期の天暦5年(951年)に造立した十一面観音を本尊とする道場に由来し、当初西光寺と称した。空也は疫病の蔓延(まんえん)する当時の京都で、この観音像を車に乗せて引きながら歩き、念仏を唱え、病人に茶をふるまって多くの人を救ったという。空也は応和3年(963年)に鴨川岸に僧600名を集めて大規模な大般若経供養会を行ったが、この時をもって西光寺の創建とする説もある。当時、鴨川の岸は遺体の捨て場であり、葬送の場であった。空也の死後、977年に比叡山の僧・中信が中興して天台別院とし、六波羅蜜寺と改称した。それ以降天台宗に属したが、桃山時代に真言宗智積院の末寺となった。平安末にはこの付近に、六波羅殿と呼ばれた平清盛ら平家一門の屋敷が営まれた。またのちに鎌倉幕府によって六波羅探題が置かれたのもこの付近である。名称は仏教の教義「六波羅蜜」という語に由来するが、この地を古来「六原」と称したことに由来するとも考えられている。 なお、六波羅密寺とする表記が古今多く見られるが、誤字である。伽藍江戸時代までは大伽藍を連ねたが、明治維新の廃仏毀釈を受けて大幅に寺域を縮小した。現在、寺の周囲は民家に囲まれて境内は狭く、主な建物は本堂(南北朝時代、重文)と弁財天堂、宝物収蔵庫のみである。

今熊野観音寺
Distance: 0.7 mi 詳しくは
東山区泉涌寺山内町32
Kyoto-shi, Kyoto 605-0977

(075)561-5511

Tofukuji
Distance: 0.7 mi 詳しくは
東山区本町15丁目778
Kyoto-shi, Kyoto 605-0981

075-561-0087

東本願寺 渉成園
Distance: 0.6 mi 詳しくは
下京区下珠数屋町通間之町東入東玉水町
Kyoto-shi, Kyoto 600-8190

勝林寺
Distance: 0.5 mi 詳しくは
東山区本町15-795
Kyoto-shi, Kyoto 6050981

075-561-4311

Ninnaji Temple, Kyoto, Japan
Distance: 0.7 mi 詳しくは
右京区御室大内33
Kyoto-shi, Kyoto 616-8092

075-461-1155

Rokuharamitsu-ji
Distance: 0.7 mi 詳しくは
京都市東山区五条通大和大路上ル東
Kyoto-shi, Kyoto 605-0813

075-561-6980

Rokuharamitsu-ji is a Buddhist temple in Kyoto, Japan. Founded by Kūya in 951, the Hondō was burned during the wars at the end of the Heian period. Its replacement of 1363, damaged during the Meiji period, was restored in 1969. The temple house a number of statues of the Heian and Kamakura periods that have been designated Important Cultural Properties, including a Kamakura period image of its founder Kūya, as well as a Heian Jūichimen Kannon that is a National Treasure.

泉湧寺
Distance: 0.7 mi 詳しくは
東山区泉涌寺山内町27
Kyoto-shi, Kyoto 605-0977

075-561-1551

毘沙門堂 勝林寺
Distance: 0.5 mi 詳しくは
東山区本町15-795
Kyoto-shi, Kyoto 605-0981

075-561-4311

智積院
Distance: 0.2 mi 詳しくは
京都市東山区東大路通り七条下る東瓦町964番地
Kyoto-shi, Kyoto 605-0951

075-541-5361

妙法院
Distance: 0.2 mi 詳しくは
東山区三十三間堂廻り 657
Kyoto-shi, Kyoto 605-0932

075-561-0467

東福寺 臥雲橋
Distance: 0.7 mi 詳しくは
京都市東山区本町15丁目
Kyoto-shi, Kyoto

075-561-0087

Hōkō-ji
Distance: 0.3 mi 詳しくは
東山区大和大路通七条上ル茶屋町527-2
Kyoto-shi, Kyoto 605-0931

075-561-1720

Hōkō-ji is a temple in Kyoto, Japan, dating from the 16th century. Toyotomi Hideyoshi determined that the capital city should have a Daibutsu temple to surpass that of Nara. He is reputed to have claimed at the outset that he would complete construction in half the time it took Emperor Shōmu to complete the Great Buddha of Nara. The project during Emperor Shomū's reign took ten years. Hideyoshi would complete the initial phase of his project in only three years. The architects for this project were Nakamura Masakiyo and Heinouchi Yoshimasa.

Historical Place 近く 法住寺

Kiyomizu-dera
Distance: 0.9 mi 詳しくは
東山区清水1丁目294
Kyoto-shi, Kyoto 605-0862

075-551-1234

, officially Otowa-san Kiyomizu-dera is an independent Buddhist temple in eastern Kyoto. The temple is part of the Historic Monuments of Ancient Kyoto (Kyoto, Uji and Otsu Cities) UNESCO World Heritage site. It was one of 20 finalists for the New7Wonders of the World.The place is not to be confused with Kiyomizu-dera in Yasugi, Shimane, which is part of the 33-temple route of the Chūgoku 33 Kannon Pilgrimage through western Japan, or the Kiyozumi-dera temple associated with the Buddhist priest Nichiren.HistoryKiyomizu-dera was founded in the early Heian period. The temple was founded in 778 by Sakanoue no Tamuramaro, and its present buildings were constructed in 1633, ordered by the Tokugawa Iemitsu. There is not a single nail used in the entire structure. It takes its name from the waterfall within the complex, which runs off the nearby hills. Kiyomizu means clear water, or pure water.It was originally affiliated with the old and influential Hossō sect dating from Nara times. However, in 1965 it severed that affiliation, and its present custodians call themselves members of the "Kitahossō" sect.PresentThe main hall has a large veranda, supported by tall pillars, that juts out over the hillside and offers impressive views of the city. Large verandas and main halls were constructed at many popular sites during the Edo period to accommodate large numbers of pilgrims.

清水寺 / Kiyomizu Temple
Distance: 0.8 mi 詳しくは
東山区清水1-294
Kyoto-shi, Kyoto 605-0862

075-551-1234

円山公園 / Maruyama Park
Distance: 1.2 mi 詳しくは
東山区円山町473
Kyoto-shi, Kyoto 605-0071

011-621-0453

東福寺
Distance: 0.7 mi 詳しくは
東山区本町15-778
Kyoto-shi, Kyoto 605-0981

075-561-0087

清水寺 
Distance: 0.7 mi 詳しくは
東山区清水1-294
Kyoto-shi, Kyoto 605-0862

075-551-1234

Tōfuku-ji
Distance: 0.9 mi 詳しくは
東山区本町15丁目778
Kyoto-shi, Kyoto 605-0981

075-561-0087

Tōfuku-ji is a Buddhist temple in Higashiyama-ku in Kyoto, Japan. Tōfuku-ji takes its name from two temples in Nara, Tōdai-ji and Kōfuku-ji. It is one of the so-called Kyoto Gozan or "five great Zen temples of Kyoto". Its honorary sangō prefix is Enichi-san.HistoryTōfuku-ji was founded in 1236 by the imperial chancellor Kujō Michiie. He appointed the monk Enni as founding priest, who had studied Rinzai Zen Buddhism in China under the monk Wuzhun Shifan. The temple was burned but rebuilt in the 15th century according to original plans. Tofuku-ji was one of the five temples of the Five Mountain System.AbbotsIn 1486 Ryōan Keigo became the 171st abbot of Tōfuku-ji. At the end of the 16th century Ankokuji Ekei was appointed abbot. From 1980 to 2009 Tōfuku-ji has been led by head abbot Keidō Fukushima.

清水寺 / Kiyomizu Temple, Kyoto
Distance: 0.8 mi 詳しくは
東山区清水1
Kyoto-shi, Kyoto 605-0862

075-551-1234

Sanjūsangen-dō
Distance: 0.1 mi 詳しくは
東山区三十三間堂廻り町657
Kyoto-shi, Kyoto 605-0941

三十三間堂(さんじゅうさんげんどう)は京都府京都市東山区にある仏堂。建物の正式名称は蓮華王院本堂(れんげおういんほんどう)。同じ京都市東山区にある天台宗妙法院の境外仏堂であり、同院が所有・管理している。元は後白河上皇が自身の離宮内に創建した仏堂。本尊は千手観音で、蓮華王院は千手観音の別称・蓮華王に由来する。沿革この地には、もともと後白河上皇が離宮として建てた法住寺殿があった。その広大な法住寺殿の一画に建てられたのが蓮華王院本堂、今に言う三十三間堂である。上皇が平清盛に建立の資材協力を命じて旧暦の長寛2年12月17日(西暦1165年1月30日)に完成したという。創建当時は五重塔なども建つ本格的な寺院であったが、建長元年(1249年)の火災で焼失した。文永3年(1266年)に本堂のみが再建されている。現在「三十三間堂」と称される堂がそれであり、当時は朱塗りの外装で、内装も極彩色で飾られていたという。建築様式は和様に属する。桃山時代には、豊臣秀吉の東山大仏(方広寺)造営により、三十三間堂もその境内に含まれ、周囲の土塀や門などが整備された(『伽藍』の項参照)。「三十三間堂」の名称は、間面記法による表記「三十三間四面」(#構造)に由来する。「33」は観音に縁のある数字で、『法華経』等に観音菩薩が33種の姿に変じて衆生を救うと説かれることによる。俗に「三十三間堂の仏の数は三万三千三十三体」というのは、本尊と脇仏の一千一体がそれぞれ33に化身するからである。江戸時代には各藩の弓術家により本堂西軒下(長さ約121m)で矢を射る「通し矢」の舞台となった。縁の北端に的を置き、縁の南端から軒天井に当たらぬよう矢を射抜くのである(右上浮世絵画像参照)。「通し矢」の名もこの「軒下を通す」ということからきている。強弓を強く射なければ到底軒下を射通すことができない。それゆえ弓術家の名誉となったのである。その伝統に因み、現在は「楊枝のお加持」大法要と同日(1月中旬)に、本堂西側の射程60mの特設射場で矢を射る「三十三間堂大的全国大会」が行われる。弓道をたしなむ新成人参加者が振袖袴姿で行射する場面は、しばしばニュース番組等で取り上げられる。一般的には「通し矢」と呼ばれているが、60mは弓道競技の「遠的」の射程であり、軒高による制限もないから、かつての通し矢とはまったく違うものである。

Tōfuku-ji
Distance: 0.9 mi 詳しくは
東山区本町15丁目778
Kyoto-shi, Kyoto 605-0981

東福寺(とうふくじ)是位在日本京都府京都市東山區本町的寺院,臨濟宗東福寺派大本山。山號「慧日山」(えにちさん)。本尊釋迦如來、開基(創立者)為九條道家、開山(初代住持)為聖一國師圓爾,在京都五山中位居第四位。境内的通天橋附近是紅葉名所。東福寺本坊庭園由重森三玲於1939年設計完成之庭園,於2014年被指定名勝。廣大的方丈建築在東西南北各設置了庭園,因為佛教「八相成道」之法義,而稱為「八相之庭」。以鎌倉時代庭園質樸剛健的風格為基調,融合現代藝術的抽象構成,是現代禪宗庭園的傑作。外部連結臨済宗大本山 東福寺相關項目 尼子勝久 名偵探柯南 迷宮的十字路參考文獻 井上靖、塚本善隆監修、大岡信、福島俊翁著『古寺巡礼京都18 東福寺』、淡交社、1977 竹村俊則『昭和京都名所図会 洛東上』駸々堂、1980 『週刊朝日百科 日本の国宝』71号(豊国神社ほか)、朝日新聞社、1998 『日本歴史地名大系 京都市の地名』、平凡社 『角川日本地名大辞典 京都府』、角川書店 『国史大辞典』、吉川弘文館 「特集:東福寺の中世彫刻」『MUSEUM』591号、中央公論事業出版、2004外部連結 臨濟宗大本山 東福寺

京都国立博物館
Distance: 0.1 mi 詳しくは
東山区茶屋町527
Kyoto-shi, Kyoto 605-0931

075-525-2473

Tōfuku-ji
Distance: 0.9 mi 詳しくは
本町十五丁目778番地
Kyoto-shi, Kyoto 605-0981

075-561-0087

東福寺(とうふくじ)は、京都市東山区本町十五丁目にある臨済宗東福寺派大本山の寺院。山号を慧日山(えにちさん)と号する。本尊は釈迦如来、開基(創立者)は、九条道家、開山(初代住職)は円爾である。京都五山の第四位の禅寺として中世、近世を通じて栄えた。明治の廃仏毀釈で規模が縮小されたとはいえ、今なお25か寺の塔頭(山内寺院)を有する大寺院である。歴史東福寺は京都市東山区の東南端、伏見区と境を接するあたりにある。この地には延長2年(924年)に藤原忠平によって建てられた藤原氏の氏寺・法性寺の巨大な伽藍があった(法性寺は、JR・京阪東福寺駅近くに小寺院として存続している)。嘉禎2年(1236年)、九条道家(摂政)は、この地に高さ5丈(約15メートル)の釈迦像を安置する大寺院を建立することを発願、寺名は奈良の東大寺、興福寺の二大寺から1字ずつ取って「東福寺」とした。5丈の釈迦像を安置する仏殿の建設工事は延応元年(1239年)から始めて、完成したのは建長7年(1255年)であった。高さ5丈の本尊釈迦像は元応元年(1319年)の火災で焼失、14世紀半ば頃に再興されるが、明治14年(1881年)の火災で再び焼失している。なお、東福寺には巨大な「仏手」(現存部分の長さ2メートル)が保管されており、旧本尊像の左手部分のみが明治の火災の際に救い出されたものと推定されている。これは創建時の本尊ではなく、14世紀に再興された本尊像の遺物であるが、本尊の「高さ5丈」というのはあながち誇張ではなかったことがわかる。

Chion-in
Distance: 1.5 mi 詳しくは
市東山区新橋通大和大路東入三丁目林下町 400
Kyoto-shi, Kyoto 605-8686

075-531-2111

知恩院(ちおんいん)は、京都府京都市東山区にある浄土宗総本山の寺院。山号は華頂山(かちょうざん)。詳名は華頂山知恩教院大谷寺(かちょうざん ちおんきょういん おおたにでら)。本尊は法然上人像(本堂)および阿弥陀如来(阿弥陀堂)、開基(創立者)は法然である。浄土宗の宗祖・法然が後半生を過ごし、没したゆかりの地に建てられた寺院で、現在のような大規模な伽藍が建立されたのは、江戸時代以降である。徳川将軍家から庶民まで広く信仰を集め、今も京都の人々からは親しみを込めて「ちよいんさん」「ちおいんさん」と呼ばれている。なお他流で門跡に当たる当主住職を、知恩院では浄土門主(もんす)と呼ぶ。歴史知恩院は、浄土宗の宗祖・法然房源空(法然)が東山吉水(よしみず)、現在の知恩院勢至堂付近に営んだ草庵をその起源とする。法然は平安時代末期の長承2年(1133年)、美作国(岡山県)に生まれた。13歳で比叡山に上り、15歳で僧・源光のもとで得度(出家)する。18歳で比叡山でも奥深い山中にある西塔黒谷の叡空に師事し、源光と叡空の名前の1字ずつを取って法然房源空と改名した。法然は唐時代の高僧・善導の著作『観経疏』を読んで「専修念仏」の思想に開眼し、浄土宗の開宗を決意して比叡山を下りた。承安5年(1175年)、43歳の時であった。「専修念仏」とは、いかなる者も、一心に弥陀(阿弥陀如来)の名を唱え続ければ極楽往生できるとする思想である。この思想は旧仏教側から激しく糾弾され、攻撃の的となった。法然は建永2年(1207年)には讃岐国(香川県)に流罪となり、4年後の建暦元年(1211年)には許されて都に戻るが、翌年の1月、80歳で没した。

Tofuku-ji Temple
Distance: 0.7 mi 詳しくは
伏見区深草本寺山町1−4
Kyoto-shi, Kyoto 605-0981

長楽館
Distance: 1.2 mi 詳しくは
東山区八坂鳥居前東入円山町604 (604 Maruyama-cho, Yasaka Torii-mae Higashi-iru, Higashiyama-ku)
Kyoto-shi, Kyoto 605-0071

075-561-0001

Sanjūsangen-dō
Distance: 0.1 mi 詳しくは
三十三間堂廻り町657
Kyoto-shi, Kyoto 605-0941

三十三間堂(さんじゅうさんげんどう)是位在日本京都府京都市東山區的天台宗妙法院境外佛堂。建物之正式名稱是蓮華王院本堂(れんげおういんほんどう)。本尊千手觀音、開基(創立者)為後白河上皇。原為平清盛受後白河上皇之勅命,在上皇的離宮・法住寺殿內創建的佛堂。京都一間為1.8公尺,故江戶年代以前的三十三間堂約59.4公尺長,江戶年代曾於此比試六十公尺遠距離射箭(一般比試為27公尺),現建築長度倍增為120公尺,仍稱之為「三十三間」。周邊情報京都國立博物館豐國神社方廣寺(「國家安康」之梵鐘)耳塚養源院智積院妙法院京都女子大學河井寛次郎記念館關連項目江戶三十三間堂外部連結 蓮華王院 三十三間堂

圓徳院
Distance: 1.0 mi 詳しくは
東山区高台寺下河原町530
Kyoto-shi, Kyoto 605-0825

075-525-0101

Kinkakuji (Golden) Temple
Distance: 0.1 mi 詳しくは
北区金閣寺町1
Kyoto-shi, Kyoto 603-8361

075-461-0013

Kyoto Nijo-Jo Castle
Distance: 0.8 mi 詳しくは
中京区二条城町541
Kyoto-shi, Kyoto 604-8301

075-841-0096

Tenryu-Ji Temple
Distance: 0.4 mi 詳しくは
右京区 嵯峨天龍寺芒ノ馬場町68
Kyoto-shi, Kyoto 616-8385

坂本龍馬・中岡慎太郎遭難の地、近江屋跡
Distance: 1.3 mi 詳しくは
中京区河原町通蛸薬師下ル塩屋町330
Kyoto-shi, Kyoto 604-8027

光明院
Distance: 0.9 mi 詳しくは
東山区本町15丁目809
Kyoto-shi, Kyoto 605-0981

075-561-7317

五重塔
Distance: 0.8 mi 詳しくは
東山区八坂通下河原東入八坂上町388
Kyoto-shi, Kyoto 605-0827

075-551-2417

哲學之道
Distance: 0.6 mi 詳しくは
左京区
Kyoto-shi, Kyoto

京都霊山護国神社(木戸孝允・坂本龍馬など維新志士の墓)
Distance: 1.0 mi 詳しくは
東山区清閑寺霊山町1
Kyoto-shi, Kyoto 605-0861

(075)561-7124

Golden Pavillion, Kyoto
Distance: 0.8 mi 詳しくは
北区金閣寺町 1
Kyoto-shi, Kyoto

妙法院
Distance: 0.2 mi 詳しくは
東山区三十三間堂廻り 657
Kyoto-shi, Kyoto 605-0932

075-561-0467

龍馬の墓
Distance: 0.9 mi 詳しくは
東山区清閑寺霊山町1
Kyoto-shi, Kyoto 605-0861

075-561-7124

東福寺 臥雲橋
Distance: 0.7 mi 詳しくは
京都市東山区本町15丁目
Kyoto-shi, Kyoto

075-561-0087

京都龍安寺
Distance: 0.8 mi 詳しくは
13 Ryoanji Goryonoshita-chō, Ukyō-ku, Kyoto, Kyoto Prefecture
Kyoto-shi, Kyoto 616-8001

075-463-2216

Hōkō-ji
Distance: 0.3 mi 詳しくは
東山区大和大路通七条上ル茶屋町527-2
Kyoto-shi, Kyoto 605-0931

075-561-1720

Hōkō-ji is a temple in Kyoto, Japan, dating from the 16th century. Toyotomi Hideyoshi determined that the capital city should have a Daibutsu temple to surpass that of Nara. He is reputed to have claimed at the outset that he would complete construction in half the time it took Emperor Shōmu to complete the Great Buddha of Nara. The project during Emperor Shomū's reign took ten years. Hideyoshi would complete the initial phase of his project in only three years. The architects for this project were Nakamura Masakiyo and Heinouchi Yoshimasa.

Local Business 近く 法住寺

Hyatt Regency Kyoto - ハイアットリージェンシー京都
距離: 0.1 mi 詳しくは
東山区三十三間堂廻り644番地2
Kyoto-shi, Kyoto 605-0941

+81 75 541 1234 

Hyatt Regency Kyoto is a stylish design hotel located in the traditional and historic area of Higashiyama Shichijo, in the heart of Kyoto, Japan. Our hotel is close to the main city landmarks including the National Museum, Chishakuin, Sanjusangendo and Yogenin Temples. Gion district, a traditional neighbourhood famous for geishas has numerous shopping and entertainment options, with Shijo street and Nishiki market within short distance. ハイアット リージェンシー 京都は、コンテンポラリージャパニーズをコンセプトにしたラグジュアリーホテルです。古の伝統と文化に息づく京都・東山に位置し、JR京都駅からも近くビジネスでご利用のお客様、また観光でお越しのお客様にもアクセスの良いロケーションです。国内外のお客様に和のおもてなしと外資系ホテルのホスピタリティでお迎えいたします。

三十三間堂 (Sanjūsangendō)
距離: 0.1 mi 詳しくは
三十三間堂廻り町657
Kyoto-shi, Kyoto 605-0941

075-561-0467

國宝 三十三間堂
距離: 0.1 mi 詳しくは
東山区三十三間堂廻町657
Kyoto-shi, Kyoto 605-0941

お好み焼吉野
距離: 0.1 mi 詳しくは
東山区上池田町546
Kyoto-shi, Kyoto

075-551-2026

東山 Touzan
距離: 0.1 mi 詳しくは
東山区三十三間堂廻り644-2
Kyoto-shi, Kyoto

075-541-3201

Sanjusangendo Temple
距離: 0.1 mi 詳しくは
657 Sanjusangenndo-mawari-machi, Higashiyama-ku, Kyoto, Japan
Kyoto-shi, Kyoto 605-0941

Kinkakuji (Golden) Temple
距離: 0.1 mi 詳しくは
北区金閣寺町1
Kyoto-shi, Kyoto 603-8361

075-461-0013

Iwatayama Monkey Park, Arishayama, Kyoto, Japan
距離: 0.1 mi 詳しくは
8, Arashiyama Genrokuzan-cho, Nishikyo-ku
Kyoto-shi, Kyoto 616-0007

Sannenzaka Slope
距離: 0.1 mi 詳しくは
東山区
Kyoto-shi, Kyoto

Trattoria Sette
距離: 0.1 mi 詳しくは
東山区三十三間堂廻り644-2
Kyoto-shi, Kyoto

075-541-3204

京都博物館
距離: 0.1 mi 詳しくは
中京区高倉通三条上る東片町623−1
Kyoto-shi, Kyoto 604-8183

075-222-0888

梅香堂
距離: 0.1 mi 詳しくは
京都府京都市東山区今熊野宝蔵町6
Kyoto-shi, Kyoto 605-0952

075-561-3256

京都国立博物館
距離: 0.1 mi 詳しくは
東山区茶屋町527
Kyoto-shi, Kyoto 605-0931

075-525-2473

国宝 鳥獣戯画と高山寺
距離: 0.1 mi 詳しくは
京都国立博物館
Kyoto-shi, Kyoto

真言宗智山派 総本山智積院
距離: 0.2 mi 詳しくは
東山区東大路通り七条下る 東瓦町964番地
Kyoto-shi, Kyoto 605-0951

075-541-5361

七條甘春堂
距離: 0.2 mi 詳しくは
東山区七条通本町東入 西の門町五五一番地
Kyoto-shi, Kyoto 605-0947

075-541-3771

七条甘春堂本店
距離: 0.2 mi 詳しくは
東山区七条大和大路西入西之門町551
Kyoto-shi, Kyoto 605-0947

075-541-3771

わらじや
距離: 0.2 mi 詳しくは
京都府京都市東山区七条通本町東入ル西之門町555
Kyoto-shi, Kyoto

075-561-1290

Kyoto National Museum
距離: 0.2 mi 詳しくは
東山区茶屋町527
Kyoto-shi, Kyoto 605-0931

075-525-2473

Kyoto National Museum
距離: 0.2 mi 詳しくは
東山区茶屋町527
Kyoto-shi, Kyoto 605-0931

The is one of the major art museums in Japan. Located in Kyoto's Higashiyama ward, the museum focuses on pre-modern Japanese and Asian art.HistoryThe Kyoto National Museum, then the Imperial Museum of Kyoto, was proposed, along with the Imperial Museum of Tokyo and the Imperial Museum of Nara, in 1889, and construction on the museum finished in October, 1895. The museum was opened in 1897. The museum went through a series of name changes, in 1900 changing its name to the Imperial Household Museum of Kyoto, and once more in 1924 to the Imperial Gift Museum of Kyoto. The current name, the Kyoto National Museum, was decided upon in 1952.TimelineThe growth and development of today's museum has been an evolving process: history 1897—Museum is established as the "Imperial Museum of Kyoto." 1900—Museum is renamed the "Imperial Household Museum of Kyoto." 1924—Museum is donated to City of Kyoto; and Museum is renamed the "Imperial Gift Museum of Kyoto." 1952—Committee for the Preservation of Cultural Properties (national government) assumes responsibility for Museum collections; and Museum is renamed "Kyoto National Museum." 1966—Collection Hall is completed. 1969—Special Exhibition Hall, Main Gate, ticket booth, and fences are designated "Important Cultural Properties" under the name of the former "Imperial Museum of Kyoto." 1973—Saturday Lecture Series, 1st session is held. 1979—Conservation Center for Cultural Properties is completed. 2001—South Gate is constructed as a part of a project for the 100th Year Anniversary Hall. 2001—Museum is renamed the "Kyoto National Museum" of the "Independent Administrative Institution National Museum" (IAI National Museum). 2005—IAI National Museum is expanded with addition of Kyushu National Museum. 2007—IAI National Museum is merged into Independent Administrative Institution National Institutes for Cultural Heritage (NICH), combining the four national museums with the former National Institutes for Cultural Preservation at Tokyo and Nara