Akiba88 決して前にないように日本を探検する

青蓮院門跡, Kyoto-shi Kyoto


東山区粟田口三条坊町69-1
Kyoto-shi, Kyoto 605-0035

075-561-2345

Buddhist Temple 近く 青蓮院門跡

Kōdai-ji
Distance: 0.5 mi 詳しくは
東山区高台寺下河原526
Kyoto-shi, Kyoto 605-0825

075-561-9966

高台寺(こうだいじ)は京都府京都市東山区にある臨済宗建仁寺派の寺院。山号は鷲峰山(じゅぶさん)、寺号は詳しくは高台寿聖禅寺と称する。豊臣秀吉の正室である北政所(高台院)が秀吉の冥福を祈るため建立した寺院であり、寺号は北政所の落飾(仏門に入る)後の院号である高台院にちなむ。釈迦如来を本尊とする禅宗寺院であるとともに、秀吉と北政所を祀る霊廟としての性格をもった寺院である。霊屋(おたまや)の堂内装飾には桃山様式の蒔絵が用いられ、これを「高台寺蒔絵」と呼ぶ。他に北政所所持と伝えられる蒔絵調度類を多数蔵することから「蒔絵の寺」の通称がある。歴史豊臣秀吉が病死したのは 慶長3年(1598年)であった。秀吉の正室である北政所(ねね、出家後は高台院湖月心尼)は秀吉の菩提を弔うための寺院の建立を発願し、当初は北政所の実母・朝日局が眠る康徳寺(京都の寺町にあった)をそれに充てようとしたが、手狭であったため、東山の現在地に新たな寺院を建立することになった。秀吉没後の権力者となった徳川家康は、北政所を手厚く扱い、配下の武士たちを高台寺の普請担当に任命した。中でも普請掛・堀直政の働きは大きかったようで、高台寺の開山堂には直政の木像が祀られている。高台寺の開山は慶長11年(1606年)で、当初は曹洞宗の寺院であった。寛永元年7月(1624年)、高台寺は臨済宗建仁寺派の大本山である建仁寺の三江紹益を中興開山に招聘。この時、高台寺は曹洞宗から臨済宗に改宗している。北政所の兄・木下家定は建仁寺及び三江紹益と関係が深く、家定の七男が三江紹益のもとで出家していることも、この改宗と関連すると言われる。なお、北政所は同じ寛永元年の9月に没している。

浄土宗総本山 知恩院
Distance: 0.2 mi 詳しくは
東山区林下町400
Kyoto-shi, Kyoto 605-8686

075-531-2111

南禅寺
Distance: 0.6 mi 詳しくは
左京区南禅寺福地町
Kyoto-shi, Kyoto 606-8435

075-771-0365

南禅寺,日本京都一所佛教寺院,为临济宗南禅寺派大本山。正应四年为龟山天皇创建,首任住持为大明国师无关普门。南禅寺是日本最早的由皇室发愿建造的禅宗寺院,因此位列京都五山之上,为日本禅宗最高寺院。

Yasaka Shrine
Distance: 0.4 mi 詳しくは
東山区祇園町北側625
Kyoto-shi, Kyoto 605-0073

075-561-6155

Yasaka Shrine, once called Gion Shrine, is a Shinto shrine in the Gion District of Kyoto, Japan. Situated at the east end of Shijō-dōri (Fourth Avenue), the shrine includes several buildings, including gates, a main hall and a stage.HistoryInitial construction on the Shrine began in 656. The Shrine became the object of Imperial patronage during the early Heian period. In 965, Emperor Murakami ordered that Imperial messengers be sent to report important events to the guardian kami of Japan. These heihaku were initially presented to 16 shrines; and in 991, Emperor Ichijō added three more shrines to Murakami's list. Three years later in 994, Ichijō refined the scope of that composite list by adding Umenomiya Shrine and Gion Shrine.From 1871 through 1946, Yasaka Shrine was officially designated one of the '', meaning that it stood in the first rank of government supported shrines.MatsuriIn 869 the mikoshi (divine palanquin) of Gion Shrine were paraded through the streets of Kyoto to ward off an epidemic that had hit the city. This was the beginning of the Gion Matsuri, an annual festival which has become world famous.Today, in addition to hosting the Gion Matsuri, Yasaka Shrine welcomes thousands of people every New Year, for traditional Japanese New Year rituals and celebrations. In April, the crowds pass through the temple on their way to Maruyama Park, a popular hanami (cherry blossom viewing) site. Lanterns decorate the stage with the names of festival sponsors.

Kōdai-ji
Distance: 0.5 mi 詳しくは
东山区高台寺下河原町526番地
Kyoto-shi, Kyoto 605-0825

075-561-9966

Kōdai-ji, formally identified as Jubuzan Kōdai-ji, is a temple of the Rinzai school of Zen Buddhism in Higashiyama-ku, Kyoto, Japan—the largest subtemple of the Kennin-ji branch. It was established in 1606 by Nene (often known by the title Kita no Mandokoro, and who had taken the name Kōdai-in), the widow of Toyotomi Hideyoshi, to pray for her late husband. The principal image is a statue of Shaka.The temple possesses a number of objects designated as Important Cultural Assets. Among these are the Main Gate and the Spirit Hall, noted for its use of maki-e. The temple is nicknamed the maki-e temple." It also holds paintings, including one of Hideyoshi, as well as textiles, and a bronze bell with an inscription dating it to 1606.The gardens of Kōdai-ji are a nationally designated Historic Site and Place of Scenic Beauty.

Kōdai-ji
Distance: 0.5 mi 詳しくは
京都府京都市 東山区下河原町八坂鳥居前下る下河原町526
Kyoto-shi, Kyoto 605-0825

075-561-9966

高台寺(こうだいじ)是位在日本京都府京都市東山區的臨濟宗建仁寺派寺院。山號「鷲峰山」(じゅぶさん)。本尊釋迦如來、開基(創立者)為高台院。豐臣秀吉之正室北政所(高台院)為了幫秀吉祈求冥福所建的寺院,也是秀吉没後高台院的居所。關連項目建仁寺外部連結 高台寺

Chion-in
Distance: 0.1 mi 詳しくは
市東山区新橋通大和大路東入三丁目林下町 400
Kyoto-shi, Kyoto 605-8686

075-531-2111

知恩院(ちおんいん)は、京都府京都市東山区にある浄土宗総本山の寺院。山号は華頂山(かちょうざん)。詳名は華頂山知恩教院大谷寺(かちょうざん ちおんきょういん おおたにでら)。本尊は法然上人像(本堂)および阿弥陀如来(阿弥陀堂)、開基(創立者)は法然である。浄土宗の宗祖・法然が後半生を過ごし、没したゆかりの地に建てられた寺院で、現在のような大規模な伽藍が建立されたのは、江戸時代以降である。徳川将軍家から庶民まで広く信仰を集め、今も京都の人々からは親しみを込めて「ちよいんさん」「ちおいんさん」と呼ばれている。なお他流で門跡に当たる当主住職を、知恩院では浄土門主(もんす)と呼ぶ。歴史知恩院は、浄土宗の宗祖・法然房源空(法然)が東山吉水(よしみず)、現在の知恩院勢至堂付近に営んだ草庵をその起源とする。法然は平安時代末期の長承2年(1133年)、美作国(岡山県)に生まれた。13歳で比叡山に上り、15歳で僧・源光のもとで得度(出家)する。18歳で比叡山でも奥深い山中にある西塔黒谷の叡空に師事し、源光と叡空の名前の1字ずつを取って法然房源空と改名した。法然は唐時代の高僧・善導の著作『観経疏』を読んで「専修念仏」の思想に開眼し、浄土宗の開宗を決意して比叡山を下りた。承安5年(1175年)、43歳の時であった。「専修念仏」とは、いかなる者も、一心に弥陀(阿弥陀如来)の名を唱え続ければ極楽往生できるとする思想である。この思想は旧仏教側から激しく糾弾され、攻撃の的となった。法然は建永2年(1207年)には讃岐国(香川県)に流罪となり、4年後の建暦元年(1211年)には許されて都に戻るが、翌年の1月、80歳で没した。

知恩院
Distance: 0.2 mi 詳しくは
東山区林下町400
Kyoto-shi, Kyoto 605-8686

075-531-2111

知恩院 / Chion-in Temple
Distance: 0.2 mi 詳しくは
東山区林下町400
Kyoto-shi, Kyoto 605-8686

075-531-2111

京都永觀堂
Distance: 0.6 mi 詳しくは
左京区永観堂町48
Kyoto-shi, Kyoto 606-8445

045-511-5311

青蓮院青龍殿
Distance: 0.4 mi 詳しくは
山科区厨子奥花鳥町 28
Kyoto-shi, Kyoto 607-8456

075-771-0390

圓徳院
Distance: 0.5 mi 詳しくは
東山区高台寺下河原町530
Kyoto-shi, Kyoto 605-0825

075-525-0101

Shōren-in
Distance: 0.0 mi 詳しくは
東山区粟田口三条坊町69-1
Kyoto-shi, Kyoto

075-561-2345

青蓮院(しょうれんいん)は、京都市東山区粟田口(あわたぐち)三条坊町にある天台宗の寺院。青蓮院門跡(しょうれんいんもんぜき)とも称する。山号はなし。開基(創立者)は伝教大師最澄、本尊は熾盛光如来(しじょうこうにょらい)である。現在の門主(住職)は、旧伯爵東伏見家出身の東伏見慈晃。概要青蓮院は、梶井(現在の三千院)、妙法院と共に、天台宗の三門跡寺院とされる。「門跡寺院」とは皇室や摂関家の子弟が入寺する寺院のことであり、青蓮院は多くの法親王・入道親王(皇族出身で親王の称号を与えられた僧侶)が門主(住職)を務め、格式を誇ってきた。江戸時代に仮御所となったことがあるため「粟田御所」の称もある。日本三不動の1つ「青不動」のある寺としても知られる。歴史梶井、妙法院などとともに、青蓮院も比叡山上にあった房(坊)と呼ばれる小寺院がその起源となっている。青蓮院は比叡山東塔の南谷にあった青蓮坊がその起源であり、門跡寺院となって山下に移ったのは平安時代末期の行玄大僧正の時である。久安6年(1150年)に鳥羽上皇の皇后美福門院は青蓮院を祈願所とした頃から寺格が上がり始め、鳥羽上皇の第七皇子覚快法親王が行玄の弟子として入寺してより後は、皇家や摂家の子弟が門主を務める格式高い寺院となった。山下へ移転した当初は現在地のやや北西にあたる三条白川の地にあったが、河川の氾濫を避けて鎌倉時代に高台の現在地へ移った。ここにはもと十楽院という寺があり、青蓮院の南東にある花園天皇陵は「十楽院上陵」(じゅうらくいんのうえのみささぎ)と呼ばれている。歴代住職のうち、第三世門主の慈鎮和尚慈円は歴史書『愚管抄』の著者として著名である。慈円は関白藤原忠通の子で、歌人としても知られ、天台座主を4度にわたって務めている。また第十七世門主の尊円法親王は伏見天皇の第六皇子で、名筆家として知られる。尊円法親王の書風は「青蓮院流」と呼ばれ、江戸時代に広く普及した和様書風「御家流」の源流である。

南禅寺 天授庵 / Tenjuan Temple
Distance: 0.6 mi 詳しくは
左京区南禅寺福地町86-8
Kyoto-shi, Kyoto 606-8435

075-771-0744

Shōren-in
Distance: 0.0 mi 詳しくは
東山区粟田口三条坊町69-1
Kyoto-shi, Kyoto

075-561-2345

Shōren-in is a Buddhist temple in Kyoto, Japan. Also known as the Awata Palace, it was built in the late 13th century. Shinran Shonin, the founder of the Jodo Shinshu pure land sect, was ordained a monk at Shōren-in at the age of nine.Shōren-in was formerly the temple of the imperial abbot of the Tendai headquarters on Mount Hiei; the abbot was required to be chosen from the imperial family or high court aristocracy. After the Great Kyoto Fire of 1788, it was used as a temporary imperial palace. The main hall was rebuilt in 1895.The temple complex contains a garden with massive eight-hundred-year-old camphor trees (kusunoki), and a pond filled with large stones and fed by a small waterfall.

Chion-in
Distance: 0.1 mi 詳しくは
市東山区新橋通大和大路東入三丁目林下町 400
Kyoto-shi, Kyoto 605-8686

075-531-2111

Chion-in in Higashiyama-ku, Kyoto, Japan is the headquarters of the Jōdo-shū (Pure Land Sect) founded by Hōnen (1133–1212), who proclaimed that sentient beings are reborn in Amida Buddha's Western Paradise (Pure Land) by reciting the nembutsu, Amida Buddha's name.The vast compounds of Chion-in include the site where Hōnen settled to disseminate his teachings and the site where he died.HistoryThe original temple was built in 1234 by Hōnen's disciple, Genchi in memory of his master and was named Chion-in. While the temple was affiliated more closely in the early years with the Seizan branch of Jodo Shu, its 8th head priest, Nyoichi was deeply influenced by the priest Ryōkū, a disciple of Ryōchū who was the 3rd head of the Chinzei branch of Jōdo-shū Buddhism, and disciple of Bencho. Later Nyoichi's successor Shunjō advanced this further by citing a biography where Genchi's disciple Renjaku-bo and Ryōchū agree that there existed no doctrinal differences between them:By 1450, Chion-in had become fully under control of the Chinzei branch, but had little direct control, due to the outbreak of the Onin War. Numerous buildings in the complex were burnt down in 1633, but were entirely rebuilt by the third Tokugawa Shogun Iemitsu with the palatial structures that stand today.

東大谷祖廟
Distance: 0.4 mi 詳しくは
東山区円山町477
Kyoto-shi, Kyoto 605-0071

075-561-0777

Chion-in
Distance: 0.1 mi 詳しくは
市東山区新橋通大和大路東入三丁目林下町 400
Kyoto-shi, Kyoto 605-8686

075-531-2111

知恩院(ちおんいん)是位在日本京都府京都市東山區的寺院,淨土宗總本山。山號「華頂山」(かちょうざん)。本尊法然上人像(本堂)及阿彌陀如來(阿彌陀堂)、開基(創立者)為法然。知恩院七不思議鶯張之廊下御影堂至大方丈・小方丈約550m的廊下,安靜歩行時有類似鶯鳴之聲,所以稱作「鶯張之廊下」。白木之棺三門樓上置有二個白木之棺,其中收納傳說受將軍家之命,負責營造三門,但是在三門完成後,因工事預算超過而自刃的大工棟梁・五味金右衛門夫婦自作的木像。忘傘傳說傘是名工・左甚五郎為了驅魔置於御影堂正面軒下、或是白狐的化身・濡髪童子所放置,用來防止知恩院發生火災。抜雀狩野信政描繪的大方丈菊之間的襖繪,萬壽菊之上有數隻的雀,傳說因過於逼真,雀得到生命而飛去。三方正面真向之猫大方丈廊下的杉戶有狩野信政的猫之繪,任何人從任何方向看,都像從正面觀看,所以稱作「三方正面真向之猫」。大杓子三好清海入道在大坂夏之陣之時為兵士盛飯的杓子,象徵阿彌陀佛的大慈悲救濟一切衆生。瓜生石在往黑門的路上,知恩院建立前就存在的大石,傳說一夜之間,瓜藤從石中蔓延,開花、結實。關連項目淨土宗教校外部連結 知恩院

知恩院
Distance: 0.2 mi 詳しくは
林下町400
Kyoto-shi, Kyoto 605-8686

075-531-2111

Ryozen Kannon
Distance: 0.5 mi 詳しくは
東山区高台寺下河原町526-2
Kyoto-shi, Kyoto

075-561-2205

The Ryōzen Kannon is a war memorial commemorating the War dead of the Pacific War located in Eastern Kyoto. The concrete and steel statue of the Bodhisattva Avalokiteśvara (Kannon) was built by Hirosuke Ishikawa and unveiled on 8 June 1955. The statue is 24 m (80 ft) high and weighs approximately 500 tons.The shrine beneath the statue contains an image of Bodhisattva Ekādaśamukha and images of the god of wind and god of thunder. Memorial tablets of 2 million Japanese who died in World War II are also stored here. Four times a day services are conducted in their memory. Also on the site is a memorial hall in honour of the unknown soldier killed in World War II.

京都 八阪神社
Distance: 0.4 mi 詳しくは
東山区祇園町北側625
Kyoto-shi, Kyoto 605-0073

075-561-6155

南禅寺 三門
Distance: 0.6 mi 詳しくは
南禅寺福地町京都府京都市左京区
Kyoto-shi, Kyoto 606-8435

辰巳大明神
Distance: 0.5 mi 詳しくは
東山区新橋花見小路西入ル元吉町
Kyoto-shi, Kyoto 605-0087

青蓮院将軍塚大日堂
Distance: 0.5 mi 詳しくは
山科区厨子奥花鳥町 28
Kyoto-shi, Kyoto

075-771-0390

東本願寺 大谷祖廟
Distance: 0.4 mi 詳しくは
東山区円山町477
Kyoto-shi, Kyoto 605-0071

075-561-0777

檀王法林寺
Distance: 0.6 mi 詳しくは
左京区川端通三条上る法林寺門前町36
Kyoto-shi, Kyoto 606-8387

大雲院祇園閣
Distance: 0.4 mi 詳しくは
東山区祇園町南側594-1
Kyoto-shi, Kyoto 605-0074

075-531-5018

Konchi-In Temple
Distance: 0.5 mi 詳しくは
左京区南禅寺福地町86-12
Kyoto-shi, Kyoto

075-771-3511

妙傳寺
Distance: 0.5 mi 詳しくは
左京区北門前町481
Kyoto-shi, Kyoto

075-771-2088

金剛寺
Distance: 0.1 mi 詳しくは
篠原195
Kyoto-shi, Kyoto

Historical Place 近く 青蓮院門跡

Kiyomizu-dera
Distance: 0.9 mi 詳しくは
東山区清水1丁目294
Kyoto-shi, Kyoto 605-0862

075-551-1234

, officially Otowa-san Kiyomizu-dera is an independent Buddhist temple in eastern Kyoto. The temple is part of the Historic Monuments of Ancient Kyoto (Kyoto, Uji and Otsu Cities) UNESCO World Heritage site. It was one of 20 finalists for the New7Wonders of the World.The place is not to be confused with Kiyomizu-dera in Yasugi, Shimane, which is part of the 33-temple route of the Chūgoku 33 Kannon Pilgrimage through western Japan, or the Kiyozumi-dera temple associated with the Buddhist priest Nichiren.HistoryKiyomizu-dera was founded in the early Heian period. The temple was founded in 778 by Sakanoue no Tamuramaro, and its present buildings were constructed in 1633, ordered by the Tokugawa Iemitsu. There is not a single nail used in the entire structure. It takes its name from the waterfall within the complex, which runs off the nearby hills. Kiyomizu means clear water, or pure water.It was originally affiliated with the old and influential Hossō sect dating from Nara times. However, in 1965 it severed that affiliation, and its present custodians call themselves members of the "Kitahossō" sect.PresentThe main hall has a large veranda, supported by tall pillars, that juts out over the hillside and offers impressive views of the city. Large verandas and main halls were constructed at many popular sites during the Edo period to accommodate large numbers of pilgrims.

平安神宮 The Heian Shrine
Distance: 0.5 mi 詳しくは
岡崎西天王町
Kyoto-shi, Kyoto 606-8341

075-761-0221

清水寺 / Kiyomizu Temple
Distance: 0.8 mi 詳しくは
東山区清水1-294
Kyoto-shi, Kyoto 605-0862

075-551-1234

円山公園 / Maruyama Park
Distance: 0.3 mi 詳しくは
東山区円山町473
Kyoto-shi, Kyoto 605-0071

011-621-0453

清水寺 
Distance: 0.8 mi 詳しくは
東山区清水1-294
Kyoto-shi, Kyoto 605-0862

075-551-1234

Nanzen-ji
Distance: 0.7 mi 詳しくは
左京区福地町86
Kyoto-shi, Kyoto 606-8435

南禅寺 は、京都市左京区南禅寺福地町にある、臨済宗南禅寺派大本山の寺院である。山号は瑞龍山、寺号は詳しくは太平興国南禅禅寺(たいへいこうこくなんぜんぜんじ)である。本尊は釈迦如来、開基(創立者)は亀山法皇、開山(初代住職)は無関普門(大明国師)。日本最初の勅願禅寺であり、京都五山および鎌倉五山の上におかれる別格扱いの寺院で、日本の全ての禅寺のなかで最も高い格式をもつ。歴史南禅寺の建立以前、この地には、後嵯峨天皇が文永元年(1264年)に造営した離宮の禅林寺殿(ぜんりんじどの)があった。「禅林寺殿」の名は、南禅寺の北に現存する浄土宗西山禅林寺派総本山の禅林寺(永観堂)に由来する。この離宮は「上の御所」と「下の御所」に分かれ、うち「上の御所」に建設された持仏堂を「南禅院」と称した。現存する南禅寺の別院・南禅院はその後身である。亀山上皇は正応2年(1289年)、40歳の時に落飾(出家)して法皇となった。2年後の正応4年(1291年)、法皇は禅林寺殿を寺にあらため、当時80歳の無関普門を開山として、これを龍安山禅林禅寺と名づけた。伝承によれば、この頃禅林寺殿に夜な夜な妖怪変化が出没して亀山法皇やお付きの官人たちを悩ませたが、無関普門が弟子を引き連れて禅林寺殿に入り、静かに座禅をしただけで妖怪変化は退散したので、亀山法皇は無関を開山に請じたという。無関普門は、信濃国の出身。東福寺開山の円爾に師事した後、40歳で宋に留学、10年以上も修行した後、弘長2年(1262年)帰国。70歳になるまで自分の寺を持たず修行に専念していたが、師の円爾の死にをうけて弘安4年(1281年)に東福寺の住持となった。その10年後の正応4年(1291年)に南禅寺の開山として招かれるが、間もなく死去する。開山の無関の死去に伴い、南禅寺伽藍の建設は実質的には二世住職の規庵祖円(南院国師)が指揮し、永仁7年(1299年)頃に寺観が整った。当初の「龍安山禅林禅寺」を「太平興国南禅禅寺」という寺号に改めたのは正安年間(1299 - 1302年)のことという。正中2年(1325年)には夢窓疎石が当寺に住している。

清水寺 / Kiyomizu Temple, Kyoto
Distance: 0.8 mi 詳しくは
東山区清水1
Kyoto-shi, Kyoto 605-0862

075-551-1234

蹴上インクライン
Distance: 0.4 mi 詳しくは
左京区粟田口山下町~南禅寺草川町
Kyoto-shi, Kyoto 605-0044

京都国立博物館
Distance: 1.4 mi 詳しくは
東山区茶屋町527
Kyoto-shi, Kyoto 605-0931

075-525-2473

Chion-in
Distance: 0.1 mi 詳しくは
市東山区新橋通大和大路東入三丁目林下町 400
Kyoto-shi, Kyoto 605-8686

075-531-2111

知恩院(ちおんいん)は、京都府京都市東山区にある浄土宗総本山の寺院。山号は華頂山(かちょうざん)。詳名は華頂山知恩教院大谷寺(かちょうざん ちおんきょういん おおたにでら)。本尊は法然上人像(本堂)および阿弥陀如来(阿弥陀堂)、開基(創立者)は法然である。浄土宗の宗祖・法然が後半生を過ごし、没したゆかりの地に建てられた寺院で、現在のような大規模な伽藍が建立されたのは、江戸時代以降である。徳川将軍家から庶民まで広く信仰を集め、今も京都の人々からは親しみを込めて「ちよいんさん」「ちおいんさん」と呼ばれている。なお他流で門跡に当たる当主住職を、知恩院では浄土門主(もんす)と呼ぶ。歴史知恩院は、浄土宗の宗祖・法然房源空(法然)が東山吉水(よしみず)、現在の知恩院勢至堂付近に営んだ草庵をその起源とする。法然は平安時代末期の長承2年(1133年)、美作国(岡山県)に生まれた。13歳で比叡山に上り、15歳で僧・源光のもとで得度(出家)する。18歳で比叡山でも奥深い山中にある西塔黒谷の叡空に師事し、源光と叡空の名前の1字ずつを取って法然房源空と改名した。法然は唐時代の高僧・善導の著作『観経疏』を読んで「専修念仏」の思想に開眼し、浄土宗の開宗を決意して比叡山を下りた。承安5年(1175年)、43歳の時であった。「専修念仏」とは、いかなる者も、一心に弥陀(阿弥陀如来)の名を唱え続ければ極楽往生できるとする思想である。この思想は旧仏教側から激しく糾弾され、攻撃の的となった。法然は建永2年(1207年)には讃岐国(香川県)に流罪となり、4年後の建暦元年(1211年)には許されて都に戻るが、翌年の1月、80歳で没した。

長楽館
Distance: 0.4 mi 詳しくは
東山区八坂鳥居前東入円山町604 (604 Maruyama-cho, Yasaka Torii-mae Higashi-iru, Higashiyama-ku)
Kyoto-shi, Kyoto 605-0071

075-561-0001

水路閣
Distance: 0.6 mi 詳しくは
〒606-8435 京都府 京都市左京区南禅寺福地町86
Kyoto-shi, Kyoto 606-8435

圓徳院
Distance: 0.5 mi 詳しくは
東山区高台寺下河原町530
Kyoto-shi, Kyoto 605-0825

075-525-0101

Kinkakuji (Golden) Temple
Distance: 1.4 mi 詳しくは
北区金閣寺町1
Kyoto-shi, Kyoto 603-8361

075-461-0013

Shōren-in
Distance: 0.0 mi 詳しくは
東山区粟田口三条坊町69-1
Kyoto-shi, Kyoto

075-561-2345

青蓮院(しょうれんいん)は、京都市東山区粟田口(あわたぐち)三条坊町にある天台宗の寺院。青蓮院門跡(しょうれんいんもんぜき)とも称する。山号はなし。開基(創立者)は伝教大師最澄、本尊は熾盛光如来(しじょうこうにょらい)である。現在の門主(住職)は、旧伯爵東伏見家出身の東伏見慈晃。概要青蓮院は、梶井(現在の三千院)、妙法院と共に、天台宗の三門跡寺院とされる。「門跡寺院」とは皇室や摂関家の子弟が入寺する寺院のことであり、青蓮院は多くの法親王・入道親王(皇族出身で親王の称号を与えられた僧侶)が門主(住職)を務め、格式を誇ってきた。江戸時代に仮御所となったことがあるため「粟田御所」の称もある。日本三不動の1つ「青不動」のある寺としても知られる。歴史梶井、妙法院などとともに、青蓮院も比叡山上にあった房(坊)と呼ばれる小寺院がその起源となっている。青蓮院は比叡山東塔の南谷にあった青蓮坊がその起源であり、門跡寺院となって山下に移ったのは平安時代末期の行玄大僧正の時である。久安6年(1150年)に鳥羽上皇の皇后美福門院は青蓮院を祈願所とした頃から寺格が上がり始め、鳥羽上皇の第七皇子覚快法親王が行玄の弟子として入寺してより後は、皇家や摂家の子弟が門主を務める格式高い寺院となった。山下へ移転した当初は現在地のやや北西にあたる三条白川の地にあったが、河川の氾濫を避けて鎌倉時代に高台の現在地へ移った。ここにはもと十楽院という寺があり、青蓮院の南東にある花園天皇陵は「十楽院上陵」(じゅうらくいんのうえのみささぎ)と呼ばれている。歴代住職のうち、第三世門主の慈鎮和尚慈円は歴史書『愚管抄』の著者として著名である。慈円は関白藤原忠通の子で、歌人としても知られ、天台座主を4度にわたって務めている。また第十七世門主の尊円法親王は伏見天皇の第六皇子で、名筆家として知られる。尊円法親王の書風は「青蓮院流」と呼ばれ、江戸時代に広く普及した和様書風「御家流」の源流である。

Shōren-in
Distance: 0.0 mi 詳しくは
東山区粟田口三条坊町69-1
Kyoto-shi, Kyoto

075-561-2345

Shōren-in is a Buddhist temple in Kyoto, Japan. Also known as the Awata Palace, it was built in the late 13th century. Shinran Shonin, the founder of the Jodo Shinshu pure land sect, was ordained a monk at Shōren-in at the age of nine.Shōren-in was formerly the temple of the imperial abbot of the Tendai headquarters on Mount Hiei; the abbot was required to be chosen from the imperial family or high court aristocracy. After the Great Kyoto Fire of 1788, it was used as a temporary imperial palace. The main hall was rebuilt in 1895.The temple complex contains a garden with massive eight-hundred-year-old camphor trees (kusunoki), and a pond filled with large stones and fed by a small waterfall.

Tenryu-Ji Temple
Distance: 1.2 mi 詳しくは
右京区 嵯峨天龍寺芒ノ馬場町68
Kyoto-shi, Kyoto 616-8385

坂本龍馬・中岡慎太郎遭難の地、近江屋跡
Distance: 0.8 mi 詳しくは
中京区河原町通蛸薬師下ル塩屋町330
Kyoto-shi, Kyoto 604-8027

白沙村荘 橋本関雪記念館
Distance: 1.5 mi 詳しくは
左京区浄土寺石橋町37
Kyoto-shi, Kyoto 606-8406

075-751-0446

池田屋騒動跡
Distance: 0.8 mi 詳しくは
中京区三条通河原町東入
Kyoto-shi, Kyoto

蹴上鉄道桜並木
Distance: 0.9 mi 詳しくは
東山区
Kyoto-shi, Kyoto

五重塔
Distance: 0.7 mi 詳しくは
東山区八坂通下河原東入八坂上町388
Kyoto-shi, Kyoto 605-0827

075-551-2417

新島襄旧邸
Distance: 1.2 mi 詳しくは
群馬県安中市
Kyoto-shi, Kyoto 602-0867

075-251-3042

京都霊山護国神社(木戸孝允・坂本龍馬など維新志士の墓)
Distance: 0.6 mi 詳しくは
東山区清閑寺霊山町1
Kyoto-shi, Kyoto 605-0861

(075)561-7124

京都ハリストス正教会
Distance: 1.2 mi 詳しくは
京都府京都市中京区柳馬場通二条上る6丁目283
Kyoto-shi, Kyoto 604-0965

075-231-2453

妙法院
Distance: 1.3 mi 詳しくは
東山区三十三間堂廻り 657
Kyoto-shi, Kyoto 605-0932

075-561-0467

宗忠神社
Distance: 1.1 mi 詳しくは
京都市左京区吉田下大路町63
Kyoto-shi, Kyoto 606-8314

075-771-2700

龍馬の墓
Distance: 0.6 mi 詳しくは
東山区清閑寺霊山町1
Kyoto-shi, Kyoto 605-0861

075-561-7124

Hōkō-ji
Distance: 1.2 mi 詳しくは
東山区大和大路通七条上ル茶屋町527-2
Kyoto-shi, Kyoto 605-0931

075-561-1720

Hōkō-ji is a temple in Kyoto, Japan, dating from the 16th century. Toyotomi Hideyoshi determined that the capital city should have a Daibutsu temple to surpass that of Nara. He is reputed to have claimed at the outset that he would complete construction in half the time it took Emperor Shōmu to complete the Great Buddha of Nara. The project during Emperor Shomū's reign took ten years. Hideyoshi would complete the initial phase of his project in only three years. The architects for this project were Nakamura Masakiyo and Heinouchi Yoshimasa.

弁慶石
Distance: 1.0 mi 詳しくは
中京区
Kyoto-shi, Kyoto

Landmark 近く 青蓮院門跡

八坂神社 Yasaka Shrine
Distance: 0.4 mi 詳しくは
祇園町北側625
Kyoto-shi, Kyoto 605-0073

075-561-6155

平安神宮 The Heian Shrine
Distance: 0.5 mi 詳しくは
岡崎西天王町
Kyoto-shi, Kyoto 606-8341

075-761-0221

京都 祇園花見小路
Distance: 0.6 mi 詳しくは
京都府京都市東山区祇園花見小路通り四条下ル一筋目西入ル南側
Kyoto-shi, Kyoto

Kōdai-ji
Distance: 0.5 mi 詳しくは
東山区高台寺下河原526
Kyoto-shi, Kyoto 605-0825

075-561-9966

高台寺(こうだいじ)は京都府京都市東山区にある臨済宗建仁寺派の寺院。山号は鷲峰山(じゅぶさん)、寺号は詳しくは高台寿聖禅寺と称する。豊臣秀吉の正室である北政所(高台院)が秀吉の冥福を祈るため建立した寺院であり、寺号は北政所の落飾(仏門に入る)後の院号である高台院にちなむ。釈迦如来を本尊とする禅宗寺院であるとともに、秀吉と北政所を祀る霊廟としての性格をもった寺院である。霊屋(おたまや)の堂内装飾には桃山様式の蒔絵が用いられ、これを「高台寺蒔絵」と呼ぶ。他に北政所所持と伝えられる蒔絵調度類を多数蔵することから「蒔絵の寺」の通称がある。歴史豊臣秀吉が病死したのは 慶長3年(1598年)であった。秀吉の正室である北政所(ねね、出家後は高台院湖月心尼)は秀吉の菩提を弔うための寺院の建立を発願し、当初は北政所の実母・朝日局が眠る康徳寺(京都の寺町にあった)をそれに充てようとしたが、手狭であったため、東山の現在地に新たな寺院を建立することになった。秀吉没後の権力者となった徳川家康は、北政所を手厚く扱い、配下の武士たちを高台寺の普請担当に任命した。中でも普請掛・堀直政の働きは大きかったようで、高台寺の開山堂には直政の木像が祀られている。高台寺の開山は慶長11年(1606年)で、当初は曹洞宗の寺院であった。寛永元年7月(1624年)、高台寺は臨済宗建仁寺派の大本山である建仁寺の三江紹益を中興開山に招聘。この時、高台寺は曹洞宗から臨済宗に改宗している。北政所の兄・木下家定は建仁寺及び三江紹益と関係が深く、家定の七男が三江紹益のもとで出家していることも、この改宗と関連すると言われる。なお、北政所は同じ寛永元年の9月に没している。

Kōdai-ji
Distance: 0.5 mi 詳しくは
東山区高台寺下河原526
Kyoto-shi, Kyoto 605-0825

075-561-9966

高台寺(こうだいじ)は京都府京都市東山区にある臨済宗建仁寺派の寺院。山号は鷲峰山(じゅぶさん)、寺号は詳しくは高台寿聖禅寺と称する。豊臣秀吉の正室である北政所(高台院)が秀吉の冥福を祈るため建立した寺院であり、寺号は北政所の落飾(仏門に入る)後の院号である高台院にちなむ。釈迦如来を本尊とする禅宗寺院であるとともに、秀吉と北政所を祀る霊廟としての性格をもった寺院である。霊屋(おたまや)の堂内装飾には桃山様式の蒔絵が用いられ、これを「高台寺蒔絵」と呼ぶ。他に北政所所持と伝えられる蒔絵調度類を多数蔵することから「蒔絵の寺」の通称がある。歴史豊臣秀吉が病死したのは 慶長3年(1598年)であった。秀吉の正室である北政所(ねね、出家後は高台院湖月心尼)は秀吉の菩提を弔うための寺院の建立を発願し、当初は北政所の実母・朝日局が眠る康徳寺(京都の寺町にあった)をそれに充てようとしたが、手狭であったため、東山の現在地に新たな寺院を建立することになった。秀吉没後の権力者となった徳川家康は、北政所を手厚く扱い、配下の武士たちを高台寺の普請担当に任命した。中でも普請掛・堀直政の働きは大きかったようで、高台寺の開山堂には直政の木像が祀られている。高台寺の開山は慶長11年(1606年)で、当初は曹洞宗の寺院であった。寛永元年7月(1624年)、高台寺は臨済宗建仁寺派の大本山である建仁寺の三江紹益を中興開山に招聘。この時、高台寺は曹洞宗から臨済宗に改宗している。北政所の兄・木下家定は建仁寺及び三江紹益と関係が深く、家定の七男が三江紹益のもとで出家していることも、この改宗と関連すると言われる。なお、北政所は同じ寛永元年の9月に没している。

浄土宗総本山 知恩院
Distance: 0.2 mi 詳しくは
東山区林下町400
Kyoto-shi, Kyoto 605-8686

075-531-2111

南禅寺
Distance: 0.6 mi 詳しくは
左京区南禅寺福地町
Kyoto-shi, Kyoto 606-8435

075-771-0365

南禅寺,日本京都一所佛教寺院,为临济宗南禅寺派大本山。正应四年为龟山天皇创建,首任住持为大明国师无关普门。南禅寺是日本最早的由皇室发愿建造的禅宗寺院,因此位列京都五山之上,为日本禅宗最高寺院。

Kōdai-ji
Distance: 0.5 mi 詳しくは
东山区高台寺下河原町526番地
Kyoto-shi, Kyoto 605-0825

075-561-9966

Kōdai-ji, formally identified as Jubuzan Kōdai-ji, is a temple of the Rinzai school of Zen Buddhism in Higashiyama-ku, Kyoto, Japan—the largest subtemple of the Kennin-ji branch. It was established in 1606 by Nene (often known by the title Kita no Mandokoro, and who had taken the name Kōdai-in), the widow of Toyotomi Hideyoshi, to pray for her late husband. The principal image is a statue of Shaka.The temple possesses a number of objects designated as Important Cultural Assets. Among these are the Main Gate and the Spirit Hall, noted for its use of maki-e. The temple is nicknamed the maki-e temple." It also holds paintings, including one of Hideyoshi, as well as textiles, and a bronze bell with an inscription dating it to 1606.The gardens of Kōdai-ji are a nationally designated Historic Site and Place of Scenic Beauty.

Kōdai-ji
Distance: 0.5 mi 詳しくは
东山区高台寺下河原町526番地
Kyoto-shi, Kyoto 605-0825

075-561-9966

Kōdai-ji, formally identified as Jubuzan Kōdai-ji, is a temple of the Rinzai school of Zen Buddhism in Higashiyama-ku, Kyoto, Japan—the largest subtemple of the Kennin-ji branch. It was established in 1606 by Nene (often known by the title Kita no Mandokoro, and who had taken the name Kōdai-in), the widow of Toyotomi Hideyoshi, to pray for her late husband. The principal image is a statue of Shaka.The temple possesses a number of objects designated as Important Cultural Assets. Among these are the Main Gate and the Spirit Hall, noted for its use of maki-e. The temple is nicknamed the maki-e temple." It also holds paintings, including one of Hideyoshi, as well as textiles, and a bronze bell with an inscription dating it to 1606.The gardens of Kōdai-ji are a nationally designated Historic Site and Place of Scenic Beauty.

Kōdai-ji
Distance: 0.5 mi 詳しくは
京都府京都市 東山区下河原町八坂鳥居前下る下河原町526
Kyoto-shi, Kyoto 605-0825

075-561-9966

高台寺(こうだいじ)是位在日本京都府京都市東山區的臨濟宗建仁寺派寺院。山號「鷲峰山」(じゅぶさん)。本尊釋迦如來、開基(創立者)為高台院。豐臣秀吉之正室北政所(高台院)為了幫秀吉祈求冥福所建的寺院,也是秀吉没後高台院的居所。關連項目建仁寺外部連結 高台寺

Kōdai-ji
Distance: 0.5 mi 詳しくは
京都府京都市 東山区下河原町八坂鳥居前下る下河原町526
Kyoto-shi, Kyoto 605-0825

075-561-9966

高台寺(こうだいじ)是位在日本京都府京都市東山區的臨濟宗建仁寺派寺院。山號「鷲峰山」(じゅぶさん)。本尊釋迦如來、開基(創立者)為高台院。豐臣秀吉之正室北政所(高台院)為了幫秀吉祈求冥福所建的寺院,也是秀吉没後高台院的居所。關連項目建仁寺外部連結 高台寺

Kyoto Municipal Zoo
Distance: 0.4 mi 詳しくは
左京区岡崎法勝寺町
Kyoto-shi, Kyoto 606-8333

京都市動物園(きょうとしどうぶつえん)は、京都市左京区岡崎にある京都市立の動物園である。正式名称ではないが「岡崎動物園」と呼ばれることもある。周囲には平安神宮、南禅寺、ロームシアター京都、京都市美術館がある。繁殖に力を入れており、日本初の繁殖成功がたくさんある。繁殖繁殖には力を入れている。日本初の繁殖の成功例としては、哺乳類でライオン、トラ、ニシローランドゴリラ、シロテナガザル、ヨーロッパバイソン、鳥類でシュバシコウ、クロエリハクチョウ、ベニイロフラミンゴ、オオミズナギドリ、ムジヒメシャクケイ、爬虫類はフロリダニシキヘビ、アカアシガメがある。特に、ローランドゴリラでは日本初の繁殖に成功しただけでなく、2003年現在で日本で唯一の3世代飼育に成功している。施設と飼育動物2013年現在哺乳類アジアゾウ(「美都」)、カバ(「継美」)、キリン(「清水」「未来」「瓜生」)、グレビーシマウマ(「ライラ」「キララ」)、ミーアキャット、ブラジルバク(「カルロス」「ミノリ」)、オナガゴーラル(「ホンホン」)、ホンシュウジカ(「カエデ」)、ニシローランドゴリラ(「モモタロウ」「元気」「ゲンタロウ」)、チンパンジー(「コイコ」「タカシ」「ジェームス」「ニイニ」)、シロテテナガザル(「シロマティー」「クロマティー」)、マンドリル、ワオキツネザル、フサオマキザル、アカゲザル、アムールトラ(「アオイ」「オク」「ルイ」)、ライオン(「ナイル」「クリス」)、ツシマヤマネコ(「ミヤコ」)、エゾヒグマ(「愛」)、ニホンツキノワグマ(「サクラ」)、ヤブイヌ、ホンドギツネ、ニホンアナグマ、ニホンリス、ムササビ、カピバラ(「カリン」)、フタユビナマケモノ(「ほっこり」)

Chion-in
Distance: 0.1 mi 詳しくは
市東山区新橋通大和大路東入三丁目林下町 400
Kyoto-shi, Kyoto 605-8686

075-531-2111

知恩院(ちおんいん)は、京都府京都市東山区にある浄土宗総本山の寺院。山号は華頂山(かちょうざん)。詳名は華頂山知恩教院大谷寺(かちょうざん ちおんきょういん おおたにでら)。本尊は法然上人像(本堂)および阿弥陀如来(阿弥陀堂)、開基(創立者)は法然である。浄土宗の宗祖・法然が後半生を過ごし、没したゆかりの地に建てられた寺院で、現在のような大規模な伽藍が建立されたのは、江戸時代以降である。徳川将軍家から庶民まで広く信仰を集め、今も京都の人々からは親しみを込めて「ちよいんさん」「ちおいんさん」と呼ばれている。なお他流で門跡に当たる当主住職を、知恩院では浄土門主(もんす)と呼ぶ。歴史知恩院は、浄土宗の宗祖・法然房源空(法然)が東山吉水(よしみず)、現在の知恩院勢至堂付近に営んだ草庵をその起源とする。法然は平安時代末期の長承2年(1133年)、美作国(岡山県)に生まれた。13歳で比叡山に上り、15歳で僧・源光のもとで得度(出家)する。18歳で比叡山でも奥深い山中にある西塔黒谷の叡空に師事し、源光と叡空の名前の1字ずつを取って法然房源空と改名した。法然は唐時代の高僧・善導の著作『観経疏』を読んで「専修念仏」の思想に開眼し、浄土宗の開宗を決意して比叡山を下りた。承安5年(1175年)、43歳の時であった。「専修念仏」とは、いかなる者も、一心に弥陀(阿弥陀如来)の名を唱え続ければ極楽往生できるとする思想である。この思想は旧仏教側から激しく糾弾され、攻撃の的となった。法然は建永2年(1207年)には讃岐国(香川県)に流罪となり、4年後の建暦元年(1211年)には許されて都に戻るが、翌年の1月、80歳で没した。

平安神宮 神苑
Distance: 0.6 mi 詳しくは
左京区岡崎西天王町
Kyoto-shi, Kyoto 606-8341

075-761-0221

知恩院 / Chion-in Temple
Distance: 0.2 mi 詳しくは
東山区林下町400
Kyoto-shi, Kyoto 605-8686

075-531-2111

Shōren-in
Distance: 0.0 mi 詳しくは
東山区粟田口三条坊町69-1
Kyoto-shi, Kyoto

075-561-2345

青蓮院(しょうれんいん)は、京都市東山区粟田口(あわたぐち)三条坊町にある天台宗の寺院。青蓮院門跡(しょうれんいんもんぜき)とも称する。山号はなし。開基(創立者)は伝教大師最澄、本尊は熾盛光如来(しじょうこうにょらい)である。現在の門主(住職)は、旧伯爵東伏見家出身の東伏見慈晃。概要青蓮院は、梶井(現在の三千院)、妙法院と共に、天台宗の三門跡寺院とされる。「門跡寺院」とは皇室や摂関家の子弟が入寺する寺院のことであり、青蓮院は多くの法親王・入道親王(皇族出身で親王の称号を与えられた僧侶)が門主(住職)を務め、格式を誇ってきた。江戸時代に仮御所となったことがあるため「粟田御所」の称もある。日本三不動の1つ「青不動」のある寺としても知られる。歴史梶井、妙法院などとともに、青蓮院も比叡山上にあった房(坊)と呼ばれる小寺院がその起源となっている。青蓮院は比叡山東塔の南谷にあった青蓮坊がその起源であり、門跡寺院となって山下に移ったのは平安時代末期の行玄大僧正の時である。久安6年(1150年)に鳥羽上皇の皇后美福門院は青蓮院を祈願所とした頃から寺格が上がり始め、鳥羽上皇の第七皇子覚快法親王が行玄の弟子として入寺してより後は、皇家や摂家の子弟が門主を務める格式高い寺院となった。山下へ移転した当初は現在地のやや北西にあたる三条白川の地にあったが、河川の氾濫を避けて鎌倉時代に高台の現在地へ移った。ここにはもと十楽院という寺があり、青蓮院の南東にある花園天皇陵は「十楽院上陵」(じゅうらくいんのうえのみささぎ)と呼ばれている。歴代住職のうち、第三世門主の慈鎮和尚慈円は歴史書『愚管抄』の著者として著名である。慈円は関白藤原忠通の子で、歌人としても知られ、天台座主を4度にわたって務めている。また第十七世門主の尊円法親王は伏見天皇の第六皇子で、名筆家として知られる。尊円法親王の書風は「青蓮院流」と呼ばれ、江戸時代に広く普及した和様書風「御家流」の源流である。

南禅寺 天授庵 / Tenjuan Temple
Distance: 0.6 mi 詳しくは
左京区南禅寺福地町86-8
Kyoto-shi, Kyoto 606-8435

075-771-0744

Shōren-in
Distance: 0.0 mi 詳しくは
東山区粟田口三条坊町69-1
Kyoto-shi, Kyoto

075-561-2345

Shōren-in is a Buddhist temple in Kyoto, Japan. Also known as the Awata Palace, it was built in the late 13th century. Shinran Shonin, the founder of the Jodo Shinshu pure land sect, was ordained a monk at Shōren-in at the age of nine.Shōren-in was formerly the temple of the imperial abbot of the Tendai headquarters on Mount Hiei; the abbot was required to be chosen from the imperial family or high court aristocracy. After the Great Kyoto Fire of 1788, it was used as a temporary imperial palace. The main hall was rebuilt in 1895.The temple complex contains a garden with massive eight-hundred-year-old camphor trees (kusunoki), and a pond filled with large stones and fed by a small waterfall.

Chion-in
Distance: 0.1 mi 詳しくは
市東山区新橋通大和大路東入三丁目林下町 400
Kyoto-shi, Kyoto 605-8686

075-531-2111

Chion-in in Higashiyama-ku, Kyoto, Japan is the headquarters of the Jōdo-shū (Pure Land Sect) founded by Hōnen (1133–1212), who proclaimed that sentient beings are reborn in Amida Buddha's Western Paradise (Pure Land) by reciting the nembutsu, Amida Buddha's name.The vast compounds of Chion-in include the site where Hōnen settled to disseminate his teachings and the site where he died.HistoryThe original temple was built in 1234 by Hōnen's disciple, Genchi in memory of his master and was named Chion-in. While the temple was affiliated more closely in the early years with the Seizan branch of Jodo Shu, its 8th head priest, Nyoichi was deeply influenced by the priest Ryōkū, a disciple of Ryōchū who was the 3rd head of the Chinzei branch of Jōdo-shū Buddhism, and disciple of Bencho. Later Nyoichi's successor Shunjō advanced this further by citing a biography where Genchi's disciple Renjaku-bo and Ryōchū agree that there existed no doctrinal differences between them:By 1450, Chion-in had become fully under control of the Chinzei branch, but had little direct control, due to the outbreak of the Onin War. Numerous buildings in the complex were burnt down in 1633, but were entirely rebuilt by the third Tokugawa Shogun Iemitsu with the palatial structures that stand today.

Chion-in
Distance: 0.1 mi 詳しくは
市東山区新橋通大和大路東入三丁目林下町 400
Kyoto-shi, Kyoto 605-8686

075-531-2111

知恩院(ちおんいん)是位在日本京都府京都市東山區的寺院,淨土宗總本山。山號「華頂山」(かちょうざん)。本尊法然上人像(本堂)及阿彌陀如來(阿彌陀堂)、開基(創立者)為法然。知恩院七不思議鶯張之廊下御影堂至大方丈・小方丈約550m的廊下,安靜歩行時有類似鶯鳴之聲,所以稱作「鶯張之廊下」。白木之棺三門樓上置有二個白木之棺,其中收納傳說受將軍家之命,負責營造三門,但是在三門完成後,因工事預算超過而自刃的大工棟梁・五味金右衛門夫婦自作的木像。忘傘傳說傘是名工・左甚五郎為了驅魔置於御影堂正面軒下、或是白狐的化身・濡髪童子所放置,用來防止知恩院發生火災。抜雀狩野信政描繪的大方丈菊之間的襖繪,萬壽菊之上有數隻的雀,傳說因過於逼真,雀得到生命而飛去。三方正面真向之猫大方丈廊下的杉戶有狩野信政的猫之繪,任何人從任何方向看,都像從正面觀看,所以稱作「三方正面真向之猫」。大杓子三好清海入道在大坂夏之陣之時為兵士盛飯的杓子,象徵阿彌陀佛的大慈悲救濟一切衆生。瓜生石在往黑門的路上,知恩院建立前就存在的大石,傳說一夜之間,瓜藤從石中蔓延,開花、結實。關連項目淨土宗教校外部連結 知恩院

八板神社
Distance: 0.4 mi 詳しくは
東山区祇園町北側625
Kyoto-shi, Kyoto 605-0073

075-561-6155

知恩院
Distance: 0.2 mi 詳しくは
林下町400
Kyoto-shi, Kyoto 605-8686

075-531-2111

京都 八阪神社
Distance: 0.4 mi 詳しくは
東山区祇園町北側625
Kyoto-shi, Kyoto 605-0073

075-561-6155

武徳殿
Distance: 0.6 mi 詳しくは
左京区聖護院円頓美町46-2
Kyoto-shi, Kyoto 606-8323

075-751-1255

京都霊山護国神社(木戸孝允・坂本龍馬など維新志士の墓)
Distance: 0.6 mi 詳しくは
東山区清閑寺霊山町1
Kyoto-shi, Kyoto 605-0861

(075)561-7124

Heian Shrine
Distance: 0.6 mi 詳しくは
岡崎西天王町
Kyoto-shi, Kyoto

Heian Jingū é um templo xintoísta localizado em Quioto, Japão. O torii que antecede o portão principal é um dos maiores do Japão, e o edifício principal, ou shaden, é concebido para imitar o Palácio Imperial de Quioto.O Heian Jingū foi construído em 1895 para o 1.100º aniversário de Heiankyō . O templo é dedicado ao Imperador Kammu e ao Imperador Komei. O primeiro moveu a capital para Heiankyō, e o último antecedeu o Imperador Meiji, que moveu a capital para Tóquio.O Heian Jingū inclui o Jidai Matsuri, um dos três mais importantes festivais de Quioto. A procissão neste festival começa no antigo palácio imperial, carregando mikoshi dos imperadores Kanmu e Kōmei para o Heian Jingū.Ligações externasPágina oficial

Heian Shrine
Distance: 0.6 mi 詳しくは
岡崎西天王町
Kyoto-shi, Kyoto

Heian Jingū é um templo xintoísta localizado em Quioto, Japão. O torii que antecede o portão principal é um dos maiores do Japão, e o edifício principal, ou shaden, é concebido para imitar o Palácio Imperial de Quioto.O Heian Jingū foi construído em 1895 para o 1.100º aniversário de Heiankyō . O templo é dedicado ao Imperador Kammu e ao Imperador Komei. O primeiro moveu a capital para Heiankyō, e o último antecedeu o Imperador Meiji, que moveu a capital para Tóquio.O Heian Jingū inclui o Jidai Matsuri, um dos três mais importantes festivais de Quioto. A procissão neste festival começa no antigo palácio imperial, carregando mikoshi dos imperadores Kanmu e Kōmei para o Heian Jingū.Ligações externasPágina oficial

京都武徳殿
Distance: 0.6 mi 詳しくは
聖護院円頓美町46-2
Kyoto-shi, Kyoto 606-8323

Kyoto Ryozen Gokoku Shrine
Distance: 0.5 mi 詳しくは
京都府京都市東山区
Kyoto-shi, Kyoto 605-0861

The Kyoto Ryozen Gokoku Shrine is a Shinto Shrine located in Kyoto, Japan. It honors the heroes of Japan, especially from the period of the Bakumatsu period and the Meiji Restoration, most famously Sakamoto Ryōma and his associate Nakaoka Shintarō, who are buried side-by-side in the shrine.The Ryozen Museum of History is next to this shrine.

Kyoto Ryozen Gokoku Shrine
Distance: 0.5 mi 詳しくは
京都府京都市東山区
Kyoto-shi, Kyoto 605-0861

The Kyoto Ryozen Gokoku Shrine is a Shinto Shrine located in Kyoto, Japan. It honors the heroes of Japan, especially from the period of the Bakumatsu period and the Meiji Restoration, most famously Sakamoto Ryōma and his associate Nakaoka Shintarō, who are buried side-by-side in the shrine.The Ryozen Museum of History is next to this shrine.

Local Business 近く 青蓮院門跡

金剛寺
距離: 0.1 mi 詳しくは
篠原195
Kyoto-shi, Kyoto

京懐石 美濃吉 本店 竹茂楼
距離: 0.2 mi 詳しくは
京都府京都市左京区粟田口鳥居町65
Kyoto-shi, Kyoto 606-8436

075-771-4185

浄土宗総本山 知恩院
距離: 0.2 mi 詳しくは
東山区林下町400
Kyoto-shi, Kyoto 605-8686

075-531-2111

知恩院
距離: 0.2 mi 詳しくは
林下町400
Kyoto-shi, Kyoto 605-8686

075-531-2111

圓山公園 Maruyama Patk(京都)~Love Knots
距離: 0.2 mi 詳しくは
東山区円山町473
Kyoto-shi, Kyoto

知恩院 / Chion-in Temple
距離: 0.2 mi 詳しくは
東山区林下町400
Kyoto-shi, Kyoto 605-8686

075-531-2111

卯sagiの一歩
距離: 0.2 mi 詳しくは
左京区岡崎円勝寺町91-23
Kyoto-shi, Kyoto 606-8344

075-201-6497

宿はる家
距離: 0.2 mi 詳しくは
Higashiyama Ward, Furukawacho, 542−4
Kyoto-shi, Kyoto 605-0026

茶ろん 瑞庵
距離: 0.3 mi 詳しくは
左京区岡崎円勝寺町140-5
Kyoto-shi, Kyoto

075-751-8213

相撲茶屋 いころ
距離: 0.3 mi 詳しくは
東山区祇園町北 円山公園内
Kyoto-shi, Kyoto 605-0073

075-551-0156

京都観世会館
距離: 0.3 mi 詳しくは
左京区岡崎円勝寺町44
Kyoto-shi, Kyoto 606-8344

075-771-6114

花結い師TAKAYA
距離: 0.3 mi 詳しくは
294
Kyoto-shi, Kyoto

075-585-8901

ウエスティン都ホテル京都
距離: 0.3 mi 詳しくは
京都市東山区三条けあげ
Kyoto-shi, Kyoto 605-0052

075-771-7111

マルシン飯店
距離: 0.3 mi 詳しくは
東山区南西海子町431-3
Kyoto-shi, Kyoto 605-0013

075-561-4825

いっちゃんラーメン
距離: 0.3 mi 詳しくは
京都市左京区南門前町542-1
Kyoto-shi, Kyoto 606-8346

0752051524

Kyoto Garden Washoku Restaurant Yachiyo/Kaiseki in Japan
距離: 0.3 mi 詳しくは
34 Fukuchicho Nanzenji Sakyoku
Kyoto-shi, Kyoto 606-8435

81-75-771-4148

The Kyoto Garden Ryokan Yachiyo began as a restaurant and is still respected as an exclusive restaurant serving the traditional Kyoto style of dining. Our restaurant, called Ryotei Yachiyo (Dining & Garden Yachiyo) is right next to our ryokan, and serves seasonal Kyoto cuisine. What is the most important aspect of Kyoto Cuisine? The answer is in the artisitc expression of the seasonal beauty of foods. In Kyoto Cuisine, only the most selective fresh foods and ingredients are prepared. All tableware is carefully selected for their highest aesthetic qualities. Even the designs of the chopsticks are tastefully selected and respectful of the food being prepared and served. In Kyoto Cuisine, the most important ingredient is Dashi broth made from kelp. Each restaurant has their own unique way of making Dashi broth and is carefully made over a long period of time. The most important ingredient in Dashi broth is water. The water in Kyoto is excellent and very good in making Dashi broth as the water is soft (less chemicals) when compared to the water of Tokyo. Dashi broth is the base of every dish in our cuisine. At Yachiyo, every morning, we boil pure water with high quality Rishiri Kelp for nearly an hour. After taking the Rishiri Kelp from the water, the broths simmers without boiling. Then, Kezuribushi (flaked dried bonito) is added. Residue is removed to keep the Dashi pure, and after about 20 minutes left standing, the broth is filtered. It is time consuming, but is the secret of excellent Kyoto Cuisine.

円山公園 / Maruyama Park
距離: 0.3 mi 詳しくは
東山区円山町473
Kyoto-shi, Kyoto 605-0071

011-621-0453

京都国立近代美術館
距離: 0.3 mi 詳しくは
左京区岡崎円勝寺町
Kyoto-shi, Kyoto 606-8344

075-761-4111

祇園まるまる Gion Maru-Maru
距離: 0.3 mi 詳しくは
東山区大和大路通四条東入ル祇園町北側627番地
Kyoto-shi, Kyoto 605-0073

0755410633

祇園SILVER WINGS(シルバーウイングス)
距離: 0.3 mi 詳しくは
京都府
Kyoto-shi, Kyoto 605-0064

0752049966