Akiba88 決して前にないように日本を探検する

Hōkō-ji, Kyoto-shi Kyoto


東山区大和大路通七条上ル茶屋町527-2
Kyoto-shi, Kyoto 605-0931

075-561-1720

Hōkō-ji is a temple in Kyoto, Japan, dating from the 16th century. Toyotomi Hideyoshi determined that the capital city should have a Daibutsu temple to surpass that of Nara. He is reputed to have claimed at the outset that he would complete construction in half the time it took Emperor Shōmu to complete the Great Buddha of Nara. The project during Emperor Shomū's reign took ten years. Hideyoshi would complete the initial phase of his project in only three years. The architects for this project were Nakamura Masakiyo and Heinouchi Yoshimasa.

Buddhist Temple 近く Hōkō-ji

三十三間堂 (Sanjūsangendō)
Distance: 0.2 mi 詳しくは
三十三間堂廻り町657
Kyoto-shi, Kyoto 605-0941

075-561-0467

清水寺 京都
Distance: 0.4 mi 詳しくは
東山区清水1丁目294
Kyoto-shi, Kyoto 605-0082

075-551-1234

清水寺 
Distance: 0.5 mi 詳しくは
東山区清水1-294
Kyoto-shi, Kyoto 605-0862

075-551-1234

八坂の塔 (法観寺)
Distance: 0.6 mi 詳しくは
東山区八坂通下河原東入八坂上町388
Kyoto-shi, Kyoto 605-0827

075-541-2565

Kennin-ji
Distance: 0.6 mi 詳しくは
東山区大和大路通四条下る小松町
Kyoto-shi, Kyoto 605-0811

建仁寺(けんにんじ)は、京都府京都市東山区にある臨済宗建仁寺派大本山の寺院。山号を東山(とうざん)と号する。本尊は釈迦如来、開基(創立者)は源頼家、開山は栄西である。京都五山の第3位に列せられている。俵屋宗達の「風神雷神図」、海北友松の襖絵などの文化財を豊富に伝える。山内の塔頭としては、桃山時代の池泉回遊式庭園で有名であり、貴重な古籍や、漢籍・朝鮮本などの文化財も多数所蔵していることで知られる両足院などが見られる。また、豊臣秀吉を祀る高台寺や、「八坂の塔」のある法観寺は建仁寺の末寺である。寺号は「けんにんじ」と読むが、地元では「けんねんさん」の名で親しまれている。なお、しばしば日本最初の禅寺と言われるが、これは間違いで博多の聖福寺が最初の禅寺である。歴史日本に臨済宗を正式に伝えたのは栄西がはじめとされている。栄西は永治元年(1141年)、備中国(岡山県)に生まれた。13歳で比叡山に上り翌年得度(出家)。仁安3年(1168年)と文治3年(1187年)の2回、南宋に渡航した。1度目の渡宋はわずか半年であったが、2度目の渡宋の際、臨済宗黄龍派(おうりょうは)の虚庵懐敞(きあんえじょう)に参禅した。建久2年(1191年)、虚庵から印可(師匠の法を嗣いだという証明)を得て、帰国する。当時、京都では比叡山(延暦寺)の勢力が強大で、禅寺を開くことは困難であった。栄西ははじめ九州博多に聖福寺を建て、のち鎌倉に移り、北条政子の援助で正治2年(1200年)に建立された寿福寺の開山となる。

Sanjūsangen-dō
Distance: 0.3 mi 詳しくは
東山区三十三間堂廻り町657
Kyoto-shi, Kyoto 605-0941

三十三間堂(さんじゅうさんげんどう)は京都府京都市東山区にある仏堂。建物の正式名称は蓮華王院本堂(れんげおういんほんどう)。同じ京都市東山区にある天台宗妙法院の境外仏堂であり、同院が所有・管理している。元は後白河上皇が自身の離宮内に創建した仏堂。本尊は千手観音で、蓮華王院は千手観音の別称・蓮華王に由来する。沿革この地には、もともと後白河上皇が離宮として建てた法住寺殿があった。その広大な法住寺殿の一画に建てられたのが蓮華王院本堂、今に言う三十三間堂である。上皇が平清盛に建立の資材協力を命じて旧暦の長寛2年12月17日(西暦1165年1月30日)に完成したという。創建当時は五重塔なども建つ本格的な寺院であったが、建長元年(1249年)の火災で焼失した。文永3年(1266年)に本堂のみが再建されている。現在「三十三間堂」と称される堂がそれであり、当時は朱塗りの外装で、内装も極彩色で飾られていたという。建築様式は和様に属する。桃山時代には、豊臣秀吉の東山大仏(方広寺)造営により、三十三間堂もその境内に含まれ、周囲の土塀や門などが整備された(『伽藍』の項参照)。「三十三間堂」の名称は、間面記法による表記「三十三間四面」(#構造)に由来する。「33」は観音に縁のある数字で、『法華経』等に観音菩薩が33種の姿に変じて衆生を救うと説かれることによる。俗に「三十三間堂の仏の数は三万三千三十三体」というのは、本尊と脇仏の一千一体がそれぞれ33に化身するからである。江戸時代には各藩の弓術家により本堂西軒下(長さ約121m)で矢を射る「通し矢」の舞台となった。縁の北端に的を置き、縁の南端から軒天井に当たらぬよう矢を射抜くのである(右上浮世絵画像参照)。「通し矢」の名もこの「軒下を通す」ということからきている。強弓を強く射なければ到底軒下を射通すことができない。それゆえ弓術家の名誉となったのである。その伝統に因み、現在は「楊枝のお加持」大法要と同日(1月中旬)に、本堂西側の射程60mの特設射場で矢を射る「三十三間堂大的全国大会」が行われる。弓道をたしなむ新成人参加者が振袖袴姿で行射する場面は、しばしばニュース番組等で取り上げられる。一般的には「通し矢」と呼ばれているが、60mは弓道競技の「遠的」の射程であり、軒高による制限もないから、かつての通し矢とはまったく違うものである。

大谷本廟
Distance: 0.3 mi 詳しくは
6丁目514
Kyoto-shi, Kyoto 605-0846

075-531-4171

Kennin-ji
Distance: 0.6 mi 詳しくは
京都市東山区小松町大和大路通四条下る4-584
Kyoto-shi, Kyoto 605-0811

075-561-6363

Kennin-ji is a historic Zen Buddhist temple in Higashiyama, Kyoto, Japan, near Gion, at the end of Hanami Lane. It is considered to be one of the so-called Kyoto Gozan or "five most important Zen temples of Kyoto".HistoryKennin-ji was founded in 1202 CE and claims to be the oldest Zen temple in Kyoto.The monk Eisai, credited with introducing Zen to Japan, served as Kennin-ji's founding abbot and is buried on the temple grounds. For its first years the temple combined Zen, Tendai, and Shingon practices, but it became a purely Zen institution under the eleventh abbot, Lanxi Daolong (1213–1278).The Zen master Dōgen, later founder of the Japanese Sōtō sect, trained at Kennin-ji. It is one of the Rinzai sect's headquarter temples.ArchitectureWhen first built, the temple contained seven principal buildings. It has suffered from fires through the centuries, and was rebuilt in the mid-thirteenth century by Zen master Enni, and again in the sixteenth century with donations of buildings from nearby temples Ankoku-ji and Tōfuku-ji.

京都ゑびす神社
Distance: 0.5 mi 詳しくは
東山区大和大路四条下ル
Kyoto-shi, Kyoto 605-0811

075-525-0005

Sanjūsangen-dō
Distance: 0.3 mi 詳しくは
東山区三十三間堂廻り町657
Kyoto-shi, Kyoto 605-0941

is a Buddhist temple in Higashiyama District of Kyoto, Japan. Officially known as "Rengeō-in" (蓮華王院), or Hall of the Lotus King, Sanjūsangen-dō belongs to and is run by the Myoho-in temple, a part of the Tendai school of Buddhism. The temple name literally means Hall with thirty three spaces between columns, describing the architecture of the long main hall of the temple.HistoryTaira no Kiyomori completed the temple under order of Emperor Go-Shirakawa in 1164. The temple complex suffered a fire in 1249 and only the main hall was rebuilt in 1266. In January, the temple has an event known as the Rite of the Willow (柳枝のお加持), where worshippers are touched on the head with a sacred willow branch to cure and prevent headaches. A popular archery tournament known as the Tōshiya (通し矢) has also been held here, beside the West veranda, since the Edo period. The duel between the famous warrior Miyamoto Musashi and Yoshioka Denshichirō, leader of the Yoshioka-ryū, is popularly believed to have been fought just outside Sanjūsangen-dō in 1604.Important featuresThe main deity of the temple is Sahasrabhuja-arya-avalokiteśvara or the Thousand Armed Kannon. The statue of the main deity was created by the Kamakura sculptor Tankei and is a National Treasure of Japan. The temple also contains one thousand life-size statues of the Thousand Armed Kannon which stand on both the right and left sides of the main statue in 10 rows and 50 columns. Of these, 124 statues are from the original temple, rescued from the fire of 1249, while the remaining 876 statues were constructed in the 13th century. The statues are made of Japanese cypress clad in gold leaf. Around the 1000 Kannon statues stand 28 statues of guardian deities. There are also two famous statues of Fūjin and Raijin.

Sanjūsangen-dō
Distance: 0.3 mi 詳しくは
三十三間堂廻り町657
Kyoto-shi, Kyoto 605-0941

三十三間堂(さんじゅうさんげんどう)是位在日本京都府京都市東山區的天台宗妙法院境外佛堂。建物之正式名稱是蓮華王院本堂(れんげおういんほんどう)。本尊千手觀音、開基(創立者)為後白河上皇。原為平清盛受後白河上皇之勅命,在上皇的離宮・法住寺殿內創建的佛堂。京都一間為1.8公尺,故江戶年代以前的三十三間堂約59.4公尺長,江戶年代曾於此比試六十公尺遠距離射箭(一般比試為27公尺),現建築長度倍增為120公尺,仍稱之為「三十三間」。周邊情報京都國立博物館豐國神社方廣寺(「國家安康」之梵鐘)耳塚養源院智積院妙法院京都女子大學河井寛次郎記念館關連項目江戶三十三間堂外部連結 蓮華王院 三十三間堂

真言宗智山派 総本山智積院
Distance: 0.3 mi 詳しくは
東山区東大路通り七条下る 東瓦町964番地
Kyoto-shi, Kyoto 605-0951

075-541-5361

Kinkakuji (Golden) Temple
Distance: 0.2 mi 詳しくは
北区金閣寺町1
Kyoto-shi, Kyoto 603-8361

075-461-0013

建仁寺塔頭 両足院
Distance: 0.6 mi 詳しくは
東山区小松町591
Kyoto-shi, Kyoto 605-0811

075-561-3216

京都最古の禅寺、大本山建仁寺にある14の塔頭寺院の一つ。開山龍山徳見が元より帰朝する際、随行した林浄因が日本の饅頭の祖である。中世に学僧を多数輩出しており、「建仁寺の学問面」の中核を担う寺院であったと言える。

六波羅蜜寺
Distance: 0.3 mi 詳しくは
京都市東山区五条通大和大路上ル東
Kyoto-shi, Kyoto 605-0813

075-561-6980

六道珍皇寺
Distance: 0.5 mi 詳しくは
京都市東山区大和大路通四条下る四丁目小松町595
Kyoto-shi, Kyoto 605-0811

075-561-4129

Sanjusangendo Temple
Distance: 0.2 mi 詳しくは
657 Sanjusangenndo-mawari-machi, Higashiyama-ku, Kyoto, Japan
Kyoto-shi, Kyoto 605-0941

國宝 三十三間堂
Distance: 0.2 mi 詳しくは
東山区三十三間堂廻町657
Kyoto-shi, Kyoto 605-0941

Tenryu-Ji Temple
Distance: 0.1 mi 詳しくは
右京区 嵯峨天龍寺芒ノ馬場町68
Kyoto-shi, Kyoto 616-8385

総本山智積院
Distance: 0.3 mi 詳しくは
東山区東大路通り七条下る東瓦町964番地
Kyoto-shi, Kyoto 605-0951

075-541-5361

Rokuharamitsu-ji
Distance: 0.4 mi 詳しくは
京都市東山区五条通大和大路上ル東
Kyoto-shi, Kyoto 605-0813

075-561-6980

六波羅蜜寺 (ろくはらみつじ)は、京都府京都市東山区にある真言宗智山派の寺院である。山号は補陀洛山。本尊は十一面観音。開基(創建)は空也。西国三十三所第17番札所。歴史踊り念仏で知られる市聖(いちひじり)空也(くうや)が平安時代中期の天暦5年(951年)に造立した十一面観音を本尊とする道場に由来し、当初西光寺と称した。空也は疫病の蔓延(まんえん)する当時の京都で、この観音像を車に乗せて引きながら歩き、念仏を唱え、病人に茶をふるまって多くの人を救ったという。空也は応和3年(963年)に鴨川岸に僧600名を集めて大規模な大般若経供養会を行ったが、この時をもって西光寺の創建とする説もある。当時、鴨川の岸は遺体の捨て場であり、葬送の場であった。空也の死後、977年に比叡山の僧・中信が中興して天台別院とし、六波羅蜜寺と改称した。それ以降天台宗に属したが、桃山時代に真言宗智積院の末寺となった。平安末にはこの付近に、六波羅殿と呼ばれた平清盛ら平家一門の屋敷が営まれた。またのちに鎌倉幕府によって六波羅探題が置かれたのもこの付近である。名称は仏教の教義「六波羅蜜」という語に由来するが、この地を古来「六原」と称したことに由来するとも考えられている。 なお、六波羅密寺とする表記が古今多く見られるが、誤字である。伽藍江戸時代までは大伽藍を連ねたが、明治維新の廃仏毀釈を受けて大幅に寺域を縮小した。現在、寺の周囲は民家に囲まれて境内は狭く、主な建物は本堂(南北朝時代、重文)と弁財天堂、宝物収蔵庫のみである。

八坂庚申堂 京都市
Distance: 0.6 mi 詳しくは
3, Kinencho, Higashiyama-ku, Kyoto-shi
Kyoto-shi, Kyoto 605-0828

075-541-2565

五重塔
Distance: 0.6 mi 詳しくは
東山区八坂通下河原東入八坂上町388
Kyoto-shi, Kyoto 605-0827

075-551-2417

清水寺門前駐車場
Distance: 0.5 mi 詳しくは
東山区清水2丁目224
Kyoto-shi, Kyoto 605-0862

075-551-1234

東本願寺 渉成園
Distance: 0.5 mi 詳しくは
下京区下珠数屋町通間之町東入東玉水町
Kyoto-shi, Kyoto 600-8190

法住寺
Distance: 0.3 mi 詳しくは
東山区三十三間堂廻り 655
Kyoto-shi, Kyoto 605-0941

075-561-4137

Rokuharamitsu-ji
Distance: 0.4 mi 詳しくは
京都市東山区五条通大和大路上ル東
Kyoto-shi, Kyoto 605-0813

075-561-6980

Rokuharamitsu-ji is a Buddhist temple in Kyoto, Japan. Founded by Kūya in 951, the Hondō was burned during the wars at the end of the Heian period. Its replacement of 1363, damaged during the Meiji period, was restored in 1969. The temple house a number of statues of the Heian and Kamakura periods that have been designated Important Cultural Properties, including a Kamakura period image of its founder Kūya, as well as a Heian Jūichimen Kannon that is a National Treasure.

竜安寺
Distance: 0.6 mi 詳しくは
右京区龍安寺御陵下町
Kyoto-shi, Kyoto 616-8001

智積院
Distance: 0.2 mi 詳しくは
京都市東山区東大路通り七条下る東瓦町964番地
Kyoto-shi, Kyoto 605-0951

075-541-5361

妙法院
Distance: 0.2 mi 詳しくは
東山区三十三間堂廻り 657
Kyoto-shi, Kyoto 605-0932

075-561-0467

Historical Place 近く Hōkō-ji

Kiyomizu-dera
Distance: 0.8 mi 詳しくは
東山区清水1丁目294
Kyoto-shi, Kyoto 605-0862

075-551-1234

, officially Otowa-san Kiyomizu-dera is an independent Buddhist temple in eastern Kyoto. The temple is part of the Historic Monuments of Ancient Kyoto (Kyoto, Uji and Otsu Cities) UNESCO World Heritage site. It was one of 20 finalists for the New7Wonders of the World.The place is not to be confused with Kiyomizu-dera in Yasugi, Shimane, which is part of the 33-temple route of the Chūgoku 33 Kannon Pilgrimage through western Japan, or the Kiyozumi-dera temple associated with the Buddhist priest Nichiren.HistoryKiyomizu-dera was founded in the early Heian period. The temple was founded in 778 by Sakanoue no Tamuramaro, and its present buildings were constructed in 1633, ordered by the Tokugawa Iemitsu. There is not a single nail used in the entire structure. It takes its name from the waterfall within the complex, which runs off the nearby hills. Kiyomizu means clear water, or pure water.It was originally affiliated with the old and influential Hossō sect dating from Nara times. However, in 1965 it severed that affiliation, and its present custodians call themselves members of the "Kitahossō" sect.PresentThe main hall has a large veranda, supported by tall pillars, that juts out over the hillside and offers impressive views of the city. Large verandas and main halls were constructed at many popular sites during the Edo period to accommodate large numbers of pilgrims.

清水寺 / Kiyomizu Temple
Distance: 0.6 mi 詳しくは
東山区清水1-294
Kyoto-shi, Kyoto 605-0862

075-551-1234

円山公園 / Maruyama Park
Distance: 0.9 mi 詳しくは
東山区円山町473
Kyoto-shi, Kyoto 605-0071

011-621-0453

東福寺
Distance: 1.0 mi 詳しくは
東山区本町15-778
Kyoto-shi, Kyoto 605-0981

075-561-0087

清水寺 
Distance: 0.5 mi 詳しくは
東山区清水1-294
Kyoto-shi, Kyoto 605-0862

075-551-1234

清水寺 / Kiyomizu Temple, Kyoto
Distance: 0.7 mi 詳しくは
東山区清水1
Kyoto-shi, Kyoto 605-0862

075-551-1234

Sanjūsangen-dō
Distance: 0.3 mi 詳しくは
東山区三十三間堂廻り町657
Kyoto-shi, Kyoto 605-0941

三十三間堂(さんじゅうさんげんどう)は京都府京都市東山区にある仏堂。建物の正式名称は蓮華王院本堂(れんげおういんほんどう)。同じ京都市東山区にある天台宗妙法院の境外仏堂であり、同院が所有・管理している。元は後白河上皇が自身の離宮内に創建した仏堂。本尊は千手観音で、蓮華王院は千手観音の別称・蓮華王に由来する。沿革この地には、もともと後白河上皇が離宮として建てた法住寺殿があった。その広大な法住寺殿の一画に建てられたのが蓮華王院本堂、今に言う三十三間堂である。上皇が平清盛に建立の資材協力を命じて旧暦の長寛2年12月17日(西暦1165年1月30日)に完成したという。創建当時は五重塔なども建つ本格的な寺院であったが、建長元年(1249年)の火災で焼失した。文永3年(1266年)に本堂のみが再建されている。現在「三十三間堂」と称される堂がそれであり、当時は朱塗りの外装で、内装も極彩色で飾られていたという。建築様式は和様に属する。桃山時代には、豊臣秀吉の東山大仏(方広寺)造営により、三十三間堂もその境内に含まれ、周囲の土塀や門などが整備された(『伽藍』の項参照)。「三十三間堂」の名称は、間面記法による表記「三十三間四面」(#構造)に由来する。「33」は観音に縁のある数字で、『法華経』等に観音菩薩が33種の姿に変じて衆生を救うと説かれることによる。俗に「三十三間堂の仏の数は三万三千三十三体」というのは、本尊と脇仏の一千一体がそれぞれ33に化身するからである。江戸時代には各藩の弓術家により本堂西軒下(長さ約121m)で矢を射る「通し矢」の舞台となった。縁の北端に的を置き、縁の南端から軒天井に当たらぬよう矢を射抜くのである(右上浮世絵画像参照)。「通し矢」の名もこの「軒下を通す」ということからきている。強弓を強く射なければ到底軒下を射通すことができない。それゆえ弓術家の名誉となったのである。その伝統に因み、現在は「楊枝のお加持」大法要と同日(1月中旬)に、本堂西側の射程60mの特設射場で矢を射る「三十三間堂大的全国大会」が行われる。弓道をたしなむ新成人参加者が振袖袴姿で行射する場面は、しばしばニュース番組等で取り上げられる。一般的には「通し矢」と呼ばれているが、60mは弓道競技の「遠的」の射程であり、軒高による制限もないから、かつての通し矢とはまったく違うものである。

京都国立博物館
Distance: 0.2 mi 詳しくは
東山区茶屋町527
Kyoto-shi, Kyoto 605-0931

075-525-2473

Chion-in
Distance: 1.2 mi 詳しくは
市東山区新橋通大和大路東入三丁目林下町 400
Kyoto-shi, Kyoto 605-8686

075-531-2111

知恩院(ちおんいん)は、京都府京都市東山区にある浄土宗総本山の寺院。山号は華頂山(かちょうざん)。詳名は華頂山知恩教院大谷寺(かちょうざん ちおんきょういん おおたにでら)。本尊は法然上人像(本堂)および阿弥陀如来(阿弥陀堂)、開基(創立者)は法然である。浄土宗の宗祖・法然が後半生を過ごし、没したゆかりの地に建てられた寺院で、現在のような大規模な伽藍が建立されたのは、江戸時代以降である。徳川将軍家から庶民まで広く信仰を集め、今も京都の人々からは親しみを込めて「ちよいんさん」「ちおいんさん」と呼ばれている。なお他流で門跡に当たる当主住職を、知恩院では浄土門主(もんす)と呼ぶ。歴史知恩院は、浄土宗の宗祖・法然房源空(法然)が東山吉水(よしみず)、現在の知恩院勢至堂付近に営んだ草庵をその起源とする。法然は平安時代末期の長承2年(1133年)、美作国(岡山県)に生まれた。13歳で比叡山に上り、15歳で僧・源光のもとで得度(出家)する。18歳で比叡山でも奥深い山中にある西塔黒谷の叡空に師事し、源光と叡空の名前の1字ずつを取って法然房源空と改名した。法然は唐時代の高僧・善導の著作『観経疏』を読んで「専修念仏」の思想に開眼し、浄土宗の開宗を決意して比叡山を下りた。承安5年(1175年)、43歳の時であった。「専修念仏」とは、いかなる者も、一心に弥陀(阿弥陀如来)の名を唱え続ければ極楽往生できるとする思想である。この思想は旧仏教側から激しく糾弾され、攻撃の的となった。法然は建永2年(1207年)には讃岐国(香川県)に流罪となり、4年後の建暦元年(1211年)には許されて都に戻るが、翌年の1月、80歳で没した。

Tofuku-ji Temple
Distance: 1.1 mi 詳しくは
伏見区深草本寺山町1−4
Kyoto-shi, Kyoto 605-0981

長楽館
Distance: 0.9 mi 詳しくは
東山区八坂鳥居前東入円山町604 (604 Maruyama-cho, Yasaka Torii-mae Higashi-iru, Higashiyama-ku)
Kyoto-shi, Kyoto 605-0071

075-561-0001

Sanjūsangen-dō
Distance: 0.3 mi 詳しくは
三十三間堂廻り町657
Kyoto-shi, Kyoto 605-0941

三十三間堂(さんじゅうさんげんどう)是位在日本京都府京都市東山區的天台宗妙法院境外佛堂。建物之正式名稱是蓮華王院本堂(れんげおういんほんどう)。本尊千手觀音、開基(創立者)為後白河上皇。原為平清盛受後白河上皇之勅命,在上皇的離宮・法住寺殿內創建的佛堂。京都一間為1.8公尺,故江戶年代以前的三十三間堂約59.4公尺長,江戶年代曾於此比試六十公尺遠距離射箭(一般比試為27公尺),現建築長度倍增為120公尺,仍稱之為「三十三間」。周邊情報京都國立博物館豐國神社方廣寺(「國家安康」之梵鐘)耳塚養源院智積院妙法院京都女子大學河井寛次郎記念館關連項目江戶三十三間堂外部連結 蓮華王院 三十三間堂

圓徳院
Distance: 0.7 mi 詳しくは
東山区高台寺下河原町530
Kyoto-shi, Kyoto 605-0825

075-525-0101

Kinkakuji (Golden) Temple
Distance: 0.2 mi 詳しくは
北区金閣寺町1
Kyoto-shi, Kyoto 603-8361

075-461-0013

Shōren-in
Distance: 1.2 mi 詳しくは
東山区粟田口三条坊町69-1
Kyoto-shi, Kyoto

075-561-2345

Shōren-in is a Buddhist temple in Kyoto, Japan. Also known as the Awata Palace, it was built in the late 13th century. Shinran Shonin, the founder of the Jodo Shinshu pure land sect, was ordained a monk at Shōren-in at the age of nine.Shōren-in was formerly the temple of the imperial abbot of the Tendai headquarters on Mount Hiei; the abbot was required to be chosen from the imperial family or high court aristocracy. After the Great Kyoto Fire of 1788, it was used as a temporary imperial palace. The main hall was rebuilt in 1895.The temple complex contains a garden with massive eight-hundred-year-old camphor trees (kusunoki), and a pond filled with large stones and fed by a small waterfall.

Kyoto Nijo-Jo Castle
Distance: 0.9 mi 詳しくは
中京区二条城町541
Kyoto-shi, Kyoto 604-8301

075-841-0096

Tenryu-Ji Temple
Distance: 0.1 mi 詳しくは
右京区 嵯峨天龍寺芒ノ馬場町68
Kyoto-shi, Kyoto 616-8385

坂本龍馬・中岡慎太郎遭難の地、近江屋跡
Distance: 0.9 mi 詳しくは
中京区河原町通蛸薬師下ル塩屋町330
Kyoto-shi, Kyoto 604-8027

池田屋騒動跡
Distance: 1.2 mi 詳しくは
中京区三条通河原町東入
Kyoto-shi, Kyoto

五重塔
Distance: 0.6 mi 詳しくは
東山区八坂通下河原東入八坂上町388
Kyoto-shi, Kyoto 605-0827

075-551-2417

世界遺產-西本願寺
Distance: 1.1 mi 詳しくは
下京区堀川通花屋町下ル
Kyoto-shi, Kyoto 600-8501

075‐371‐5181

哲學之道
Distance: 0.5 mi 詳しくは
左京区
Kyoto-shi, Kyoto

法住寺
Distance: 0.3 mi 詳しくは
東山区三十三間堂廻り 655
Kyoto-shi, Kyoto 605-0941

075-561-4137

京都霊山護国神社(木戸孝允・坂本龍馬など維新志士の墓)
Distance: 0.8 mi 詳しくは
東山区清閑寺霊山町1
Kyoto-shi, Kyoto 605-0861

(075)561-7124

Golden Pavillion, Kyoto
Distance: 0.8 mi 詳しくは
北区金閣寺町 1
Kyoto-shi, Kyoto

妙法院
Distance: 0.2 mi 詳しくは
東山区三十三間堂廻り 657
Kyoto-shi, Kyoto 605-0932

075-561-0467

龍馬の墓
Distance: 0.7 mi 詳しくは
東山区清閑寺霊山町1
Kyoto-shi, Kyoto 605-0861

075-561-7124

東福寺 臥雲橋
Distance: 1.0 mi 詳しくは
京都市東山区本町15丁目
Kyoto-shi, Kyoto

075-561-0087

京都龍安寺
Distance: 1.0 mi 詳しくは
13 Ryoanji Goryonoshita-chō, Ukyō-ku, Kyoto, Kyoto Prefecture
Kyoto-shi, Kyoto 616-8001

075-463-2216

弁慶石
Distance: 1.2 mi 詳しくは
中京区
Kyoto-shi, Kyoto

Interest 近く Hōkō-ji

Rokkaku-dō (disambiguation)
Distance: 1.2 mi 詳しくは
中京区六角通東洞院西入堂之前町248
Kyoto-shi, Kyoto 604-8134

075-221-2686

Landmark 近く Hōkō-ji

三十三間堂 (Sanjūsangendō)
Distance: 0.2 mi 詳しくは
三十三間堂廻り町657
Kyoto-shi, Kyoto 605-0941

075-561-0467

清水寺 
Distance: 0.5 mi 詳しくは
東山区清水1-294
Kyoto-shi, Kyoto 605-0862

075-551-1234

八坂の塔 (法観寺)
Distance: 0.6 mi 詳しくは
東山区八坂通下河原東入八坂上町388
Kyoto-shi, Kyoto 605-0827

075-541-2565

Sanjūsangen-dō
Distance: 0.3 mi 詳しくは
東山区三十三間堂廻り町657
Kyoto-shi, Kyoto 605-0941

三十三間堂(さんじゅうさんげんどう)は京都府京都市東山区にある仏堂。建物の正式名称は蓮華王院本堂(れんげおういんほんどう)。同じ京都市東山区にある天台宗妙法院の境外仏堂であり、同院が所有・管理している。元は後白河上皇が自身の離宮内に創建した仏堂。本尊は千手観音で、蓮華王院は千手観音の別称・蓮華王に由来する。沿革この地には、もともと後白河上皇が離宮として建てた法住寺殿があった。その広大な法住寺殿の一画に建てられたのが蓮華王院本堂、今に言う三十三間堂である。上皇が平清盛に建立の資材協力を命じて旧暦の長寛2年12月17日(西暦1165年1月30日)に完成したという。創建当時は五重塔なども建つ本格的な寺院であったが、建長元年(1249年)の火災で焼失した。文永3年(1266年)に本堂のみが再建されている。現在「三十三間堂」と称される堂がそれであり、当時は朱塗りの外装で、内装も極彩色で飾られていたという。建築様式は和様に属する。桃山時代には、豊臣秀吉の東山大仏(方広寺)造営により、三十三間堂もその境内に含まれ、周囲の土塀や門などが整備された(『伽藍』の項参照)。「三十三間堂」の名称は、間面記法による表記「三十三間四面」(#構造)に由来する。「33」は観音に縁のある数字で、『法華経』等に観音菩薩が33種の姿に変じて衆生を救うと説かれることによる。俗に「三十三間堂の仏の数は三万三千三十三体」というのは、本尊と脇仏の一千一体がそれぞれ33に化身するからである。江戸時代には各藩の弓術家により本堂西軒下(長さ約121m)で矢を射る「通し矢」の舞台となった。縁の北端に的を置き、縁の南端から軒天井に当たらぬよう矢を射抜くのである(右上浮世絵画像参照)。「通し矢」の名もこの「軒下を通す」ということからきている。強弓を強く射なければ到底軒下を射通すことができない。それゆえ弓術家の名誉となったのである。その伝統に因み、現在は「楊枝のお加持」大法要と同日(1月中旬)に、本堂西側の射程60mの特設射場で矢を射る「三十三間堂大的全国大会」が行われる。弓道をたしなむ新成人参加者が振袖袴姿で行射する場面は、しばしばニュース番組等で取り上げられる。一般的には「通し矢」と呼ばれているが、60mは弓道競技の「遠的」の射程であり、軒高による制限もないから、かつての通し矢とはまったく違うものである。

Sanjūsangen-dō
Distance: 0.3 mi 詳しくは
東山区三十三間堂廻り町657
Kyoto-shi, Kyoto 605-0941

三十三間堂(さんじゅうさんげんどう)は京都府京都市東山区にある仏堂。建物の正式名称は蓮華王院本堂(れんげおういんほんどう)。同じ京都市東山区にある天台宗妙法院の境外仏堂であり、同院が所有・管理している。元は後白河上皇が自身の離宮内に創建した仏堂。本尊は千手観音で、蓮華王院は千手観音の別称・蓮華王に由来する。沿革この地には、もともと後白河上皇が離宮として建てた法住寺殿があった。その広大な法住寺殿の一画に建てられたのが蓮華王院本堂、今に言う三十三間堂である。上皇が平清盛に建立の資材協力を命じて旧暦の長寛2年12月17日(西暦1165年1月30日)に完成したという。創建当時は五重塔なども建つ本格的な寺院であったが、建長元年(1249年)の火災で焼失した。文永3年(1266年)に本堂のみが再建されている。現在「三十三間堂」と称される堂がそれであり、当時は朱塗りの外装で、内装も極彩色で飾られていたという。建築様式は和様に属する。桃山時代には、豊臣秀吉の東山大仏(方広寺)造営により、三十三間堂もその境内に含まれ、周囲の土塀や門などが整備された(『伽藍』の項参照)。「三十三間堂」の名称は、間面記法による表記「三十三間四面」(#構造)に由来する。「33」は観音に縁のある数字で、『法華経』等に観音菩薩が33種の姿に変じて衆生を救うと説かれることによる。俗に「三十三間堂の仏の数は三万三千三十三体」というのは、本尊と脇仏の一千一体がそれぞれ33に化身するからである。江戸時代には各藩の弓術家により本堂西軒下(長さ約121m)で矢を射る「通し矢」の舞台となった。縁の北端に的を置き、縁の南端から軒天井に当たらぬよう矢を射抜くのである(右上浮世絵画像参照)。「通し矢」の名もこの「軒下を通す」ということからきている。強弓を強く射なければ到底軒下を射通すことができない。それゆえ弓術家の名誉となったのである。その伝統に因み、現在は「楊枝のお加持」大法要と同日(1月中旬)に、本堂西側の射程60mの特設射場で矢を射る「三十三間堂大的全国大会」が行われる。弓道をたしなむ新成人参加者が振袖袴姿で行射する場面は、しばしばニュース番組等で取り上げられる。一般的には「通し矢」と呼ばれているが、60mは弓道競技の「遠的」の射程であり、軒高による制限もないから、かつての通し矢とはまったく違うものである。

Kyoto National Museum
Distance: 0.2 mi 詳しくは
東山区茶屋町527
Kyoto-shi, Kyoto 605-0931

京都国立博物館(きょうとこくりつはくぶつかん)は、独立行政法人国立文化財機構が運営する博物館。1897年(明治30年)5月に開館した。2015年時点の館長は佐々木丞平。主に平安時代から江戸時代にかけての京都の文化を中心とした文化財を、収集・保管・展示するとともに、文化財に関する研究、普及活動を行っている。平常展示のほかに特別展が1年に2~4回行われている。開館までの経緯1888年(明治21年)、宮内省に臨時全国宝物取調局(局長九鬼隆一)が設置され、日本各地の社寺等の文化財(当時の用語では「宝物」)の調査が行われた。その結果、京都・奈良には特に文化財が集中しており、それらを収蔵保管する施設の整備が急務とされた。こうして当時の日本政府は京都と奈良に国立の博物館を設置することとした。当時、東京には東京国立博物館の前身にあたる博物館がすでに設置されていたが(1872年創立)、1889年(明治22年)5月、宮内大臣通達により、東京の博物館を「帝国博物館」と改め、同時に「帝国京都博物館」と「帝国奈良博物館」の官制が定められた。京都国立博物館の前身である帝国京都博物館が機関として発足したのはこの時である。初代の館長は森本後凋(こうちょう)という人物であったが、同人の在任中は博物館開館以前の準備期間であり、実質的な初代館長は1894年(明治27年)2月に就任した山高信離(のぶあきら)である。1890年(明治23年)には帝国京都博物館の建設地が東山七条の現在地に定められた。この土地は方広寺(大仏)旧境内にあたり、1890年当時は、東半が民有地、西半は七条御料地(旧恭明宮)であった。恭明宮とは、明治初年の神仏分離後、それまで御所の御黒戸に安置されていた仏像や歴代天皇の位牌を安置していた施設である(1870年設置、1876年廃止)。博物館の本館は片山東熊の設計になる煉瓦造平屋建て、フレンチルネサンス様式の建物で、1892(明治25年)年6月に建築工事に着工、1895年(明治28年)10月に竣工した。諸準備が整い、博物館が開館したのは1897年(明治30年)5月のことである。設計者の片山は赤坂離宮のほか、奈良国立博物館本館や東京国立博物館表慶館の設計にも携わった、宮廷建築家である。本館は当初3階建てで計画されたが、1891年(明治24年)に発生した濃尾地震でレンガ造2階建ての建物が多く倒壊したことを踏まえ、平屋建てに変更された。なお、京都には帝国京都博物館開館以前に府営の博物館があった。府営博物館は1875年(明治8年)、京都御所の御米倉に設けられ、翌1876年に河原町二条下ルの府立勧業場に移転したが、1883年(明治16年)に閉鎖されている。この府営博物館の所蔵品1,000件余は帝国京都博物館に引き継がれた。そのうちには後に重要文化財に指定された銅造不動明王立像、舞踊図小屏風などが含まれている。

京都ゑびす神社
Distance: 0.5 mi 詳しくは
東山区大和大路四条下ル
Kyoto-shi, Kyoto 605-0811

075-525-0005

Sanjūsangen-dō
Distance: 0.3 mi 詳しくは
東山区三十三間堂廻り町657
Kyoto-shi, Kyoto 605-0941

is a Buddhist temple in Higashiyama District of Kyoto, Japan. Officially known as "Rengeō-in" (蓮華王院), or Hall of the Lotus King, Sanjūsangen-dō belongs to and is run by the Myoho-in temple, a part of the Tendai school of Buddhism. The temple name literally means Hall with thirty three spaces between columns, describing the architecture of the long main hall of the temple.HistoryTaira no Kiyomori completed the temple under order of Emperor Go-Shirakawa in 1164. The temple complex suffered a fire in 1249 and only the main hall was rebuilt in 1266. In January, the temple has an event known as the Rite of the Willow (柳枝のお加持), where worshippers are touched on the head with a sacred willow branch to cure and prevent headaches. A popular archery tournament known as the Tōshiya (通し矢) has also been held here, beside the West veranda, since the Edo period. The duel between the famous warrior Miyamoto Musashi and Yoshioka Denshichirō, leader of the Yoshioka-ryū, is popularly believed to have been fought just outside Sanjūsangen-dō in 1604.Important featuresThe main deity of the temple is Sahasrabhuja-arya-avalokiteśvara or the Thousand Armed Kannon. The statue of the main deity was created by the Kamakura sculptor Tankei and is a National Treasure of Japan. The temple also contains one thousand life-size statues of the Thousand Armed Kannon which stand on both the right and left sides of the main statue in 10 rows and 50 columns. Of these, 124 statues are from the original temple, rescued from the fire of 1249, while the remaining 876 statues were constructed in the 13th century. The statues are made of Japanese cypress clad in gold leaf. Around the 1000 Kannon statues stand 28 statues of guardian deities. There are also two famous statues of Fūjin and Raijin.

Sanjūsangen-dō
Distance: 0.3 mi 詳しくは
三十三間堂廻り町657
Kyoto-shi, Kyoto 605-0941

三十三間堂(さんじゅうさんげんどう)是位在日本京都府京都市東山區的天台宗妙法院境外佛堂。建物之正式名稱是蓮華王院本堂(れんげおういんほんどう)。本尊千手觀音、開基(創立者)為後白河上皇。原為平清盛受後白河上皇之勅命,在上皇的離宮・法住寺殿內創建的佛堂。京都一間為1.8公尺,故江戶年代以前的三十三間堂約59.4公尺長,江戶年代曾於此比試六十公尺遠距離射箭(一般比試為27公尺),現建築長度倍增為120公尺,仍稱之為「三十三間」。周邊情報京都國立博物館豐國神社方廣寺(「國家安康」之梵鐘)耳塚養源院智積院妙法院京都女子大學河井寛次郎記念館關連項目江戶三十三間堂外部連結 蓮華王院 三十三間堂

Sanjūsangen-dō
Distance: 0.3 mi 詳しくは
三十三間堂廻り町657
Kyoto-shi, Kyoto 605-0941

三十三間堂(さんじゅうさんげんどう)是位在日本京都府京都市東山區的天台宗妙法院境外佛堂。建物之正式名稱是蓮華王院本堂(れんげおういんほんどう)。本尊千手觀音、開基(創立者)為後白河上皇。原為平清盛受後白河上皇之勅命,在上皇的離宮・法住寺殿內創建的佛堂。京都一間為1.8公尺,故江戶年代以前的三十三間堂約59.4公尺長,江戶年代曾於此比試六十公尺遠距離射箭(一般比試為27公尺),現建築長度倍增為120公尺,仍稱之為「三十三間」。周邊情報京都國立博物館豐國神社方廣寺(「國家安康」之梵鐘)耳塚養源院智積院妙法院京都女子大學河井寛次郎記念館關連項目江戶三十三間堂外部連結 蓮華王院 三十三間堂

Kinkakuji (Golden) Temple
Distance: 0.2 mi 詳しくは
北区金閣寺町1
Kyoto-shi, Kyoto 603-8361

075-461-0013

Kyoto National Museum
Distance: 0.2 mi 詳しくは
東山区茶屋町527
Kyoto-shi, Kyoto 605-0931

The is one of the major art museums in Japan. Located in Kyoto's Higashiyama ward, the museum focuses on pre-modern Japanese and Asian art.HistoryThe Kyoto National Museum, then the Imperial Museum of Kyoto, was proposed, along with the Imperial Museum of Tokyo and the Imperial Museum of Nara, in 1889, and construction on the museum finished in October, 1895. The museum was opened in 1897. The museum went through a series of name changes, in 1900 changing its name to the Imperial Household Museum of Kyoto, and once more in 1924 to the Imperial Gift Museum of Kyoto. The current name, the Kyoto National Museum, was decided upon in 1952.TimelineThe growth and development of today's museum has been an evolving process: history 1897—Museum is established as the "Imperial Museum of Kyoto." 1900—Museum is renamed the "Imperial Household Museum of Kyoto." 1924—Museum is donated to City of Kyoto; and Museum is renamed the "Imperial Gift Museum of Kyoto." 1952—Committee for the Preservation of Cultural Properties (national government) assumes responsibility for Museum collections; and Museum is renamed "Kyoto National Museum." 1966—Collection Hall is completed. 1969—Special Exhibition Hall, Main Gate, ticket booth, and fences are designated "Important Cultural Properties" under the name of the former "Imperial Museum of Kyoto." 1973—Saturday Lecture Series, 1st session is held. 1979—Conservation Center for Cultural Properties is completed. 2001—South Gate is constructed as a part of a project for the 100th Year Anniversary Hall. 2001—Museum is renamed the "Kyoto National Museum" of the "Independent Administrative Institution National Museum" (IAI National Museum). 2005—IAI National Museum is expanded with addition of Kyushu National Museum. 2007—IAI National Museum is merged into Independent Administrative Institution National Institutes for Cultural Heritage (NICH), combining the four national museums with the former National Institutes for Cultural Preservation at Tokyo and Nara

六波羅蜜寺
Distance: 0.3 mi 詳しくは
京都市東山区五条通大和大路上ル東
Kyoto-shi, Kyoto 605-0813

075-561-6980

豊国神社
Distance: 0.0 mi 詳しくは
東山区茶屋町530
Kyoto-shi, Kyoto 605-0931

075-561-3802

Tenryu-Ji Temple
Distance: 0.1 mi 詳しくは
右京区 嵯峨天龍寺芒ノ馬場町68
Kyoto-shi, Kyoto 616-8385

市比賣神社
Distance: 0.4 mi 詳しくは
下京区六条通河原町西入本塩竈町593
Kyoto-shi, Kyoto 600-8119

075-361-2775

総本山智積院
Distance: 0.3 mi 詳しくは
東山区東大路通り七条下る東瓦町964番地
Kyoto-shi, Kyoto 605-0951

075-541-5361

Rokuharamitsu-ji
Distance: 0.4 mi 詳しくは
京都市東山区五条通大和大路上ル東
Kyoto-shi, Kyoto 605-0813

075-561-6980

六波羅蜜寺 (ろくはらみつじ)は、京都府京都市東山区にある真言宗智山派の寺院である。山号は補陀洛山。本尊は十一面観音。開基(創建)は空也。西国三十三所第17番札所。歴史踊り念仏で知られる市聖(いちひじり)空也(くうや)が平安時代中期の天暦5年(951年)に造立した十一面観音を本尊とする道場に由来し、当初西光寺と称した。空也は疫病の蔓延(まんえん)する当時の京都で、この観音像を車に乗せて引きながら歩き、念仏を唱え、病人に茶をふるまって多くの人を救ったという。空也は応和3年(963年)に鴨川岸に僧600名を集めて大規模な大般若経供養会を行ったが、この時をもって西光寺の創建とする説もある。当時、鴨川の岸は遺体の捨て場であり、葬送の場であった。空也の死後、977年に比叡山の僧・中信が中興して天台別院とし、六波羅蜜寺と改称した。それ以降天台宗に属したが、桃山時代に真言宗智積院の末寺となった。平安末にはこの付近に、六波羅殿と呼ばれた平清盛ら平家一門の屋敷が営まれた。またのちに鎌倉幕府によって六波羅探題が置かれたのもこの付近である。名称は仏教の教義「六波羅蜜」という語に由来するが、この地を古来「六原」と称したことに由来するとも考えられている。 なお、六波羅密寺とする表記が古今多く見られるが、誤字である。伽藍江戸時代までは大伽藍を連ねたが、明治維新の廃仏毀釈を受けて大幅に寺域を縮小した。現在、寺の周囲は民家に囲まれて境内は狭く、主な建物は本堂(南北朝時代、重文)と弁財天堂、宝物収蔵庫のみである。

Rokuharamitsu-ji
Distance: 0.4 mi 詳しくは
京都市東山区五条通大和大路上ル東
Kyoto-shi, Kyoto 605-0813

075-561-6980

六波羅蜜寺 (ろくはらみつじ)は、京都府京都市東山区にある真言宗智山派の寺院である。山号は補陀洛山。本尊は十一面観音。開基(創建)は空也。西国三十三所第17番札所。歴史踊り念仏で知られる市聖(いちひじり)空也(くうや)が平安時代中期の天暦5年(951年)に造立した十一面観音を本尊とする道場に由来し、当初西光寺と称した。空也は疫病の蔓延(まんえん)する当時の京都で、この観音像を車に乗せて引きながら歩き、念仏を唱え、病人に茶をふるまって多くの人を救ったという。空也は応和3年(963年)に鴨川岸に僧600名を集めて大規模な大般若経供養会を行ったが、この時をもって西光寺の創建とする説もある。当時、鴨川の岸は遺体の捨て場であり、葬送の場であった。空也の死後、977年に比叡山の僧・中信が中興して天台別院とし、六波羅蜜寺と改称した。それ以降天台宗に属したが、桃山時代に真言宗智積院の末寺となった。平安末にはこの付近に、六波羅殿と呼ばれた平清盛ら平家一門の屋敷が営まれた。またのちに鎌倉幕府によって六波羅探題が置かれたのもこの付近である。名称は仏教の教義「六波羅蜜」という語に由来するが、この地を古来「六原」と称したことに由来するとも考えられている。 なお、六波羅密寺とする表記が古今多く見られるが、誤字である。伽藍江戸時代までは大伽藍を連ねたが、明治維新の廃仏毀釈を受けて大幅に寺域を縮小した。現在、寺の周囲は民家に囲まれて境内は狭く、主な建物は本堂(南北朝時代、重文)と弁財天堂、宝物収蔵庫のみである。

安井金毘羅宮
Distance: 0.6 mi 詳しくは
東山区下弁天町70
Kyoto-shi, Kyoto 605-0823

075-561-5127

八坂庚申堂 京都市
Distance: 0.6 mi 詳しくは
3, Kinencho, Higashiyama-ku, Kyoto-shi
Kyoto-shi, Kyoto 605-0828

075-541-2565

新熊野神社
Distance: 0.5 mi 詳しくは
東山区今熊野椥ノ森町42
Kyoto-shi, Kyoto 605-0971

075-561-4892

哲學之道
Distance: 0.5 mi 詳しくは
左京区
Kyoto-shi, Kyoto

Toyokuni Shrine
Distance: 0.1 mi 詳しくは
東山区大和大路通正面茶屋町530
Kyoto-shi, Kyoto 605-0931

075-561-3802

Toyokuni Shrine is a Shinto shrine located in Higashiyama-ku, Kyoto, Japan. It was built in 1599 to commemorate Toyotomi Hideyoshi. It is the location of the first tamaya (a Shinto altar for ancestor worship) ever constructed, which was later destroyed by the Tokugawa clan.HistoryThis shrine is the official tomb and shrine of Toyotomi Hideyoshi, who died September 18, 1598 in Kyoto.Nobles, priests, warriors, and townspeople gathered at the shrine to celebrate the anniversary of Hideyoshi's apotheosis with banquets, musical recitals, and boisterous festivity. The shrine was closed by Tokugawa Ieyasu in June 1615 "to discourage these unseemly displays of loyalty to a man he had eclipsed."The Meiji Emperor directed that the shrine be restored in Keiō 4, the 6th day of the 6th month (April 28, 1868). At that time, the shrine area was expanded slightly by encompassing a small parcel of land which had been part of the adjacent Hōkō-ji.In 1897, the tercentenary of Hideyoshi was celebrated at this site.ArchitectureThe karamon gate is rumored to have been moved from Fushimi Castle.

Rokuharamitsu-ji
Distance: 0.4 mi 詳しくは
京都市東山区五条通大和大路上ル東
Kyoto-shi, Kyoto 605-0813

075-561-6980

Rokuharamitsu-ji is a Buddhist temple in Kyoto, Japan. Founded by Kūya in 951, the Hondō was burned during the wars at the end of the Heian period. Its replacement of 1363, damaged during the Meiji period, was restored in 1969. The temple house a number of statues of the Heian and Kamakura periods that have been designated Important Cultural Properties, including a Kamakura period image of its founder Kūya, as well as a Heian Jūichimen Kannon that is a National Treasure.

Rokuharamitsu-ji
Distance: 0.4 mi 詳しくは
京都市東山区五条通大和大路上ル東
Kyoto-shi, Kyoto 605-0813

075-561-6980

Rokuharamitsu-ji is a Buddhist temple in Kyoto, Japan. Founded by Kūya in 951, the Hondō was burned during the wars at the end of the Heian period. Its replacement of 1363, damaged during the Meiji period, was restored in 1969. The temple house a number of statues of the Heian and Kamakura periods that have been designated Important Cultural Properties, including a Kamakura period image of its founder Kūya, as well as a Heian Jūichimen Kannon that is a National Treasure.

ハイアットリージェンシー京都
Distance: 0.3 mi 詳しくは
東山区三十三間堂廻り644番地2
Kyoto-shi, Kyoto 605-0941

+81 75 541 1234

ハイアットリージェンシー京都(ハイアットリージェンシーきょうと、英称:Hyatt Regency Kyoto)は、京都市東山区三十三間堂にあるホテルである。ハイアットホテルアンドリゾーツの1つである。運営は東山ホールディング(代表取締役社長 デストリバッツ・ザビエル・アルフレッド)。概要1971年に京都パークホテルとして開業したホテルは、開業時は2階建ての小規模なホテルだったが、1980年に現在の建物に建て替えられた。しかし、経営不振により2004年12月にモルガン・スタンレーに売却された。2005年1月から7か月をかけて内部が全面的に改装され、2006年3月15日に、ハイアットリージェンシー京都としてリニューアルオープンした。また、2013年にはオリックス不動産へ譲渡されている。標準の客室は、旧京都パークホテルの客室3室を2室に改造して、30平方メートルの広さに拡大している。客室数はスイートルーム4室を含む全189室。3つのレストランと、バー、スパ、フィットネスセンターがある。隣接する三十三間堂を含むこのホテルの一帯は、平安時代の末期、当時の朝廷の最高権力者だった後白河法皇の院御所である「法住寺殿」があった。設備東山(日本料理)Touzanバーザ・グリルトラットリア セッテ(イタリア料理)RIRAKU スパ アンド フィットネスなど交通アクセス 鉄道 JR京都駅下車、車で5分 京阪電気鉄道七条駅下車、徒歩5分 京都市営バス「東山七条」または「博物館三十三間堂前」バス停下車 京都急行バス(プリンセスラインバス)「東山七条」バス停下車

若宮八幡宮
Distance: 0.3 mi 詳しくは
東山区五条橋東5-480
Kyoto-shi, Kyoto 605-0846

075-561-1261

茶茶丸亭-chachamarutei お茶々のきもの
Distance: 0.5 mi 詳しくは
五条橋東6丁目539-35
Kyoto-shi, Kyoto 605-0846

0757087798

カフェとレンタル着物のお店 <お茶々のきもの> http://www.kyoto-ochacha.jp/

京都市市民活動総合センター
Distance: 0.4 mi 詳しくは
下京区梅湊町83番地の1
Kyoto-shi, Kyoto 600-8127

075-354-8721

Landmark 近く Hōkō-ji

ハイアットリージェンシー京都
距離: 0.3 mi 詳しくは
東山区三十三間堂廻り644番地2
Kyoto-shi, Kyoto 605-0941

+81 75 541 1234

ハイアットリージェンシー京都(ハイアットリージェンシーきょうと、英称:Hyatt Regency Kyoto)は、京都市東山区三十三間堂にあるホテルである。ハイアットホテルアンドリゾーツの1つである。運営は東山ホールディング(代表取締役社長 デストリバッツ・ザビエル・アルフレッド)。概要1971年に京都パークホテルとして開業したホテルは、開業時は2階建ての小規模なホテルだったが、1980年に現在の建物に建て替えられた。しかし、経営不振により2004年12月にモルガン・スタンレーに売却された。2005年1月から7か月をかけて内部が全面的に改装され、2006年3月15日に、ハイアットリージェンシー京都としてリニューアルオープンした。また、2013年にはオリックス不動産へ譲渡されている。標準の客室は、旧京都パークホテルの客室3室を2室に改造して、30平方メートルの広さに拡大している。客室数はスイートルーム4室を含む全189室。3つのレストランと、バー、スパ、フィットネスセンターがある。隣接する三十三間堂を含むこのホテルの一帯は、平安時代の末期、当時の朝廷の最高権力者だった後白河法皇の院御所である「法住寺殿」があった。設備東山(日本料理)Touzanバーザ・グリルトラットリア セッテ(イタリア料理)RIRAKU スパ アンド フィットネスなど交通アクセス 鉄道 JR京都駅下車、車で5分 京阪電気鉄道七条駅下車、徒歩5分 京都市営バス「東山七条」または「博物館三十三間堂前」バス停下車 京都急行バス(プリンセスラインバス)「東山七条」バス停下車

Sanjūsangen-dō
距離: 0.3 mi 詳しくは
東山区三十三間堂廻り町657
Kyoto-shi, Kyoto 605-0941

三十三間堂(さんじゅうさんげんどう)は京都府京都市東山区にある仏堂。建物の正式名称は蓮華王院本堂(れんげおういんほんどう)。同じ京都市東山区にある天台宗妙法院の境外仏堂であり、同院が所有・管理している。元は後白河上皇が自身の離宮内に創建した仏堂。本尊は千手観音で、蓮華王院は千手観音の別称・蓮華王に由来する。沿革この地には、もともと後白河上皇が離宮として建てた法住寺殿があった。その広大な法住寺殿の一画に建てられたのが蓮華王院本堂、今に言う三十三間堂である。上皇が平清盛に建立の資材協力を命じて旧暦の長寛2年12月17日(西暦1165年1月30日)に完成したという。創建当時は五重塔なども建つ本格的な寺院であったが、建長元年(1249年)の火災で焼失した。文永3年(1266年)に本堂のみが再建されている。現在「三十三間堂」と称される堂がそれであり、当時は朱塗りの外装で、内装も極彩色で飾られていたという。建築様式は和様に属する。桃山時代には、豊臣秀吉の東山大仏(方広寺)造営により、三十三間堂もその境内に含まれ、周囲の土塀や門などが整備された(『伽藍』の項参照)。「三十三間堂」の名称は、間面記法による表記「三十三間四面」(#構造)に由来する。「33」は観音に縁のある数字で、『法華経』等に観音菩薩が33種の姿に変じて衆生を救うと説かれることによる。俗に「三十三間堂の仏の数は三万三千三十三体」というのは、本尊と脇仏の一千一体がそれぞれ33に化身するからである。江戸時代には各藩の弓術家により本堂西軒下(長さ約121m)で矢を射る「通し矢」の舞台となった。縁の北端に的を置き、縁の南端から軒天井に当たらぬよう矢を射抜くのである(右上浮世絵画像参照)。「通し矢」の名もこの「軒下を通す」ということからきている。強弓を強く射なければ到底軒下を射通すことができない。それゆえ弓術家の名誉となったのである。その伝統に因み、現在は「楊枝のお加持」大法要と同日(1月中旬)に、本堂西側の射程60mの特設射場で矢を射る「三十三間堂大的全国大会」が行われる。弓道をたしなむ新成人参加者が振袖袴姿で行射する場面は、しばしばニュース番組等で取り上げられる。一般的には「通し矢」と呼ばれているが、60mは弓道競技の「遠的」の射程であり、軒高による制限もないから、かつての通し矢とはまったく違うものである。

Sanjūsangen-dō
距離: 0.3 mi 詳しくは
三十三間堂廻り町657
Kyoto-shi, Kyoto 605-0941

三十三間堂(さんじゅうさんげんどう)是位在日本京都府京都市東山區的天台宗妙法院境外佛堂。建物之正式名稱是蓮華王院本堂(れんげおういんほんどう)。本尊千手觀音、開基(創立者)為後白河上皇。原為平清盛受後白河上皇之勅命,在上皇的離宮・法住寺殿內創建的佛堂。京都一間為1.8公尺,故江戶年代以前的三十三間堂約59.4公尺長,江戶年代曾於此比試六十公尺遠距離射箭(一般比試為27公尺),現建築長度倍增為120公尺,仍稱之為「三十三間」。周邊情報京都國立博物館豐國神社方廣寺(「國家安康」之梵鐘)耳塚養源院智積院妙法院京都女子大學河井寛次郎記念館關連項目江戶三十三間堂外部連結 蓮華王院 三十三間堂

茶茶丸亭-chachamarutei お茶々のきもの
距離: 0.5 mi 詳しくは
五条橋東6丁目539-35
Kyoto-shi, Kyoto 605-0846

0757087798

カフェとレンタル着物のお店 <お茶々のきもの> http://www.kyoto-ochacha.jp/

Kōdai-ji
距離: 0.8 mi 詳しくは
京都府京都市 東山区下河原町八坂鳥居前下る下河原町526
Kyoto-shi, Kyoto 605-0825

075-561-9966

高台寺(こうだいじ)是位在日本京都府京都市東山區的臨濟宗建仁寺派寺院。山號「鷲峰山」(じゅぶさん)。本尊釋迦如來、開基(創立者)為高台院。豐臣秀吉之正室北政所(高台院)為了幫秀吉祈求冥福所建的寺院,也是秀吉没後高台院的居所。關連項目建仁寺外部連結 高台寺