Akiba88 決して前にないように日本を探検する

Tsukiji fish market, Chuo-ku Tokyo


築地1-12-22コンワビル地下一階
Chuo-ku, Tokyo 104-0045

03-3541-6130

El Mercado Mayorista Central Metropolitano de Tokio, comúnmente conocido como Mercado de pescado de Tsukiji es el mayor mercado mayorista de pescado y productos marinos del mundo y también uno de los más grandes mercados mayoristas de alimentos en general. El mercado se encuentra en Tsukiji en la zona central de Tokio, y es un punto de atracción para turistas extranjeros .UbicaciónEl mercado de pescado de Tsukiji se encuentra ubicado cerca de la "Estación Tsukijishijō" en la línea Toei Ōedo y es la "Estación Tsukiji" en la línea Tokyo Metro Hibiya. El mercado se compone de dos grandes zonas. El "mercado interior" (jonai shijo) es el mercado mayorista licenciado, donde se realizan los remates y se procesa la mayor parte del pescado, y donde los comerciantes mayoristas con licencia (aproximadamente son unos 900) operan sus negocios. El "mercado exterior" (jogai shijo) es una mezcla de ventas al por mayor y negocios de venta al público que venden utensilios de cocina japoneses, suministros para restaurantes, comida en general, y productos de mar, además hay numerosos restaurantes, especialmente de sushi. La gran mayoría de los negocios en el mercado exterior cierran a primera hora de la tarde, mientras que los del mercado interior cierran aún más temprano.Actividad económicaEn el mercado se maneja el comercio de más de 400 tipos diferentes de productos marinos que abarcan desde pequeñas sardinas hasta atunes de 300 kg, y desde algas baratas hasta el caviar más caro. El mercado moviliza más de 700,000 toneladas de productos marinos cada año en los tres mercados de Tokio, con un valor total de más de 600,000 millones de yen (aproximadamente unos 5500. millones de dólares norteamericanos). Solo Tsukiji moviliza más de 2000 toneladas de productos marinos por día. El número total de empleados registrados varía entre 60,000 a 65,000, incluidos vendedores, contadores, rematadores, oficinistas y distribuidores.

Fishing 近く Tsukiji fish market

Tsukiji fish market
Distance: 0.0 mi 詳しくは
築地1-12-22コンワビル地下一階
Chuo-ku, Tokyo 104-0045

03-3541-6130

The, supervised by the Tokyo Metropolitan Central Wholesale Market of the Tokyo Metropolitan Bureau of Industrial and Labor Affairs, is the biggest wholesale fish and seafood market in the world and also one of the largest wholesale food markets of any kind.The market is located in Tsukiji in central Tokyo, between the Sumida River and the upmarket Ginza shopping district. While the inner wholesale market has restricted access to visitors, the outer retail market, restaurants and associated restaurant supply stores remain a major tourist attraction for both domestic and overseas visitors.LocationThe market is located near the Tsukijishijō Station on the Toei Ōedo Line and Tsukiji Station on the Tokyo Metro Hibiya Line. There are two distinct sections of the market as a whole. The "inner market" (jōnai-shijō) is the licensed wholesale market, where approximately 900 licensed wholesale dealers operate small stalls and where the auctions and most of the processing of the fish take place. The "outer market" (jōgai-shijō) is a mixture of wholesale and retail shops that sell Japanese kitchen tools, restaurant supplies, groceries, and seafood, and many restaurants, especially sushi restaurants. Most of the shops in the outer market close by the early afternoon, and in the inner market even earlier.

BlueBlue ブルーブルー株式会社
Distance: 1.1 mi 詳しくは
中央区新川2-9-5
Chuo-ku, Tokyo 104-0033

+81-3-5540-6778

BlueBlueは海のルアー釣りをとことん楽しむルアーブランド!日本から世界へ日本の釣りと遊びを発信していきます。 BlueBlue is a new fishing brand produced by MASANORI MURAOKA, a pro angler, who hes been leading Japanese fishing scene over 17 years and now is called "Charisma". The first innovative lure "SeaRide" just gave a shock to market and fishermen with its unique sliding action. You will love its amazing action at http://www.youtube.com/user/BlueBlueFishing.

Landmark 近く Tsukiji fish market

Tsukiji fish market
Distance: 0.0 mi 詳しくは
築地1-12-22コンワビル地下一階
Chuo-ku, Tokyo 104-0045

03-3541-6130

The, supervised by the Tokyo Metropolitan Central Wholesale Market of the Tokyo Metropolitan Bureau of Industrial and Labor Affairs, is the biggest wholesale fish and seafood market in the world and also one of the largest wholesale food markets of any kind.The market is located in Tsukiji in central Tokyo, between the Sumida River and the upmarket Ginza shopping district. While the inner wholesale market has restricted access to visitors, the outer retail market, restaurants and associated restaurant supply stores remain a major tourist attraction for both domestic and overseas visitors.LocationThe market is located near the Tsukijishijō Station on the Toei Ōedo Line and Tsukiji Station on the Tokyo Metro Hibiya Line. There are two distinct sections of the market as a whole. The "inner market" (jōnai-shijō) is the licensed wholesale market, where approximately 900 licensed wholesale dealers operate small stalls and where the auctions and most of the processing of the fish take place. The "outer market" (jōgai-shijō) is a mixture of wholesale and retail shops that sell Japanese kitchen tools, restaurant supplies, groceries, and seafood, and many restaurants, especially sushi restaurants. Most of the shops in the outer market close by the early afternoon, and in the inner market even earlier.

Tsukiji fish market
Distance: 0.0 mi 詳しくは
築地1-12-22コンワビル地下一階
Chuo-ku, Tokyo 104-0045

03-3541-6130

築地市場是位於日本東京都中央區築地的公營批發市場,為東京都政府設置的中央批發市場之一,亦是日本最大的。簡介市場位於東京地鐵日比谷線上的都營札幌線和築地站附近的築地站附近。市場整體上有兩個不同的部分,“場內市場”(jōnai-shijō)是執照許可批發市場,大約900個許可批發經銷商經營小攤位,拍賣和進行大部分魚類加工。“場外市場”(jōgai-shijō)是由銷售日本廚房器具、餐廳用品、雜貨和海鮮的批發和零售店以及許多餐館所組成,特別是壽司店。除了在築地六丁目的停車場部份地方外,築地市場所在地是「東京都中央區築地五丁目2番1號」。築地市場的面積約為23萬平方米。由其中的8個批發商和大約1000(其中經營海產約820)個中間商進行拍賣。2005年的數據顯示,處理所有種類貨品合計約916,866公頓(每日處理海鮮2,167公頓,蔬果1,170公頓),金額約為5,657億日圓(每日處理海鮮17.68億日圓,蔬果3.2億日圓)。現時於築地市場處理的貨品種類除了海鮮(處理量日本最大)外,還有蔬果(蔬菜和水果,雖然幾乎沒人知道,在東京是僅次大田市場的第二位)、雞肉、雞蛋、醃菜和各種加工食品(豆腐、豆芽、急凍食品等)。拍賣場和中間商所在的主要建築物設計成一弧形,最主要是由於附近曾是國鐵,路線與這些建築物平行,用此讓鮮魚貨物列車等入線。不但是運送貨物連新鮮食品也逐漸由貨櫃車取代貨物列車運送,受此影響冷凍車、活魚車等等的貨車和貨物列車等逐漸被淘汰,而車站亦同時廢除,市場內外的路線均被撇除。市場的青果門附近仍在遺址的伸延處留下了零散的柏油路作為路線的痕跡,那條行人路亦留有了原閘道的警報機。銀座商業區就在附近,有如此地點條件的批發市場在其他地區並不多。

Tsukiji fish market
Distance: 0.0 mi 詳しくは
築地1-12-22コンワビル地下一階
Chuo-ku, Tokyo 104-0045

03-3541-6130

築地市場是位於日本東京都中央區築地的公營批發市場,為東京都政府設置的中央批發市場之一,亦是日本最大的。簡介市場位於東京地鐵日比谷線上的都營札幌線和築地站附近的築地站附近。市場整體上有兩個不同的部分,“場內市場”(jōnai-shijō)是執照許可批發市場,大約900個許可批發經銷商經營小攤位,拍賣和進行大部分魚類加工。“場外市場”(jōgai-shijō)是由銷售日本廚房器具、餐廳用品、雜貨和海鮮的批發和零售店以及許多餐館所組成,特別是壽司店。除了在築地六丁目的停車場部份地方外,築地市場所在地是「東京都中央區築地五丁目2番1號」。築地市場的面積約為23萬平方米。由其中的8個批發商和大約1000(其中經營海產約820)個中間商進行拍賣。2005年的數據顯示,處理所有種類貨品合計約916,866公頓(每日處理海鮮2,167公頓,蔬果1,170公頓),金額約為5,657億日圓(每日處理海鮮17.68億日圓,蔬果3.2億日圓)。現時於築地市場處理的貨品種類除了海鮮(處理量日本最大)外,還有蔬果(蔬菜和水果,雖然幾乎沒人知道,在東京是僅次大田市場的第二位)、雞肉、雞蛋、醃菜和各種加工食品(豆腐、豆芽、急凍食品等)。拍賣場和中間商所在的主要建築物設計成一弧形,最主要是由於附近曾是國鐵,路線與這些建築物平行,用此讓鮮魚貨物列車等入線。不但是運送貨物連新鮮食品也逐漸由貨櫃車取代貨物列車運送,受此影響冷凍車、活魚車等等的貨車和貨物列車等逐漸被淘汰,而車站亦同時廢除,市場內外的路線均被撇除。市場的青果門附近仍在遺址的伸延處留下了零散的柏油路作為路線的痕跡,那條行人路亦留有了原閘道的警報機。銀座商業區就在附近,有如此地點條件的批發市場在其他地區並不多。

Tsukiji fish market
Distance: 0.0 mi 詳しくは
築地5-2-1
Chuo-ku, Tokyo 104-0045

築地市場(つきじいちば、つきじしじょう)は、東京都中央区築地にある公設の卸売市場。東京都内に11か所ある東京都中央卸売市場のひとつだが、その規模は日本・世界最大(広さでは大田市場のほうが広いが、取引金額は大田市場より大きい)であり、代表的な卸売市場である。この項では外郭に存在する築地場外市場商店街(通称:場外、場外市場、築地場外、築地場外市場)についても記述する。なお、ニュース番組等で、しばしば築地市場の場所を指して「つきじしじょう」と呼ぶことがあるが、場所を指す場合は「しじょう」ではなく「いちば」である。概要築地六丁目にある駐車場の一部を除き、築地市場の所在地は「東京都中央区築地五丁目2番1号」。 築地市場は、面積約23ヘクタール。この中で、7の卸売業者と約1000(うち水産約820)の仲卸業者によってせりが行われる。2005年の取扱数量は、全品目合計で約916,866トン(一日当たり水産物2,167トン、青果1,170トン)、金額にして約5657億円(一日当たり水産物1,768百万円、青果320百万円)になる。現在築地市場で取り扱う品目は水産物(取扱量日本最大)のほか、青果(野菜・果物、東京では大田市場に次ぐ第二位)・鳥卵(鶏肉および鶏卵)・漬物・各種加工品(豆腐・もやし・冷凍食品等)がある。競り場や仲卸がある主な建物は、弧を描いている。これは国鉄東京市場駅が存在した事が大きな要因となっている。線路がこれらの建物に平行して存在しており、これを利用した鮮魚貨物列車などが入線していた。しかし生鮮食品でも貨物運送が貨物列車からトラックに徐々に移行し、その影響で冷凍車や活魚車などの貨車や鮮魚貨物列車なども廃止され、駅も廃止された。線路は市場内外でも撤去されているが、市場の青果門付近から朝日新聞東京本社の脇を通って旧汐留駅跡へと伸びる細い歩道が線路跡であり、その歩道には踏切の警報機も残されている。

Tsukiji fish market
Distance: 0.0 mi 詳しくは
築地5-2-1
Chuo-ku, Tokyo 104-0045

築地市場(つきじいちば、つきじしじょう)は、東京都中央区築地にある公設の卸売市場。東京都内に11か所ある東京都中央卸売市場のひとつだが、その規模は日本・世界最大(広さでは大田市場のほうが広いが、取引金額は大田市場より大きい)であり、代表的な卸売市場である。この項では外郭に存在する築地場外市場商店街(通称:場外、場外市場、築地場外、築地場外市場)についても記述する。なお、ニュース番組等で、しばしば築地市場の場所を指して「つきじしじょう」と呼ぶことがあるが、場所を指す場合は「しじょう」ではなく「いちば」である。概要築地六丁目にある駐車場の一部を除き、築地市場の所在地は「東京都中央区築地五丁目2番1号」。 築地市場は、面積約23ヘクタール。この中で、7の卸売業者と約1000(うち水産約820)の仲卸業者によってせりが行われる。2005年の取扱数量は、全品目合計で約916,866トン(一日当たり水産物2,167トン、青果1,170トン)、金額にして約5657億円(一日当たり水産物1,768百万円、青果320百万円)になる。現在築地市場で取り扱う品目は水産物(取扱量日本最大)のほか、青果(野菜・果物、東京では大田市場に次ぐ第二位)・鳥卵(鶏肉および鶏卵)・漬物・各種加工品(豆腐・もやし・冷凍食品等)がある。競り場や仲卸がある主な建物は、弧を描いている。これは国鉄東京市場駅が存在した事が大きな要因となっている。線路がこれらの建物に平行して存在しており、これを利用した鮮魚貨物列車などが入線していた。しかし生鮮食品でも貨物運送が貨物列車からトラックに徐々に移行し、その影響で冷凍車や活魚車などの貨車や鮮魚貨物列車なども廃止され、駅も廃止された。線路は市場内外でも撤去されているが、市場の青果門付近から朝日新聞東京本社の脇を通って旧汐留駅跡へと伸びる細い歩道が線路跡であり、その歩道には踏切の警報機も残されている。

浜離宮恩賜庭園 (Hama Rikyū Garden)
Distance: 0.3 mi 詳しくは
東京都中央区浜離宮庭園
Minato-ku, Tokyo 104-0046

03-3434-4029

Tsukiji Hongan-ji
Distance: 0.4 mi 詳しくは
築地3-15-1
Chuo-ku, Tokyo 104-8435

03-3541-1131

築地本願寺(つきじほんがんじ)は、東京都中央区築地三丁目にある浄土真宗本願寺派の寺院。東京都内における代表的な寺院の一つで、京都市にある西本願寺の直轄寺院である。著名な人物の葬儀が多く執り行われる。住職は門主の大谷光淳が兼ねる。事務執行機関として宗務長(旧:輪番)1人、副宗務長2人で構成され、初代宗務長は浄土真宗本願寺派前総長の不二川公勝。歴史築地本願寺は江戸時代の1617年に、西本願寺の別院として浅草御門南の横山町(現在の日本橋横山町、東日本橋)に建立。「江戸海岸御坊」「浜町御坊」と呼ばれていた。しかし明暦の大火(振袖火事)により本堂を焼失。その後、江戸幕府による区画整理のため旧地への再建が許されず、その代替地として八丁堀沖の海上が下付された。そこで佃島(現中央区佃)の門徒が中心となり、本堂再建のために海を埋め立てて土地を築き(この埋め立て工事が地名築地の由来)、1679年に再建。「築地御坊」と呼ばれるようになった。なお、このときの本堂は西南(現在の築地市場)を向いて建てられ、場外市場のあたりが門前町となっていた。1923年9月1日の関東大震災では、地震による倒壊は免れたが、すぐ後に起こった火災により再び伽藍を焼失。また、58か寺の寺中子院は、被災後の区画整理により各地へ移転。現在の本堂は1934年の竣工。古代インド様式をモチーフとしたこの建物は、当時の浄土真宗本願寺派法主・大谷光瑞と親交のあった東京帝国大学工学部名誉教授・伊東忠太による設計である。当時の宗教施設としては珍しい鉄筋コンクリート造で、松井組(現松井建設)の施工により建築された。大理石彫刻がふんだんに用いられ、そのスタイルは現在においても斬新かつ荘厳で、築地の街の代表的な顔である。本堂は日本国政府の重要文化財に指定されている。 浄土真宗本願寺派の新体制移行(2012年4月1日付)に伴い、正式名が従前の「本願寺築地別院」から「築地本願寺」になった。これにより、築地本願寺は全国唯一の直轄寺院となる。

Tsukiji Hongan-ji
Distance: 0.4 mi 詳しくは
築地3-15-1
Chuo-ku, Tokyo 104-8435

03-3541-1131

築地本願寺(つきじほんがんじ)は、東京都中央区築地三丁目にある浄土真宗本願寺派の寺院。東京都内における代表的な寺院の一つで、京都市にある西本願寺の直轄寺院である。著名な人物の葬儀が多く執り行われる。住職は門主の大谷光淳が兼ねる。事務執行機関として宗務長(旧:輪番)1人、副宗務長2人で構成され、初代宗務長は浄土真宗本願寺派前総長の不二川公勝。歴史築地本願寺は江戸時代の1617年に、西本願寺の別院として浅草御門南の横山町(現在の日本橋横山町、東日本橋)に建立。「江戸海岸御坊」「浜町御坊」と呼ばれていた。しかし明暦の大火(振袖火事)により本堂を焼失。その後、江戸幕府による区画整理のため旧地への再建が許されず、その代替地として八丁堀沖の海上が下付された。そこで佃島(現中央区佃)の門徒が中心となり、本堂再建のために海を埋め立てて土地を築き(この埋め立て工事が地名築地の由来)、1679年に再建。「築地御坊」と呼ばれるようになった。なお、このときの本堂は西南(現在の築地市場)を向いて建てられ、場外市場のあたりが門前町となっていた。1923年9月1日の関東大震災では、地震による倒壊は免れたが、すぐ後に起こった火災により再び伽藍を焼失。また、58か寺の寺中子院は、被災後の区画整理により各地へ移転。現在の本堂は1934年の竣工。古代インド様式をモチーフとしたこの建物は、当時の浄土真宗本願寺派法主・大谷光瑞と親交のあった東京帝国大学工学部名誉教授・伊東忠太による設計である。当時の宗教施設としては珍しい鉄筋コンクリート造で、松井組(現松井建設)の施工により建築された。大理石彫刻がふんだんに用いられ、そのスタイルは現在においても斬新かつ荘厳で、築地の街の代表的な顔である。本堂は日本国政府の重要文化財に指定されている。 浄土真宗本願寺派の新体制移行(2012年4月1日付)に伴い、正式名が従前の「本願寺築地別院」から「築地本願寺」になった。これにより、築地本願寺は全国唯一の直轄寺院となる。

Hamarikyu Gardens
Distance: 0.4 mi 詳しくは
中央区浜離宮庭園1-1
Chuo-ku, Tokyo 104-0046

03-3541-0200

Hamarikyu Gardens is a public park in Chūō, Tokyo, Japan. Located at the mouth of the Sumida River, it was opened April 1, 1946. The park is a 250,165 m² landscaped garden surrounding Shioiri Pond, the park itself surrounded by a seawater moat filled by Tokyo Bay. It was remodeled as a public garden park on the site of a villa of the Shogun Tokugawa family in the 17th century.Visitors can also enjoy refreshment at a teahouse in Nakashima located in the middle of the pond in the garden that offers matcha and Japanese sweets in a tea-ceremony style. A peony garden, plum tree grove and cosmos fields have flowers for every season. Japanese falconry and aikido are demonstrated at New Year.AccessVisitors can access the park via either of the two northern gates or via the Tokyo Cruise Ship - 15 minutes walk Water BusTokyo Mizube Line arrives at and departs from inside the park.Tokyo Cruise Ship ( Water Bus) arrives at and departs from inside the park.The price of the water bus ticket includes admission to the park.

Hamarikyu Gardens
Distance: 0.4 mi 詳しくは
中央区浜離宮庭園1-1
Minato-ku, Tokyo 104-0046

浜離宮恩賜庭園(はまりきゅうおんしていえん)は、東京都中央区浜離宮庭園にある都立庭園である。概要東京湾から海水を取り入れ潮の干満で景色の変化を楽しむ、潮入りの回遊式築山泉水庭。江戸時代に庭園として造成された。園内には鴨場、潮入の池、茶屋、お花畑、ボタン園などを有する。もとは甲府藩の下屋敷の庭園であったが、将軍家の別邸浜御殿や、宮内省管理の離宮を経て、東京都に下賜され都立公園として開園。近年、かつて園内にあった複数の建築物の復元計画が進められており、2010年に松の御茶屋、2015年に燕の御茶屋の復元が完了した。次いで2017年度に鷹の御茶屋、2020年度に延遼館の復元を完了させ、延遼館を東京都の迎賓施設として使う予定である。主な見所鴨場 - 鴨の猟をおこなうために作られた池。潮入の池 - 海水を引き入れ、潮の干満による眺めの変化を楽しむことが出来るようになっている。東京湾から魚が入り込んで生育しており、江戸時代には釣りが行われていた(現在は禁止されている)。中島 - 潮入の池の中央に位置する小さい島。中島の御茶屋 - 中島にある休憩所。松の御茶屋 - 潮入りの池の北東側にある茶屋。(利用不可)燕の御茶屋 - 潮入りの池の北側にある茶屋。三百年の松 - 江戸時代、徳川家宣が改修したときに植えられたと伝わる。東京都内最大の黒松。ボタン園 - 60種800株が植えられている。お花畑 - 季節の花が咲きほこる。桜 - 種類が多いため見頃が比較的長い。春はライトアップされる。他の樹木 - 松、ケヤキなど多種。園内には多くの大木が残されている。ギャラリー

Hamarikyu Gardens
Distance: 0.4 mi 詳しくは
中央区浜離宮庭園1-1
Minato-ku, Tokyo 104-0046

浜離宮恩賜庭園(はまりきゅうおんしていえん)は、東京都中央区浜離宮庭園にある都立庭園である。概要東京湾から海水を取り入れ潮の干満で景色の変化を楽しむ、潮入りの回遊式築山泉水庭。江戸時代に庭園として造成された。園内には鴨場、潮入の池、茶屋、お花畑、ボタン園などを有する。もとは甲府藩の下屋敷の庭園であったが、将軍家の別邸浜御殿や、宮内省管理の離宮を経て、東京都に下賜され都立公園として開園。近年、かつて園内にあった複数の建築物の復元計画が進められており、2010年に松の御茶屋、2015年に燕の御茶屋の復元が完了した。次いで2017年度に鷹の御茶屋、2020年度に延遼館の復元を完了させ、延遼館を東京都の迎賓施設として使う予定である。主な見所鴨場 - 鴨の猟をおこなうために作られた池。潮入の池 - 海水を引き入れ、潮の干満による眺めの変化を楽しむことが出来るようになっている。東京湾から魚が入り込んで生育しており、江戸時代には釣りが行われていた(現在は禁止されている)。中島 - 潮入の池の中央に位置する小さい島。中島の御茶屋 - 中島にある休憩所。松の御茶屋 - 潮入りの池の北東側にある茶屋。(利用不可)燕の御茶屋 - 潮入りの池の北側にある茶屋。三百年の松 - 江戸時代、徳川家宣が改修したときに植えられたと伝わる。東京都内最大の黒松。ボタン園 - 60種800株が植えられている。お花畑 - 季節の花が咲きほこる。桜 - 種類が多いため見頃が比較的長い。春はライトアップされる。他の樹木 - 松、ケヤキなど多種。園内には多くの大木が残されている。ギャラリー

築地市場 Tsukiji fish market
Distance: 0.2 mi 詳しくは
築地
Chuo-ku, Tokyo 104-0045

Tsukiji Hongan-ji
Distance: 0.4 mi 詳しくは
築地3-15-1
Chuo-ku, Tokyo 104-8345

03-3541-1131

築地本願寺(つきじほんがんじ)是位在日本東京都中央區的淨土真宗本願寺派寺院。本尊阿彌陀如來、開基(創立者)為准如。東京都內代表的寺院之一,京都市西本願寺之別院。正式名稱淨土真宗本願寺派 本願寺築地別院,俗稱築地本願寺較有名。關東大震災後伽藍燒失,目前所見的古代印度様式(天竺様式)伽藍是由東京帝國大學工學部教授・伊東忠太設計,1934年落成。關連項目西本願寺外部連結 築地本願寺

Tsukiji Hongan-ji
Distance: 0.4 mi 詳しくは
築地3-15-1
Chuo-ku, Tokyo 104-8345

03-3541-1131

築地本願寺(つきじほんがんじ)是位在日本東京都中央區的淨土真宗本願寺派寺院。本尊阿彌陀如來、開基(創立者)為准如。東京都內代表的寺院之一,京都市西本願寺之別院。正式名稱淨土真宗本願寺派 本願寺築地別院,俗稱築地本願寺較有名。關東大震災後伽藍燒失,目前所見的古代印度様式(天竺様式)伽藍是由東京帝國大學工學部教授・伊東忠太設計,1934年落成。關連項目西本願寺外部連結 築地本願寺

波除稲荷神社
Distance: 0.2 mi 詳しくは
築地6-20-37
Chuo-ku, Tokyo 104-0045

03-3541-8451

Namiyoke Inari Shrine
Distance: 0.2 mi 詳しくは
築地6-20-37
Chuo-ku, Tokyo 104-0045

03-3541-8451

波除神社(なみよけじんじゃ)は東京都中央区築地6丁目にある神社。祭神倉稲魂命(うがのみたまのみこと)創建明暦の大火後、築地の埋め立て工事が行われたが、荒波の影響で工事は難航した。その最中のある晩、光を放ち漂う御神体が見つかり、万治2年(1659年)、現在地に社殿を建て祀った。その後、波が収まり工事が順調に進んだことから、以降厄除けの神様として信仰を集めることとなった。建造物社殿獅子殿(厄除天井大獅子)弁財天社(お歯黒獅子)末社おきつね様すし塚海老塚鮟鱇(あんこう)塚活魚塚玉子塚蛤石摂末社弁財天社(市杵島姫命)末社(天照大神、大国主命、少彦名命、天日鷲命)文化財区指定獅子頭一対 - 嘉永元年(1848年)鉄製天水鉢 - 天保9年(1838年)主な行事元旦 - 初祈祷、元旦祭、厄除祈祷始祭元旦~2月立春 - 厄除天井大獅子大祭、特別厄除祈願祭1月7日 - 七草神事2月節分の日 - 節分祭追儺式3月1日 - 桃の神事3月旧暦初午の日 - 初午祈年祭3月最終土曜 - 名残りの雛神事5月1日 - 菖蒲の神事5月5日 - お田植え祭6月10日前後数日間 - 築地獅子祭り、渡御祭、宵宮祭、大祭式7月 - 竹の神事7月第一土曜 - 夏越しの大祓式、大祓形代・海上形代流し8月4日 - 風日祈祭9月1日 - 菊の神事9月初旬 - 抜穂祭10月第三土曜 - 御初穂祭11月酉の日 - 築地酉の市11月 - 七五三参り11月23日 - 新嘗祭どぶろく祭12月第三土曜日 - お火焚神事12月31日 - 大祓式交通東京メトロ日比谷線築地駅下車都営大江戸線築地市場駅下車都営バス築地6丁目下車

Namiyoke Inari Shrine
Distance: 0.2 mi 詳しくは
築地6-20-37
Chuo-ku, Tokyo 104-0045

03-3541-8451

波除神社(なみよけじんじゃ)は東京都中央区築地6丁目にある神社。祭神倉稲魂命(うがのみたまのみこと)創建明暦の大火後、築地の埋め立て工事が行われたが、荒波の影響で工事は難航した。その最中のある晩、光を放ち漂う御神体が見つかり、万治2年(1659年)、現在地に社殿を建て祀った。その後、波が収まり工事が順調に進んだことから、以降厄除けの神様として信仰を集めることとなった。建造物社殿獅子殿(厄除天井大獅子)弁財天社(お歯黒獅子)末社おきつね様すし塚海老塚鮟鱇(あんこう)塚活魚塚玉子塚蛤石摂末社弁財天社(市杵島姫命)末社(天照大神、大国主命、少彦名命、天日鷲命)文化財区指定獅子頭一対 - 嘉永元年(1848年)鉄製天水鉢 - 天保9年(1838年)主な行事元旦 - 初祈祷、元旦祭、厄除祈祷始祭元旦~2月立春 - 厄除天井大獅子大祭、特別厄除祈願祭1月7日 - 七草神事2月節分の日 - 節分祭追儺式3月1日 - 桃の神事3月旧暦初午の日 - 初午祈年祭3月最終土曜 - 名残りの雛神事5月1日 - 菖蒲の神事5月5日 - お田植え祭6月10日前後数日間 - 築地獅子祭り、渡御祭、宵宮祭、大祭式7月 - 竹の神事7月第一土曜 - 夏越しの大祓式、大祓形代・海上形代流し8月4日 - 風日祈祭9月1日 - 菊の神事9月初旬 - 抜穂祭10月第三土曜 - 御初穂祭11月酉の日 - 築地酉の市11月 - 七五三参り11月23日 - 新嘗祭どぶろく祭12月第三土曜日 - お火焚神事12月31日 - 大祓式交通東京メトロ日比谷線築地駅下車都営大江戸線築地市場駅下車都営バス築地6丁目下車

Dentsu Building
Distance: 0.5 mi 詳しくは
東新橋1-8-1
Minato-ku, Tokyo

電通本社ビル(でんつうほんしゃビル)は、東京都港区東新橋にある超高層ビル。汐留再開発地区の東側に位置し、南側は浜離宮庭園に面する。大手広告代理店の電通が本社機能を置くほか、低層部と高層部にはレストラン街や劇場がある。概要築地や銀座、聖路加ガーデンに分散していた本社機能を集約するべく、電通は1997年に国鉄清算事業団が実施した汐留貨物駅跡地の公開入札に応募。2位の香港の企業と僅差で落札した。1999年秋に着工、約3年の歳月をかけ、2002年11月1日に竣工した。オフィス棟はフランスの建築家ジャン・ヌーヴェル、商業施設部分はアメリカの建築家ジョン・ジャーディがデザインを担当した。周囲の景観およびビルで働く約6000人の社員がウォーターフロントを眺められるよう、浜離宮庭園に面した南側を曲面とした、ブーメラン状の断面が採用された。その南側は東から西に向かって白からグレーにグラデーションがつけられ、西側の角は白く彩られている。浜離宮恩賜庭園との景観上の兼ね合いについて、文化庁では「浜離宮は本来海を見るための庭園であり、海を背にした側にビルが建つことによって浜離宮の機能を低下させることはない」との見解を示している。 電通本社の外壁に面するエレベーターは、平均待ち時間を30秒程度に収めるため、1階のエントランスホール・4階・6階・14階・25階・36階・(一部は44階)に停止する高速シャトルエレベーター(左側5基は東芝製・右側5基は日立製)と中速運転のローカルエレベーターを組み合わせたデュアルエレベーターシステムが採用され、建設当時世界最高速の物であったが、あまりの速度に役員が恐怖を感じたため、運転速度が落とされたという逸話がある。また本社ビルのタクシープールは、フランス人建築家ジャン・ヌーベルの不勉強のために、右側通行用に設計、建設されてしまったためもあり、ビル前の道路で乗り降りする社員が多く、周囲を通行するドライバーから顰蹙を買っている。電通側と意見の対立があり本来の制作意図が叶えられなかったこともあり、ジャン・ヌーベル本人は自身の作品として公表されることを望んでいない。 シャトルエレベーター12基あるうち、真ん中の2基はカレッタ汐留46階スカイレストラン直通エレベーターとして運転されている(三菱製、停止フロア:地下2階・46階)。シャトル6号機は平日8 - 18時の間はオフィス用として地下2階と46階には停止しない。それ以外の時間帯(平日18時以降・土日祝日)はスカイレストラン直通エレベーターとして運行される(日立製)。 郵便番号は105-7001(1階)から105-7047(47階)および105-7090(地下・階層不明)と本ビル専用の番号が付けられている。 当初の構想では、建物を円筒形とする案、10階程度までエスカレーターを設ける案、屋上緑化や、ダブルスキン構造として外壁と内壁の間の3mあまりの空間を緑化する案などが考えられたが、コストやメンテナンスの理由から現在の形に落ち着いた。電通四季劇場は、当初は専用劇場ではなく多目的ホールとする予定であった。

Dentsu Building
Distance: 0.5 mi 詳しくは
東新橋1-8-1
Minato-ku, Tokyo

電通本社ビル(でんつうほんしゃビル)は、東京都港区東新橋にある超高層ビル。汐留再開発地区の東側に位置し、南側は浜離宮庭園に面する。大手広告代理店の電通が本社機能を置くほか、低層部と高層部にはレストラン街や劇場がある。概要築地や銀座、聖路加ガーデンに分散していた本社機能を集約するべく、電通は1997年に国鉄清算事業団が実施した汐留貨物駅跡地の公開入札に応募。2位の香港の企業と僅差で落札した。1999年秋に着工、約3年の歳月をかけ、2002年11月1日に竣工した。オフィス棟はフランスの建築家ジャン・ヌーヴェル、商業施設部分はアメリカの建築家ジョン・ジャーディがデザインを担当した。周囲の景観およびビルで働く約6000人の社員がウォーターフロントを眺められるよう、浜離宮庭園に面した南側を曲面とした、ブーメラン状の断面が採用された。その南側は東から西に向かって白からグレーにグラデーションがつけられ、西側の角は白く彩られている。浜離宮恩賜庭園との景観上の兼ね合いについて、文化庁では「浜離宮は本来海を見るための庭園であり、海を背にした側にビルが建つことによって浜離宮の機能を低下させることはない」との見解を示している。 電通本社の外壁に面するエレベーターは、平均待ち時間を30秒程度に収めるため、1階のエントランスホール・4階・6階・14階・25階・36階・(一部は44階)に停止する高速シャトルエレベーター(左側5基は東芝製・右側5基は日立製)と中速運転のローカルエレベーターを組み合わせたデュアルエレベーターシステムが採用され、建設当時世界最高速の物であったが、あまりの速度に役員が恐怖を感じたため、運転速度が落とされたという逸話がある。また本社ビルのタクシープールは、フランス人建築家ジャン・ヌーベルの不勉強のために、右側通行用に設計、建設されてしまったためもあり、ビル前の道路で乗り降りする社員が多く、周囲を通行するドライバーから顰蹙を買っている。電通側と意見の対立があり本来の制作意図が叶えられなかったこともあり、ジャン・ヌーベル本人は自身の作品として公表されることを望んでいない。 シャトルエレベーター12基あるうち、真ん中の2基はカレッタ汐留46階スカイレストラン直通エレベーターとして運転されている(三菱製、停止フロア:地下2階・46階)。シャトル6号機は平日8 - 18時の間はオフィス用として地下2階と46階には停止しない。それ以外の時間帯(平日18時以降・土日祝日)はスカイレストラン直通エレベーターとして運行される(日立製)。 郵便番号は105-7001(1階)から105-7047(47階)および105-7090(地下・階層不明)と本ビル専用の番号が付けられている。 当初の構想では、建物を円筒形とする案、10階程度までエスカレーターを設ける案、屋上緑化や、ダブルスキン構造として外壁と内壁の間の3mあまりの空間を緑化する案などが考えられたが、コストやメンテナンスの理由から現在の形に落ち着いた。電通四季劇場は、当初は専用劇場ではなく多目的ホールとする予定であった。

築地市場 場内
Distance: 0.2 mi 詳しくは
築地
Chuo-ku, Tokyo 104-0045

Hamarikyu Gardens
Distance: 0.4 mi 詳しくは
中央区浜離宮庭園1-1
Chuo-ku, Tokyo 104-0046

03-3541-0200

东京都立滨离宫恩赐庭园(東京都立浜離宮恩賜庭園),又称滨离宫恩赐庭园或旧滨离宫庭园,是位于日本东京都中央区的一座都立庭园。庭园面积约25万平方米,内有潮入之池和两处猎鸭场,是江户时代具有代表性的大名庭园。滨离宫恩赐庭园及其周边的水面是日本的国家指定特别史迹、特别名胜。庭园历史庭园的所在地最初是江户幕府在宽永年间开拓的将军家的猎鹰场,是一整片的芦苇地。1654年(承应3年),第三代将军德川家光的儿子、甲府宰相德川纲重从其兄长、第四代将军德川家纲处拜领了这片土地,在这里建立了别庄,名为甲府滨屋敷,又称海手屋敷。在德川纲重的儿子德川家宣成为第六代将军时,将这片宅地再次作为将军家的别庄,改名为滨御殿,并进行了大幅度的改修。此后,经过历代将军几次的建设和改修,在第十一代将军德川家齐时,这片宅地基本有了如今庭院的模样。幕府末期,庭园所在地成为幕府海军的基地,称为海军所,幕府海军的军舰训练基地也迁移至此处。同时,日本的第一座石造西洋建筑——名为延辽馆的幕府海军教学基地——开始建设。1869年(明治2年),延辽馆建设完成,建筑面积约1,400平方米,成为明治天皇接待国外宾客的迎宾馆。直到1889年(明治22年)鹿鸣馆建成后取代了延辽馆成为新的迎宾馆,老旧的延辽馆被拆除为止,包括美国第18任总统格兰特夫妇等人都曾经在此居住。除此以外,庭园的其他部分在明治维新中作为皇室的离宫,划归宫内省管辖,改名为滨离宫。1945年(昭和20年)11月3日,二战战败的日本政府以盟军总司令部的要求将滨离宫下赐给东京都。次年4月1日,修整后的滨离宫作为都立庭园向一般民众收费开放。1949年(昭和23年)12月,根据日本的《文化财产保护法》,旧滨离宫庭园被指定为国家名胜及史迹。1952年(昭和27年)11月,庭园及其周边共32.4公顷的面积被指定为日本的国家特别名胜及特别史迹。

Hamarikyu Gardens
Distance: 0.4 mi 詳しくは
中央区浜離宮庭園1-1
Chuo-ku, Tokyo 104-0046

03-3541-0200

东京都立滨离宫恩赐庭园(東京都立浜離宮恩賜庭園),又称滨离宫恩赐庭园或旧滨离宫庭园,是位于日本东京都中央区的一座都立庭园。庭园面积约25万平方米,内有潮入之池和两处猎鸭场,是江户时代具有代表性的大名庭园。滨离宫恩赐庭园及其周边的水面是日本的国家指定特别史迹、特别名胜。庭园历史庭园的所在地最初是江户幕府在宽永年间开拓的将军家的猎鹰场,是一整片的芦苇地。1654年(承应3年),第三代将军德川家光的儿子、甲府宰相德川纲重从其兄长、第四代将军德川家纲处拜领了这片土地,在这里建立了别庄,名为甲府滨屋敷,又称海手屋敷。在德川纲重的儿子德川家宣成为第六代将军时,将这片宅地再次作为将军家的别庄,改名为滨御殿,并进行了大幅度的改修。此后,经过历代将军几次的建设和改修,在第十一代将军德川家齐时,这片宅地基本有了如今庭院的模样。幕府末期,庭园所在地成为幕府海军的基地,称为海军所,幕府海军的军舰训练基地也迁移至此处。同时,日本的第一座石造西洋建筑——名为延辽馆的幕府海军教学基地——开始建设。1869年(明治2年),延辽馆建设完成,建筑面积约1,400平方米,成为明治天皇接待国外宾客的迎宾馆。直到1889年(明治22年)鹿鸣馆建成后取代了延辽馆成为新的迎宾馆,老旧的延辽馆被拆除为止,包括美国第18任总统格兰特夫妇等人都曾经在此居住。除此以外,庭园的其他部分在明治维新中作为皇室的离宫,划归宫内省管辖,改名为滨离宫。1945年(昭和20年)11月3日,二战战败的日本政府以盟军总司令部的要求将滨离宫下赐给东京都。次年4月1日,修整后的滨离宫作为都立庭园向一般民众收费开放。1949年(昭和23年)12月,根据日本的《文化财产保护法》,旧滨离宫庭园被指定为国家名胜及史迹。1952年(昭和27年)11月,庭园及其周边共32.4公顷的面积被指定为日本的国家特别名胜及特别史迹。

勝どきビュータワー
Distance: 0.4 mi 詳しくは
勝どき1丁目
Chuo-ku, Tokyo 104-0054

Nakagin Capsule Tower
Distance: 0.5 mi 詳しくは
銀座8丁目16−10
Chuo-ku, Tokyo 104-0061

The Nakagin Capsule Tower is a mixed-use residential and office tower designed by architect Kisho Kurokawa and located in Shimbashi, Tokyo, Japan. Completed in 1972, the building is a rare remaining example of Japanese Metabolism, an architectural movement emblematic of Japan's postwar cultural resurgence. It was the world's first example of capsule architecture built for permanent and practical use. The building still exists but has fallen into disrepair. As of October 2012, around thirty of the 140 capsules remained in use as apartments, while others were used for storage or office space, or simply abandoned and allowed to deteriorate.DesignThe building is composed of two interconnected concrete towers, respectively eleven and thirteen floors, which house 140 self-contained prefabricated capsules. Each capsule measures 2.3m by 3.8m by 2.1m and functions as a small living or office space. Capsules can be connected and combined to create larger spaces. Each capsule is connected to one of the two main shafts only by four high-tension bolts and is designed to be replaceable. No units have been replaced since the original construction.The capsules were fitted with utilities and interior fittings before being shipped to the building site, where they were attached to the concrete towers. Each capsule is attached independently and cantilevered from the shaft, so that any capsule may be removed easily without affecting the others. The capsules are all-welded lightweight steel-truss boxes clad in galvanized, rib-reinforced steel panels. After processing, the panels were coated with rust-preventative paint and finished with a coat of Kenitex glossy spray.The cores are rigid-frame, made of a steel frame and reinforced concrete. From the basement to the second floor, ordinary concrete was used; above those levels, lightweight concrete was used. Shuttering consists of large panels the height of a single storey of the tower. In order to make early use of the staircase, precast concrete was used in the floor plates and the elevator shafts. Because of the pattern in which two days of steel-frame work were followed by two days of precast-concrete work, the staircase was completely operational by the time the framework was finished. On-site construction of the elevators was shortened by incorporating the 3-D frames, the rails, and anchor indicator boxes in the precast concrete elements and by employing prefabricated cages.

Shinbashi Enbujō
Distance: 0.4 mi 詳しくは
銀座6-18-2
Minato-ku, Tokyo 104-0061

03-3541-2600

The Shinbashi Enbujō is a theatre in the Ginza neighborhood of Tokyo, Japan. It is a major kabuki venue, though other types of performances take place there as well.HistoryThe theatre was originally built in 1925 to provide a venue for the Azuma Odori geisha dance performances, by Kawamura Tokutarō, manager of the Morikawa geisha house, who raised two million yen in capital and established the Shinbashi Enbujō Corporation. The site, by chance, was formerly that of the Matsudaira clan residence which serves as the setting for the kabuki play "Kagamiyama Kokyō no Nishikie." Construction began in 1923, and was halted following the 1923 Great Kantō earthquake, but was completed in 1925.The theatre entered into a contract in 1940 with Shōchiku, a major film and theatre production company, today the chief kabuki production company.Since becoming associated with Shochiku, the theatre has regularly seen productions ranging from modern drama and musicals to the shinpa (New School) genre developed in the Meiji period, as well as kabuki. The Kabuki-za, located several blocks away, is the chief kabuki theatre in the world. It plays somewhat the role of a storehouse of tradition, and its stage is usually dominated by the top star actors in the genre. By contrast, many more experimental forms within the kabuki genre, as well as plays starring younger actors, are performed at the Shinbashi Enbujō. These include the Super Kabuki form pioneered by Ichikawa Ennosuke III, which incorporates Western music, Chinese, Indian, and other non-Japanese stylistic influences, and over-the-top stage special effects beyond that seen in typical kabuki, and the hanagata kabuki performances featuring the younger generation of kabuki stars.

Namiyoke Inari Shrine
Distance: 0.2 mi 詳しくは
築地6-20-37
Chuo-ku, Tokyo 104-0045

03-3541-8451

Namiyoke Inari Shrine is a Shinto shrine located in Tsukiji, Chūō, Tokyo. It is an Inari shrine that was built on the water's edge when this part of Tokyo (then Edo) was created from landfill after the Great Fire of Meireki in 1657. The name of the shrine literally means "protection from waves."After the Tsukiji fish market was established in its present location after the 1923 Great Kantō earthquake, the Namiyoke Inari Shrine became an unofficial guardian shrine for the marketplace and its traders. The courtyard of the shrine is dotted with various memorial plaques and carvings donated by trade groups in the marketplace.

Tsukijishijō Station
Distance: 0.3 mi 詳しくは
中央区築地5-1-2
Chuo-ku, Tokyo

築地市場站()是東京都交通局(都營地下鐵)大江戶線的鐵路車站,位於東京都中央區築地五丁目,車站編號為E-18。由於鄰近朝日新聞社總部,故以「朝日新聞社前」為副站名。顧名思義,本站是大江戶線往築地市場最近的一個車站。附近除朝日新聞社外,尚有濱離宮恩賜庭園和築地本願寺。車站周邊 築地站(東京地下鐵日比谷線)-最接近本站的車站,但並非官方設定的換乘站。此外,規劃大江戶線時本站的暫定名稱亦是「築地」。 銀座-本站月台鄰近銀座地區(近昭和通),故本站某程度上是大江戶線的銀座玄關口。 汐留SIO-SITE-步行約1公里左右,從汐留站前往比較方便。 朝日新聞 東京總部 築地市場-位於A1出口附近 海上保安廳 海洋情報部 築地本願寺 濱離宮恩賜庭園 日本國立癌症研究中心 新橋演舞場 京橋郵政局巴士路線最接近本站的巴士站是位於新大橋通上的「國立癌症研究中心前」停留所及「築地市場正門前」停留所。以下路線停兩個停留所,並由東京都交通局(都營巴士)營運 市01:往新橋站前(循環線,平日途經築地中央市場(不停築地市場正門前))

Tsukijishijō Station
Distance: 0.3 mi 詳しくは
中央区築地5-1-2
Chuo-ku, Tokyo

築地市場站()是東京都交通局(都營地下鐵)大江戶線的鐵路車站,位於東京都中央區築地五丁目,車站編號為E-18。由於鄰近朝日新聞社總部,故以「朝日新聞社前」為副站名。顧名思義,本站是大江戶線往築地市場最近的一個車站。附近除朝日新聞社外,尚有濱離宮恩賜庭園和築地本願寺。車站周邊 築地站(東京地下鐵日比谷線)-最接近本站的車站,但並非官方設定的換乘站。此外,規劃大江戶線時本站的暫定名稱亦是「築地」。 銀座-本站月台鄰近銀座地區(近昭和通),故本站某程度上是大江戶線的銀座玄關口。 汐留SIO-SITE-步行約1公里左右,從汐留站前往比較方便。 朝日新聞 東京總部 築地市場-位於A1出口附近 海上保安廳 海洋情報部 築地本願寺 濱離宮恩賜庭園 日本國立癌症研究中心 新橋演舞場 京橋郵政局巴士路線最接近本站的巴士站是位於新大橋通上的「國立癌症研究中心前」停留所及「築地市場正門前」停留所。以下路線停兩個停留所,並由東京都交通局(都營巴士)營運 市01:往新橋站前(循環線,平日途經築地中央市場(不停築地市場正門前))

Dentsu Building
Distance: 0.5 mi 詳しくは
東新橋1-8-1
Minato-ku, Tokyo

03-6216-5111

The Dentsu Building or is a high-rise building in the Shiodome area of Minato, Tokyo, Japan. The building houses the corporate offices of Dentsu.48 floors rise to 213.34 m (700 ft), it is the eleventh-tallest building in Tokyo and second-tallest in Shiodome. It was designed by French architect Jean Nouvel and completed in 2002. It was built over the site of Tokyo's first train station, and sits aside the Hamarikyu Gardens, formerly the site of a Shogun's vacation home. The Dentsu building is an example of contemporary architecture, featuring collectors on the roof to utilize rainwater for its plumbing system, as well as ceramic dots on the windows which, in concert with computerized window shades, control climate control expediture. The Dentsu building has 70 elevators, including a special elevator reserved only for VIPs and executive management.With the exception of sludge, all waste materials produced in the construction of the Dentsu Building were recycled.

もんぜき通り
Distance: 0.3 mi 詳しくは
東京都中央区築地
Chuo-ku, Tokyo

Landmark and Historical Place 近く Tsukiji fish market

Tsukiji fish market
Distance: 0.0 mi 詳しくは
築地1-12-22コンワビル地下一階
Chuo-ku, Tokyo 104-0045

03-3541-6130

The, supervised by the Tokyo Metropolitan Central Wholesale Market of the Tokyo Metropolitan Bureau of Industrial and Labor Affairs, is the biggest wholesale fish and seafood market in the world and also one of the largest wholesale food markets of any kind.The market is located in Tsukiji in central Tokyo, between the Sumida River and the upmarket Ginza shopping district. While the inner wholesale market has restricted access to visitors, the outer retail market, restaurants and associated restaurant supply stores remain a major tourist attraction for both domestic and overseas visitors.LocationThe market is located near the Tsukijishijō Station on the Toei Ōedo Line and Tsukiji Station on the Tokyo Metro Hibiya Line. There are two distinct sections of the market as a whole. The "inner market" (jōnai-shijō) is the licensed wholesale market, where approximately 900 licensed wholesale dealers operate small stalls and where the auctions and most of the processing of the fish take place. The "outer market" (jōgai-shijō) is a mixture of wholesale and retail shops that sell Japanese kitchen tools, restaurant supplies, groceries, and seafood, and many restaurants, especially sushi restaurants. Most of the shops in the outer market close by the early afternoon, and in the inner market even earlier.

Hibiya Park
Distance: 1.1 mi 詳しくは
日比谷公園1
Chiyoda-ku, Tokyo 100-0012

03-3501-6428

is a park in Chiyoda City, Tokyo, Japan. It covers an area of 161,636.66m2 between the east gardens of the Imperial Palace to the north, the Shinbashi district to the southeast and the Kasumigaseki government district to the west.The land was occupied by the estates of the Mōri clan and Nabeshima clan during the Edo period, and was used for army maneuvers during the Meiji period. It was converted to a park and opened to the public on June 1, 1903.On September 5, 1905 the park was the scene of the Hibiya Incendiary Incident a major city-wide riot that erupted in protest of the terms of the Treaty of Portsmouth which ended the Russo-Japanese War of 1904-1905.The park is famous for the, a brick building built in Gothic style in 1929, which once housed the Domei Tsushin state wire service and its postwar successors Kyodo News and Jiji Press.The park is also known for its open-air concert venue, Hibiya Open-Air Concert Hall, and for its tennis courts (for which reservations are hotly contested due to their proximity to the financial and government districts).

Hamarikyu Gardens
Distance: 0.4 mi 詳しくは
中央区浜離宮庭園1-1
Chuo-ku, Tokyo 104-0046

03-3541-0200

Hamarikyu Gardens is a public park in Chūō, Tokyo, Japan. Located at the mouth of the Sumida River, it was opened April 1, 1946. The park is a 250,165 m² landscaped garden surrounding Shioiri Pond, the park itself surrounded by a seawater moat filled by Tokyo Bay. It was remodeled as a public garden park on the site of a villa of the Shogun Tokugawa family in the 17th century.Visitors can also enjoy refreshment at a teahouse in Nakashima located in the middle of the pond in the garden that offers matcha and Japanese sweets in a tea-ceremony style. A peony garden, plum tree grove and cosmos fields have flowers for every season. Japanese falconry and aikido are demonstrated at New Year.AccessVisitors can access the park via either of the two northern gates or via the Tokyo Cruise Ship - 15 minutes walk Water BusTokyo Mizube Line arrives at and departs from inside the park.Tokyo Cruise Ship ( Water Bus) arrives at and departs from inside the park.The price of the water bus ticket includes admission to the park.

勝鬨橋
Distance: 0.3 mi 詳しくは
築地6丁目
Chuo-ku, Tokyo 104-0045

03-5320-5295

Harumi Island Triton Square
Distance: 0.8 mi 詳しくは
晴海1-8-16
Chuo-ku, Tokyo 104-0053

晴海アイランド トリトンスクエア(はるみアイランド トリトンスクエア)は、東京都中央区晴海一丁目にある3棟のオフィスビルを中核とした複合商業施設ならびに住居群である。設計は日建設計。略称はトリトンスクエア。 前川國男が設計した日本住宅公団の晴海団地(晴海高層アパート)などがあった場所を再開発して造られた。商業施設「晴海トリトン」の運営は、住商アーバン開発株式会社。名の由来海に囲まれた街である晴海をギリシア神話の海の神であるトリトンと掛け合わせ、さらにトリ=Tri=3をキーナンバーに、職・遊・住の3つの都市機能の調和性と、前記でもある3棟のタワービルのイメージを併せて命名された。 また、この3棟のオフィスタワー(X棟、Y棟、Z棟)の他にW棟があり、この4つからスクエア(四角)と名付けられた。主な施設・晴海トリトン内テナント晴海トリトン Shops & Restaurants 約60店舗ポロロッカ食品館Green DeLifield/dreamバイシクル セオトモズマクドナルドトリトン・コレクション(フードコート)成城石井(2010年2月1日オープン)セガフレード・ザネッティ・エスプレッソサンマルクカフェサブウェイ(2010年3月8日オープン)エクセルシオール カフェ実演手打うどん 杵屋信州そば処 そじ坊炭火焼肉トラジ日本海庄や晴海トリトンスクエア郵便局カメラのキタムラローソンコスモス・エミーズキッズプラザアスク晴海園 (東京都認証保育所)麺屋 徳ぽっぽっ屋 他約60店舗

芝大門
Distance: 1.0 mi 詳しくは
港区芝大門1丁目
Minato-ku, Tokyo

Nakagin Capsule Tower
Distance: 0.5 mi 詳しくは
銀座8丁目16−10
Chuo-ku, Tokyo 104-0061

The Nakagin Capsule Tower is a mixed-use residential and office tower designed by architect Kisho Kurokawa and located in Shimbashi, Tokyo, Japan. Completed in 1972, the building is a rare remaining example of Japanese Metabolism, an architectural movement emblematic of Japan's postwar cultural resurgence. It was the world's first example of capsule architecture built for permanent and practical use. The building still exists but has fallen into disrepair. As of October 2012, around thirty of the 140 capsules remained in use as apartments, while others were used for storage or office space, or simply abandoned and allowed to deteriorate.DesignThe building is composed of two interconnected concrete towers, respectively eleven and thirteen floors, which house 140 self-contained prefabricated capsules. Each capsule measures 2.3m by 3.8m by 2.1m and functions as a small living or office space. Capsules can be connected and combined to create larger spaces. Each capsule is connected to one of the two main shafts only by four high-tension bolts and is designed to be replaceable. No units have been replaced since the original construction.The capsules were fitted with utilities and interior fittings before being shipped to the building site, where they were attached to the concrete towers. Each capsule is attached independently and cantilevered from the shaft, so that any capsule may be removed easily without affecting the others. The capsules are all-welded lightweight steel-truss boxes clad in galvanized, rib-reinforced steel panels. After processing, the panels were coated with rust-preventative paint and finished with a coat of Kenitex glossy spray.The cores are rigid-frame, made of a steel frame and reinforced concrete. From the basement to the second floor, ordinary concrete was used; above those levels, lightweight concrete was used. Shuttering consists of large panels the height of a single storey of the tower. In order to make early use of the staircase, precast concrete was used in the floor plates and the elevator shafts. Because of the pattern in which two days of steel-frame work were followed by two days of precast-concrete work, the staircase was completely operational by the time the framework was finished. On-site construction of the elevators was shortened by incorporating the 3-D frames, the rails, and anchor indicator boxes in the precast concrete elements and by employing prefabricated cages.

Kyu Shiba-rikyu Garden
Distance: 0.8 mi 詳しくは
1-4-1 Kaigan, Minato-ku
Minato-ku, Tokyo 105-0022

港区立エコプラザ
Distance: 0.7 mi 詳しくは
浜松町1-13-1
Minato-ku, Tokyo 105-0013

03-5404-7764

中央区立月島社会教育会館
Distance: 0.7 mi 詳しくは
月島4丁目1番1号
Chuo-ku, Tokyo 104-0052

03-3531-6367

塩釜神社
Distance: 0.8 mi 詳しくは
新橋5-19-2
Minato-ku, Tokyo 105-0004

03-3431-3710

Future House lab.
Distance: 1.1 mi 詳しくは
内神田1-16-4 (Uchikanda1-16-4)
Chiyoda-ku, Tokyo 101-0047

03-6447-1821

DN Tower 21
Distance: 1.1 mi 詳しくは
有楽町1-13-1
Chiyoda-ku, Tokyo 100-0006

DN Tower 21 is an office building in Tokyo, Japan. It includes the former Dai-Ichi Seimei Building, in which Douglas MacArthur had his headquarters during the occupation of Japan following World War II. The Government of Tokyo designated DN Tower 21 as a historical building in 2004.The shorter five-storey building, the former headquarters of SCAP, was completed in 1933 (renovated 1989–1995) for the headquarters of the Norinchukin Bank, and the Dai-Ichi Seimei began to house its offices in the building in 1938. The shorter building was designed by the Japanese architect Yoshikazu Uchida. The taller 21-storey building (at 99.8 metres in height) began construction in 1988 and was completed in 1993, and was designed by the Irish-American architect Kevin Roche. Shimizu Corporation was contracted to construct both buildings.

Other 近く Tsukiji fish market

日本ロレックス
Distance: 1.4 mi 詳しくは
丸の内2-3-2
Chiyoda-ku, Tokyo 100-8345

03-3216-5677

ダビドフ銀座本店
Distance: 0.7 mi 詳しくは
東京都中央区銀座8丁目5−6 中島商事ビル 1F
Chuo-ku, Tokyo

03-5537-5585

銀座くのや / GINZA-KUNOYA
Distance: 0.7 mi 詳しくは
銀座3-6-1 松屋銀座 7階 呉服売場
Chuo-ku, Tokyo 104-0061

03-3571-2546

銀座くのやは、天保8年(1837)糸物商として銀座に創業以来、170年余の歳月を和装小物の専門店として歩んでまいりました。「遊び心の伝統工房」をテーマとした物づくりを心がけ、伝統の技の和装小物はもちろん、しゃれた袋物(和装バッグ)、お財布、このところブームになっております風呂敷をはじめ、和感覚の洋服なども創作しております。 日本の伝統工芸は、世界に誇るに足るものです。その美しさは、現代にあって、いささかも輝きを失いません。その上に、なお一層の創意と工夫を重ね、国際商品としての和装小物へとさらに価値を高めるよう努めて参ります。 【銀座くのや取扱品目】 帯〆、羽織紐、帯揚、半襟、足袋、風呂敷、帯、和装コート、財布、ポーチ、ハンドバッグ、その他和装小物、贈答用小物各種 【その他のサービス】着物コンシェルジュなど 【COMPANY OVERVIEW】 The Ginza KUNOYA, established in Ginza, Tokyo in 1837, has over a 170-year history of manufacturing and supplying kimono and kimono accessories. We offer traditional and creative Japanese kimono products including kimono accessories, kimono bags, wallets, Furoshikis and also clothes made with kimono fabrics. We are confident that traditional Japanese products are world-class in terms of their high quality and beauty. They still attract people in the modern world. We are dedicated to supplying much more creative and innovative products day by day so that they will be renowned worldwide. 【PRODUCTS】 Kimono, Kimono accessories, Obi belt, Tabi socks, Furoshiki, Bag, Wallet, Case, and Traditional Japanese goods. 【OTHER SERVICE】 Kimono Concierge (Our clerks guide customers on style.)

JA共済連 採用
Distance: 1.1 mi 詳しくは
平河町2-7-9 JA共済ビル
Chiyoda-ku, Tokyo 102-8630

03-5215-9177

JA共済連の採用に関するさまざまな情報をはじめ、オフィスの様子や働く職員のオフショット、内定者からの就職活動に関するアドバイスなどを発信します。

Bress エンターテイメント~娯楽を文化に~
Distance: 1.1 mi 詳しくは
東京都千代田区外神田2-1-4-2階
Chiyoda-ku, Tokyo 1010021

0332530707

Outdoors 近く Tsukiji fish market

浜松町駅 Hamamatsucho Station
Distance: 0.8 mi 詳しくは
海岸1
Minato-ku, Tokyo 105-0022

新橋駅SL広場 Shimbashi Station SL Square
Distance: 0.8 mi 詳しくは
新橋
Minato-ku, Tokyo 105-0004

新橋 (Shinbashi)
Distance: 0.8 mi 詳しくは
新橋
Minato-ku, Tokyo

築地市場 Tsukiji fish market
Distance: 0.2 mi 詳しくは
築地
Chuo-ku, Tokyo 104-0045

晴海埠頭公園バーベキュー場
Distance: 1.0 mi 詳しくは
東京港埠頭株式会社辰巳の森海浜公園管理事務所
Chuo-ku, Tokyo

03-5569-8672

Shibakōen Station
Distance: 1.2 mi 詳しくは
芝公園4-8-14
Minato-ku, Tokyo 105-0011

芝公園駅(しばこうえんえき)は、東京都港区芝公園四丁目にある東京都交通局(都営地下鉄)三田線の駅である。駅番号はI 05。歴史 1973年(昭和48年)11月27日 - 都営6号線の駅として開業。 1978年(昭和53年)7月1日 - 都営6号線を三田線に改称。駅名の由来駅に隣接する芝公園の最寄り駅として建設されたため。駅構造中柱のある相対式ホーム2面2線の地下駅であり、ホームは直線である。三田側、御成門側のホームの端に改札がある。バリアフリー施設として、エスカレーターや多機能トイレに加え、2011年2月11日からエレベーターの供用が開始された。のりば当駅と三田駅との間に両渡りの分岐器(シーサスクロッシング)がある。2000年9月25日までは三田線が三田止まりだったため、分岐器と2層式の三田駅の間が並列運転の様な形態となり、三田行は当駅で三田駅の3番線と4番線に入る列車を振り分けていた。現在は通常ダイヤでは使用されていない。利用状況2015年度の1日平均乗降人員は30,077人(乗車人員 14,875人、降車人員 15,202人)である。各年度の1日平均乗降・乗車人員数は下表のとおり。

烏森神社
Distance: 0.8 mi 詳しくは
新橋 2-15-5
Minato-ku, Tokyo 105-0004

03-3591-7865

港区芝公園
Distance: 1.0 mi 詳しくは
芝公園
Minato-ku, Tokyo

Tokyo Central Sta. Japan
Distance: 1.4 mi 詳しくは
丸の内一丁目
Chiyoda-ku, Tokyo

03-3553-6285

勝どき橋
Distance: 0.3 mi 詳しくは
築地6丁目20から勝どき1丁目1番1号
Chuo-ku, Tokyo

晴海客船ターミナルホール
Distance: 1.0 mi 詳しくは
晴海5丁目7番1号
Chuo-ku, Tokyo

03-3536-8651

Hinode Station
Distance: 1.0 mi 詳しくは
海岸二丁目
Minato-ku, Tokyo

日の出駅(ひのでえき)は、東京都港区海岸二丁目にある東京臨海新交通臨海線(ゆりかもめ)の駅である。駅番号はU 04。東京湾2号埋立地にあり、東京港防潮堤より海側のため、高潮警戒時にゲートが閉鎖されると孤立する。駅構造島式ホーム1面2線の高架駅。のりば竹芝駅寄りに待避線を兼ねた上下渡り線が設置されている。試運転や運行障害など非常時用として設置されているもので普段は使われることは滅多に無いが、臨時列車で使用されることもある。かつて冬季に運行されていた臨時の「夜景列車」では、有明方面から走ってきた列車がこの渡り線を使って夜景見物のために待避線でしばらく停車した後に豊洲駅方面に折り返し運転をするダイヤが設定されていた。歴史 1995年(平成7年)11月1日 - 開業。利用状況2009年度の1日平均乗車人員は1,043人である。開業以来の1日平均乗車人員推移は下記の通り。駅周辺 シーバンス 東芝 本社ビル ヤナセ 本社 日の出桟橋 東京都観光汽船 シーライン東京バス最寄り停留所は、東京都道481号新橋日の出ふ頭線にある日の出桟橋と、海岸通りにある日の出桟橋入口である。以下の路線が乗り入れ、東京都交通局(浜95系統)及びケイエム観光バスにより運行されている。

中央区 あかつき公園
Distance: 0.5 mi 詳しくは
築地7-19-1
Chuo-ku, Tokyo 104-0045

屋形船晴海屋
Distance: 0.6 mi 詳しくは
晴海3-1
Chuo-ku, Tokyo 104-0053

03-3644-1344

東京の老舗屋形船晴海屋です。 晴海屋では、乗合船、貸切船、ウェディング、歴史クルーズなどをご用意しております。 FACEBOOKにて、イベント情報やキャンペーン情報などを随時配信していきますので、是非ご覧ください!! 詳しい情報は、晴海屋のホームページ(http://www.harumiya.co.jp/)をご覧ください。

Tsukijishijō Station
Distance: 0.3 mi 詳しくは
中央区築地5-1-2
Chuo-ku, Tokyo

築地市場站()是東京都交通局(都營地下鐵)大江戶線的鐵路車站,位於東京都中央區築地五丁目,車站編號為E-18。由於鄰近朝日新聞社總部,故以「朝日新聞社前」為副站名。顧名思義,本站是大江戶線往築地市場最近的一個車站。附近除朝日新聞社外,尚有濱離宮恩賜庭園和築地本願寺。車站周邊 築地站(東京地下鐵日比谷線)-最接近本站的車站,但並非官方設定的換乘站。此外,規劃大江戶線時本站的暫定名稱亦是「築地」。 銀座-本站月台鄰近銀座地區(近昭和通),故本站某程度上是大江戶線的銀座玄關口。 汐留SIO-SITE-步行約1公里左右,從汐留站前往比較方便。 朝日新聞 東京總部 築地市場-位於A1出口附近 海上保安廳 海洋情報部 築地本願寺 濱離宮恩賜庭園 日本國立癌症研究中心 新橋演舞場 京橋郵政局巴士路線最接近本站的巴士站是位於新大橋通上的「國立癌症研究中心前」停留所及「築地市場正門前」停留所。以下路線停兩個停留所,並由東京都交通局(都營巴士)營運 市01:往新橋站前(循環線,平日途經築地中央市場(不停築地市場正門前))

坂本町公園
Distance: 1.3 mi 詳しくは
東京都中央区兜町
Chuo-ku, Tokyo 103-0026

浜離宮恩賜公園 中島の御茶屋
Distance: 0.5 mi 詳しくは
東京都中央区浜離宮庭園
Minato-ku, Tokyo

お台場海浜公園
Distance: 1.1 mi 詳しくは
台場
Minato-ku, Tokyo 135-0091

パタゴニア 東京・丸の内
Distance: 1.2 mi 詳しくは
丸の内3-1-1 国際ビル1F
Chiyoda-ku, Tokyo 100-0005

03-3214-2101

2013年秋、「パタゴニア 東京・丸の内」は、日本では初となる期間限定の直営店としてオープンしました。多くのお客様にご愛顧いただきまして、この度、7月23日(水)より、隣接するスペースに移転し常設店舗として新たにオープン致します。ビジネスからトラベルまで幅広く活躍する、シンプルで高品質なライフスタイル製品を中心に、環境配慮と機能性を兼ね備えたアウトドア・アクティビティ用の製品を販売いたします。また、ご家族揃ってお気軽に立ち寄っていただけるよう、キッズ/ベビー製品も豊富に取り揃えております。アウトドアスポーツや環境問題への知識や経験が豊富なスタッフが、皆様のご来店を心よりお待ちしております。

秩父
Distance: 0.7 mi 詳しくは
小鹿野町
Shinjuku-ku, Tokyo

0494-75-2001

KPSパラグライダースクール
Distance: 1.6 mi 詳しくは
日本橋箱崎町26-1-1202
Chuo-ku, Tokyo 103-0015

03-5819-0662

栃木県那須高原、長野県八ヶ岳・富士見高原でパラグライダースクールを開講。

Gibbon Japan
Distance: 1.2 mi 詳しくは
東京都中央区新川2丁目5−9
Chuo-ku, Tokyo 104-0033

03-6228-3760

GIBBON JAPAN 商品の発売やスラックラインの大会情報、イベント情報を配信していきます。

木更津 田舎暮らし
Distance: 1.1 mi 詳しくは
千葉県木更津市畑沢1407
Shinagawa-ku, Tokyo

0438363518

パドルアウト株式会社 アウトドアクラブ
Distance: 1.1 mi 詳しくは
東新橋1丁目10ー2
Minato-ku, Tokyo 1050021

北欧・北米での絶大な人気を誇る 「子供の為の、本格的アウトドア・プログラム」を、日本の子供向けにアレンジし、日本と海外で実施しています。 子供達が大自然の中に身を置く事によって、「地球のすばらしさ・やさしさ・きびしさ」を感動をもって体験してもらいます。 おしつけられる教育ではなく、大自然の中から子供達自身が自らで 「自然の中の人間」 「物事の本質と考え方」 「自分自身の確立」 「生命力・やさしさ・強さ」 といった人間力を培うプログラムを提供しています。

NPO法人 地球野外塾
Distance: 1.1 mi 詳しくは
4-8-7
Shinagawa-ku, Tokyo 142-0053

03-3785-4617

Seafood Restaurant 近く Tsukiji fish market

Tsukiji fish market
Distance: 0.0 mi 詳しくは
築地1-12-22コンワビル地下一階
Chuo-ku, Tokyo 104-0045

03-3541-6130

築地市場是位於日本東京都中央區築地的公營批發市場,為東京都政府設置的中央批發市場之一,亦是日本最大的。簡介市場位於東京地鐵日比谷線上的都營札幌線和築地站附近的築地站附近。市場整體上有兩個不同的部分,“場內市場”(jōnai-shijō)是執照許可批發市場,大約900個許可批發經銷商經營小攤位,拍賣和進行大部分魚類加工。“場外市場”(jōgai-shijō)是由銷售日本廚房器具、餐廳用品、雜貨和海鮮的批發和零售店以及許多餐館所組成,特別是壽司店。除了在築地六丁目的停車場部份地方外,築地市場所在地是「東京都中央區築地五丁目2番1號」。築地市場的面積約為23萬平方米。由其中的8個批發商和大約1000(其中經營海產約820)個中間商進行拍賣。2005年的數據顯示,處理所有種類貨品合計約916,866公頓(每日處理海鮮2,167公頓,蔬果1,170公頓),金額約為5,657億日圓(每日處理海鮮17.68億日圓,蔬果3.2億日圓)。現時於築地市場處理的貨品種類除了海鮮(處理量日本最大)外,還有蔬果(蔬菜和水果,雖然幾乎沒人知道,在東京是僅次大田市場的第二位)、雞肉、雞蛋、醃菜和各種加工食品(豆腐、豆芽、急凍食品等)。拍賣場和中間商所在的主要建築物設計成一弧形,最主要是由於附近曾是國鐵,路線與這些建築物平行,用此讓鮮魚貨物列車等入線。不但是運送貨物連新鮮食品也逐漸由貨櫃車取代貨物列車運送,受此影響冷凍車、活魚車等等的貨車和貨物列車等逐漸被淘汰,而車站亦同時廢除,市場內外的路線均被撇除。市場的青果門附近仍在遺址的伸延處留下了零散的柏油路作為路線的痕跡,那條行人路亦留有了原閘道的警報機。銀座商業區就在附近,有如此地點條件的批發市場在其他地區並不多。

魚金
Distance: 0.7 mi 詳しくは
新橋3-20-6 新金子ビル1・2F
Minato-ku, Tokyo 105-0004

03-3437-2861

築地虎杖 魚河岸千両
Distance: 0.3 mi 詳しくは
中央区築地4-10-14 1F
Chuo-ku, Tokyo 104-0045

03-5565-5739

築地 海鮮丼 大江戸 築地市場内店
Distance: 0.1 mi 詳しくは
築地5-2-1 8号棟
Chuo-ku, Tokyo 104-0045

03-3547-6727

東京・中央卸市場築地市場にある海鮮丼専門店です。 築地の目利きのプロから毎の日仕入れている新鮮ネタの数々・・ それらを盛り込んだ大江戸特製豪華海鮮丼!!! 常時60種類以上もある多彩な丼からお選びください。

かき小屋 Jackpot 新橋 1号店 2号店
Distance: 0.8 mi 詳しくは
内幸町1-6-1 JRガード下
Chiyoda-ku, Tokyo 100-0011

03-6205-4328

≪新橋 第一ホテル前 高架下≫ 気分は店内バーベキュー!雨が降ってもだいじょうぶ! 海の幸を焼きまくり牡蠣を腹いっぱい喰らってください! 実はリーズナブル・・・ その秘密は<お酒持ち込みOK>お一人様600円。 ジャンジャン持ち込みしてください(^^) ■土・日・祝日12時~16時は焼き牡蠣・焼きおにぎり・カキフライがすべて食べ放題!!■ ■おひとり様2980円 要予約です■

かに道楽 銀座本店
Distance: 0.7 mi 詳しくは
吾妻橋1-23-30
Chuo-ku, Tokyo 104-0061

03-5608-2626

Fish Bank TOKYO
Distance: 0.6 mi 詳しくは
東新橋1-5-2 汐留シティセンター41F
Minato-ku, Tokyo 105-0021

03-3569-7171

輝くシャンデリア、ホワイト×ブラックのモダンな内装などが彩る、大人のためのレストラン。約13mの天井の高さまでとられた窓からは、西に東京タワー、東にお台場方面までのワイドな東京の景色が眺められ、ランチからディナーまでを優雅に過ごして頂けます。

北海番屋
Distance: 0.2 mi 詳しくは
4-14-16
Chuo-ku, Tokyo 104-0045

03-5148-0788

築地場外市塲にある海鮮バーベキューと海鮮料理の店です。築地市塲の北洋海産物扱いの「魚河岸北田」がプロデュースしてます。

路地裏魚金
Distance: 0.7 mi 詳しくは
新橋4-19-9 アジトビル1~3F
Minato-ku, Tokyo 105-0004

03-6402-7322

築地巿場-仲家海鮮丼
Distance: 0.1 mi 詳しくは
築地5-2-1 築地市場 8号館
Chuo-ku, Tokyo

魚金二号店
Distance: 0.8 mi 詳しくは
新橋3-8-6 大新ビル1F
Minato-ku, Tokyo 105-0004

03-3431-6662

築地虎杖 裏店別館
Distance: 0.3 mi 詳しくは
築地4-9-6ダイヤモンドレジデンス築地1F
Chuo-ku, Tokyo 104-0045

03-5565-4001

築地 うに虎喰
Distance: 0.3 mi 詳しくは
東京都中央区築地4-10-14加藤市場1F
Chuo-ku, Tokyo

03-6324-4237

Singapore Seafood Republic
Distance: 0.9 mi 詳しくは
東京中央区銀座2-2-14 マロニエゲート11F  
Chuo-ku, Tokyo 104-0061

03-5524-7615

築地虎杖(つきじいたどり) tsukiji itadori
Distance: 0.3 mi 詳しくは
築地4-14-18 妙泉寺ビル2F
Chuo-ku, Tokyo 104-0045

03-5565-5521

築地虎杖表店 中央区築地4-9-7 03-3541-1192 築地虎杖喰(くらう) 中央区築地4-10-14 03-5565-4002 築地虎杖裏店 中央区築地4-9-6 03-5565-4001 築地虎杖別館 中央区築地4-10-16 03-3543-1244 築地虎杖東店 中央区築地4-10-16 03-3542-3601 築地虎杖魚河岸千両 中央区築地4-10-1403-5565-5739 魚河岸千両南店 中央区築地6-26-9 03-5565-5769 ハレの日食堂 中央区築地4-10-5 03-5565-6477

立ち呑み活力魚金
Distance: 0.7 mi 詳しくは
新橋3-18-5
Minato-ku, Tokyo 105-0004

03-3432-0745

カキ小屋 築地
Distance: 0.3 mi 詳しくは
築地4-10-14
Chuo-ku, Tokyo 104-0045

0362284880

銀座魚勝 (Ginza Uokatsu)
Distance: 0.8 mi 詳しくは
銀座4丁目3-7 銀座スバルビル2階
Chuo-ku, Tokyo 104-0061

03-6264-4774

銀座魚勝では、アサヒ「琥珀の時間」や20種類以上の日本酒とともに、朝築地市場で仕入れた新鮮魚介、身体に優しい大皿おばんざい、世界一の和牛 尾崎牛などを、どこよりもリーズナブルにお楽しみいただけます。

銀座海老レストラン マダムシュリンプ
Distance: 0.8 mi 詳しくは
銀座8-4-27 プラーザ銀座ビルB2
Chuo-ku, Tokyo 104-0061

03-3571-5528

営業時間 月~金曜日18:00Open~翌4:00Close 土曜日18:00Open~23:00Close 日曜日17:00Open~23:00Close

オイスターテーブル 銀座コリドー店
Distance: 0.9 mi 詳しくは
東京都中央区銀座7-2銀座コリドー108
Chuo-ku, Tokyo

トリニティオイスターハウス銀座店
Distance: 0.8 mi 詳しくは
東京都中央区銀座8-3-1 GINZA TOKIDEN 2F
Ginza, Tokyo 104-0061

03-6264-6858

全国より新鮮で旬の生牡蠣を生産者の想いと共に提供致します

かに地獄 新橋
Distance: 0.7 mi 詳しくは
東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビルB1
Minato-ku, Tokyo 105-0004

03-3502-6101

北海道応援隊 きたいち酒場 銀座店
Distance: 0.8 mi 詳しくは
銀座 4-2-12 銀座クリスタルビル 9F
Chuo-ku, Tokyo 104-0061

03-5524-5288

■北海道産直■ 漁師・魚屋と提携し「札幌一の仕入れ」を実現した驚きの鮮度! 同業者も「ありえない」と指示する鮮魚に自信 絶品鮮魚を日替わりで毎日「相場の半額」でご提供! 全11漁港産地直送きたいち酒場の名物をご堪能あれ!

wikiwiki cafe&dining
Distance: 0.5 mi 詳しくは
銀座8-15-5
Chuo-ku, Tokyo 104-0061

0332485959

おお~い北海道 長万部酒場 銀座店
Distance: 0.7 mi 詳しくは
銀座3-7-12 王子不動産銀座ビルB1F
Chuo-ku, Tokyo 104-0061

03-5524-5311

Rock Fish
Distance: 0.9 mi 詳しくは
銀座7-2-14-2F
Chuo-ku, Tokyo

03-5537-6900

築地おつぼ
Distance: 0.6 mi 詳しくは
中央区銀座4-9-6 三原橋ビル B1F
Chuo-ku, Tokyo 104-0061

03-3543-8637

近畿大学水産研究所
Distance: 0.9 mi 詳しくは
所在地:東京都中央区銀座6丁目2番先 東京高速道路山下ビル2階
Chuo-ku, Tokyo

(03)6228-5863

鰓呼吸
Distance: 1.1 mi 詳しくは
麻布十番2-3-2
Minato-ku, Tokyo 153-0051

03-6435-1168

焼肉Kazu
Distance: 0.8 mi 詳しくは
新富2-5-2
Chuo-ku, Tokyo 104-0041

03-3552-5929

Landmark and Historical Place 近く Tsukiji fish market

Tsukiji fish market
距離: 0.0 mi 詳しくは
築地1-12-22コンワビル地下一階
Chuo-ku, Tokyo 104-0045

03-3541-6130

The, supervised by the Tokyo Metropolitan Central Wholesale Market of the Tokyo Metropolitan Bureau of Industrial and Labor Affairs, is the biggest wholesale fish and seafood market in the world and also one of the largest wholesale food markets of any kind.The market is located in Tsukiji in central Tokyo, between the Sumida River and the upmarket Ginza shopping district. While the inner wholesale market has restricted access to visitors, the outer retail market, restaurants and associated restaurant supply stores remain a major tourist attraction for both domestic and overseas visitors.LocationThe market is located near the Tsukijishijō Station on the Toei Ōedo Line and Tsukiji Station on the Tokyo Metro Hibiya Line. There are two distinct sections of the market as a whole. The "inner market" (jōnai-shijō) is the licensed wholesale market, where approximately 900 licensed wholesale dealers operate small stalls and where the auctions and most of the processing of the fish take place. The "outer market" (jōgai-shijō) is a mixture of wholesale and retail shops that sell Japanese kitchen tools, restaurant supplies, groceries, and seafood, and many restaurants, especially sushi restaurants. Most of the shops in the outer market close by the early afternoon, and in the inner market even earlier.

Hamarikyu Gardens
距離: 0.4 mi 詳しくは
中央区浜離宮庭園1-1
Chuo-ku, Tokyo 104-0046

03-3541-0200

Hamarikyu Gardens is a public park in Chūō, Tokyo, Japan. Located at the mouth of the Sumida River, it was opened April 1, 1946. The park is a 250,165 m² landscaped garden surrounding Shioiri Pond, the park itself surrounded by a seawater moat filled by Tokyo Bay. It was remodeled as a public garden park on the site of a villa of the Shogun Tokugawa family in the 17th century.Visitors can also enjoy refreshment at a teahouse in Nakashima located in the middle of the pond in the garden that offers matcha and Japanese sweets in a tea-ceremony style. A peony garden, plum tree grove and cosmos fields have flowers for every season. Japanese falconry and aikido are demonstrated at New Year.AccessVisitors can access the park via either of the two northern gates or via the Tokyo Cruise Ship - 15 minutes walk Water BusTokyo Mizube Line arrives at and departs from inside the park.Tokyo Cruise Ship ( Water Bus) arrives at and departs from inside the park.The price of the water bus ticket includes admission to the park.

Nakagin Capsule Tower
距離: 0.5 mi 詳しくは
銀座8丁目16−10
Chuo-ku, Tokyo 104-0061

The Nakagin Capsule Tower is a mixed-use residential and office tower designed by architect Kisho Kurokawa and located in Shimbashi, Tokyo, Japan. Completed in 1972, the building is a rare remaining example of Japanese Metabolism, an architectural movement emblematic of Japan's postwar cultural resurgence. It was the world's first example of capsule architecture built for permanent and practical use. The building still exists but has fallen into disrepair. As of October 2012, around thirty of the 140 capsules remained in use as apartments, while others were used for storage or office space, or simply abandoned and allowed to deteriorate.DesignThe building is composed of two interconnected concrete towers, respectively eleven and thirteen floors, which house 140 self-contained prefabricated capsules. Each capsule measures 2.3m by 3.8m by 2.1m and functions as a small living or office space. Capsules can be connected and combined to create larger spaces. Each capsule is connected to one of the two main shafts only by four high-tension bolts and is designed to be replaceable. No units have been replaced since the original construction.The capsules were fitted with utilities and interior fittings before being shipped to the building site, where they were attached to the concrete towers. Each capsule is attached independently and cantilevered from the shaft, so that any capsule may be removed easily without affecting the others. The capsules are all-welded lightweight steel-truss boxes clad in galvanized, rib-reinforced steel panels. After processing, the panels were coated with rust-preventative paint and finished with a coat of Kenitex glossy spray.The cores are rigid-frame, made of a steel frame and reinforced concrete. From the basement to the second floor, ordinary concrete was used; above those levels, lightweight concrete was used. Shuttering consists of large panels the height of a single storey of the tower. In order to make early use of the staircase, precast concrete was used in the floor plates and the elevator shafts. Because of the pattern in which two days of steel-frame work were followed by two days of precast-concrete work, the staircase was completely operational by the time the framework was finished. On-site construction of the elevators was shortened by incorporating the 3-D frames, the rails, and anchor indicator boxes in the precast concrete elements and by employing prefabricated cages.