Akiba88 決して前にないように日本を探検する

Edo Castle, Chiyoda-ku Tokyo


千代田1番
Chiyoda-ku, Tokyo 100-0001

+81 3-3213-1111

, also known as, is a flatland castle that was built in 1457 by Ōta Dōkan. It is today part of the Tokyo Imperial Palace and is located in Chiyoda, Tokyo, then known as Edo, Toshima District, Musashi Province. Tokugawa Ieyasu established the Tokugawa shogunate here. It was the residence of the shogun and location of the shogunate, and also functioned as the military capital during the Edo period of Japanese history. After the resignation of the shogun and the Meiji Restoration, it became the Tokyo Imperial Palace. Some moats, walls and ramparts of the castle survive to this day. However, the grounds were more extensive during the Edo period, with Tokyo Station and the Marunouchi section of the city lying within the outermost moat. It also encompassed Kitanomaru Park, the Nippon Budokan Hall and other landmarks of the surrounding area.HistoryThe warrior Edo Shigetsugu built his residence in what is now the Honmaru and Ninomaru part of Edo Castle, around the end of the Heian or beginning of the Kamakura period. The Edo clan perished in the 15th century as a result of uprisings in the Kantō region, and Ōta Dōkan, a retainer of the Ogigayatsu Uesugi family, built Edo Castle in 1457.

Historical Place 近く Edo Castle

Tokyo Imperial Palace
Distance: 0.4 mi 詳しくは
千代田1-1
Chiyoda-ku, Tokyo 100-0002

The Tokyo Imperial Palace is the primary residence of the Emperor of Japan. It is a large park-like area located in the Chiyoda ward of Tokyo and contains buildings including the main palace, the private residences of the Imperial Family, an archive, museums and administrative offices.It is built on the site of the old Edo Castle. The total area including the gardens is 3.41sqkm. During the height of the 1980s Japanese property bubble, the palace grounds were valued by some to be more than the value of all of the real estate in the state of California.HistoryEdo castleAfter the capitulation of the shogunate and the Meiji Restoration, the inhabitants, including the Shogun Tokugawa Yoshinobu, were required to vacate the premises of the Edo Castle. Leaving the Kyoto Imperial Palace on 26 November 1868, the Emperor arrived at the Edo Castle, made it to his new residence and renamed it to Tōkei Castle. At this time Tōkyō had also been called Tōkei. He left for Kyōto again, and after coming back on 9 May 1869, it was renamed to Imperial Castle.Previous fires had destroyed the Honmaru area containing the old donjon (which itself burned in the 1657 Meireki fire). On the night of 5 May 1873, a fire consumed the Nishinomaru Palace (formerly the shogun's residence), and the new imperial Palace Castle was constructed on the site in 1888.

Yasukuni Shrine
Distance: 0.8 mi 詳しくは
東京都千代田区九段北
Chiyoda-ku, Tokyo 102-8246

03-3261-8326

'(靖国神社'、やすくにじんじゃ)は、東京都千代田区九段北にある神社である。概要九段坂の坂上に東面して鎮座し、日本の軍人、軍属等を主な祭神として祀る。勅祭社で旧別格官幣社。境内は、桜の名所として知られる他、大鳥居が東に向いている、数少ない神社の一つでもある。単立宗教法人(単立神社)であるために、神社本庁との包括関係には属していない。元来は東京招魂社(とうきょうしょうこんしゃ)という名称であったが、後に現社名''に改称された。招魂社であるので、氏子地域は存在しない(当社所在地は築土神社の氏子地域にあたる。)。創建当初は軍務官(直後に兵部省に改組)が、後に内務省が人事を所管し、大日本帝国陸軍(陸軍省)と同海軍(海軍省)が祭事を統括した(陸海両軍を以下「旧陸海軍」等と略記する)。1946年(昭和21年)に、日本国政府の管理を離れて東京都知事の認証により、宗教法人法の単立宗教法人となった。国家神道の代表的施設であり、日本の内閣総理大臣や国務大臣の公式参拝が、しばしば中華人民共和国や大韓民国から非難され国際問題化する(靖国神社問題を参照)。

千鳥ヶ淵
Distance: 0.5 mi 詳しくは
北の丸公園1-1
Chiyoda-ku, Tokyo 102-0091

皇居 Tokyo Imperial Palace
Distance: 0.5 mi 詳しくは
千代田
Chiyoda-ku, Tokyo 100-0001

皇居東御苑 / Imperial Palace East Gardens
Distance: 0.3 mi 詳しくは
Chiyoda
Chiyoda-ku, Tokyo 100-0001

Imperial Palace Gardens, Tokyo
Distance: 0.8 mi 詳しくは
Imperial palace garden, tokyo
Chiyoda-ku, Tokyo 100-0002

皇居
Distance: 0.6 mi 詳しくは
千代田1-1(1-1,Ciyoda)
Chiyoda-ku, Tokyo 100-0001

桜田門 / Sakurada-mon Gate
Distance: 0.7 mi 詳しくは
千代田1-1
Chiyoda-ku, Tokyo

皇居大手門
Distance: 0.4 mi 詳しくは
千代田1-1
Chiyoda-ku, Tokyo 100-8111

江戸城 天守閣跡
Distance: 0.0 mi 詳しくは
千代田1
Chiyoda-ku, Tokyo 100-0002

皇居:天守台
Distance: 0.0 mi 詳しくは
千代田1
Chiyoda-ku, Tokyo

Yasukuni Shrine
Distance: 0.8 mi 詳しくは
東京都千代田区九段北
Chiyoda-ku, Tokyo

Il santuario Yasukuni è un santuario shintoista di Tokyo, Giappone dedicato alle anime di soldati e altre persone che morirono combattendo al servizio dell'Imperatore.Ad ottobre 2004, il Libro delle Anime del santuario, conteneva la lista di 2.466.532 uomini e donne, tra i quali 27.863 aborigeni di Taiwan e 21.181 coreani. Nella maggior parte dei casi si tratta di persone che servivano l'Impero giapponese e che sono morte durante i conflitti sostenuti dal paese del Sol Levante, prevalentemente durante la Seconda Guerra Mondiale.Il santuario Yasukuni è fonte di notevoli controversie dato che nel Libro delle Anime sono iscritte 1.068 persone che furono condannate per crimini di guerra da un tribunale al termine della Seconda guerra mondiale. Tra questi vi sono 14 criminali di guerra cosiddetti di Classe A ovvero condannati per crimini contro la pace. Il santuario ospita inoltre un museo sulle operazioni belliche del Giappone durante il secondo conflitto mondiale che viene da alcuni considerato revisionista.Le visite al santuario di membri del governo sono state causa di proteste sia interne al Giappone che all'estero; Cina e Corea del Sud hanno più volte protestato contro queste visite sin dal 1985. Nonostante la controversia l' ex-Primo Ministro Junichiro Koizumi ha effettuato visite annuali durante il suo mandato dal 2001 al 2006.

DN Tower 21
Distance: 0.9 mi 詳しくは
有楽町1-13-1
Chiyoda-ku, Tokyo 100-0006

DN Tower 21 is an office building in Tokyo, Japan. It includes the former Dai-Ichi Seimei Building, in which Douglas MacArthur had his headquarters during the occupation of Japan following World War II. The Government of Tokyo designated DN Tower 21 as a historical building in 2004.The shorter five-storey building, the former headquarters of SCAP, was completed in 1933 (renovated 1989–1995) for the headquarters of the Norinchukin Bank, and the Dai-Ichi Seimei began to house its offices in the building in 1938. The shorter building was designed by the Japanese architect Yoshikazu Uchida. The taller 21-storey building (at 99.8 metres in height) began construction in 1988 and was completed in 1993, and was designed by the Irish-American architect Kevin Roche. Shimizu Corporation was contracted to construct both buildings.

Landmark 近く Edo Castle

Nippon Budokan
Distance: 0.4 mi 詳しくは
北の丸公園2-3
Chiyoda-ku, Tokyo 680-0011

03-3216-5100

日本武道館(にっぽんぶどうかん、Nippon Budōkan)は、東京都千代田区北の丸公園にある武道館。日本伝統の武道を普及奨励し、心身錬磨の大道場としての役割を担うことを設立趣旨とする。日本武道協議会加盟。武道以外の屋内競技場、多目的ホールとしても利用される。管理運営者は公益財団法人日本武道館。概要1964年開催の東京オリンピックの柔道競技会場として建設され、同年10月3日に開館した。設計は山田守、施工は竹中工務店(全国建設業協会会長から推薦されて決定)、総工費は18億円。法隆寺夢殿をモデルにした八角形の意匠である。大屋根の稜線は富士山をイメージしている。日本の武道(柔道・剣道・弓道・相撲・空手道・合気道・少林寺拳法・なぎなた・銃剣道・古武道)の稽古場、競技場として使用されている。

Yasukuni Shrine
Distance: 0.8 mi 詳しくは
東京都千代田区九段北
Chiyoda-ku, Tokyo 102-8246

03-3261-8326

'(靖国神社'、やすくにじんじゃ)は、東京都千代田区九段北にある神社である。概要九段坂の坂上に東面して鎮座し、日本の軍人、軍属等を主な祭神として祀る。勅祭社で旧別格官幣社。境内は、桜の名所として知られる他、大鳥居が東に向いている、数少ない神社の一つでもある。単立宗教法人(単立神社)であるために、神社本庁との包括関係には属していない。元来は東京招魂社(とうきょうしょうこんしゃ)という名称であったが、後に現社名''に改称された。招魂社であるので、氏子地域は存在しない(当社所在地は築土神社の氏子地域にあたる。)。創建当初は軍務官(直後に兵部省に改組)が、後に内務省が人事を所管し、大日本帝国陸軍(陸軍省)と同海軍(海軍省)が祭事を統括した(陸海両軍を以下「旧陸海軍」等と略記する)。1946年(昭和21年)に、日本国政府の管理を離れて東京都知事の認証により、宗教法人法の単立宗教法人となった。国家神道の代表的施設であり、日本の内閣総理大臣や国務大臣の公式参拝が、しばしば中華人民共和国や大韓民国から非難され国際問題化する(靖国神社問題を参照)。

皇居 Tokyo Imperial Palace
Distance: 0.5 mi 詳しくは
千代田
Chiyoda-ku, Tokyo 100-0001

東京駅 東海道山陽新幹線ホーム Shinkansen Tokyo Station
Distance: 0.9 mi 詳しくは
東京都千代田区
Chiyoda-ku, Tokyo 100-0005

Shin-Marunouchi Building
Distance: 0.7 mi 詳しくは
丸の内1丁目5番1号
Chiyoda-ku, Tokyo 100-6590

新丸の内ビルディング(しんまるのうちビルディング)は、東京都千代田区丸の内一丁目の超高層ビルである。2007年4月19日に竣工、4月27日に商業施設フロアの一般開放が始まった。通称は新丸ビル。概要1952年に建設された8階建ての「新丸ノ内ビルヂング」を建て替えたもので、東京駅丸の内口の目の前、同じ三菱地所の手がけた丸の内ビルディングとは行幸通りを挟んで向かい側にあり、1998年から始まった丸の内再構築、いわゆる丸の内マンハッタン計画においては、これと丸の内オアゾ、東京ビルディングに次ぐ第3の商業施設、オフィスフロアを兼ね備えた複合ビルであり、オフィス用途のみを含めた全体では6番目にあたる。イギリスのホプキンス・アーキテクツがコンセプトデザインを担当した。東京駅や皇居など周囲の環境に調和した高い格式と国際ビジネスセンターにふさわしい最新の設備を融合したデザインをめざした。都市計画の特定街区制度適用及び特例容積率適用区域制度を利用した東京駅丸の内赤レンガ駅舎からの一部容積率移転により、1300%の指定容積率が1760%に緩和され、大規模超高層建築が実現した。施工は竹中工務店で、総事業費は約900億円。解体の際には、コンクリートや松杭などの廃材をリサイクルする試みが行われた。2010年4月より、青森県六ヶ所村の二又風力発電所で発電された「生グリーン電力」を導入している。10階には日本創生ビレッジ (EGG JAPAN) を開設し、ビジネスクラスとしての性格も持ちながら、有望なベンチャー企業に割安でオフィスを提供し、新事業を支援する予定。

Shin-Marunouchi Building
Distance: 0.7 mi 詳しくは
丸の内1丁目5番1号
Chiyoda-ku, Tokyo 100-6590

新丸の内ビルディング(しんまるのうちビルディング)は、東京都千代田区丸の内一丁目の超高層ビルである。2007年4月19日に竣工、4月27日に商業施設フロアの一般開放が始まった。通称は新丸ビル。概要1952年に建設された8階建ての「新丸ノ内ビルヂング」を建て替えたもので、東京駅丸の内口の目の前、同じ三菱地所の手がけた丸の内ビルディングとは行幸通りを挟んで向かい側にあり、1998年から始まった丸の内再構築、いわゆる丸の内マンハッタン計画においては、これと丸の内オアゾ、東京ビルディングに次ぐ第3の商業施設、オフィスフロアを兼ね備えた複合ビルであり、オフィス用途のみを含めた全体では6番目にあたる。イギリスのホプキンス・アーキテクツがコンセプトデザインを担当した。東京駅や皇居など周囲の環境に調和した高い格式と国際ビジネスセンターにふさわしい最新の設備を融合したデザインをめざした。都市計画の特定街区制度適用及び特例容積率適用区域制度を利用した東京駅丸の内赤レンガ駅舎からの一部容積率移転により、1300%の指定容積率が1760%に緩和され、大規模超高層建築が実現した。施工は竹中工務店で、総事業費は約900億円。解体の際には、コンクリートや松杭などの廃材をリサイクルする試みが行われた。2010年4月より、青森県六ヶ所村の二又風力発電所で発電された「生グリーン電力」を導入している。10階には日本創生ビレッジ (EGG JAPAN) を開設し、ビジネスクラスとしての性格も持ちながら、有望なベンチャー企業に割安でオフィスを提供し、新事業を支援する予定。

靖国神社
Distance: 0.6 mi 詳しくは
九段北3-1-1
Chiyoda-ku, Tokyo 102-8246

03-3261-8326

National Theatre of Japan
Distance: 0.8 mi 詳しくは
隼町4-1
Chiyoda-ku, Tokyo 102-8656

03-3265-7411

日本の国立劇場(こくりつげきじょう、英語:National Theatre of Japan)は、東京都千代田区隼町にある劇場である。独立行政法人日本芸術文化振興会が運営する。日本の伝統芸能を上演するほか、伝承者の養成や調査研究も行っている。歌舞伎・日本舞踊・演劇が演じられる大劇場、文楽・邦楽・日本舞踊(小規模公演)・雅楽・声明・民俗芸能が演じられる小劇場で構成されている。また、伝統芸能の公演の他これに携わる人材育成も行っている(歌舞伎俳優や囃子方など。文楽関係は国立文楽劇場で行う)。落語・漫才などが演じられる国立演芸場が隣接しており、2003年には国立劇場裏に伝統芸能情報館が開館した。また、毎年4月に行われる日本国際賞の授賞式には日本の天皇・皇后や首相、衆参両議院議長らが出席している。2012年3月11日には政府主催による東日本大震災一周年追悼式(以後毎年この日に開催)もここで行われた。こちらも日本の天皇・皇后や首相、衆参両議院議長らが出席している。設置までの経緯明治時代の演劇改良運動の中で国立劇場の設置が構想されたほか、何度か設置運動が行われてきたが実現には至らなかった。第二次世界大戦後、文化財保護委員会(文部省の外局)に芸術施設調査研究協議会が設置され、同協議会の答申(1956年)に基づき、国立劇場の計画が具体化した。設計案についてはコンペが行われ、奈良の正倉院を思わせる校倉造風の外観とした竹中工務店の岩本博行ほか13名による案が、計307案の中から当選した(1963年)。建物は1966年10月に竣工した。

National Theatre of Japan
Distance: 0.8 mi 詳しくは
隼町4-1
Chiyoda-ku, Tokyo 102-8656

03-3265-7411

日本の国立劇場(こくりつげきじょう、英語:National Theatre of Japan)は、東京都千代田区隼町にある劇場である。独立行政法人日本芸術文化振興会が運営する。日本の伝統芸能を上演するほか、伝承者の養成や調査研究も行っている。歌舞伎・日本舞踊・演劇が演じられる大劇場、文楽・邦楽・日本舞踊(小規模公演)・雅楽・声明・民俗芸能が演じられる小劇場で構成されている。また、伝統芸能の公演の他これに携わる人材育成も行っている(歌舞伎俳優や囃子方など。文楽関係は国立文楽劇場で行う)。落語・漫才などが演じられる国立演芸場が隣接しており、2003年には国立劇場裏に伝統芸能情報館が開館した。また、毎年4月に行われる日本国際賞の授賞式には日本の天皇・皇后や首相、衆参両議院議長らが出席している。2012年3月11日には政府主催による東日本大震災一周年追悼式(以後毎年この日に開催)もここで行われた。こちらも日本の天皇・皇后や首相、衆参両議院議長らが出席している。設置までの経緯明治時代の演劇改良運動の中で国立劇場の設置が構想されたほか、何度か設置運動が行われてきたが実現には至らなかった。第二次世界大戦後、文化財保護委員会(文部省の外局)に芸術施設調査研究協議会が設置され、同協議会の答申(1956年)に基づき、国立劇場の計画が具体化した。設計案についてはコンペが行われ、奈良の正倉院を思わせる校倉造風の外観とした竹中工務店の岩本博行ほか13名による案が、計307案の中から当選した(1963年)。建物は1966年10月に竣工した。

Tokyo Tatsumi International Swimming Center
Distance: 0.4 mi 詳しくは
辰巳2-8-10
Koto-ku, Tokyo 135-0053

東京辰巳国際水泳場(とうきょうたつみこくさいすいえいじょう)は、東京都江東区辰巳にある国際規格の水泳用プールを持つ施設の名前である。1993年8月オープン。それまでの代々木オリンピックプールに代わる日本の水泳競技における中心的施設として国際大会及び日本選手権など全国規模、東京都レベルの大会が多数開催される。代々木とは異なり通年利用が可能である。水泳関係者の間では「辰巳」の略称で通じる。大会・イベント及びスクールのない日(時間帯)には一般開放もされる。指定管理者はオーエンス・セントラルスポーツ・都水協・事業団グループ(2016年4月 - 2023年3月)。施設メインプール50m×25mの10コース(公認8コース・短水路16コース)。 飛込競技を除いた水泳競技全般に利用される。可動床を採用しており、水深を1.4mから3mまで変えられる。観客席は5,035席(固定3,635席)。サブプール50m×15mの7コース。競泳のみ使用可能。地下に面しており観客席はない。ダイビングプール25m×25m×5m(深さ)の国際公認プール。飛込競技およびシンクロナイズドスイミングで使用。観客席はメインプールと共通。主な大会水泳場主催水泳場主催大会は申し込み期間中に申し込めば出場可。 東京辰巳国際水泳場杯水泳大会(TATSUMI CUP):開館時より毎年開催している。3月にシンクロと飛び込み、9月に競泳とフィンスイミングが行われる。スイムEKIDEN in 辰巳:毎年3月に開催される。100m×10人リレーなど駅伝形式の競技を中心に行う。その他日本水泳連盟が主催等に当たる大会を挙げる。 日本選手権水泳競技大会:競泳・飛込・シンクロ。年度によっては他会場で開催されている。水球は2010年に初開催。日本選手権(25m)水泳競技大会ジャパンオープン (50m)日本学生選手権水泳競技大会:年度によっては他会場で開催されている。全国JOCジュニアオリンピックカップ水泳競技大会:競泳競技。飛込競技も2007年までは固定開催されていた。早稲田大学・慶應義塾大学対抗水上競技大会中央大学・日本大学対抗水泳競技大会FINA競泳ワールドカップ東京(2010年より)平成25年東京国体「スポーツ祭東京2013」水泳競技

Tokyo Tatsumi International Swimming Center
Distance: 0.4 mi 詳しくは
辰巳2-8-10
Koto-ku, Tokyo 135-0053

東京辰巳国際水泳場(とうきょうたつみこくさいすいえいじょう)は、東京都江東区辰巳にある国際規格の水泳用プールを持つ施設の名前である。1993年8月オープン。それまでの代々木オリンピックプールに代わる日本の水泳競技における中心的施設として国際大会及び日本選手権など全国規模、東京都レベルの大会が多数開催される。代々木とは異なり通年利用が可能である。水泳関係者の間では「辰巳」の略称で通じる。大会・イベント及びスクールのない日(時間帯)には一般開放もされる。指定管理者はオーエンス・セントラルスポーツ・都水協・事業団グループ(2016年4月 - 2023年3月)。施設メインプール50m×25mの10コース(公認8コース・短水路16コース)。 飛込競技を除いた水泳競技全般に利用される。可動床を採用しており、水深を1.4mから3mまで変えられる。観客席は5,035席(固定3,635席)。サブプール50m×15mの7コース。競泳のみ使用可能。地下に面しており観客席はない。ダイビングプール25m×25m×5m(深さ)の国際公認プール。飛込競技およびシンクロナイズドスイミングで使用。観客席はメインプールと共通。主な大会水泳場主催水泳場主催大会は申し込み期間中に申し込めば出場可。 東京辰巳国際水泳場杯水泳大会(TATSUMI CUP):開館時より毎年開催している。3月にシンクロと飛び込み、9月に競泳とフィンスイミングが行われる。スイムEKIDEN in 辰巳:毎年3月に開催される。100m×10人リレーなど駅伝形式の競技を中心に行う。その他日本水泳連盟が主催等に当たる大会を挙げる。 日本選手権水泳競技大会:競泳・飛込・シンクロ。年度によっては他会場で開催されている。水球は2010年に初開催。日本選手権(25m)水泳競技大会ジャパンオープン (50m)日本学生選手権水泳競技大会:年度によっては他会場で開催されている。全国JOCジュニアオリンピックカップ水泳競技大会:競泳競技。飛込競技も2007年までは固定開催されていた。早稲田大学・慶應義塾大学対抗水上競技大会中央大学・日本大学対抗水泳競技大会FINA競泳ワールドカップ東京(2010年より)平成25年東京国体「スポーツ祭東京2013」水泳競技

皇居
Distance: 0.6 mi 詳しくは
千代田1-1(1-1,Ciyoda)
Chiyoda-ku, Tokyo 100-0001

Nippon Budokan
Distance: 0.4 mi 詳しくは
東京都千代田区北の丸公園
Chiyoda-ku, Tokyo 102-0071

日本武道館是日本鼓勵傳統的武道及身心磨練的大道場而興建的設施,座落於東京都千代田區北之丸公園。日本武道館亦是其業主財團法人的名稱。概略日本武道館是為1964年舉行的東京奧運會場之一而建設,因而得名。同年10月3日落成。設計師為山田守,採用八角形的設計,屋頂樣貌則仿自富士山。門口的「武道舘」匾額,為財團法人日本武道館首任會長正力松太郎之手筆。1964年東京奧運期間,至10月20日共4日間在此舉行柔道比賽。之後主要做為柔道、劍道、空手道等武道活動場地使用,同時成為舞蹈、樂團、演武會等表演,以及演唱會與格闘技(職業拳擊、職業摔跤、K-1、PRIDE)的舉行會場、大學等的大規模入學禮、畢業禮會場等廣泛使用。毎年4月29日舉行的全日本柔道選手權大會(無差別級競賽,日本全國冠軍決定戰)、11月3日全日本劍道選手權、11月下旬的自衛隊音樂節皆在此舉行。日本天皇與首相固定出席的全國戰歿者追悼式也於每年的8月15日(日本二戰投降日)在此地舉行。

Nippon Budokan
Distance: 0.4 mi 詳しくは
東京都千代田区北の丸公園
Chiyoda-ku, Tokyo 102-0071

日本武道館是日本鼓勵傳統的武道及身心磨練的大道場而興建的設施,座落於東京都千代田區北之丸公園。日本武道館亦是其業主財團法人的名稱。概略日本武道館是為1964年舉行的東京奧運會場之一而建設,因而得名。同年10月3日落成。設計師為山田守,採用八角形的設計,屋頂樣貌則仿自富士山。門口的「武道舘」匾額,為財團法人日本武道館首任會長正力松太郎之手筆。1964年東京奧運期間,至10月20日共4日間在此舉行柔道比賽。之後主要做為柔道、劍道、空手道等武道活動場地使用,同時成為舞蹈、樂團、演武會等表演,以及演唱會與格闘技(職業拳擊、職業摔跤、K-1、PRIDE)的舉行會場、大學等的大規模入學禮、畢業禮會場等廣泛使用。毎年4月29日舉行的全日本柔道選手權大會(無差別級競賽,日本全國冠軍決定戰)、11月3日全日本劍道選手權、11月下旬的自衛隊音樂節皆在此舉行。日本天皇與首相固定出席的全國戰歿者追悼式也於每年的8月15日(日本二戰投降日)在此地舉行。

Shin-Marunouchi Building
Distance: 0.7 mi 詳しくは
1-5-1 Marunouchi
Chiyoda-ku, Tokyo 100-6590

The Shin Marunouchi Building, or New Marunouchi Building, is the highest building of the Chiyoda ward in Tokyo. The building was completed on April 19, 2007, and open to the public on April 27, 2007. It is often called as "Shin Maru Biru" in short.OverviewThe previous eight story high Shin Marunouchi Building was built there in 1952. The construction work of the current building began on March 15, 2005, and the building was one of the commercial complex buildings in Marunouchi Manhattan Plan, a redevelopment project in the Marunouchi area, following to the Marunouchi OAZO and the Tokyo Building TOKIA. The building was designed by Hopkins Architects of London.The building contains office floors, and 153 stores are housed in total. The total construction cost was about 90 billion yen, and constructed by the Takenaka Corporation. The building was designed by British architect Sir Michael Hopkins, who won the Special Award of the Civic Trust Award for Sustainability in 2002.The basement floor connects to Tokyo Station, as well as other nearby buildings.

Shin-Marunouchi Building
Distance: 0.7 mi 詳しくは
1-5-1 Marunouchi
Chiyoda-ku, Tokyo 100-6590

The Shin Marunouchi Building, or New Marunouchi Building, is the highest building of the Chiyoda ward in Tokyo. The building was completed on April 19, 2007, and open to the public on April 27, 2007. It is often called as "Shin Maru Biru" in short.OverviewThe previous eight story high Shin Marunouchi Building was built there in 1952. The construction work of the current building began on March 15, 2005, and the building was one of the commercial complex buildings in Marunouchi Manhattan Plan, a redevelopment project in the Marunouchi area, following to the Marunouchi OAZO and the Tokyo Building TOKIA. The building was designed by Hopkins Architects of London.The building contains office floors, and 153 stores are housed in total. The total construction cost was about 90 billion yen, and constructed by the Takenaka Corporation. The building was designed by British architect Sir Michael Hopkins, who won the Special Award of the Civic Trust Award for Sustainability in 2002.The basement floor connects to Tokyo Station, as well as other nearby buildings.

Tokyo Tatsumi International Swimming Center
Distance: 0.4 mi 詳しくは
辰巳2-8-10
Koto-ku, Tokyo 135-0053

03-5569-5061

is a swimming venue in Kōtō, Tokyo, Japan. The swimming center has hosted several Japanese swimming championships.World records broken in the TTISCLong course200 m breaststroke 2:07.51 Kosuke Kitajima; June 8, 2008Short course200 m butterfly 2:03.12 Yūko Nakanishi; February 23, 2008

Jimbōchō Station
Distance: 0.6 mi 詳しくは
神田神保町二丁目
Chiyoda-ku, Tokyo 101-0051

is a subway station located at the Jimbōchō intersection of the Hakusan and Yasukuni Dōris in Chiyoda, Tokyo, Japan, operated jointly by Tokyo Metro and Toei Subway.LinesJimbōchō Station is served by the following three subway lines. Toei Mita Line (I-10) Toei Shinjuku Line (S-06) Tokyo Metro Hanzomon Line (Z-07)Station layout Level B1: Northern ticket gates, Toei Shinjuku Line platforms Level B2: Southern and western ticket gates Level B3: Toei Mita Line platforms Level B4: Tokyo Metro Hanzōmon Line platforms HistoryThe Mita Line station opened on 30 June 1972 as part of the Toei Line 6. The Shinjuku Line station opened on 16 March 1980. The Hanzomon Line station opened on 26 January 1989.Surrounding area Jinbōchō Theater

Hanzōmon Station
Distance: 0.7 mi 詳しくは
麹町1-6
Chiyoda-ku, Tokyo 102-0083

03-3263-5600

Hanzōmon Station is a subway station on the Tokyo Metro Hanzōmon Line in Chiyoda, Tokyo, Japan, operated by the Tokyo subway operator Tokyo Metro. It is located near the Hanzōmon Gate of the Imperial Palace.The station was the eastern terminal of the Hanzōmon Line from 1982 to 1989 and is still used as a terminal for some morning rush hour trains.HistoryThe station opened on 9 December 1982.

千鳥ヶ淵戦没者墓苑
Distance: 0.4 mi 詳しくは
三番町2
Chiyoda-ku, Tokyo 102-0075

O3-3262-2030

乾門
Distance: 0.2 mi 詳しくは
千代田
Chiyoda-ku, Tokyo

Tokyo Metropolitan Police Department
Distance: 0.8 mi 詳しくは
霞が関
Chiyoda-ku, Tokyo 100-8929

03-3581-4321

The Tokyo Metropolitan Police Department serves as the police force of the Tokyo metropolis. Founded in 1874, it is headed by a Superintendent-General, who is appointed by the National Public Safety Commission, and approved by the Prime Minister.The Metropolitan Police, with a staff of more than 43,000 police officers and over 2,800 civilian personnel, manages 102 stations in the prefecture.The main building of the Keishicho is located in the Kasumigaseki part of central Tokyo. Built in 1980, it is 18 stories tall, a large wedge-shaped building with a cylindrical tower, it is easily seen from the street and a well-known landmark.OrganizationThe Metropolitan Police Department is under the command of a Superintendent-General and reports directly to the Tokyo Metropolitan Public Safety Commission.The MPD commands the following bureaus: Administration Bureau() Personnel and Training Bureau() Traffic Bureau() Community Police Affairs Bureau() Security Bureau() Public Security Bureau() Criminal Investigation Bureau() Community Safety Bureau() Organized Crime Control Bureau() The MPD also has its own academy, the Metropolitan Police Department Academy.Each District Headquarters commands several police stations. Each station includes the following: Administration Section Traffic Section Security Section Community Police Affairs Section Criminal Investigation Section Community Safety Section Organized Crime Control Section

Ministry of Internal Affairs and Communications
Distance: 0.9 mi 詳しくは
霞が関2-1-2 中央合同庁舎第2号館
Chiyoda-ku, Tokyo 100-8926

The Ministry of Internal Affairs and Communications is a cabinet-level ministry in the Government of Japan. Its English name was Ministry of Public Management, Home Affairs, Posts and Telecommunications (MPHPT) prior to 2004. It is housed in the 2nd Building of the Central Common Government Office at 2-1-2 Kasumigaseki in Chiyoda, Tokyo, Japan.The Ministry oversees the Japanese administrative system, manages local governments, elections, telecommunication, post, and governmental statistics.The is appointed from among the members of the cabinet.HistoryThe Ministry was created on January 6, 2001 by the merger of the Ministry of Home Affairs (自治省), the Ministry of Posts and Telecommunications (MPT, 郵政省) and the Management and Coordination Agency (総務庁). Certain functions of the Management and Coordination Agency were transferred to the Cabinet Office in this process, while many functions of the MPT were transferred to an independent Postal Services Agency which later became Japan Post.

National Institute of Informatics
Distance: 0.4 mi 詳しくは
一ツ橋2-1-2
Chiyoda-ku, Tokyo

The National Institute of Informatics is a Japanese research institute created in April 2000 for the purpose of advancing the study of informatics. This institute is also devoted to creating a system to facilitate the spread of scientific information to the general public. The NII is the only comprehensive research institute in Japan in informatics. It also oversees and maintains a large, searchable information database on a variety of scientific and non-scientific topics called Webcat.History of the InstituteThe NII had its inception in a proposition from the Ministry of Education, Science, Sports, and Culture presented to the Science Council in October 1973, entitled "Improved Circulation System for Academic Information." In 1976 the Research Center for Library and Information Science was established at the University of Tokyo, paving the way for the institute that was to become the National Institute of Informatics. In 1983 the Research Center was reorganized and transformed into the Center for Bibliographic Information, but continued to operate under the aegis of the University of Tokyo. This center was then further restructured in 1986 and renamed the National Center for Science Information Systems (NACSIS). This center was the first incarnation of the institute to be independent of the University of Tokyo. The institute developed and grew in accordance with advances in computer and Internet technology, eventually outgrowing the initial vision behind the National Center for Science Information Systems. In April 2000 this center was overhauled and reformed as the National Institute of Informatics. It is currently headed by Masao Sakauchi. The NII is located in the Chiyoda district of Tokyo. It is a principal part of the National Center of Sciences, along with the Hitotsubashi University Graduate School of International Corporate Strategy, and the Center for University Finance.

Tokyo Skytree Solamachi, Japan
Distance: 0.7 mi 詳しくは
1-1-2 Sumida, Oshiage, Japan
Taito-ku, Tokyo

81570550102

Japan Meteorological Agency
Distance: 0.4 mi 詳しくは
大手町1-3-4
Chiyoda-ku, Tokyo 100-8122

03-3212-8341

The, frequently abbreviated to JMA, is an agency of the Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism. It is charged with gathering and providing results for the public in Japan, that are obtained from data based on daily scientific observation and research into natural phenomena in the fields of meteorology, hydrology, seismology and volcanology, among other related scientific fields. Its headquarters is located in Chiyoda, Tokyo.JMA is responsible for gathering and reporting weather data and forecasts for the general public, as well as providing aviation and marine weather. JMA other responsibilities include issuing warnings for volcanic eruptions, and the nationwide issuance of earthquake warnings of the Earthquake Early Warning (EEW) system. JMA is also designated one of the Regional Specialized Meteorological Centers of the World Meteorological Organization (WMO). It is responsible for forecasting, naming, and distributing warnings for tropical cyclones in the Northwestern Pacific region, including the Celebes Sea, the Sulu Sea, the South China Sea, the East China Sea, the Yellow Sea, the Sea of Japan and the Sea of Okhotsk.

六義園
Distance: 0.8 mi 詳しくは
文京区本駒込
Chiyoda-ku, Tokyo

Tokyo Metropolitan Television
Distance: 0.6 mi 詳しくは
麹町一丁目12番地
Chiyoda-ku, Tokyo 102-8002

03-5276-0009

Tokyo MX ist der Fernsehsender des Medienunternehmens Tokyo Metropolitan Television K.K.. Er ist der einzige private, der ausschließlich die Präfektur Tokio abdeckt. Dort konkurriert er als eigenständiger Sender mit Nippon Television, TV Asahi, TBS, TV Tokyo und Fuji TV, die jeweils die Leitsender ihrer landesweiten Networks sind.Er wurde am 30. April 1993 gegründet und begann am 1. November desselben Jahres mit der Übertragung seines Programms. Die analoge Antennenausstrahlung wurde zum 24. Juli 2011 eingestellt.WeblinksOffizielle Website

おもてなしランナー協会
Distance: 0.8 mi 詳しくは
麹町1-3-7日月館ビル2F
Chiyoda-ku, Tokyo 1002-0083

03-3222-5543

Landmark 近く Edo Castle

Nippon Budokan
Distance: 0.4 mi 詳しくは
北の丸公園2-3
Chiyoda-ku, Tokyo 680-0011

03-3216-5100

日本武道館(にっぽんぶどうかん、Nippon Budōkan)は、東京都千代田区北の丸公園にある武道館。日本伝統の武道を普及奨励し、心身錬磨の大道場としての役割を担うことを設立趣旨とする。日本武道協議会加盟。武道以外の屋内競技場、多目的ホールとしても利用される。管理運営者は公益財団法人日本武道館。概要1964年開催の東京オリンピックの柔道競技会場として建設され、同年10月3日に開館した。設計は山田守、施工は竹中工務店(全国建設業協会会長から推薦されて決定)、総工費は18億円。法隆寺夢殿をモデルにした八角形の意匠である。大屋根の稜線は富士山をイメージしている。日本の武道(柔道・剣道・弓道・相撲・空手道・合気道・少林寺拳法・なぎなた・銃剣道・古武道)の稽古場、競技場として使用されている。

Yasukuni Shrine
Distance: 0.8 mi 詳しくは
東京都千代田区九段北
Chiyoda-ku, Tokyo 102-8246

03-3261-8326

'(靖国神社'、やすくにじんじゃ)は、東京都千代田区九段北にある神社である。概要九段坂の坂上に東面して鎮座し、日本の軍人、軍属等を主な祭神として祀る。勅祭社で旧別格官幣社。境内は、桜の名所として知られる他、大鳥居が東に向いている、数少ない神社の一つでもある。単立宗教法人(単立神社)であるために、神社本庁との包括関係には属していない。元来は東京招魂社(とうきょうしょうこんしゃ)という名称であったが、後に現社名''に改称された。招魂社であるので、氏子地域は存在しない(当社所在地は築土神社の氏子地域にあたる。)。創建当初は軍務官(直後に兵部省に改組)が、後に内務省が人事を所管し、大日本帝国陸軍(陸軍省)と同海軍(海軍省)が祭事を統括した(陸海両軍を以下「旧陸海軍」等と略記する)。1946年(昭和21年)に、日本国政府の管理を離れて東京都知事の認証により、宗教法人法の単立宗教法人となった。国家神道の代表的施設であり、日本の内閣総理大臣や国務大臣の公式参拝が、しばしば中華人民共和国や大韓民国から非難され国際問題化する(靖国神社問題を参照)。

皇居 Tokyo Imperial Palace
Distance: 0.5 mi 詳しくは
千代田
Chiyoda-ku, Tokyo 100-0001

東京駅 東海道山陽新幹線ホーム Shinkansen Tokyo Station
Distance: 0.9 mi 詳しくは
東京都千代田区
Chiyoda-ku, Tokyo 100-0005

Shin-Marunouchi Building
Distance: 0.7 mi 詳しくは
丸の内1丁目5番1号
Chiyoda-ku, Tokyo 100-6590

新丸の内ビルディング(しんまるのうちビルディング)は、東京都千代田区丸の内一丁目の超高層ビルである。2007年4月19日に竣工、4月27日に商業施設フロアの一般開放が始まった。通称は新丸ビル。概要1952年に建設された8階建ての「新丸ノ内ビルヂング」を建て替えたもので、東京駅丸の内口の目の前、同じ三菱地所の手がけた丸の内ビルディングとは行幸通りを挟んで向かい側にあり、1998年から始まった丸の内再構築、いわゆる丸の内マンハッタン計画においては、これと丸の内オアゾ、東京ビルディングに次ぐ第3の商業施設、オフィスフロアを兼ね備えた複合ビルであり、オフィス用途のみを含めた全体では6番目にあたる。イギリスのホプキンス・アーキテクツがコンセプトデザインを担当した。東京駅や皇居など周囲の環境に調和した高い格式と国際ビジネスセンターにふさわしい最新の設備を融合したデザインをめざした。都市計画の特定街区制度適用及び特例容積率適用区域制度を利用した東京駅丸の内赤レンガ駅舎からの一部容積率移転により、1300%の指定容積率が1760%に緩和され、大規模超高層建築が実現した。施工は竹中工務店で、総事業費は約900億円。解体の際には、コンクリートや松杭などの廃材をリサイクルする試みが行われた。2010年4月より、青森県六ヶ所村の二又風力発電所で発電された「生グリーン電力」を導入している。10階には日本創生ビレッジ (EGG JAPAN) を開設し、ビジネスクラスとしての性格も持ちながら、有望なベンチャー企業に割安でオフィスを提供し、新事業を支援する予定。

Shin-Marunouchi Building
Distance: 0.7 mi 詳しくは
丸の内1丁目5番1号
Chiyoda-ku, Tokyo 100-6590

新丸の内ビルディング(しんまるのうちビルディング)は、東京都千代田区丸の内一丁目の超高層ビルである。2007年4月19日に竣工、4月27日に商業施設フロアの一般開放が始まった。通称は新丸ビル。概要1952年に建設された8階建ての「新丸ノ内ビルヂング」を建て替えたもので、東京駅丸の内口の目の前、同じ三菱地所の手がけた丸の内ビルディングとは行幸通りを挟んで向かい側にあり、1998年から始まった丸の内再構築、いわゆる丸の内マンハッタン計画においては、これと丸の内オアゾ、東京ビルディングに次ぐ第3の商業施設、オフィスフロアを兼ね備えた複合ビルであり、オフィス用途のみを含めた全体では6番目にあたる。イギリスのホプキンス・アーキテクツがコンセプトデザインを担当した。東京駅や皇居など周囲の環境に調和した高い格式と国際ビジネスセンターにふさわしい最新の設備を融合したデザインをめざした。都市計画の特定街区制度適用及び特例容積率適用区域制度を利用した東京駅丸の内赤レンガ駅舎からの一部容積率移転により、1300%の指定容積率が1760%に緩和され、大規模超高層建築が実現した。施工は竹中工務店で、総事業費は約900億円。解体の際には、コンクリートや松杭などの廃材をリサイクルする試みが行われた。2010年4月より、青森県六ヶ所村の二又風力発電所で発電された「生グリーン電力」を導入している。10階には日本創生ビレッジ (EGG JAPAN) を開設し、ビジネスクラスとしての性格も持ちながら、有望なベンチャー企業に割安でオフィスを提供し、新事業を支援する予定。

靖国神社
Distance: 0.6 mi 詳しくは
九段北3-1-1
Chiyoda-ku, Tokyo 102-8246

03-3261-8326

National Theatre of Japan
Distance: 0.8 mi 詳しくは
隼町4-1
Chiyoda-ku, Tokyo 102-8656

03-3265-7411

日本の国立劇場(こくりつげきじょう、英語:National Theatre of Japan)は、東京都千代田区隼町にある劇場である。独立行政法人日本芸術文化振興会が運営する。日本の伝統芸能を上演するほか、伝承者の養成や調査研究も行っている。歌舞伎・日本舞踊・演劇が演じられる大劇場、文楽・邦楽・日本舞踊(小規模公演)・雅楽・声明・民俗芸能が演じられる小劇場で構成されている。また、伝統芸能の公演の他これに携わる人材育成も行っている(歌舞伎俳優や囃子方など。文楽関係は国立文楽劇場で行う)。落語・漫才などが演じられる国立演芸場が隣接しており、2003年には国立劇場裏に伝統芸能情報館が開館した。また、毎年4月に行われる日本国際賞の授賞式には日本の天皇・皇后や首相、衆参両議院議長らが出席している。2012年3月11日には政府主催による東日本大震災一周年追悼式(以後毎年この日に開催)もここで行われた。こちらも日本の天皇・皇后や首相、衆参両議院議長らが出席している。設置までの経緯明治時代の演劇改良運動の中で国立劇場の設置が構想されたほか、何度か設置運動が行われてきたが実現には至らなかった。第二次世界大戦後、文化財保護委員会(文部省の外局)に芸術施設調査研究協議会が設置され、同協議会の答申(1956年)に基づき、国立劇場の計画が具体化した。設計案についてはコンペが行われ、奈良の正倉院を思わせる校倉造風の外観とした竹中工務店の岩本博行ほか13名による案が、計307案の中から当選した(1963年)。建物は1966年10月に竣工した。

National Theatre of Japan
Distance: 0.8 mi 詳しくは
隼町4-1
Chiyoda-ku, Tokyo 102-8656

03-3265-7411

日本の国立劇場(こくりつげきじょう、英語:National Theatre of Japan)は、東京都千代田区隼町にある劇場である。独立行政法人日本芸術文化振興会が運営する。日本の伝統芸能を上演するほか、伝承者の養成や調査研究も行っている。歌舞伎・日本舞踊・演劇が演じられる大劇場、文楽・邦楽・日本舞踊(小規模公演)・雅楽・声明・民俗芸能が演じられる小劇場で構成されている。また、伝統芸能の公演の他これに携わる人材育成も行っている(歌舞伎俳優や囃子方など。文楽関係は国立文楽劇場で行う)。落語・漫才などが演じられる国立演芸場が隣接しており、2003年には国立劇場裏に伝統芸能情報館が開館した。また、毎年4月に行われる日本国際賞の授賞式には日本の天皇・皇后や首相、衆参両議院議長らが出席している。2012年3月11日には政府主催による東日本大震災一周年追悼式(以後毎年この日に開催)もここで行われた。こちらも日本の天皇・皇后や首相、衆参両議院議長らが出席している。設置までの経緯明治時代の演劇改良運動の中で国立劇場の設置が構想されたほか、何度か設置運動が行われてきたが実現には至らなかった。第二次世界大戦後、文化財保護委員会(文部省の外局)に芸術施設調査研究協議会が設置され、同協議会の答申(1956年)に基づき、国立劇場の計画が具体化した。設計案についてはコンペが行われ、奈良の正倉院を思わせる校倉造風の外観とした竹中工務店の岩本博行ほか13名による案が、計307案の中から当選した(1963年)。建物は1966年10月に竣工した。

Tokyo Tatsumi International Swimming Center
Distance: 0.4 mi 詳しくは
辰巳2-8-10
Koto-ku, Tokyo 135-0053

東京辰巳国際水泳場(とうきょうたつみこくさいすいえいじょう)は、東京都江東区辰巳にある国際規格の水泳用プールを持つ施設の名前である。1993年8月オープン。それまでの代々木オリンピックプールに代わる日本の水泳競技における中心的施設として国際大会及び日本選手権など全国規模、東京都レベルの大会が多数開催される。代々木とは異なり通年利用が可能である。水泳関係者の間では「辰巳」の略称で通じる。大会・イベント及びスクールのない日(時間帯)には一般開放もされる。指定管理者はオーエンス・セントラルスポーツ・都水協・事業団グループ(2016年4月 - 2023年3月)。施設メインプール50m×25mの10コース(公認8コース・短水路16コース)。 飛込競技を除いた水泳競技全般に利用される。可動床を採用しており、水深を1.4mから3mまで変えられる。観客席は5,035席(固定3,635席)。サブプール50m×15mの7コース。競泳のみ使用可能。地下に面しており観客席はない。ダイビングプール25m×25m×5m(深さ)の国際公認プール。飛込競技およびシンクロナイズドスイミングで使用。観客席はメインプールと共通。主な大会水泳場主催水泳場主催大会は申し込み期間中に申し込めば出場可。 東京辰巳国際水泳場杯水泳大会(TATSUMI CUP):開館時より毎年開催している。3月にシンクロと飛び込み、9月に競泳とフィンスイミングが行われる。スイムEKIDEN in 辰巳:毎年3月に開催される。100m×10人リレーなど駅伝形式の競技を中心に行う。その他日本水泳連盟が主催等に当たる大会を挙げる。 日本選手権水泳競技大会:競泳・飛込・シンクロ。年度によっては他会場で開催されている。水球は2010年に初開催。日本選手権(25m)水泳競技大会ジャパンオープン (50m)日本学生選手権水泳競技大会:年度によっては他会場で開催されている。全国JOCジュニアオリンピックカップ水泳競技大会:競泳競技。飛込競技も2007年までは固定開催されていた。早稲田大学・慶應義塾大学対抗水上競技大会中央大学・日本大学対抗水泳競技大会FINA競泳ワールドカップ東京(2010年より)平成25年東京国体「スポーツ祭東京2013」水泳競技

Tokyo Tatsumi International Swimming Center
Distance: 0.4 mi 詳しくは
辰巳2-8-10
Koto-ku, Tokyo 135-0053

東京辰巳国際水泳場(とうきょうたつみこくさいすいえいじょう)は、東京都江東区辰巳にある国際規格の水泳用プールを持つ施設の名前である。1993年8月オープン。それまでの代々木オリンピックプールに代わる日本の水泳競技における中心的施設として国際大会及び日本選手権など全国規模、東京都レベルの大会が多数開催される。代々木とは異なり通年利用が可能である。水泳関係者の間では「辰巳」の略称で通じる。大会・イベント及びスクールのない日(時間帯)には一般開放もされる。指定管理者はオーエンス・セントラルスポーツ・都水協・事業団グループ(2016年4月 - 2023年3月)。施設メインプール50m×25mの10コース(公認8コース・短水路16コース)。 飛込競技を除いた水泳競技全般に利用される。可動床を採用しており、水深を1.4mから3mまで変えられる。観客席は5,035席(固定3,635席)。サブプール50m×15mの7コース。競泳のみ使用可能。地下に面しており観客席はない。ダイビングプール25m×25m×5m(深さ)の国際公認プール。飛込競技およびシンクロナイズドスイミングで使用。観客席はメインプールと共通。主な大会水泳場主催水泳場主催大会は申し込み期間中に申し込めば出場可。 東京辰巳国際水泳場杯水泳大会(TATSUMI CUP):開館時より毎年開催している。3月にシンクロと飛び込み、9月に競泳とフィンスイミングが行われる。スイムEKIDEN in 辰巳:毎年3月に開催される。100m×10人リレーなど駅伝形式の競技を中心に行う。その他日本水泳連盟が主催等に当たる大会を挙げる。 日本選手権水泳競技大会:競泳・飛込・シンクロ。年度によっては他会場で開催されている。水球は2010年に初開催。日本選手権(25m)水泳競技大会ジャパンオープン (50m)日本学生選手権水泳競技大会:年度によっては他会場で開催されている。全国JOCジュニアオリンピックカップ水泳競技大会:競泳競技。飛込競技も2007年までは固定開催されていた。早稲田大学・慶應義塾大学対抗水上競技大会中央大学・日本大学対抗水泳競技大会FINA競泳ワールドカップ東京(2010年より)平成25年東京国体「スポーツ祭東京2013」水泳競技

皇居
Distance: 0.6 mi 詳しくは
千代田1-1(1-1,Ciyoda)
Chiyoda-ku, Tokyo 100-0001

Nippon Budokan
Distance: 0.4 mi 詳しくは
東京都千代田区北の丸公園
Chiyoda-ku, Tokyo 102-0071

日本武道館是日本鼓勵傳統的武道及身心磨練的大道場而興建的設施,座落於東京都千代田區北之丸公園。日本武道館亦是其業主財團法人的名稱。概略日本武道館是為1964年舉行的東京奧運會場之一而建設,因而得名。同年10月3日落成。設計師為山田守,採用八角形的設計,屋頂樣貌則仿自富士山。門口的「武道舘」匾額,為財團法人日本武道館首任會長正力松太郎之手筆。1964年東京奧運期間,至10月20日共4日間在此舉行柔道比賽。之後主要做為柔道、劍道、空手道等武道活動場地使用,同時成為舞蹈、樂團、演武會等表演,以及演唱會與格闘技(職業拳擊、職業摔跤、K-1、PRIDE)的舉行會場、大學等的大規模入學禮、畢業禮會場等廣泛使用。毎年4月29日舉行的全日本柔道選手權大會(無差別級競賽,日本全國冠軍決定戰)、11月3日全日本劍道選手權、11月下旬的自衛隊音樂節皆在此舉行。日本天皇與首相固定出席的全國戰歿者追悼式也於每年的8月15日(日本二戰投降日)在此地舉行。

Nippon Budokan
Distance: 0.4 mi 詳しくは
東京都千代田区北の丸公園
Chiyoda-ku, Tokyo 102-0071

日本武道館是日本鼓勵傳統的武道及身心磨練的大道場而興建的設施,座落於東京都千代田區北之丸公園。日本武道館亦是其業主財團法人的名稱。概略日本武道館是為1964年舉行的東京奧運會場之一而建設,因而得名。同年10月3日落成。設計師為山田守,採用八角形的設計,屋頂樣貌則仿自富士山。門口的「武道舘」匾額,為財團法人日本武道館首任會長正力松太郎之手筆。1964年東京奧運期間,至10月20日共4日間在此舉行柔道比賽。之後主要做為柔道、劍道、空手道等武道活動場地使用,同時成為舞蹈、樂團、演武會等表演,以及演唱會與格闘技(職業拳擊、職業摔跤、K-1、PRIDE)的舉行會場、大學等的大規模入學禮、畢業禮會場等廣泛使用。毎年4月29日舉行的全日本柔道選手權大會(無差別級競賽,日本全國冠軍決定戰)、11月3日全日本劍道選手權、11月下旬的自衛隊音樂節皆在此舉行。日本天皇與首相固定出席的全國戰歿者追悼式也於每年的8月15日(日本二戰投降日)在此地舉行。

Shin-Marunouchi Building
Distance: 0.7 mi 詳しくは
1-5-1 Marunouchi
Chiyoda-ku, Tokyo 100-6590

The Shin Marunouchi Building, or New Marunouchi Building, is the highest building of the Chiyoda ward in Tokyo. The building was completed on April 19, 2007, and open to the public on April 27, 2007. It is often called as "Shin Maru Biru" in short.OverviewThe previous eight story high Shin Marunouchi Building was built there in 1952. The construction work of the current building began on March 15, 2005, and the building was one of the commercial complex buildings in Marunouchi Manhattan Plan, a redevelopment project in the Marunouchi area, following to the Marunouchi OAZO and the Tokyo Building TOKIA. The building was designed by Hopkins Architects of London.The building contains office floors, and 153 stores are housed in total. The total construction cost was about 90 billion yen, and constructed by the Takenaka Corporation. The building was designed by British architect Sir Michael Hopkins, who won the Special Award of the Civic Trust Award for Sustainability in 2002.The basement floor connects to Tokyo Station, as well as other nearby buildings.

Shin-Marunouchi Building
Distance: 0.7 mi 詳しくは
1-5-1 Marunouchi
Chiyoda-ku, Tokyo 100-6590

The Shin Marunouchi Building, or New Marunouchi Building, is the highest building of the Chiyoda ward in Tokyo. The building was completed on April 19, 2007, and open to the public on April 27, 2007. It is often called as "Shin Maru Biru" in short.OverviewThe previous eight story high Shin Marunouchi Building was built there in 1952. The construction work of the current building began on March 15, 2005, and the building was one of the commercial complex buildings in Marunouchi Manhattan Plan, a redevelopment project in the Marunouchi area, following to the Marunouchi OAZO and the Tokyo Building TOKIA. The building was designed by Hopkins Architects of London.The building contains office floors, and 153 stores are housed in total. The total construction cost was about 90 billion yen, and constructed by the Takenaka Corporation. The building was designed by British architect Sir Michael Hopkins, who won the Special Award of the Civic Trust Award for Sustainability in 2002.The basement floor connects to Tokyo Station, as well as other nearby buildings.

Tokyo Tatsumi International Swimming Center
Distance: 0.4 mi 詳しくは
辰巳2-8-10
Koto-ku, Tokyo 135-0053

03-5569-5061

is a swimming venue in Kōtō, Tokyo, Japan. The swimming center has hosted several Japanese swimming championships.World records broken in the TTISCLong course200 m breaststroke 2:07.51 Kosuke Kitajima; June 8, 2008Short course200 m butterfly 2:03.12 Yūko Nakanishi; February 23, 2008

Jimbōchō Station
Distance: 0.6 mi 詳しくは
神田神保町二丁目
Chiyoda-ku, Tokyo 101-0051

is a subway station located at the Jimbōchō intersection of the Hakusan and Yasukuni Dōris in Chiyoda, Tokyo, Japan, operated jointly by Tokyo Metro and Toei Subway.LinesJimbōchō Station is served by the following three subway lines. Toei Mita Line (I-10) Toei Shinjuku Line (S-06) Tokyo Metro Hanzomon Line (Z-07)Station layout Level B1: Northern ticket gates, Toei Shinjuku Line platforms Level B2: Southern and western ticket gates Level B3: Toei Mita Line platforms Level B4: Tokyo Metro Hanzōmon Line platforms HistoryThe Mita Line station opened on 30 June 1972 as part of the Toei Line 6. The Shinjuku Line station opened on 16 March 1980. The Hanzomon Line station opened on 26 January 1989.Surrounding area Jinbōchō Theater

Hanzōmon Station
Distance: 0.7 mi 詳しくは
麹町1-6
Chiyoda-ku, Tokyo 102-0083

03-3263-5600

Hanzōmon Station is a subway station on the Tokyo Metro Hanzōmon Line in Chiyoda, Tokyo, Japan, operated by the Tokyo subway operator Tokyo Metro. It is located near the Hanzōmon Gate of the Imperial Palace.The station was the eastern terminal of the Hanzōmon Line from 1982 to 1989 and is still used as a terminal for some morning rush hour trains.HistoryThe station opened on 9 December 1982.

千鳥ヶ淵戦没者墓苑
Distance: 0.4 mi 詳しくは
三番町2
Chiyoda-ku, Tokyo 102-0075

O3-3262-2030

乾門
Distance: 0.2 mi 詳しくは
千代田
Chiyoda-ku, Tokyo

Tokyo Metropolitan Police Department
Distance: 0.8 mi 詳しくは
霞が関
Chiyoda-ku, Tokyo 100-8929

03-3581-4321

The Tokyo Metropolitan Police Department serves as the police force of the Tokyo metropolis. Founded in 1874, it is headed by a Superintendent-General, who is appointed by the National Public Safety Commission, and approved by the Prime Minister.The Metropolitan Police, with a staff of more than 43,000 police officers and over 2,800 civilian personnel, manages 102 stations in the prefecture.The main building of the Keishicho is located in the Kasumigaseki part of central Tokyo. Built in 1980, it is 18 stories tall, a large wedge-shaped building with a cylindrical tower, it is easily seen from the street and a well-known landmark.OrganizationThe Metropolitan Police Department is under the command of a Superintendent-General and reports directly to the Tokyo Metropolitan Public Safety Commission.The MPD commands the following bureaus: Administration Bureau() Personnel and Training Bureau() Traffic Bureau() Community Police Affairs Bureau() Security Bureau() Public Security Bureau() Criminal Investigation Bureau() Community Safety Bureau() Organized Crime Control Bureau() The MPD also has its own academy, the Metropolitan Police Department Academy.Each District Headquarters commands several police stations. Each station includes the following: Administration Section Traffic Section Security Section Community Police Affairs Section Criminal Investigation Section Community Safety Section Organized Crime Control Section

Ministry of Internal Affairs and Communications
Distance: 0.9 mi 詳しくは
霞が関2-1-2 中央合同庁舎第2号館
Chiyoda-ku, Tokyo 100-8926

The Ministry of Internal Affairs and Communications is a cabinet-level ministry in the Government of Japan. Its English name was Ministry of Public Management, Home Affairs, Posts and Telecommunications (MPHPT) prior to 2004. It is housed in the 2nd Building of the Central Common Government Office at 2-1-2 Kasumigaseki in Chiyoda, Tokyo, Japan.The Ministry oversees the Japanese administrative system, manages local governments, elections, telecommunication, post, and governmental statistics.The is appointed from among the members of the cabinet.HistoryThe Ministry was created on January 6, 2001 by the merger of the Ministry of Home Affairs (自治省), the Ministry of Posts and Telecommunications (MPT, 郵政省) and the Management and Coordination Agency (総務庁). Certain functions of the Management and Coordination Agency were transferred to the Cabinet Office in this process, while many functions of the MPT were transferred to an independent Postal Services Agency which later became Japan Post.

National Institute of Informatics
Distance: 0.4 mi 詳しくは
一ツ橋2-1-2
Chiyoda-ku, Tokyo

The National Institute of Informatics is a Japanese research institute created in April 2000 for the purpose of advancing the study of informatics. This institute is also devoted to creating a system to facilitate the spread of scientific information to the general public. The NII is the only comprehensive research institute in Japan in informatics. It also oversees and maintains a large, searchable information database on a variety of scientific and non-scientific topics called Webcat.History of the InstituteThe NII had its inception in a proposition from the Ministry of Education, Science, Sports, and Culture presented to the Science Council in October 1973, entitled "Improved Circulation System for Academic Information." In 1976 the Research Center for Library and Information Science was established at the University of Tokyo, paving the way for the institute that was to become the National Institute of Informatics. In 1983 the Research Center was reorganized and transformed into the Center for Bibliographic Information, but continued to operate under the aegis of the University of Tokyo. This center was then further restructured in 1986 and renamed the National Center for Science Information Systems (NACSIS). This center was the first incarnation of the institute to be independent of the University of Tokyo. The institute developed and grew in accordance with advances in computer and Internet technology, eventually outgrowing the initial vision behind the National Center for Science Information Systems. In April 2000 this center was overhauled and reformed as the National Institute of Informatics. It is currently headed by Masao Sakauchi. The NII is located in the Chiyoda district of Tokyo. It is a principal part of the National Center of Sciences, along with the Hitotsubashi University Graduate School of International Corporate Strategy, and the Center for University Finance.

Tokyo Skytree Solamachi, Japan
Distance: 0.7 mi 詳しくは
1-1-2 Sumida, Oshiage, Japan
Taito-ku, Tokyo

81570550102

Japan Meteorological Agency
Distance: 0.4 mi 詳しくは
大手町1-3-4
Chiyoda-ku, Tokyo 100-8122

03-3212-8341

The, frequently abbreviated to JMA, is an agency of the Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism. It is charged with gathering and providing results for the public in Japan, that are obtained from data based on daily scientific observation and research into natural phenomena in the fields of meteorology, hydrology, seismology and volcanology, among other related scientific fields. Its headquarters is located in Chiyoda, Tokyo.JMA is responsible for gathering and reporting weather data and forecasts for the general public, as well as providing aviation and marine weather. JMA other responsibilities include issuing warnings for volcanic eruptions, and the nationwide issuance of earthquake warnings of the Earthquake Early Warning (EEW) system. JMA is also designated one of the Regional Specialized Meteorological Centers of the World Meteorological Organization (WMO). It is responsible for forecasting, naming, and distributing warnings for tropical cyclones in the Northwestern Pacific region, including the Celebes Sea, the Sulu Sea, the South China Sea, the East China Sea, the Yellow Sea, the Sea of Japan and the Sea of Okhotsk.

六義園
Distance: 0.8 mi 詳しくは
文京区本駒込
Chiyoda-ku, Tokyo

Tokyo Metropolitan Television
Distance: 0.6 mi 詳しくは
麹町一丁目12番地
Chiyoda-ku, Tokyo 102-8002

03-5276-0009

Tokyo MX ist der Fernsehsender des Medienunternehmens Tokyo Metropolitan Television K.K.. Er ist der einzige private, der ausschließlich die Präfektur Tokio abdeckt. Dort konkurriert er als eigenständiger Sender mit Nippon Television, TV Asahi, TBS, TV Tokyo und Fuji TV, die jeweils die Leitsender ihrer landesweiten Networks sind.Er wurde am 30. April 1993 gegründet und begann am 1. November desselben Jahres mit der Übertragung seines Programms. Die analoge Antennenausstrahlung wurde zum 24. Juli 2011 eingestellt.WeblinksOffizielle Website

おもてなしランナー協会
Distance: 0.8 mi 詳しくは
麹町1-3-7日月館ビル2F
Chiyoda-ku, Tokyo 1002-0083

03-3222-5543

Landmark 近く Edo Castle

Tokyo Tatsumi International Swimming Center
距離: 0.4 mi 詳しくは
辰巳2-8-10
Koto-ku, Tokyo 135-0053

東京辰巳国際水泳場(とうきょうたつみこくさいすいえいじょう)は、東京都江東区辰巳にある国際規格の水泳用プールを持つ施設の名前である。1993年8月オープン。それまでの代々木オリンピックプールに代わる日本の水泳競技における中心的施設として国際大会及び日本選手権など全国規模、東京都レベルの大会が多数開催される。代々木とは異なり通年利用が可能である。水泳関係者の間では「辰巳」の略称で通じる。大会・イベント及びスクールのない日(時間帯)には一般開放もされる。指定管理者はオーエンス・セントラルスポーツ・都水協・事業団グループ(2016年4月 - 2023年3月)。施設メインプール50m×25mの10コース(公認8コース・短水路16コース)。 飛込競技を除いた水泳競技全般に利用される。可動床を採用しており、水深を1.4mから3mまで変えられる。観客席は5,035席(固定3,635席)。サブプール50m×15mの7コース。競泳のみ使用可能。地下に面しており観客席はない。ダイビングプール25m×25m×5m(深さ)の国際公認プール。飛込競技およびシンクロナイズドスイミングで使用。観客席はメインプールと共通。主な大会水泳場主催水泳場主催大会は申し込み期間中に申し込めば出場可。 東京辰巳国際水泳場杯水泳大会(TATSUMI CUP):開館時より毎年開催している。3月にシンクロと飛び込み、9月に競泳とフィンスイミングが行われる。スイムEKIDEN in 辰巳:毎年3月に開催される。100m×10人リレーなど駅伝形式の競技を中心に行う。その他日本水泳連盟が主催等に当たる大会を挙げる。 日本選手権水泳競技大会:競泳・飛込・シンクロ。年度によっては他会場で開催されている。水球は2010年に初開催。日本選手権(25m)水泳競技大会ジャパンオープン (50m)日本学生選手権水泳競技大会:年度によっては他会場で開催されている。全国JOCジュニアオリンピックカップ水泳競技大会:競泳競技。飛込競技も2007年までは固定開催されていた。早稲田大学・慶應義塾大学対抗水上競技大会中央大学・日本大学対抗水泳競技大会FINA競泳ワールドカップ東京(2010年より)平成25年東京国体「スポーツ祭東京2013」水泳競技

Nippon Budokan
距離: 0.4 mi 詳しくは
東京都千代田区北の丸公園
Chiyoda-ku, Tokyo 102-0071

日本武道館是日本鼓勵傳統的武道及身心磨練的大道場而興建的設施,座落於東京都千代田區北之丸公園。日本武道館亦是其業主財團法人的名稱。概略日本武道館是為1964年舉行的東京奧運會場之一而建設,因而得名。同年10月3日落成。設計師為山田守,採用八角形的設計,屋頂樣貌則仿自富士山。門口的「武道舘」匾額,為財團法人日本武道館首任會長正力松太郎之手筆。1964年東京奧運期間,至10月20日共4日間在此舉行柔道比賽。之後主要做為柔道、劍道、空手道等武道活動場地使用,同時成為舞蹈、樂團、演武會等表演,以及演唱會與格闘技(職業拳擊、職業摔跤、K-1、PRIDE)的舉行會場、大學等的大規模入學禮、畢業禮會場等廣泛使用。毎年4月29日舉行的全日本柔道選手權大會(無差別級競賽,日本全國冠軍決定戰)、11月3日全日本劍道選手權、11月下旬的自衛隊音樂節皆在此舉行。日本天皇與首相固定出席的全國戰歿者追悼式也於每年的8月15日(日本二戰投降日)在此地舉行。