Akiba88 決して前にないように日本を探検する

センチュリーロイヤルホテル, Sapporo-shi Hokkaido


中央区北5条西5丁目
Sapporo-shi, Hokkaido 060-0005


センチュリーロイヤルホテルは、北海道札幌市中央区北5条西5丁目に所在するホテル。概要札幌駅前に位置する23階建高層ビル「住友生命札幌ビル」の1 - 3階(エントランス・フロント・宴会場)、10 - 18階(客室)、19 - 23階(レストラン・宴会場・チャペル)がホテルとなっている。1973年5月10日の開業から一貫して、札幌国際観光が運営している。地下街「アピア」に直結しており、JR札幌駅・地下鉄さっぽろ駅から、天候を気にせずに徒歩5分程度で入館することが可能である。南側高層階の客室からは札幌の繁華街を一望できるほか、北側の客室からは札幌駅へ入線する列車を眺めることができ、鉄道ファンの利用も多いという。かつては高級シティホテルとして宿泊代が高かったが、最近はパッケージツアーで比較的安価に利用することもできるようになった。23階のレストラン「スカイレストラン・ロンド」は札幌で唯一の回転レストランとなっており、市内の風景を一望しながら食事をとることができる。結婚式については、チャペル方式、人前式、あるいは北海道神宮または教会での外部挙式に対応した体制がとられている。結婚式の披露宴会場は、20階「白鳥の間」と「真珠の間」が用意されている。宴会会場については、20階「白鳥の間」「真珠の間」と、3階「エレガンスホール」と「ルミナスホール」が用意されている。本ビル1階にはコンビニエンスストア(ファミリーマート)およびインターネットカフェ(アイ・カフェ)が入居している。

Hotel 近く センチュリーロイヤルホテル

Sapporo Station
Distance: 0.2 mi 詳しくは
北海道 札幌
Sapporo-shi, Hokkaido 060-0806

011-222-6130

札幌駅(さっぽろえき)は、北海道札幌市北区北6条西4丁目にある、北海道旅客鉄道(JR北海道)函館本線の駅。駅番号は01。電報略号はサツ。概要JR北海道最大の拠点駅であり、道内各地とを結ぶ特急列車、北海道の空の玄関口である新千歳空港とを結ぶ快速「エアポート」、札幌近郊の通勤・通学輸送を担う普通列車などが多く発着し、JR北海道の駅の中で最も利用客数が多い駅である。JR駅の駅ナンバリングは○01となっており、道内各方面への起点となっている。路線上は函館本線の単独駅であるが、列車運行上では2駅東隣の白石駅で分岐する千歳線・1駅西隣の桑園駅で分岐する札沼線(学園都市線)の列車も当駅へ乗り入れており、事実上3路線のターミナル駅となっている。札幌駅は交通の要衝としての位置付けが強いものの、繁華街・商業集積地としての位置付けは大通地区に次ぐ二番手という状態が長らく続いた。しかし2000年代初頭からは札幌都市圏への人口一極集中に加え、駅ビル「JRタワー」の開業(2003年)・駅周辺地域の再開発に伴い、札幌近郊のみならず道内主要都市からの利用客が増加している他、鉄道利用客に留まらず商業などの集積においても大通地区・すすきの地区を凌ぐ新たな拠点へと成長した。近年では若年層を中心に「サツエキ」という通称で呼ばれることも多くなっている。南口駅前広場を挟んで札幌市営地下鉄南北線・東豊線の「さっぽろ駅」(JR駅は漢字、地下鉄駅は平仮名が正式名称)と隣接しており、同駅が代替輸送の指定駅となっている。

JR tower hotel nikko sapporo
Distance: 0.2 mi 詳しくは
中央区北5条西2丁目5番地
Sapporo-shi, Hokkaido 060-0005

011-251-2222

「JRタワーホテル日航札幌」は、オフィス、ショッピング、アミューズメント等の複合施設によって形成される新・都市空間「JRタワー」に誕生した、新世紀・札幌のランドマークホテルです。札幌駅南口に隣接の抜群のアクセス、天然温泉のリラクゼーション・スパ、北海道の美味しさをご堪能いただけるレストラン、快適性を重視した客室、高層階からの美しい眺望など、新たな魅力あふれるアーバン・リゾートとしてくつろぎの時をお約束いたします。

京王プラザホテル札幌
Distance: 0.2 mi 詳しくは
中央区北5条西7丁目
Sapporo-shi, Hokkaido 060-0005

011-271-0111

Hotel Gracery Sapporo
Distance: 0.1 mi 詳しくは
4-1, Kitayojo-nishi, Chuo-ku, Sapporo City, Hokkaido
Sapporo-shi, Hokkaido 060-0004

011-251-3211

札幌アスペンホテル Sapporo Aspen Hotel
Distance: 0.2 mi 詳しくは
北区北8条西4丁目5番地
Sapporo-shi, Hokkaido 060-0808

011-700-2111

道内のアクセス拠点であるJR札幌駅北口から徒歩2分。ポプラ並木が有名な北海道大学のキャンパスもすぐ目の前という、都心にありながらも自然の息吹を感じられるホテルです。時間を有効に使える最高のロケーションで、ビジネスのお客様には機能的で快適なホテルライフを、観光のお客様には安心感に満ちた楽しい旅のひとときをお約束します。

ベストウェスタン ホテルフィーノ札幌 - Best Western Hotel Fino Sapporo -
Distance: 0.3 mi 詳しくは
北区北8条西4丁目15番
Sapporo-shi, Hokkaido 060-0808

011-729-4055

◆「ベストウェスタン ホテルフィーノ札幌」公式Facebookページです Finoとはポルトガル語で「上質な・洗練された」の意味があります。 たとえば客室に置かれたちょっとした小物でも。 たとえばホテルのエントランスの雰囲気でも。 機能性だけを追求した味気ない設備では、ビジネスシーンにおいてもレジャーシーンにおいても、お客さまのライフスタイルを向上させるお手伝いはできないとFinoは考えます。日常に少しばかり+αを加えるエッセンスをホテルのそこかしこに取り入れて、お客さまの毎日がよりよいものとなるように。 Finoはそんな思いでデザインされたライフスタイルホテルです。

Keio Plaza Hotel Sapporo
Distance: 0.2 mi 詳しくは
中央区北5条西7丁目2-1
Sapporo-shi, Hokkaido 060-0005

011-271-0111

京王プラザホテル札幌
Distance: 0.2 mi 詳しくは
北海道札幌市
Sapporo-shi, Hokkaido 060-0005

011-271-0111

京王プラザホテル札幌(けいおうプラザホテルさっぽろ)は、札幌市中央区にあるホテル・企業(京王グループ)。プリファード・ホテル・グループ「コネクト」に加盟している。沿革 1981年(昭和56年):株式会社京王プラザホテル札幌設立。 1982年(昭和57年):京王プラザホテル札幌開業。 1992年(平成4年):チャペル新設。 1999年(平成11年):インドアプラザをプラザホールに改装。 2001年(平成13年):カリヨン新設。 2002年(平成14年):札幌市の「福祉のまちづくり条例」適合第1号ホテルに認定。 2003年(平成15年):スカイバンケットルーム新設。 2009年(平成21年):「札幌市食品衛生管理認証制度」(さっぽろHACCP)を取得(2011年にすべての厨房で取得、2016年に「プレミアム認証」取得)。 2012年(平成24年):札幌市と「さっぽろ食の安全・安心推進協定」締結。施設客室 シングルルーム プレミアシングル コンフォートシングル スタイリッシュシングル スタンダードシングル ラグジュアリーデラックスダブル プレミアダブル コンフォートダブル スーペリアダブル スーペリアセミダブル スタンダードセミダブル プレミアラージツイン コンフォートラージツイン スーペリアラージツイン スタイリッシュラージツイン スタンダードラージツイン プレミアツイン コンフォートデラックスツイン コンフォートツイン スタイリッシュツイン スーペリアツイン スタンダードツイン スーペリアトリプル スタンダードトリプル ラグジュアリースイート4BED プレミア4BED コンフォート4BED スタンダードファミリー ビューバススイートヨーロピアン ビューバススイートニューヨーク ビューバススイートイタリアン ラグジュアリースイートツイン ラグジュアリースイートダブル ラグジュアリースイート4BED ラグジュアリースイートユニバーサルツイン インペリアルスイート レストラン・バー フランス料理 アンブローシア(予約制) ブッフェ&パーティコート グランシーズンズ 鉄板焼 やまなみ 個室和食 みやま ろばた・すし・北のめし あきず 広東料理 南園 カフェ デュエット メインバー クロスヴォールト ペストリーブティック ポピンズウェディング チャペル「Forever」 カリヨンガーデン 神前結婚式場「高砂」宴会・会議

Century Royal Hotel
Distance: 0.0 mi 詳しくは
中央区北5条西5丁目
Sapporo-shi, Hokkaido 060-0005

011-221-2121

ポールスター札幌
Distance: 0.2 mi 詳しくは
〒060-0004 北海道 札幌市中央区北4条西6丁目
Sapporo-shi, Hokkaido 060-0004

011-241-9111

センチュリーロイヤルホテル
Distance: 0.0 mi 詳しくは
中央区北5条西5丁目
Sapporo-shi, Hokkaido 060-0005

011-221-2121

JR TOWER
Distance: 0.2 mi 詳しくは
北5条西2丁目5番地
Sapporo-shi, Hokkaido 060-0005

JRイン札幌
Distance: 0.1 mi 詳しくは
北5条西6丁目1-23-502
Sapporo-shi, Hokkaido 060-0005

011-241-8141

Mitsui Garden Hotel Sapporo
Distance: 0.1 mi 詳しくは
中央区北五条西6-18-3
Sapporo-shi, Hokkaido 060-0005

011-280-1131

KKRホテル札幌
Distance: 0.1 mi 詳しくは
中央区北4条西5丁目
Sapporo-shi, Hokkaido 060-0004

011-231-6711

札幌京王酒店
Distance: 0.2 mi 詳しくは
中央区北5条西7丁目2-1
Sapporo-shi, Hokkaido 060-0005

011-271-0111

ホテル京阪 札幌
Distance: 0.1 mi 詳しくは
北区北6条西6丁目1-9
Sapporo-shi, Hokkaido 060-0806

011-758-0321

Hotel Route-Inn Sapporo Ekimae Kitaguchi
Distance: 0.2 mi 詳しくは
北区北7条西4丁目2-2
Sapporo-shi, Hokkaido 060-0807

011-727-2111

東横イン 札幌駅西口北大前
Distance: 0.3 mi 詳しくは
北8条西4-22-7
Sapporo-shi, Hokkaido 060-0808

011-717-1045

Sapporo Aspen Hotel
Distance: 0.2 mi 詳しくは
北区北8条西4丁目5番地
Sapporo-shi, Hokkaido 060-0808

ホテルルートイン 札幌駅前北口
Distance: 0.2 mi 詳しくは
北区北七条西4丁目2番2号
Sapporo-shi, Hokkaido 060-0807

011-727-2111

Hotel North Gate Sapporo
Distance: 0.1 mi 詳しくは
北区北6条西4丁目2-6
Sapporo-shi, Hokkaido 060-0806

011-757-2001

Wagayado 晴-HaLe-
Distance: 0.2 mi 詳しくは
北区北7条西8丁目3-12
Sapporo-shi, Hokkaido 060-0807

011-299-6257

Hotel Keihan Sapporo
Distance: 0.1 mi 詳しくは
北区北6条西6丁目1-9
Sapporo-shi, Hokkaido 060-0806

011-758-0321

ホテルノースゲート札幌
Distance: 0.1 mi 詳しくは
北区北6条西4丁目2-6
Sapporo-shi, Hokkaido 060-0806

011-757-2001

JR札幌駅北口から徒歩1分とJR・バスをご利用の方には最適。 お部屋はスタンダード・スーペリア・デラックスの3タイプをご用意。 スーペリア・デラックスフロアは有料放送が無料で視聴可能。 さらにデラックスフロアご予約でラウンジ利用可能。 落ち着いた雰囲気の当館でごゆっくりお休みください。

Jyozankei Grand Hotel Zuien 定山渓グランドホテル瑞苑
Distance: 0.1 mi 詳しくは
南区定山渓温泉東4丁目328番地
Sapporo-shi, Hokkaido 0612301

011-598-2214

Pokemon Centre Sapporo
Distance: 0.2 mi 詳しくは
Esta Building, Sapporo, 9F
Sapporo-shi, Hokkaido

カプセルイン 札幌
Distance: 0.1 mi 詳しくは
中央区南3条西3丁目都通り
Sapporo-shi, Hokkaido 060-0063

(Int+81)011-251-5571

札幌ススキノ中心部にあり、地下鉄すすきの駅徒歩30秒のアクセス。 ビジネスでご利用のお客様にも、気軽な宿としてご利用頂いております。 出張の際、またススキノ観光での宿泊などにも最適です。 宿泊  2,800円 チェックイン13時 チェックアウト10時 ※連泊の際も午前10時にはチェックアウトして頂きます。ロッカーはご利用できます。 ☆休憩   1,200円 午前6時から18時まで ☆一休み  1,200円 午後6時から24時までの3時間 カプセルイン札幌ではお得なプランでお待ちしております。 2連泊プランは1泊2000円(金土は1泊2600円)でお泊まり頂けます。 ★平日 (日~木)の2泊は4000円(1泊2000円) ★木金、土日の2泊は4600円(木、日は1泊2000円金土は2600円) ★金土の2泊は2泊5200円(1泊2600円) 3連泊プランは1泊1750円(金土は1泊2600円)でお泊まり頂けます。 ★平日(日~木)の3泊は5250円(1泊1750円) ★水木金、土日月の3泊は6100円(水木日は1泊1750円金土は2600円) ★木金土、土日月の3泊は6950円(木日月は1泊1750円、金土は1泊2600円) 4連泊プランは1泊1500円(金土は1泊2600円)でお泊まり頂けます。 ★平日(日~木)の4泊は6000円(1泊1500円) ★火水木金、土日月火の4泊は7100円(日月火水木は1泊1500円金土は2600円) ★水木金土、木金土日の4泊は8200円(日月火水木は1泊1500円、金土は1泊2600円) チェックイン後の外出は自由です。門限もありません。 館内は飲食物の持込が自由です。

札幌で宿泊はウィークリマンションじゃずじー
Distance: 0.1 mi 詳しくは
豊平区月寒東2条7丁目 8-18
Sapporo-shi, Hokkaido 0620052

09090890991

札幌で不動産事業、ウィークリーマンション事業を中心に展開しています。

Sapporo JR Tower
Distance: 0.2 mi 詳しくは
2-5 Kita-Gojo-Nishi, Chuo-ku
Sapporo-shi, Hokkaido

Sapporo JR Tower is a skyscraper, shopping mall and office complex in Sapporo, Hokkaidō, Japan. The Tower is located above JR Sapporo Station South entrance, and the height of the tower is 173 m with 38 stories. Officially, Sapporo JR Tower includes not only the Tower itself, but also the Sapporo Stellar Place, the Daimaru Sapporo branch store, the Sapporo Cinema Frontier, the JR Tower Hotel Nikko Sapporo, office complex, and other sections neighboring JR Sapporo Station. It also houses the parking lot, observation deck, and heliport. Sapporo JR Tower was officially opened on March 6, 2003 by the Sapporo-Eki Minamiguchi Kaihatsu Co. Ltd., which was later renamed to the Sapporo-Eki Sogo Kaihatsu Co., Ltd. in 2005.

Landmark and Historical Place 近く センチュリーロイヤルホテル

札幌市時計台
Distance: 0.4 mi 詳しくは
中央区北1条西2-1-1
Sapporo-shi, Hokkaido 060-0001

011-231-0838

Sapporo TV Tower
Distance: 0.6 mi 詳しくは
中央区大通西1丁目3番地
Sapporo-shi, Hokkaido 060-0042

011-241-1131

The Sapporo TV Tower, built in 1957, is a 147.2 metre high TV tower with an observation deck at a height of 90.38 metres. Located on the ground of Odori Park, in the northern city of Sapporo, Hokkaido, Japan, the tower is open to tourists. Tourists can view Sapporo and Odori Park.HistoryThe TV Tower was built in 1957 by Tachū Naitō, a Japanese architect who is famous for planning the Tokyo Tower, with the total construction costs of 170 million yen. Since the transmission facility was established on the Mount Teine, Sapporo TV Tower has worked as a repeater of AIR-G' and FM North Wave, a radio station based in Sapporo.In 1961, digital clocks were installed at the height of 65 metres from the ground, which were donated by Matsushita Electric Industrial Co., a Japanese electronics manufacturer. This installation was suggested by the founder of the company Konosuke Matsushita, who thought these digital clocks would draw a great attention to the Tower. These digital clocks, installed at four sides of the Tower, have been repaired two times: in 1998 and 2006. The interior and exterior of the Sapporo TV Tower were renovated in 2002, and the color of walls at the second and third floors were changed from pale green to dark green. In the second repair of the digital clocks in 2006, the light-emitting diode was adopted, and the advertisement right below the clocks was changed from the "National" to "Panasonic".

Sapporo Factory
Distance: 0.8 mi 詳しくは
中央区北2条東3丁目
Sapporo-shi, Hokkaido 060-0032

011-207-5000

The is a complex that includes a shopping mall, office, multiplex movie theaters, and museum, located in Chūō-ku, Sapporo, Hokkaidō, Japan. The building was formerly a brewery that belonged to the Kaitakushi, the old government of Hokkaidō prefecture, and later owned by the Sapporo Beer Company, the predecessor of the Sapporo Brewery. Currently, the Sapporo Factory is run by the Yebisu Garden Place, a subsidiary of Sapporo Holdings Ltd., and a real estate company. The original brewery building was built in 1876, and after the brewery ceased to function in beer production, the operations were moved to a new location in Eniwa, in 1993.HistoryIn 1875, the former government of Hokkaidō prefecture, Kaitakushi, made a decision to construct a brewery at the official garden in Aoyama, Tokyo, which was created in 1871 and located close to where Aoyama Gakuin University currently sits. The Kaitakushi's original plan was to cultivate imported plants and vegetables in Tokyo and bring them to Hokkaidō; it was thought that imported plants mainly from Europe might not suit the frigid climate in Hokkaidō. Some Kaitakushi officials also contemplated acquiring wide recognition of the modern agricultural technology in Europe and what the Kaitakushi has done, by planting foreign vegetations or introducing expensive farming instruments, and inviting officials and the emperor of Japan to that garden in Aoyama.

二条市場
Distance: 0.8 mi 詳しくは
中央区南3条東1丁目・2丁目
Sapporo-shi, Hokkaido 060-0053

0112195252

二条市場(にじょういちば)は、北海道札幌市中央区にある市場。北海道、及び近郊で収穫された水産物・青果物・穀物など生鮮食品を販売する店舗・飲食店も設置されている。組合の名称は「札幌二条魚町商業協同組合」。「札幌市民の台所」とも呼ばれる。概要二条市場は中央区の南2条から南3条にわたって位置しており、特に南3条の市場には歩道部分の上部にアーケードがかかっている。アーケード天井部からは漁で使用される浮玉の照明が吊下げられており、店名が書かれカニの形を模した木製の板が、店ごとに設置されている。晴れの日は日光から商品の魚介類を守るため、アーケードからのれんが下げられるようになっており、群青色ののれんに二条市場と書かれているのが特徴的である。店舗によって異なるが、市場は早朝に開店し夕方頃には徐々にシャッターが閉まる。ほとんどの店舗で札幌市中央卸売市場にて競り落とされた北海道産の魚介類が陳列・販売されており、カニやサケなどが代表的である。また、創成川通りに面した新二条市場では野菜や土産用の菓子が販売されている。2007年に竣工したのれん横丁の入り口も創成川通りに面しており、通路を入ると各店舗の入り口がある。それぞれの店舗では独特の暖簾が製作されており、デザインは公式ホームページで閲覧することが可能である。その他、札幌市が手掛ける「創成川通アンダーパス連続化事業」では、狸小路と二条市場をつなぐ橋や広場を建設する構想も挙がっている。歴史二条市場の起源は明治時代初期より形成された「二条魚町」にさかのぼる。石狩浜で漁師を営む人々が札幌へ石狩川を上って入り、釣ってきた鮮魚をはじめとする魚介類をこの地で販売したことが始まりであったという。魚町では13の商店が存在していたため、「十三組合」と呼ばれていた。その当時は隣接する創成川を利用して訪れる、搬送船の荷物を積み下ろしをする人々と魚介類の取引を行っていた。その後付近一帯が大火事に見舞われて焼失したが、徐々にまた新しく魚市場が建設され、1903年頃に現在ある姿の魚市場が形成され始めた。それまで札幌市中央区の南3条東1丁目周辺を拠点として栄えていたが、1910年には東2丁目にまで商店が立ち並ぶようになった。この際に建てられたはたご屋や居酒屋、そば屋などの店舗が、現在の二条市場の基礎となっている。時代が昭和に差し掛かると、魚町は「中央市場」という名称で定着するようになった。第二次世界大戦が終結すると、市場には総菜や乾物を売る商店が徐々に建つようになり、「二条市場」の名前が一般化した。中通りには加工された食品や野菜など、魚介類以外にも多くの食品を扱う商店群「新二条市場」が完成した。

Sapporo Clock Tower
Distance: 0.4 mi 詳しくは
中央区北1条西2-1-1
Sapporo-shi, Hokkaido 060-0001

011-231-0838

札幌市時計台(さっぽろしとけいだい)は、北海道札幌市中央区北1条西2丁目にある歴史的建造物である。国の重要文化財。正式名称を「旧札幌農学校演武場」(きゅうさっぽろのうがっこうえんぶじょう)と称する。通称として「札幌時計台」または、単に「時計台」と呼ばれることも多い。概要三角屋根の上に大時計を載せた特徴的な外観の建築物である。計画者は札幌農学校2代目教頭であったウィリアム・ホイーラーであり、北海道開拓使工業局による設計・監督のもと建造されたバルーンフレーム構造の木造2階建(時計部分の塔屋を除く)で、屋根は鉄板葺き、高さは19.825m、延面積は約760m²である。北海道大学の発祥の地であるため同大学とは密接な関係にあり、1階の展示室では北海道大学附属図書館に所蔵されている資料が多く展示されている。この他、同大学のイベント会場としても使用されることが多く、現在でも「時計台サロン」などの市民公開セミナーなどが開催されている。1階売店では北大関連グッズも販売されている。2階は貸ホールとしての機能も有しており、コンサートなどのイベントが頻繁に開催されている。かつては札幌市の図書館として使われていたこともある。2008年(平成20年)から指定管理者制度を導入。北海道庁旧本庁舎(赤レンガ庁舎)と並び、札幌市中心部の有名観光スポットであり、札幌市のカントリーサインのデザインとしても使用される札幌市の象徴的建物である。また道外では札幌ラーメンの店の看板や北海道観光のポスターに多用されるなど、札幌のみならず北海道の象徴とされる例も多いほか、北海道日本ハムファイターズの応援歌の歌詞にも使われている。壁面は白く塗られているが、1995年(平成7年)から実施された保存修理時の調査で、創建当初は壁が灰色、柱や窓枠が茶色に塗られていたことが判明した。壁は緑色に塗られていた時期もあり、白の塗装となったのは1953年(昭和28年)からである。上述の保存修理に際して、壁の色は創建時の灰色に戻すことはせず、長年親しまれた白色としている。

Sapporo Clock Tower
Distance: 0.4 mi 詳しくは
中央区北1条西2-1-1
Sapporo-shi, Hokkaido 060-0001

011-231-0838

Sapporo Clock Tower is a wooden structure and well-known local tourist attraction, located at North 1 West 2, Chūō-ku, Sapporo, the largest city on the island of Hokkaidō, northern Japan.The building is of American design and is one of the few surviving Western-style buildings in Sapporo, a city developed in the 1870s with assistance from the American government. It is known by many as the symbol of the city and is a main feature of almost all domestic and international tours of Sapporo. The clock after which it is named continues to run and keep time, and the chimes can be heard every hour.HistoryThe tower was built in 1878, and is all that remains of the drill hall of the former Sapporo Agricultural College . The building was one of the earliest to be built in this city. The city itself was chosen as the administrative centre of Hokkaidō in 1868, which is the date currently recognised as the official birth of the city.Currently, this is the oldest building standing in Sapporo.The clock was installed in July 1881 by E. Howard & Co. of Boston, Massachusetts, USA.In 1970, Sapporo Clock Tower was designated an Important Cultural Property, and certified as Mechanical Engineering Heritage of Japan in 2009.Sapporo Clock Tower nowThe clock tower now houses a museum introducing the history of the Agricultural College and the development of Sapporo. It is open to visitors year round, but is closed on Sundays and over the New Year period. Admission is 200 yen for adults and free for children, with discounts for groups. Viewing and photographing the building is very popular among visitors to Sapporo, and visiting it forms a part of many tours of the city. It is possible for members of the public to rent the large hall upstairs for private functions, which is also occasionally used for concerts.

京王プラザホテル札幌
Distance: 0.2 mi 詳しくは
北海道札幌市
Sapporo-shi, Hokkaido 060-0005

011-271-0111

京王プラザホテル札幌(けいおうプラザホテルさっぽろ)は、札幌市中央区にあるホテル・企業(京王グループ)。プリファード・ホテル・グループ「コネクト」に加盟している。沿革 1981年(昭和56年):株式会社京王プラザホテル札幌設立。 1982年(昭和57年):京王プラザホテル札幌開業。 1992年(平成4年):チャペル新設。 1999年(平成11年):インドアプラザをプラザホールに改装。 2001年(平成13年):カリヨン新設。 2002年(平成14年):札幌市の「福祉のまちづくり条例」適合第1号ホテルに認定。 2003年(平成15年):スカイバンケットルーム新設。 2009年(平成21年):「札幌市食品衛生管理認証制度」(さっぽろHACCP)を取得(2011年にすべての厨房で取得、2016年に「プレミアム認証」取得)。 2012年(平成24年):札幌市と「さっぽろ食の安全・安心推進協定」締結。施設客室 シングルルーム プレミアシングル コンフォートシングル スタイリッシュシングル スタンダードシングル ラグジュアリーデラックスダブル プレミアダブル コンフォートダブル スーペリアダブル スーペリアセミダブル スタンダードセミダブル プレミアラージツイン コンフォートラージツイン スーペリアラージツイン スタイリッシュラージツイン スタンダードラージツイン プレミアツイン コンフォートデラックスツイン コンフォートツイン スタイリッシュツイン スーペリアツイン スタンダードツイン スーペリアトリプル スタンダードトリプル ラグジュアリースイート4BED プレミア4BED コンフォート4BED スタンダードファミリー ビューバススイートヨーロピアン ビューバススイートニューヨーク ビューバススイートイタリアン ラグジュアリースイートツイン ラグジュアリースイートダブル ラグジュアリースイート4BED ラグジュアリースイートユニバーサルツイン インペリアルスイート レストラン・バー フランス料理 アンブローシア(予約制) ブッフェ&パーティコート グランシーズンズ 鉄板焼 やまなみ 個室和食 みやま ろばた・すし・北のめし あきず 広東料理 南園 カフェ デュエット メインバー クロスヴォールト ペストリーブティック ポピンズウェディング チャペル「Forever」 カリヨンガーデン 神前結婚式場「高砂」宴会・会議

Nakajima Park
Distance: 1.4 mi 詳しくは
中央区中島公園1-16
Sapporo-shi, Hokkaido 064-0931

011-531-5163

Nakajima Park is a city park in Chūō-ku, Sapporo, Hokkaido, Japan. The park has a lake, two streams, a museum, a concert hall, an observatory, a historical building housing a tea shop, and several lawns and forests. At the south end, there are two shrines.OverviewThe park has about 5,000 trees, including Japanese red spruce, yew, ginkgo, Sargent's cherry, black acacia, and Japanese elm.The largest feature of the park is Shobu Pond, located near the center of the park.The park contains the Sapporo Concert Hall, also known as "Kitara". Opened on 1997, it is the largest concert hall in Hokkaido, and houses a large main hall, small chamber music hall, and rehearsal rooms. A restaurant, nursery room, and museum shop are also located in the building.The Sapporo Astronomical Observatory, Nakajima Sports Center, Puppet Theatre, Children's Hall, Hokkaido Museum of Literature, a Japanese Garden, Hasso-an (tea house), and Hōheikan, (historical building and wedding venue), are among the attractions of the Park.The park also contains some sports grounds (tennis courts). These are open between April and November every year. The park is also popular for boating in summer, on the Shobu Pond, and cross-country skiing in winter.HistoryPrior to the construction of Nakajima Park, in 1874, a sluice gate was constructed on the Kamokamo River and a lumberyard was open. Lumber felled from the mountain were stored in the lumberyard before being floated down the Toyohira River. In 1887, the lumberyard and its surrounded area, were converted into an amusement park.

札幌時計台ホール
Distance: 0.4 mi 詳しくは
中央区北1条西2丁目札幌市時計台2階
Sapporo-shi, Hokkaido

011-231-0838

Studio Lumo (スタジオ ルーモ)
Distance: 1.1 mi 詳しくは
中央区南2条西4丁目11 桂和MTビル3F
Sapporo-shi, Hokkaido 060-0062

011-222-3333

LUMO(ルーモ)とは、エスペラント語で「光」「光をあてる」という意味をもちます。 人生の大切な一瞬一瞬に光をあて、より美しく、より光り輝く姿と想い出を残したい。その想いがStudio Lumoの名に込められています。 日常では味わえない華麗な衣装とプロのヘアメイクで、自分史上最高の一枚となるような変身写真。新しい命を宿したマタニティフォト。第一印象が求められるプロフィールやオーディションフォトなど、プライベート&オフィシャルのどちらにおいても、魅力を引きだすのが写真の力です。 あなたの人生に、光とフォーカスを… studio LUMOは、皆さまの宝物となるポートレイトフォトをお撮りいたします。

Sapporo Factory
Distance: 0.8 mi 詳しくは
中央区北2条東3丁目
Sapporo-shi, Hokkaido 060-0032

011-207-5000

札幌工廠(サッポロファクトリー、Sapporo Factory)是位於日本北海道札幌市中央區的大型購物中心,1993年落成。札幌工廠是三寶樂都市開發(サッポロ都市開発,本身是三寶樂控股(サッポロホールディングス)旗下子公司惠比壽花園廣場(恵比寿ガーデンプレイス)的下屬關係企業)負責經營。札幌工廠的開發用地現址最早可以回溯到1876年設立的啤酒工廠「開拓使麥酒釀造所」,也就是三寶樂啤酒(サッポロビール)旗下擁有的札幌第一工廠之前身,可以說是日本啤酒釀造史的發源濫觴之地。1989年時三寶樂啤酒在札幌衛星城市惠庭市的三寶樂啤酒庭園車站(サッポロビール庭園駅)附近設立了規模更大的生產設施「北海道工廠」並將生產線移至新廠,空出的就酒廠用地於是成為札幌工廠購物中心的興建用地。札幌工廠是個以購物中心為核心的複合商業設施,約有160家的商店與設施聚集在此地。另外,札幌工廠對面也設有克拉比飯店(Clubby Sapporo Hotel)。外部連結 札幌工廠官方網站 サッポロファクトリーホール 札幌克拉比飯店 札幌克拉比酒店 札幌工廠 Web Site 札幌工-{厂}- Web Site

札幌パークホテル
Distance: 1.4 mi 詳しくは
中央区南10条西3丁目
Sapporo-shi, Hokkaido 064-8589

011-511-3131

札幌パークホテル(Sapporo Park Hotel)は、札幌市中央区にあるホテル。概要中島公園の一角にあるホテルは札幌市営地下鉄南北線中島公園駅近くの立地であり、歓楽街のすすきのへも徒歩圏内にあることから、札幌市中心部へのアクセスに便利である。開業以来各種会議・総会・学会などの会場として利用されており、多目的ホールの「パークプラザ」は最大2,500名が収容可能になっている。他にも大小のバンケットルームが充実しており、MICE開催に積極的である。沿革札幌パークホテル前身となるホテル三愛は、札幌市から中島公園一角の約6,000坪に及ぶ土地の払い下げを受けて設立した。国際観光ホテルを建設することで北海道への日本国外からの観光客誘致や札幌でのオリンピック開催に向けた受け入れ施設を整備することが急務となっていた。 1962年(昭和37年):「ホテル三愛」設立総会。 1964年(昭和39年):三愛ボウル(後のパークボウル)オープン。「ホテル三愛」開業。 1965年(昭和40年):政府登録ホテルとなる。 1966年(昭和41年):三井観光開発に経営権譲渡。「株式会社札幌パークホテル」に社名変更し、「札幌パークホテル」と改称。 1968年(昭和43年):パークホール完成。 1972年(昭和47年):国際オリンピック委員会(IOC)の『理事会総会』開催。パークボウル閉館し、ニューパークボウルオープン。 1974年(昭和49年):『北方圏環境会議』開催。 1975年(昭和50年):ニューパークボウル閉館。 1978年(昭和53年):三井観光開発と合併。 1989年(平成元年):パークチャペルオープン。 1997年(平成9年):札幌コンサートホールKitaraにテラスレストラン「Kitara」オープン。 2003年(平成15年):天皇皇后両陛下滞在。 2006年(平成18年):天皇皇后両陛下滞在。 2011年(平成23年):天皇陛下滞在。

北海道知事公館
Distance: 1.0 mi 詳しくは
中央区北1条西16丁目
Sapporo-shi, Hokkaido 060-0001

011-611-4221

Landmark and Historical Place 近く センチュリーロイヤルホテル

京王プラザホテル札幌
距離: 0.2 mi 詳しくは
北海道札幌市
Sapporo-shi, Hokkaido 060-0005

011-271-0111

京王プラザホテル札幌(けいおうプラザホテルさっぽろ)は、札幌市中央区にあるホテル・企業(京王グループ)。プリファード・ホテル・グループ「コネクト」に加盟している。沿革 1981年(昭和56年):株式会社京王プラザホテル札幌設立。 1982年(昭和57年):京王プラザホテル札幌開業。 1992年(平成4年):チャペル新設。 1999年(平成11年):インドアプラザをプラザホールに改装。 2001年(平成13年):カリヨン新設。 2002年(平成14年):札幌市の「福祉のまちづくり条例」適合第1号ホテルに認定。 2003年(平成15年):スカイバンケットルーム新設。 2009年(平成21年):「札幌市食品衛生管理認証制度」(さっぽろHACCP)を取得(2011年にすべての厨房で取得、2016年に「プレミアム認証」取得)。 2012年(平成24年):札幌市と「さっぽろ食の安全・安心推進協定」締結。施設客室 シングルルーム プレミアシングル コンフォートシングル スタイリッシュシングル スタンダードシングル ラグジュアリーデラックスダブル プレミアダブル コンフォートダブル スーペリアダブル スーペリアセミダブル スタンダードセミダブル プレミアラージツイン コンフォートラージツイン スーペリアラージツイン スタイリッシュラージツイン スタンダードラージツイン プレミアツイン コンフォートデラックスツイン コンフォートツイン スタイリッシュツイン スーペリアツイン スタンダードツイン スーペリアトリプル スタンダードトリプル ラグジュアリースイート4BED プレミア4BED コンフォート4BED スタンダードファミリー ビューバススイートヨーロピアン ビューバススイートニューヨーク ビューバススイートイタリアン ラグジュアリースイートツイン ラグジュアリースイートダブル ラグジュアリースイート4BED ラグジュアリースイートユニバーサルツイン インペリアルスイート レストラン・バー フランス料理 アンブローシア(予約制) ブッフェ&パーティコート グランシーズンズ 鉄板焼 やまなみ 個室和食 みやま ろばた・すし・北のめし あきず 広東料理 南園 カフェ デュエット メインバー クロスヴォールト ペストリーブティック ポピンズウェディング チャペル「Forever」 カリヨンガーデン 神前結婚式場「高砂」宴会・会議

Sapporo Clock Tower
距離: 0.4 mi 詳しくは
中央区北1条西2-1-1
Sapporo-shi, Hokkaido 060-0001

011-231-0838

札幌市時計台(さっぽろしとけいだい)は、北海道札幌市中央区北1条西2丁目にある歴史的建造物である。国の重要文化財。正式名称を「旧札幌農学校演武場」(きゅうさっぽろのうがっこうえんぶじょう)と称する。通称として「札幌時計台」または、単に「時計台」と呼ばれることも多い。概要三角屋根の上に大時計を載せた特徴的な外観の建築物である。計画者は札幌農学校2代目教頭であったウィリアム・ホイーラーであり、北海道開拓使工業局による設計・監督のもと建造されたバルーンフレーム構造の木造2階建(時計部分の塔屋を除く)で、屋根は鉄板葺き、高さは19.825m、延面積は約760m²である。北海道大学の発祥の地であるため同大学とは密接な関係にあり、1階の展示室では北海道大学附属図書館に所蔵されている資料が多く展示されている。この他、同大学のイベント会場としても使用されることが多く、現在でも「時計台サロン」などの市民公開セミナーなどが開催されている。1階売店では北大関連グッズも販売されている。2階は貸ホールとしての機能も有しており、コンサートなどのイベントが頻繁に開催されている。かつては札幌市の図書館として使われていたこともある。2008年(平成20年)から指定管理者制度を導入。北海道庁旧本庁舎(赤レンガ庁舎)と並び、札幌市中心部の有名観光スポットであり、札幌市のカントリーサインのデザインとしても使用される札幌市の象徴的建物である。また道外では札幌ラーメンの店の看板や北海道観光のポスターに多用されるなど、札幌のみならず北海道の象徴とされる例も多いほか、北海道日本ハムファイターズの応援歌の歌詞にも使われている。壁面は白く塗られているが、1995年(平成7年)から実施された保存修理時の調査で、創建当初は壁が灰色、柱や窓枠が茶色に塗られていたことが判明した。壁は緑色に塗られていた時期もあり、白の塗装となったのは1953年(昭和28年)からである。上述の保存修理に際して、壁の色は創建時の灰色に戻すことはせず、長年親しまれた白色としている。

Sapporo Clock Tower
距離: 0.4 mi 詳しくは
中央区北1条西2-1-1
Sapporo-shi, Hokkaido 060-0001

011-231-0838

Sapporo Clock Tower is a wooden structure and well-known local tourist attraction, located at North 1 West 2, Chūō-ku, Sapporo, the largest city on the island of Hokkaidō, northern Japan.The building is of American design and is one of the few surviving Western-style buildings in Sapporo, a city developed in the 1870s with assistance from the American government. It is known by many as the symbol of the city and is a main feature of almost all domestic and international tours of Sapporo. The clock after which it is named continues to run and keep time, and the chimes can be heard every hour.HistoryThe tower was built in 1878, and is all that remains of the drill hall of the former Sapporo Agricultural College . The building was one of the earliest to be built in this city. The city itself was chosen as the administrative centre of Hokkaidō in 1868, which is the date currently recognised as the official birth of the city.Currently, this is the oldest building standing in Sapporo.The clock was installed in July 1881 by E. Howard & Co. of Boston, Massachusetts, USA.In 1970, Sapporo Clock Tower was designated an Important Cultural Property, and certified as Mechanical Engineering Heritage of Japan in 2009.Sapporo Clock Tower nowThe clock tower now houses a museum introducing the history of the Agricultural College and the development of Sapporo. It is open to visitors year round, but is closed on Sundays and over the New Year period. Admission is 200 yen for adults and free for children, with discounts for groups. Viewing and photographing the building is very popular among visitors to Sapporo, and visiting it forms a part of many tours of the city. It is possible for members of the public to rent the large hall upstairs for private functions, which is also occasionally used for concerts.

Sapporo TV Tower
距離: 0.6 mi 詳しくは
中央区大通西1丁目3番地
Sapporo-shi, Hokkaido 060-0042

011-241-1131

The Sapporo TV Tower, built in 1957, is a 147.2 metre high TV tower with an observation deck at a height of 90.38 metres. Located on the ground of Odori Park, in the northern city of Sapporo, Hokkaido, Japan, the tower is open to tourists. Tourists can view Sapporo and Odori Park.HistoryThe TV Tower was built in 1957 by Tachū Naitō, a Japanese architect who is famous for planning the Tokyo Tower, with the total construction costs of 170 million yen. Since the transmission facility was established on the Mount Teine, Sapporo TV Tower has worked as a repeater of AIR-G' and FM North Wave, a radio station based in Sapporo.In 1961, digital clocks were installed at the height of 65 metres from the ground, which were donated by Matsushita Electric Industrial Co., a Japanese electronics manufacturer. This installation was suggested by the founder of the company Konosuke Matsushita, who thought these digital clocks would draw a great attention to the Tower. These digital clocks, installed at four sides of the Tower, have been repaired two times: in 1998 and 2006. The interior and exterior of the Sapporo TV Tower were renovated in 2002, and the color of walls at the second and third floors were changed from pale green to dark green. In the second repair of the digital clocks in 2006, the light-emitting diode was adopted, and the advertisement right below the clocks was changed from the "National" to "Panasonic".